ホワイトニングスポンジとは?効果や正しい使い方を解説

歯を白くするホワイトニングには大きく分けて2種類あります。

  • 歯を漂白して本来の色よりも白くするもの
  • ホワイトニングスポンジのように歯の表面にあるステインや汚れを落として本来の色に戻すもの

ホワイトニングスポンジを日ごろの歯磨きに取り入れると、歯を白く美しく保つ手助けができます。ホワイトニングスポンジを効果的に正しく使う方法をご紹介します。

この記事の結論

・ホワイトニングスポンジは歯の表面に付いた着色が落とせる

・効果は着色の原因によって個人差がある

・ホワイトニングスポンジだけでは元の歯よりも白くできない

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニング用のスポンジとは


ホワイトニングスポンジは使い捨ての歯磨き用品で、医療用のメラミンスポンジでできており、擦るだけで歯の表面に着いたステインを落とす効果があります。

医療用ではないメラミンスポンジはさまざまな汚れを削り取る力が強いです。そのため、歯に使用すると着色やヤニが落ちる可能性はありますが、歯を傷つけて歯質を弱める危険があります。

また、医療用ではないメラミンスポンジのメラミンフォームという物質には、ホルムアルデヒドが含まれており、人体への安全性が確認されていないため使用しないようにしましょう。

ホワイトニングスポンジの効果


ホワイトニングスポンジは歯の表面にある着色汚れを擦り取って落としますが、歯の内部に染み込んだ着色は落とせないため、すべての歯の黄ばみを改善できるわけではありません。

  • 歯の表面の細かな汚れを落とせる
  • ホワイトニング成分が含まれたものなら効果的に着色を落とせる
  • ホワイトニングスポンジで落とせない黄ばみがある

歯の表面の細かな汚れを落とせる

ホワイトニングスポンジは医療用のメラミンスポンジです。安全性は保証されており、ミクロン単位の非常に細かいメラミン樹脂が、歯の表面にある細かい凸凹の着色汚れを機械的に掻き出して除去します。

歯のエナメル質内部にまで染み込んだ着色汚れは落とせないため、歯の元の色は変わりませんが、表面の着色汚れが無くなることで歯が本来の白さにトーンアップします。

ホワイトニング成分が含まれたものなら効果的に着色を落とせる

スポンジにポリリン酸ナトリウムやメタリン酸ナトリウムなどの薬液が含まれており、薬剤の作用で着色汚れを浮かせて落とす効果が添加されたものがあります。

ポリリン酸ナトリウムは歯科医院でのオフィスホワイトニングにも使用されており、微生物や生態の体内に存在する生体成分です。一方、メタリン酸ナトリウムは環状リン酸とポリリン酸の混合成分で、食品添加物や食品にも使用される身体に優しいホワイトニング成分です。

どちらも歯の表面の着色を浮かせて落とし、着色や汚れが着きにくいようにコーティングする効果があります。これらが含まれたホワイトニングスポンジは、薬剤が含まれていないホワイトニングスポンジと比べて、より高いホワイトニング効果が期待できます。

ただし、ホワイトニングスポンジに含まれる薬剤は歯科医院で行うオフィスホワイトニングよりも濃度や効果が低いものなので、歯の表面の着色汚れが剥がれやすくなりますが、元の歯よりも白い歯にはなりません。

ホワイトニングスポンジで落とせない黄ばみがある

ホワイトニングスポンジは歯の表面にある着色汚れを落とすという特性上、外因的な着色にしか効果が期待できず、エナメル質内部に染み込んだ着色や、さらに内側にある象牙質の内因的着色には効果を発揮できません。

歯が黄ばんだり変色したりする原因には、食べ物や飲み物、たばこ、コーヒーなどによる外因的な着色が歯の表面やエナメル質内部に蓄積されたものと、加齢やテトラサイクリンという薬による影響で、歯の内部にある象牙質が変色する内因的なものがあります。

エナメル質より内部の着色を落とす場合は、歯科医院で医療用の薬剤と機器を使用して行うオフィスホワイトニングか、マウスピースとホワイトニング剤を処方してもらい自宅で行うホームホワイトニングを行う必要があります。

ホワイトニングスポンジの口コミ評判


実際にホワイトニングスポンジ使用した方々の口コミでは、効果があったと感じる方の口コミが多く見られましたが、あまり効果を感じない方や歯茎を傷つけてしまった方の口コミも見られました。

ホワイトニングスポンジの正しい使い方


ホワイトニングスポンジで歯を擦るだけですが、製品によって取り扱いが異なるため、説明書をよく読んで使用方法を遵守しましょう。また、歯ブラシの代わりに使用して歯の汚れ(プラーク)や食べかすを落とすには不十分です。

1.ホワイトニングスポンジを水で濡らす

ホワイトニングスポンジに薬液が含まれていないものは、水で濡らして軽く水気を切ります。

薬液が含まれているものは水で濡らす必要はないので、スポンジが乾かないうちに使用します。

2.ホワイトニングスポンジで歯を擦る

着色汚れが気になるところをホワイトニングスポンジで優しく擦り、ひと通り終わったら水でうがいをして完了です。

スポンジが歯茎に当たると出血や炎症などのトラブルを引き起こす場合があるので、できるだけ歯茎には当たらないように擦りましょう。

ホワイトニングスポンジの危険性


ホワイトニングスポンジは医療用で歯が傷つきにくいように作られていますが、強く擦ったり掃除用のメラミンスポンジを代わりに使ったりすると、歯や歯茎を傷つける可能性があり危険です。

  • 強く擦ると歯や歯茎を傷つけることがある
  • 人工の歯には使用できない

強く擦ると歯や歯茎を傷つけることがある

医療用のホワイトニングスポンジを使用しても、必要以上に擦ると歯や歯茎を傷つけることがあります。

軽い力で擦っても落とせないものは、エナメル質内部に浸透した着色や加齢などによる歯の黄ばみの可能性が高く、どれだけホワイトニングスポンジで擦っても落とせないので気をつけましょう。

人工の歯には使用できない

差し歯や被せ物などの人工の歯をホワイトニングスポンジで擦ると、表面の艶が無くなる可能性があるため使用できません。

まとめ


ホワイトニングスポンジは擦るだけで手軽に歯の表面に付いたステインやヤニを落とすのにおすすめです。軽度な着色なら気になる歯の黄ばみを改善できる可能性があります。

インターネットや100均などで気軽に手に入るので、注意点や正しい使い方を覚えてホワイトニングケアに取り入れてみましょう。

スマイルティース編集部おすすめのホワイトニングスポンジ


口コミでも話題のミュゼホワイトニングスポンジやインターネットで人気の商品をご紹介します。

ミュゼ ポリリンキューブ

分割ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニングスポンジで、擦るだけで歯の表面にあるステインを浮かせて溶かします。

分割ポリリン酸の歯のコーティング効果により歯質強化と着色予防ができ、水無しで使えるため携帯にも便利です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

歯を白くするsu・po・n・ji(スポンジ)

0.2ミクロンの超極細繊維のメラミンスポンジと歯のトリートメントジェルがセットになっています。スポンジは歯の大きさに合わせて好きな大きさにカットして使えるので、無駄なく使えます。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら