自宅でできるのに効果の高い「ホームホワイトニング」とは?

ホームホワイトニングは、歯科医師・歯科衛生士の指導を受けながらホワイトニング自体を自宅で行う方法です。ホームホワイトニングについて解説します。

この記事の結論

・ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニング方法

・ホームホワイトニングを終えた後は着色がつかないように注意が必要

・ホームホワイトニングができない人もいるため事前に確認しておく

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニング

ホームホワイトニングとは、マウスピースを使って自宅でホワイトニングを行う方法です。マウスピース内に薬剤を入れ、歯にはめて行います。このマウスピースは歯科医院で作ってもらえます。 市販のホワイトニンググッズよりも効果が高く、かつ自宅で行えるので手軽です。

その他、歯科医院に通って行うオフィスホワイトニングという方法や、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングには以下のようなメリットがあります。

  • 後戻りがおきにくい
  • 自分のタイミングで行える
  • オフィスホワイトニングよりも安価

それぞれ詳しく説明します。

後戻りがおきにくい

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ、時間をかけて薬剤を浸透させていきます。そのため色戻りが起きにくく、自然で透明感のある白さになります。 ホームホワイトニングを2週間毎日行うと、色見本上で2~3段階ほど歯の色が明るくなります。

自分のタイミングで行える

ホームホワイトニングは、自分の好きなタイミングでホワイトニングを行えます。 歯科医院でホワイトニング専用のマウスピースを作り薬剤の購入をします。そのためマウスピースが完成したら自分の好きなタイミングでホワイトニングを行えます。

オフィスホワイトニングより安価

以下の表は歯科医院で行われるホワイトニングの費用相場です。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも価格設定が同等またはやや安価で設定されることが多いです。

費用相場
オフィスホワイトニング 3~5万円
デュアルホワイトニング 5~8万円
ホームホワイトニング 2~3万円

またホームホワイトニングはマウスピースを作った後薬剤を買うだけなので、メンテナンスも安価に済ませられます。 なおホワイトニングは保険が効かない自由診療のため、歯科医院によって料金に差があります。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングにはメリットだけでなく以下のようなデメリットもあります。

  • マウスピースを決められた時間装着しなければならない
  • 効果が出るまでに2週間かかる
  • 知覚過敏になりやすい
  • 毎回終了後の着色に気を付けなければならない

それぞれ詳しく説明します。

マウスピースを決められた時間装着しなければならない

薬剤を歯に浸透させるため、ホームホワイトニング用マウスピースを毎日決められた時間はめておかなければいけません。

使用する薬剤のメーカーや薬剤の濃度によってマウスピースを装着する時間は異なります。必ず歯科医師や歯科衛生士の指示に従ってマウスピースの装着時間を守りましょう。

はじめはマウスピースに慣れるまでは話しづらかったり違和感を感じたりすることもあります。マウスピースの装着感が苦手な方にはホームホワイトニングは向いていません。

マウスピースを外した後は、薬剤を落とすために丁寧に洗ったり、洗浄液に浸けたりとお手入れも必要です。

効果が出るまでに2週間かかる

歯科医院に通って行うオフィスホワイトニングは1日で効果を感じることもありますが、ホームホワイトニングでは効果を感じるまでに2週間ほどかかります。

ホームホワイトニングで使う薬剤はオフィスホワイトニングに使う薬剤と比較すると濃度が低い分、効果を感じられるまでに時間がかかるのです。そのため、結婚式が近いなど短期間で歯を白くしたい方にはホームホワイトニングよりも、オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングが適切な施術となります。

【関連記事】
ホワイトニングにかかる時間・効果が出るまでの時間は?ホワイトニングにまつわる時間問題を解決!

知覚過敏になりやすい

歯科医院で行うホワイトニングでは、知覚過敏やしみるといった症状が出やすいです。

薬剤の濃度が高かったり、効率良く歯を白くするために光を当てたりすると薬剤が内部に浸透しやすくなり、知覚過敏を生じやすくなります。 ホームホワイトニングは、自宅で安全に行えるよう薬剤の濃度が低く設定されていますが、知覚過敏の症状が出る可能性はあります。ホワイトニング時間や薬剤の量を守って行いましょう。

【関連記事】
ホワイトニングをすると知覚過敏になる?知覚過敏を感じずに歯を白くする方法とは
ホワイトニングはしみる?知覚過敏持ちでも大丈夫!原因や対処法を解説

毎回終了後の着色に気をつけなければならない

ホワイトニングを行うと、薬剤によりペリクルが剥がれるため、普段よりも着色しやすくなります。ペリクルとは歯の表面を覆っている膜のことです。ペリクルにより普段は着色しにくくなっています。

ホワイトニング後12〜24時間は食べ物・飲み物に気を配り、着色を防ぐ必要があります。特に着色しやすいのはコーヒーや赤ワイン、カレーなど色の濃い飲食物です。

歯科医院に通って行うオフィスホワイトニングであれば数週間に1回気をつけるだけですが、ホームホワイトニングは毎日行うもの。そのためコーヒーなど色の濃い食べ物・飲み物をよく口にする方には不向きです。

