自分でホワイトニングする方法を徹底解説!歯科医院のホームホワイトニングとの違いをご紹介

この記事では、SNSで出回っているホワイトニング法の実際の効果や、本当に安全に自分でホワイトニングするための方法について解説していきます。

この記事の結論

・自分でホワイトニングをする方法は大きく分けて、市販品を使用する方法と、歯科医院のホームホワイトニングを使用する方法がある

・市販品のホワイトニング効果は気休め程度

・歯科医院のホームホワイトニングには、本来の歯の色以上の白さにする効果がある

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングは自分でできるのか

市販品のホワイトニング|効果は気休め程度

市販のホワイトニング剤にはポリリン酸やメタリン酸が主成分の一つとして使用されていますが、基本的に歯の組織ではなく歯の表面に着色した汚れを除去する程度に留まります。

歯科医院で取り扱っているオフィスホワイトニングやホームホワイトニングほどの効果は期待できません。

そもそも歯の着色汚れとは

コーヒーやお茶、赤ワイン、カレー、タバコなど、着色しやすいものを頻繁に摂取することにより、歯の着色汚れが起こります。

一般的な着色のメカニズムとして、歯の表面のタンパク質と着色成分が結び付くことで歯が黄ばんだり黒ずんだりしていきます。

自分で歯を白くしたいならおすすめはホームホワイトニング

歯科医院で作ったマウスピースに、歯科医院で処方された専用の薬剤を入れ、ご自宅で1日数時間程度装着することによって歯を白くするホワイトニング方法です。

ホームホワイトニングの効果

本来の歯の色以上の白さに

ホームホワイトニングの薬剤は、歯科医院で処方されます。

そのため薬機法(旧薬事法)により市販の歯磨き粉には認められていない漂白成分である「過酸化尿素・過酸化水素」が配合されたホワイトニング剤を使用することができます。

個人差はありますが本来の歯の色以上の白さにする効果が期待できます。

じっくり薬剤を定着させるので安全・後戻りしにくい

マウスピースの装着は1日数時間程度とオフィスホワイトニングに比べると長めですが、時間帯を選ばず自分のペースでホワイトニングできる点と、約2週間じっくり薬剤を定着させるので後戻りのスピードが緩やかになる点はホームホワイトニングの特徴でありメリットです。

また、歯へのダメージを与えない低濃度(10~21%)の過酸化水素を含んだ薬剤を使用するため、自宅でも安心して使用できます。

ネットなどで販売されている海外のホワイトニング剤を使用するのは、歯の健康や快適性に対するリスクがあるのでおすすめしません。

【関連記事】
セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!

ホームホワイトニング以外|自分でできる着色汚れの落とし方


歯科医院のホームホワイトニング以外の、自分でできるホワイトニングについて解説していきます。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉には、ステインによる着色を浮かび上がらせる効果のある成分と研磨剤などが含まれていますが、エナメル質や象牙質に浸透した着色などは白くすることはできません。

また、研磨剤は付着した汚れを削り落として白くするイメージですが、研磨剤の量が多いと歯の表面に細かな傷が付いてしまい、傷に汚れがさらに着色しやすくなることもあるので歯磨き粉の付け過ぎ、使用頻度には十分に注意してください。

【関連記事】
ホワイトニング歯磨き粉はこうやって選ぶ!おすすめ歯磨き粉10選

重曹

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、研磨作用や弱アルカリ性なので脂汚れを分解する作用があります。

自然界にも存在している物質で人体に害はありませんが、クレンザーにも使用されるほど研磨作用が強いため、歯磨き剤として使用すると歯の表面のエナメル質に傷が付き、逆効果になることがあります。

また、エナメル質が削られることによる知覚過敏になる危険性があるので、歯磨きの際の力加減と使い過ぎには注意が必要です。

ホワイトニングペン・ホワイトニングテープ

ホワイトニングペンは漂白剤が使われていますが、歯科医院で処方される過酸化水素を使用したホワイトニングほどの効果はありません。

また、テープホワイトニングは30分間ほど貼り付けて剥がすだけでホワイトニング効果があるとSNSなどで話題になっています。

しかし、輸入品の多くには過酸化水素が使用されており、欧米人に比べ日本人の歯のエナメル質や象牙質は弱く痛みを引き起こす危険があるため、個人で輸入し使用するのはおすすめできません。

歯の消しゴム

スティックタイプの消しゴムのような形状で、シリコンゴムと研磨剤が含まれている商品です。

歯の表面に付いた茶渋などの着色汚れ(ステイン)を擦ることによって、ピンポイントで落とすことができます。

ただ、着色汚れの程度によっては擦っても汚れが落ちないことがあります。

家庭用LEDホワイトニングマシン

薬剤を歯に塗ったあとLEDを照射する家庭用ホワイトニングマシンが販売されています。

一般的な家庭用ホワイトニングマシンは、「二酸化チタン」に光を当て光触媒反応により有機物や細菌類を分解し、歯の着色汚れを落としやすくします。

しかし本来酸化チタンは380nm以下の紫外線が反応のピークなので、市販されているLEDライトでは効果は薄いです。

電動歯ブラシのホワイトニングモード

電動歯ブラシによっては、「ホワイトニングモード」「ステイン除去モード」などの機能が付いた商品があります。

歯の表面についたステインを除去することにより、歯本来の白さに近づくことができます。

自分でできる歯の着色予防対策

着色の原因を減らす

コーヒーやお茶、赤ワイン、カレー、タバコなど、着色の原因となるものを口にする回数を減らしてみましょう。

【関連記事】
歯の黄ばみの原因は?対処法や一番効果的な方法を教えます
歯の黒ずみの原因って?それぞれの対処法をまとめて解説!
歯の着色はどうやってつくの?その原因と対策についてご紹介

歯を乾燥させない

歯が乾燥している状態は、食べ物などに含まれる色素が付着しやすい状態です。
食事の前に一度水を含んで歯を湿らせておくと、乾いた状態より定着しづらくなります。

また、唾液が十分に出ているときも同じような効果があるのと同時に自浄作用と殺菌効果を望めるため、食後にガムを噛んで唾液の分泌を促すのはおすすめです。

定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受ける

歯科医院で歯のクリーニングをしてもらうと、汚れが再付着しにくくなります。定期的に歯科医院でクリーニングをしてもらいましょう。

まとめ


自分でホワイトニングをする場合、市販のホワイトニンググッツを使用する方法と歯科医院のホームホワイトニングを使用する方法があります。

市販のホワイトニング用品が数多く販売されていますが、効果は歯についた着色汚れを落とすのみと限定的です。確実に歯を白くしたい方には歯科医院でのホームホワイトニングがおすすめです。

歯科でのホワイトニングならおすすめはホワイトエッセンス


ホワイトエッセンスは、歯科医院の技術にエステの心地良さを取り入れたフランチャイズチェーン店です。北海道から沖縄まで、全国に200医院以上を展開しています。

ホワイトエッセンスでは全国どこの医院でも、クリーニング・ホワイトニング技術のレベルはとても高く安心して施術を受けられます。

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングともに15,000円(税抜)からのメニューが用意されています。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。

また、すべてのホワイトエッセンスが歯科医院に併設されており、虫歯や歯周病の相談は別途で併設の歯科医院で受けることも可能なので通院しやすく安心です。

気になることをスタッフに相談してから決めたい方や、どのメニューを選んだら良いか分からない方は、まずは無料のカウンセリングを受けることをおすすめします。

ホワイトエッセンスの公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら