歯磨き粉選びで失敗しない!歯磨き粉の効果的な使い分けを徹底解説!

歯磨き粉には虫歯や歯周病予防・知覚過敏抑制・ホワイトニングなど、それぞれ違う効果があり、適当に選ぶのは非常にもったいないことです。

シャンプーや石鹸に保湿や美容効果を期待するのと同じく、歯磨き粉も適切に選べば口や歯をより綺麗で健康にしてくれる効果があります。

選び方や適切な使い方が分からない方に、失敗しない歯磨き粉の選び方を徹底解説いたします。

歯磨き粉(歯磨き剤)とは?


ブラッシングをする際に、歯磨き粉を歯ブラシに適量付けて歯を磨きます。

口腔ケアの基本は歯ブラシで歯を磨くことですが、歯磨き粉を使うことで効率良く歯の汚れ(プラーク・歯垢)を落とし、虫歯や歯周病などの口の病気を薬用成分が予防します。

知覚過敏やホワイトニングに特化したものもあり、役割はさまざまです。

一般的に使用される歯磨き粉はチューブに入ったペーストで、練歯磨剤(練り歯磨き)とも呼ばれています。
歯磨き剤全般を「歯磨き粉」と呼ぶのは、粉状の歯磨き粉が主流だったことの名残りです。

歯磨き粉の種類

化粧品と医薬部外品に分類される

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)により、化粧品歯磨剤医薬部外品歯磨剤に分類されます。

歯磨き粉は歯の汚れを落とす「基本成分」と殺菌や歯質強化などの「薬用成分」で作られています。
基本成分のみのものは「化粧品歯磨剤」で、基本成分+薬用成分のものは「医薬部外品歯磨剤」です。

口の悩みに応じて、薬用成分が添加されている医薬部外品歯磨剤を選ぶと良いでしょう。
どちらに分類される歯磨き粉かは、パッケージに記載されています。

基本成分

*清掃剤(研磨剤)
歯の表面を傷つけずに、プラークやステインなど歯の表面の汚れを落とします。
ペースト状歯磨き粉の基剤になるもので、液体歯磨剤と洗口剤には含有されていません。

主な成分はリン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウムなどです。

*発泡剤
口の中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを落ちやすくします。

主な成分はラウロイルサルコシンソーダ、ラウリル硫酸ナトリウム、ショ糖脂肪酸エステルなどです。

*湿潤剤
歯磨き粉に適度な湿り気を与え、乾燥防止と形質を保つ役割があります。

主な成分はグリセリン、ソルビトール、プロピレングリコールなどです。

*粘結剤
ペースト状歯磨き粉において、粉体と液体成分を結合させて保型性と適度な粘性を与え、泡立ちを調整します。

主な成分はカルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナンなどです。

*香味料
爽快感を与える香り付けと口臭などの消臭効果があります。

主な成分はサッカリンナトリウム、メントール、ハッカ油、ユーカリ油などです。

*保存料
変質を防ぎます。
主な成分は安息香酸ナトリウムやパラベン類などです。

薬用成分

*歯質強化剤
主な成分はフッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化スズなどで、虫歯予防に効果があります。
歯質強化剤の入った歯磨き粉を総称して「フッ素配合歯磨剤」と呼ぶ場合もあります。

歯のエナメル質は95%がハイドロキシアパタイトの結晶で構成されていますが、虫歯の原因菌が作る酸に弱い性質を持ちます。
歯質強化剤によりハイドロキシアパタイトが酸に強いフルオロアパタイトに変化するので、虫歯に強い歯になります。

また、フッ素には虫歯の原因菌の活動抑制と、歯の石灰化を促進して歯の修復をする効果があります。

*殺菌剤
虫歯や歯周病などの病原菌を殺菌します。
主な成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液、クロルヘキシジン塩酸塩、塩化セチルピリジニウム(CPC)、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)などです。

*歯垢分解剤
デキストラナーゼ酵素の働きにより、プラークの粘着成分であるデキストランを分解します。
歯面からプラークを剥がれやすくする効果があります。

*消炎剤
歯周病による歯肉などの炎症を抑えます。
主な成分はβ-グリチルレチン酸、塩化レゾチーム、サリチル酸メチル、シネオール、ヒノキチオールなどです。

*血行促進剤
炎症により腫れた歯肉を引き締めて血管を強化し、出血を抑えながら血行を改善します。
主な成分は酢酸トコフェロール(ビタミンE)、塩化ナトリウムなどです。

*止血剤
トラネキサム酸などが歯肉の出血を促すプラスミンを抑制します。

*収れん剤
腫れた歯肉を引き締める効果があります。
主な成分はオウバクエキス、塩化ナトリウム、アラントインなどです。

*細胞賦活剤
歯肉などの細胞を活性化し、治癒を促します。
加水分解コンキオリン液、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)などがあります。

*知覚鈍麻剤
知覚過敏の抑制に効果があります。
硝酸カリウムが、知覚過敏の起こりやすい露出した象牙質から歯の神経への伝達をブロックして歯がしみるのを防ぎます。

*象牙細管封鎖剤
乳酸アルミニウムが歯の神経に繋がる象牙細管の表面を封鎖して、知覚過敏を抑制します。

*ステイン(色素)除去剤
歯の表面の着色を落とします。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉と言われる場合がありますが、歯の本来の色はかわりません。

タバコのヤニにはポリエチレングリコール、赤ワインやコーヒーの着色にはポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウムなどが効果的です。

歯磨き粉の効果はどんなものがあるのか?

*虫歯や歯周病予防
*ステイン除去(歯の表面の着色を除去します)
*知覚過敏抑制
*口臭予防
*口腔乾燥対策

歯磨き粉の形状

1.ペースト状

チューブタイプの歯磨き粉です。
ある程度の硬さがあり、清掃剤や発泡剤が多く含まれています。

【メリット】
清掃剤の粒子でプラークや着色汚れを落としやすく、色の濃い飲食物をよく口にする人や喫煙者におすすめです。
低研磨性のものや薬用成分で歯を削らずに着色汚れを浮かせて落とすものなど、バリエーションが豊富です。

【デメリット】
清掃剤が多く含まれているものは、歯や歯肉へのダメージに繋がりやすく、研磨作用によって知覚過敏を誘発しやすい場合があります。

2.ジェル状

柔らかく透明で清掃剤と発泡剤が含まれないか、ペースト状歯磨き粉と比べて微量なのが特徴です。

【メリット】
泡立ちが少なく、フッ素などの有効成分を口腔内に保持しやすいため、歯質が完成する前の柔らかい子どもの歯や虫歯のリスクが高い人にもおすすめです。

また、清掃剤で歯がすり減る可能性が少ないので、電動歯ブラシを使用する方に向いています。

【デメリット】
泡立たないので爽快感があまり得られず、磨いた気がしなかったり、着色汚れを落としにくかったりします。

3.フォーム状

清掃剤は含まれておらず、ワンプッシュで泡の状態で出てくる歯磨き粉です。

【メリット】
素早く有効成分が口のすみずみに行き渡り、ワンプッシュで適量が使用できるので便利です。

清掃剤が含まれないので、歯や歯ぐきにダメージを与える危険が少なく、歯肉が下がっている方にも比較的安心して使えます。

泡状なので加齢やドライマウスによって唾液の量が減っている方でも歯磨き粉が口全体に届くので磨きやすく、うがいがまだ上手くできない子どもにも使いやすいです。

【デメリット】
磨いたあとの爽快感がペースト状歯磨き粉と比べて低く、着色汚れを落としにくいです。

4.液体

液体歯磨きと呼ばれ、清掃剤と発泡剤が入っていない液状の歯磨き粉です。
先に液体歯磨きで口をゆすいでからブラッシングをするものが主流です。

【メリット】
液状なので口腔内の隅々まで有効成分が行き届き、発泡しないので時間をかけてじっくりと歯磨きができます。

清掃剤が含まれないので歯や歯茎を傷つけにくく、低刺激なものは口の中の状態が悪いときにも使いやすいです。

ブラッシング後は基本的にうがいは不要です。
要介護の方へのベッド上での口腔ケアや災害時など、水が使えないときにも役立ちます。

【デメリット】
泡立たないので磨いた気がせず、着色汚れを落とすには向いていません。
また、ペースト状の歯磨き粉に比べると種類が少なく比較的高いです。

5.パウダー状

粉体でペースト状歯磨き粉などに必要な水や増粘剤などが含まれない分、目的の有効成分をより多く配合できるのが特徴です。

ホワイトニングを目的として、骨や歯を形成している「アパタイト」をペースト状よりも高濃度で配合しているものや、水や熱に弱い性質の虫歯予防成分を配合したもの、保存料を使わない個包装のものなど、粉の特性を活かした歯磨き粉があります。

歯磨き粉の効果的な使い方


どのタイプの歯磨き粉もブラッシングをするときに毎回使用します。

使い方

ペースト状、ジェル状、フォーム状のものは、歯ブラシは水で濡らさず、歯磨き粉を付けたらそのまま歯を磨きます。

液状のものは先に液体歯磨きでうがいをして、歯ブラシを水で濡らさずに歯を磨きます。

粉状のものは歯ブラシを水で少しだけ湿らせてから、歯ブラシの先に粉を付けて歯をみがきます。

使用量

年齢により異なります。
ペースト状、ジェル状、粉状のものは、3〜5歳は歯ブラシの先端から5mm以下、6〜14歳は1cm程度、15歳以上は1〜2cmを目安に使用します。

液状やフォーム状のものは製品により異なりますので、使用方法に従って適量を使いましょう。

うがいは1回だけ

ブラッシングが終わったらうがいをします。
薬用成分ができるだけ口に残るように、少量の水で約5秒間のうがいを1回だけするのが望ましいです。

液状の歯磨き粉は、基本的にブラッシング後のうがいは不要です。
口の中が気持ち悪い場合は、1回だけ軽く口をゆすぐか唾を吐き出す程度にしましょう。

歯磨き粉に含まれる清掃剤には要注意


清掃剤にはいろいろな硬さや大きさのものがあり、研磨性の高いものを使い過ぎると歯が削れる可能性があります。

歯質が削られると象牙質がむき出しになって知覚過敏になったり、歯の表面にステインが付着しやすくなったりします。

適切に使えばステインを落とすのに効果的ですが、ステイン除去を目的とするなら薬用成分でステインを浮かせて落とす、低研磨性の歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

歯磨き粉にもアレルギーがある


原因や症状は人それぞれですが、口腔周囲を中心に発赤、腫脹、疼痛などの炎症が出現することが多く、場合によっては周囲組織や全身にまで及ぶこともあります。
アレルギー体質の方は特に注意する必要があります。

主な症状

口腔周囲の皮膚には湿疹、炎症、腫れが見られ、舌や歯肉、口腔粘膜に口内炎のような水疱ができたり赤くなったりします。

全身症状も現れることがあり、蕁麻疹や痒み、喉が腫れると呼吸困難になる可能性があります。
また、不快感や胸焼け、消化不良や吐き気症状を伴う消化機能の異常、目の痛みや痒み、眼球の充血などが起こる場合があります。

原因成分

*グルコン酸クロルヘキシジン
消毒薬としても使われますが、蕁麻疹や息苦しさなどの症状が現れることがあります。

*リカルデント
牛乳由来成分なので牛乳アレルギーの方は使えません。

*パラベン
湿疹や皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

*その他
フッ素、香味料、殺菌性を高めるために使用されるティーツリーオイルなどのナチュラルオイルなど、コカミドプロピルベタイン(乳化剤)、プロピレングリコール(保湿剤)、安息香酸ナトリウム(殺菌剤)、ラウリル硫酸ナトリウムなど

歯磨き粉に含まれる他の成分も、アレルギーを引き起こす可能性があります。

歯磨き粉の選び方


ステイン・虫歯・歯周病予防など、目的や年齢に応じて成分を確認しながら選ぶと良いでしょう。
いずれも清掃剤や発泡剤が少なめのものがおすすめです。

手用歯ブラシなら形状は好みのものを使用して大丈夫ですが、電動歯ブラシの場合は清掃剤や発泡剤が含まれないジェルや液体のものが望ましいです。

フッ素の量

市販で販売される歯磨き粉のフッ素濃度の上限は1,500ppmで、数値が高いとフッ素の含有量も多くなります。

フッ素含有の適量は年齢によって変わります。
*6ヵ月〜2歳:500〜1,000ppm
*3〜5歳:500〜1,000ppm
*6歳以上:1,500ppm

歯磨き粉を安全かつ効果的に使うには?


年齢や目的に合った歯磨き粉を見つけるには、成分表を確認することが大切です。
使い方によっては歯にダメージを与え、効果が薄れるので正しい使い方を心掛けましょう。

どのような歯磨き粉を選ぶべきか分からない場合は、かかりつけの歯科医院で相談すると良いでしょう。
口の状態と悩みを照らし合わせて、必要な薬用成分や形状のアドバイスをもらうと、歯磨き粉選びのポイントが分かりやすいです。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉10選

はははのは/株式会社コハルト


ポリリン酸とメタリン酸が、歯の表面に付着した着色汚れとエナメル質の間に入り込み、ブラッシングすることによって浮き上がり、汚れの再付着を防ぎます。
タイムエキス、カモミラエキスなど10種類のオーガニック成分で歯の表面をコーティングし、汚れの付着を防いでくれるので、歯の白さの維持に役立ちます。
また、ココナッツオイルが口内を清浄化し、潤いを保つことで口臭予防にもなります。

有効成分 ポリリン酸ナトリウム・メタリン酸ナトリウム・パパイン・ソープナッツ・ココナッツオイル・ラクトフェリン・米ぬかエキス・重曹
研磨剤
発泡剤
フッ素

購入はこちら

トゥースMDホワイトEX/シーエスシー株式会社

ポリリン酸ナトリウムとウルトラメタリン酸EXが歯の表面のエナメル質とステインに積極的に働きかけます。
また、キレート剤としての効果があるピロリン酸4ナトリウムと、酸性の汚れに対して抗酸化作用があるフムスエキスが口内環境を健康な状態に保ちます。

有効成分 ウルトラメタリン酸EX・メタリン酸・ピロリン酸・イソプロピルメチルフェノール・塩化セチルピリジニウム・ラウロイルサルコシンナトリウム・フムスエキス・パパイン
研磨剤
発泡剤
フッ素

購入はこちら

パールクチュール/株式会社fierce

天然サンゴ化石由来のアパタイトがタバコのヤニやコーヒーなどの色素沈着を吸着します。
ポリリン酸をはじめ、ポリエチレングレコール・スイカズラエキス・酸化チタンなど、着色汚れに働きかけ、歯をコーティングする働きのある成分が6種類も入っています。

有効成分 コーラルアパタイト・トリポリリン酸ナトリウム・パール・クリスパタス菌KT-11・グリチルリチン酸ジカリウム
研磨剤
発泡剤 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
フッ素

購入はこちら

パールホワイト プロ EX プラス/美健コーポレーション

メタリン酸ナトリウム・ポリリン酸ナトリウムはステインに働きかけ、カルシウムを引き付け歯を強力にコーティングし、再付着を防ぎます。
DL‐リンゴ酸は黄ばみや油汚れがヤニ汚れにもしっかり働きかけます。
また、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が、歯間に入り込み歯周病・口臭予防にも効果を発揮してくれます。

有効成分 メタリン酸ナトリウム・ポリリン酸ナトリウム・DL‐リンゴ酸・IPMP
研磨剤
発泡剤
フッ素

購入はこちら

オーラパールプラス/全薬工業株式会社

ホワイトニングケアをしながら、知覚過敏・歯周病・口臭を改善する歯磨き粉です。
薬用ハイドロキシアパタイトは、30~50ナノメートルという非常に細かな粒で歯の表面の細かな傷を修復し、本来の歯の白さを取り戻します。表面が滑らかになるので、汚れを付きにくくして白さを維持できます。
また、ステインやヤニを溶かして除去するゼオライトも配合されています。

有効成分 薬用ハイドロキシアパタイト・ポリエチレングリコール400・PVP(ポリビニルピロリドン)・ゼオライト・塩化ナトリウム・塩化セチルピリジウム・硝酸カリウム・イソプロピルメチルフェノール・グリチルリチン酸・トラネキサム酸
研磨剤
発泡剤 ラウロイルメチルタウリンナトリウム
フッ素

購入はこちら

ドクターオーラ ホワイトニングパウダー/エクロール

卵殻アパタイトは歯の成分に近い成分で、親和性の優れた成分です。粒子が細かいため、歯の隙間に容易に入り込み、汚れを絡み取りやすいため白さを保つことができます。ポリリン酸と卵殻アパタイト(業界最高濃度40%配合)の作用で、着色汚れ・歯垢除去・口臭予防に強い歯磨き用パウダーです。

有効成分 アパタイト・ヒドロキシアパタイト・キラヤ樹脂エキス・グリチルリチン酸ジカリウム・パール
研磨剤 シリカ・炭酸カルシウム
発泡剤 石ケン素地
フッ素

購入はこちら

キラルンハミガキ ペーストタイプ/ルウ研究所

愛媛県産のタイの鱗から採取した国内唯一の海洋性天然アパタイトが配合されています。
それにより、再石灰化が促され歯の表面が滑らかになることで汚れの付着を防ぎ、黄ばみや虫歯の予防に繋がります。
また、フッ化ナトリウムの配合でエナメル質を修復・強化する効果があります。

有効成分 アパタイト・ポリリン酸ナトリウム・フッ化ナトリウム
研磨剤 炭酸カルシウム・ヒドロキシアパタイト
発泡剤 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
フッ素

購入はこちら

ルシェロホワイト/GC

高濃度に配合された清掃剤のLime粒子と薬用成分「ポリエチレングリコール(PEG)400」によりステインを効果的に除去してくれる歯磨き粉です。
研磨剤はナノサイズなので、歯を傷付けることなく、汚れを浮かび上がらせてキレイにすることができます。
フッ素の濃度も他と比べて950ppmと高く、歯質の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を予防してくれます。

有効成分 炭酸カルシウム(Lime粒子)・ポリエチレングリコール(PEG)・モノフルオリン酸ナトリウム(フッ素)
研磨剤
発泡剤
フッ素 950ppm

購入はこちら

アパガードプレミオ/アパガード


エナメル質に97%、象牙質に70%含まれる歯の主成分である「ハイドロキシアパタイト」とほぼ同じ成分のナノ粒子「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されています。
歯垢を吸着・除去、ナノレベルで歯の主成分ハイドロキシアパタイトを補給し、ミネラルが溶け出したエナメル質を修復・再石灰化することで、虫歯と汚れの再付着を予防します。
エナメル質を健康な状態に維持し、歯を白くしています。

有効成分 薬用ハイドロキシアパタイト・パール成分(加水分解コンキオリン液)・β-グリチルレチン酸・塩化セチルピリジニウム
研磨剤
発泡剤 ラウリル硫酸ナトリウム
フッ素

購入はこちら

アパガードリナメル/オーラルケア


ナノ粒子の「薬用ハイドロキシアパタイト」が、ドラッグストアなどで売っている一般的な歯磨き粉の2倍入っていて、虫歯を予防しながら歯を白く丈夫にしてくれる薬用歯磨き剤です。
研磨剤の粒子が細かく、歯に傷が付きにくく汚れの再付着を防止できます。

有効成分 薬用ハイドロキシアパタイト・マクロゴ―ル400(PEG-8)・ゼオライト・ポリビニルピロリドン(PVP)・ β―グリチルレチン酸・塩化セチルピリジニウム
研磨剤
発泡剤 N―ラウロイル―L―グルタミン酸ナトリウム
フッ素

購入はこちら