ホームホワイトニングの施術の流れ

ホームホワイトニングはどのような流れで行っていくのかご紹介します。

まずはカウンセリング

カウンセリングでは、歯をどの程度白くしたいかなど相談しましょう。ホームホワイトニングにかかる費用もこのときに確認しておきましょう。

虫歯や歯周病などがないか口内をチェック

虫歯や歯周病があると、ホワイトニング中に悪化したり痛みが出たりする可能性があります。そのため必要があれば先に治療を行います。また歯石が付いているとホワイトニング効果が半減するため、必要であればクリーニングを行います。 このようにお口の中をチェックしてもらえたり、ケアを受けられたりするのが歯科医院でホワイトニングを受けるメリットです。ホワイトニングサロンやセルフホワイトニングではこのようなチェックは受けられません。

歯型を取ってマウスピース作成

お口の中に問題が無ければ、歯型を取って歯にぴったり合ったマウスピースを作ります。自分専用のマウスピースを使うことで薬剤が歯に均一に浸透し、ムラが出ません。マウスピースは3〜4日で完成します。 通販サイトなどで売られているマウスピースだと、歯にぴったり合わないことでムラになったり歯ぐきに薬剤が付着したりする可能性があります。

2週間、毎日決められた時間マウスピースを装着

ホームホワイトニングは2週間毎日決められた時間装着して行います。マウスピースをはめる前には必ず歯を磨きましょう。歯に汚れが付いたままマウスピースをはめると、ホワイトニング効果が半減するだけでなく虫歯や歯周病の原因にもなります。

歯を磨いたらマウスピースの内側に薬剤を盛り、歯にはめます。薬剤をたくさん付けても効果は変わりません。むしろたくさん付けると歯にはめたときに薬剤が漏れ、歯茎に付着する可能性があります。決められた量を守りましょう。 マウスピースをはめている間は飲食を控えます。違和感からマウスピースを噛みしめないよう気を付けましょう。マウスピースに穴が開いたり、割れたりする原因となります。

マウスピースを外した後のケアも忘れない

マウスピースを外したら口をゆすいで歯を磨きましょう。マウスピースの洗浄も忘れずに。マウスピースは清潔な状態でよく乾燥させます。保管には専用のケースがあると良いです。 ホームホワイトニング後1時間は飲食を控え、24時間は着色に注意するといった食事制限も守りましょう。

ホームホワイトニング期間終了後は後戻りを予防しよう

2週間のホームホワイトニングを終えた後も着色に気をつけましょう。そうすることで歯の白さをキープできます。

コーヒーなど色の濃いものを口にした後はすぐうがいをしたり、ガムを噛んだりするだけでも違います。着色(ステイン)除去と書かれた歯磨き粉を使うのも効果的です。

2週間を終えた後もなお白くしたい場合や、色戻りを感じた場合はホームホワイトニングを継続します。オフィスホワイトニングよりも色戻りは起きにくいですが、永遠に起こらないわけではありません。継続には薬剤を追加購入するだけです。

ホームホワイトニングができない人

手軽でメリットの多いホームホワイトニング。残念ながら以下の項目に当てはまるとホワイトニング自体受けられない人もいます。

  • 妊娠中・授乳中の女性
  • 無カタラーゼ症の方
  • 18歳未満の方
  • 歯科治療で用いる材料にアレルギーがある方
  • 健全でない歯(虫歯)や歯周病がある方
  • エナメル質の成長が不十分な方
  • 詰め物・被せ物などしている場合

妊娠中・授乳中の女性

妊娠中・授乳中の方はホワイトニングを受けられません。ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素の、胎児への影響・授乳時の影響がまだ確認されていないからです。必ず影響が出るわけではありませんが、安全とも言い切れません。

無カタラーゼ症の方

無カタラーゼ症の診断をされている方は、ホワイトニングを受けられません。ホワイトニング剤には過酸化水素が含まれており、カタラーゼは過酸化水素を分解・除去するための酵素です。カタラーゼが不足していると、ホワイトニングにより体内に入った過酸化水素を適切に除去できません。 なおポリリン酸ホワイトニングにも過酸化水素が含まれているため受けられません。

18歳未満の方

ホワイトニングの対象年齢は原則18歳以上となっており、高校生までの子どもは受けられません。これは乳歯や生えたての永久歯への、ホワイトニング剤の影響がはっきり分かっていないからです。また未成年の方は保護者の同意書が必要になります。

歯科治療で用いる材料にアレルギーのある方

歯科治療中にアレルギー症状が出た経験のある方は、ホワイトニングで用いる材料では問題が無いか、検査してから受けましょう。

健全でない歯(虫歯)や歯周病がある方

虫歯や歯周病がある方は、基本的にホワイトニングを受けられません。治療が優先になりますが、治療する歯とホワイトニングする歯の色を合わせる必要があるため治療の前にホワイトニングも希望していることを歯科医師に伝えておきましょう。

エナメル質の成長が不十分な方

エナメル質形成不全と診断された場合など、エナメル質の成長が不十分な方はホワイトニングを受けられません。ホワイトニングにより強い痛みを感じたり、効果が得られなかったりするためです。

詰め物・被せ物などをしている場合

詰め物や被せ物など、人工物はホワイトニングしても効果がありません。

ホームホワイトニングにおすすめなのはホワイトエッセンス

ホームホワイトニングを取り扱っている歯科医院は多くありますが、中でも実績の多いホワイトエッセンスがおすすめです。

ホワイトエッセンスとは、全国に200医院近くあるホワイトニング専門医院です。 ホワイトニングを担当するのは、トレーニング・認定を受けた女性歯科医師・歯科衛生士のみ。ホワイトニングを15,000円から始めることができます。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。

まずは相談してから決めたい方、どのメニューを選んだら良いか分からない方向けに無料カウンセリングが用意されています。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら