家でできるホワイトニングの効果はどれくらい!?試す前に知っておきたい本当のこと

スルガ

白い歯には憧れがあっても歯医者に行くのはお金も時間もかかるので、少なからず抵抗があります。

そのため、手軽に手に入るホワイトニング効果を謳っている商品などに興味がわきます。しかし、実際の効果はどれくらいあるのでしょう。

この記事では、家でできるホワイトニングの効果や注意点などを説明します。

この記事の結論

・家でホワイトニングする方法は、ホームホワイトニングやホワイトニング家電、市販のホワイトニング歯磨き粉などがある。
・歯科医院のホワイトニングよりも効果が出るまでに時間がかかる

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンス【PR】のオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングを家で行う方法


家でホワイトニングを行う方法はいくつかあり、歯を白くする効果は方法によって異なります。

家で行うホワイトニングは、主に6つあります。

  • ホームホワイトニング
  • ホワイトニング家電
  • ホワイトニング歯磨き粉
  • 歯の消しゴムを
  • 歯のマニキュア
  • 海外のホワイトニング用品(歯磨き粉、ホワイトニングテープなど)

ホームホワイトニングを行う

歯科医院で歯型を採取して作成されたホワイトニング用のマウスピースとホワイトニング剤を使用する方法です。家で行えるホワイトニングの中では最も歯を白くする効果が高いです。

ホワイトニング剤を入れたマウスピースを毎日、歯科医師に指示された時間装着します。1日の装着時間は2時間ほどですが、薬剤の濃度や歯の状態によって30分〜就寝中などさまざまです。

ホワイトニング剤が歯の色素を分解するので、着色やくすみだけでなく元々の歯の色よりも白く明るくできます。

効果

着色の除去と歯の漂白ができるため、生まれ持った歯よりも白い歯になります。効果が出るまでの期間は約2週間です。

費用

相場は20,000~50,000円ほどです。

自費診療のため歯科医院によって異なりますが、内訳はマウスピース作成費15,000円~40,000円、ホワイトニング剤(1週間分)2,000円~5,000円です。

マウスピースの不適合が無ければ、ホワイトニング剤を買い足すだけで良いので、再度ホワイトニングする際の費用は安く済みます。

ホワイトニング家電

ホワイトニング家電とは、家庭用のセルフホワイトニングキットです。ホワイトニング剤とLEDライトがセットになっています。

ホワイトニング剤を塗った後にLEDライトを数分当てて、着色を除去します。LEDライトには、歯ブラシ型やマウスピース型があり、LEDの1回の照射時間は3〜15分程度と製品によって異なります。

セルフホワイトニングは、本来ならホワイトニング専門の美容サロンに通って施術を行いますが、ホワイトニング家電を使用すれば、家でもホワイトニングサロンと同じ施術が可能です。

効果

歯の表面の着色やヤニを除去できます。だたし、歯の漂白はできないので生まれ持った歯の色よりも白くはなりません。

歯の表面に着色がたくさんある場合は効果を実感しやすいですが、着色やヤニの付着が少ない場合や歯そのものを白くしたい場合は、何回繰り返しても効果を実感できないことがあります。

費用

安いものは数千円ほどで購入できますが、10万円ほどの高額な製品もあります。

また、同じ製品でも購入ルートによって価格が異なる場合があります。

ホワイトニング歯磨き粉

市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用すると、歯の表面の着色汚れ(ステイン)が取れた結果、歯が白くなって見えます。

研磨剤が入っているため、歯磨き粉を付け過ぎたり擦り過ぎたりすると歯の表面を傷つける恐れがあります。

効果

歯の表面の着色が落ちて少し白くなる程度です。

歯を漂白する効果は無いため、回数を重ねたからといって確実に効果が得られる訳ではありません。

費用

数百円〜1,000円前後です。

【関連記事】
ホワイトニング歯磨き粉はこうやって選ぶ!おすすめ歯磨き粉10選

歯の消しゴム

シリコンゴムに研磨剤が配合されたもので、歯の表面を軽く擦るだけで手軽に歯の表面の汚れを落とせます。

歯の表面を研磨する力が強いため、使い方によっては歯を傷つける恐れがあるので注意が必要です。研磨剤によって歯の表面に傷が付かないように使用頻度は少なめにしてください。

効果

市販の歯磨き粉と同様に、歯の表面の着色が落ちて少し白くなる程度です。歯の元の色よりも白くはなりません。

費用

数百円〜1,000円前後です。

歯のマニキュア

歯にマニキュアのような白い塗料を塗って、一時的に白い歯にする方法です。歯科医院でも取り扱っていますが、市販品もあります。

マニキュアは歯の漂白を行うのではなく上から塗料を塗るので、塗料が剥がれれば白さは無くなります。ムラになりやすく、綺麗に仕上がるかどうかは個人の技術力によります。

効果

歯を白くコーティングするので、すぐに効果を実感できます。どのくらい白くなるかは製品のマニキュアの色によりますが、ホワイトニングでは白くできない銀歯などの人工歯も白くできます。

ただし、市販のものは歯磨きをするとマニキュアが落ちて効果が無くなるので、持続期間は長くても1日です。

費用

数千円くらいで購入できます。

【関連記事】
歯のマニキュアとは?効果や費用、ホワイトニングとの違いまとめ

海外のホワイトニング用品(歯磨き粉、ホワイトニングテープなど)

海外のホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングテープには、歯科医院のホワイトニングで使われる過酸化水素が高濃度で配合されているものがあり、日本で市販されているホワイトニング用品よりも高い効果が期待できます。

歯磨き粉タイプは、いつもの歯磨きと同じように使用するだけなので手軽です。ホワイトニングテープは、歯にホワイトニング剤が着いたシートを既定の時間貼り付けて使用します。

効果

過酸化水素が含まれているものは、製品によってはホームホワイトニングのような歯の漂白効果が得られる場合があります。

ただし、過酸化水素の濃度が高い海外製品は、 歯を漂白するほどの高いホワイトニング効果が得られる反面、術後の歯茎トラブルや歯の痛みなどが起こりやすいことから、日本では市販されていません。

使用に関するトラブルは自己責任となるので注意しましょう。

費用

ホワイトニング歯磨き粉は1,000円くらいから、ホワイトニングテープは20日分で7,000円前後で購入できます。

家でホワイトニングをするときの注意点


家でできるホワイトニング用品は、ホームホワイトニングや海外製品を除いて、専門的な知識がなくても歯肉トラブルや痛みが出ない安全な成分が使用されています。

そのため、家でホワイトニングを行う場合は、以下のような点に注意すると良いでしょう。

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • ホワイトニング後は色の濃い飲食物は避ける
  • 効果は着色やくすみが取れる程度
  • 用量・時間を守る
  • 基本的に自己責任

効果が出るまで時間がかかる

家でできるホワイトニング用品に含まれるホワイトニング剤は、自宅で安全に扱えることが基本です。

そのため、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士がすべての工程を行うホワイトニングよりも効果の低いホワイトニング剤やホワイトニング成分を使用しており、効果が出るまでに数週間から数ヶ月ほどの時間がかかります。

効果がどのくらい出るかは方法によって異なります。特に市販のホワイトニング用品は、歯の黄ばみの原因によっては効果が出ないこともあります。

効果は着色やくすみが取れる程度

歯科医院で受けられるホワイトニングとは、薬剤を使って漂白をすることによって歯を白くすることです。

一方、ドラッグストアなどで手に入るホワイトニング用品は歯の表面の着色やくすみを取ることをホワイトニングと表記しています。歯科医院でのホワイトニングとは意味が異なるので注意してください。

市販の歯磨き粉を使用しても取れない着色汚れは、無理をせず歯科医院で相談してみると良いでしょう。

ホームホワイトニング後は色の濃い飲食物は避ける

ホームホワイトニング直後は歯を覆う皮膜が剥がれて着色しやすい状況にあるため、効果を長持ちさせるためにも色の濃い食べ物と飲み物は避けるようにしましょう。例えば、ワインやコーヒー、ケチャップなどです。

【関連記事】
ホワイトニング後避けるべき食事とおすすめの食事例!食事制限をすべき理由とは?

用量・時間を守る

ホワイトニング用品によって使用方法や時間、容量が異なるため、取扱説明書や歯科医師の指示をしかっり守って使用しましょう。

一度にたくさんの量を使用したからといって、効果に違いはありません。欧米人と比較すると、日本人の歯の表面のエナメル質の厚みはやや薄い傾向にあるため、使用方法を守らないと知覚過敏が起こるなどして、歯や歯茎にダメージを与えることもあります。

基本的に自己責任

歯科医院でのホワイトニングのように歯科医師や歯科衛生士のフォローを受けられないので、基本的にはすべて自己責任となります。

特に海外製のホワイトニング製品には、高濃度の過酸化水素のような日本では認可されていない成分が配合されている場合があります。使用に関する安全が保障されているとは限らないので注意しましょう。

家にあるものでホワイトニングするのは危険

レモンなど酸性の強いものでホワイトニングする

酸性の強いものは歯の表面を溶かしてしまうため、歯のダメージになります。また、エナメル質が溶かされると知覚過敏などの原因にもなる可能性もあります。

重曹で歯を磨く

重曹は研磨成分なので歯の表面の汚れの除去には威力を発揮しますが、やり過ぎると歯が削れてしまいます。

実際に歯が白くなったというよりは、歯垢などの汚れが取れて白くなったように見えるだけなので、重曹で歯を磨くのはやめましょう。

歯ブラシでゴシゴシ磨く

歯の表面を覆っているエナメル質を必要以上に削ってしまうため、知覚過敏や歯ぐきを傷つけてしまう原因となります。また、歯ぐきに過度な力がかかり続けると歯ぐきが下がる原因にもなるので、着色を落とすために歯ブラシでゴシゴシと擦るのはやめましょう。

歯ブラシで取れる汚れや着色には限界があるので、市販の歯磨き粉や歯ブラシを使っても効果が感じられない場合は歯科医院で相談するのがおすすめです。

家で行うホワイトニングならホワイトエッセンス【PR】がおすすめ


ホワイトエッセンス【PR】は歯科医院の技術にエステの心地よさを取り入れ、美容院に通うような感覚で通えるホワイトニング専門歯科医院です。家で行う中で最も効果の高い、ホームホワイトニングも扱っています。

医院にはアロマの香りと癒し効果のある体感音響システムが導入された専用チェアのある個室が設置されており、とてもリラックスして施術を受けることができます。また、技術のクオリティ向上のために、すべてのスタッフが毎年等級試験を受けており、技術と接遇面でも安心の施術が受けられます。
ホワイトエッセンス【PR】公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

【PR】ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら