ホームホワイトニングも効果はある|効果を最大限に引き出す方法を解説

自分のペースで手軽に行えて、効果が持続しやすいホームホワイトニングについて、実際の効果とそれを高めるための方法を解説します。

この記事の結論

・ホームホワイトニングの効果は3~6ヶ月程度
・ホームホワイトニングの効果には個人差がある
・効果を最大限に出すには歯科医師の指示を守ろう

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとは、歯科医院で作ったマウスピースに薬剤を盛り、歯に装着することで歯を白くする方法です。薬剤には過酸化水素が含まれており、じっくり時間をかけて浸透させていくため自然な歯の色・白さになります。薬剤によっては歯の表面の汚れだけでなく歯そのものを漂白し、元の色より白くすることも可能です。

オフィスホワイトニングと比較すると、白さの持続期間も3〜6カ月と長いですが、即効性は期待できません。

ホームホワイトニングでは効果がないと感じる4つの原因

即効性は無いものの効果が長続きし、透明感のある白さになれるホームホワイトニング。オフィスホワイトニングを受けてからホームホワイトニングに切り替えるなど、2つを上手く組み合わせて行うこともできます。

しかし、ホームホワイトニングを行っても十分な効果を得られない場合があります。その代表的な例を4つ解説します。

市販のホワイトニング剤を使用している

市販のホワイトニングではあくまで歯の表面の汚れを落とすことしかできません。これは使用できる薬剤は限られているためです。

歯科医院のホワイトニング剤には、薬事法により歯科医師や歯科衛生士しか取り扱うことができない過酸化水素という成分が含まれています。これは歯を漂白する成分で、市販のホワイトニングには含まれていません。そのため市販のホワイトニング剤では効果がないと感じることがあります。

装着時間を守っていない

ホームホワイトニングでは低濃度の薬剤をじっくり浸透させていくため、装着時間・期間を守らないと十分な効果を得られません。

ホワイトニングの効果を実感するためには決められた時間・期間を必ず守ることが大切です。ただ早く白くしたいからと言って、決められた時間より長く使用することは知覚過敏や歯ぐきの炎症など起こす可能性があるため注意が必要です。

食事制限を守っていない

ホームホワイトニングに限らず、ホワイトニングには食事制限が設けられており、これを守らないとせっかくホワイトニングしても効果を感じられません。ホワイトニング後12~24時間はコーヒーやカレー、ケチャップ、タバコ、お茶など着色しやすい飲食物の摂取は避けましょう。

【関連記事】
ホワイトニング後避けるべき食事とおすすめの食事例!食事制限をすべき理由とは?

ホワイトニングが有効ではない症例

ホームホワイトニングで効果を感じない場合、そもそもホワイトニングが有効ではない症例であることも考えられます。以下の症例ではホワイトニングをしても効果を感じられません。

  • 詰め物や差し歯を入れている
  • 歯の神経が死んでいる(失活歯)
  • テトラサイクリン系抗生物質の副作用が出ている

詰め物や差し歯を入れている

ホワイトニングは人工の歯には効果がありません。元々入れていた詰め物・差し歯などは白くできず、それらの色だけ浮いてしまうことがあります。そのような場合ホワイトニング後詰め直しや被せ直しをします。

歯の神経が死んでいる(失活歯)

ホワイトニングは神経が生きている歯にしか効果がありません。虫歯などにより歯の神経が死んでいたり、治療で神経を抜いたりした歯にはホワイトニングの効果はなく、この場合はウォーキングブリーチと呼ばれる方法が適切です。これは歯の神経があったところにホワイトニング剤を入れて内側から白くします。

テトラサイクリン系抗生物質の副作用が出ている

幼少期にテトラサイクリン系の抗生物質を使用していた場合、副作用として歯が黄ばむなどの変色が起こることがあります。これらの変色が重度の場合、ホワイトニングでは効果が感じられません。

ホームホワイトニングの効果には個人差がある


ホワイトニングの効果には個人差があります。歯の質や生活・食習慣によっても効果の感じ方は変わってきます。同じ人でも歯によって効果が異なることもあり、注意が必要です。

ホームホワイトニングで効果を最大限に出すためには


せっかくホワイトニングを始めるのであれば、できる限り高い効果を得たいですよね。その方法を解説します。

歯科医院でホームホワイトニングを受ける

歯科医院でマウスピースを作れば、歯科医師や歯科衛生士という専門家の指導のもとホームホワイトニングが行え、使用する薬剤も医薬品のため高い効果が期待できます。

市販のホームホワイトニングでは効果を感じられなかった人も、歯科医院では感じられるということはしばしばあります。

歯科医院で受けた指示を守る

マウスピースの使用量や装着時間・期間、食事制限など、歯科医師や歯科衛生士から受けた指示は守りましょう。

薬剤の使用量が少ないと効果が出なかったり、多いと痛みが出たりします。なお薬剤をたくさん使用しても効果に差はありません。

実績のある歯科医院で受ける

ホワイトニングをメインで行うなど経験豊富な歯科医院であれば、1人1人の歯の状態に合わせたプランを組んでくれるでしょう。

虫歯や歯周病治療をメインとし、ホワイトニングはサブメニューとして行っている歯科医院は多く、実績はあまりないといった歯科医院も珍しくはありません。ホワイトニングの効果を高めるためにも実績のある歯科医院で受けると良いでしょう。

ホワイトニングが有効ではない場合の対処法


ホワイトニングが有効でない場合の対処法には、いくつかの選択肢があります。それぞれ治療方法は異なりますが、いずれも保険適用外です。

ウォーキングブリーチ

神経が死んでいたり、治療で神経を抜いたりした歯も白くできる方法です。他のホワイトニング方法とは違い、歯の内側から薬剤を浸透させ漂白します。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックでできた薄いチップのようなものを貼り付ける方法です。好みの色を選ぶことができ、短期間で歯を白くできます。テトラサイクリン系抗生物質の影響が重度な場合でも対応できます。

歯のマニキュア

歯の表面にマニキュアのような塗料を塗ることで歯を白くする方法です。歯科で受けられるものと市販のものがあります。効果は一時的ですが、1日で歯を白くできます。

【関連記事】
歯のマニキュアとは?効果や費用、ホワイトニングとの違いまとめ

ホームホワイトニングは実績の多いホワイトエッセンスがおすすめ


ホワイトエッセンスは歯科医院に併設されているホワイトニング専門店であり、比較的リーズナブルなのに対し施術のクオリティはかなり高いことで評判を得ています。ホワイトエッセンスは、ホワイトニングとクリーニングを合わせた症例実績が圧倒的に豊富なため安心してう受けられるのもメリット。

他の歯科医院でホワイトニングを受けたことが無く初来院の方であれば、効果を実感できなかった場合全額返金してもらえます。また対象コースを契約したが都合により通えなくなった場合や、サービス・効果に満足できなかった場合は途中解約も可能です。まずは相談してから決めたいという方向けに、無料カウンセリングも用意されています。

ホワイトエッセンスの公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら