ホワイトニングペーストでホームケア!白い歯を目指すための活用方法!

薬局やインターネットで手軽に購入できるホワイトニングペーストには、歯を白くする成分が含まれるものと歯科医院でのホワイトニングで起きる副作用を緩和するものがあり、使用目的が違います。白い歯を目指すために、それぞれの活用方法についてご紹介します。

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国200医院以上!症例980,000件以上の安心の実績~
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

ホワイトニングペーストには2種類ある


ホワイトニングペーストには、歯の表面にあるステインを落として本来の歯の白さを取り戻すケアに自宅で用いるものと、歯科医院で行うホワイトニングで心配される知覚過敏やホワイトスポットのケアに用いるものがあります。

ステインを除去するホワイトニングペースト

主に歯の美白を目的としたオーラルケア商品のことで、ドラッグストアで手軽に買えるものから通販で購入できるものなど、様々な種類があります。

ホワイトニングペーストは比較的安価な商品が多く、歯磨き粉の代わりに使用できるので、ホワイトニングケアを毎日続けやすいのがメリットです。

歯科医院のホワイトニングによる副作用を抑えるペースト

歯科医院のホワイトニングによる副作用を抑えるペーストは知覚過敏の緩和、ホワイトスポットの予防と改善を目的として使用します。

それぞれのホワイトニングペーストの効果

ステインを除去するホワイトニングペーストの効果

歯の表面にある着色汚れを落とすのに効果的

ポリリン酸ナトリウムなどのホワイトニング有効成分により、歯の表面にある着色汚れを浮かせてブラッシングで落とせるため、歯の黄ばみの軽減に効果があります。

また、ハイドロキシアパタイトが配合されたものは、歯の表面に着いた傷を修復して着色汚れが着きにくい歯にする効果があります。

代表的なホワイトニング有効成分

  • ポリリン酸ナトリウム
    イオンの力で歯の表面に蓄積させれた色素を分解します。
  • ハイドロキシアパタイト
    歯の表面についた傷を埋めて汚れやステインが着きにくい滑らかな歯を作ります。
  • マクロゴール(ポリエチレングリコール)400
    タバコのヤニなど、歯に付着した汚れを溶解、除去します。
  • ゼオライト
    スポンジのように無数の穴を持つ多孔質ゼオライトが汚れを吸着することで、歯石の沈着を防ぎながら虫歯も予防します。

元の歯の色は白くならない

日本で販売されているホワイトニングペーストは、歯を漂白する成分を含んでいないため一般的に即効性は低く、毎日のブラッシングで使用するなどしてコツコツと続けていくことで徐々に効果を感じられます。

歯を漂白できる濃度の過酸化水素を取り扱うためには歯科医師免許などが必要で、市販の歯磨き粉で歯科医院の施術と同じホワイトニング効果は期待できません。

海外製の歯磨き粉には過酸化水素などの歯の元の色を白くする漂白成分が含まれたものがありますが、日本の薬機法に即していないものや販売認可がないもの、成分表示が曖昧なものがあります。

成分が強すぎて歯茎や口の粘膜がただれる、歯が痛くなるなどの危険があるため、異常を感じたらすぐに使用を中止するなどの注意が必要です。

どんな人におすすめ?

  • コーヒー・紅茶・緑茶をよく飲む
  • 気軽に毎日の歯磨きでホワイトニング対策したい
  • 歯が黄ばんでいる
  • 菌や着色汚れの予防・歯科医院のホワイトニング施術後の歯の白さを長持ちさせたい

歯科医院のホワイトニングによる副作用を抑えるペーストの効果

ホワイトニングによる知覚過敏やホワイトスポットに効果的

歯科医院で受けるオフィスホワイトニングのあとやホームホワイトニングの最中に知覚過敏が起きたり、エナメル質の成長が不十分なことで起こる歯の斑点模様(ホワイトスポット)や縞模様(バンディング)が目立ったりすることがあります。

ホワイトニングで失われた歯の表面にある皮膜が24時間ほどで再生されるため、知覚過敏による痛みは24時間、ホワイトスポットやバンディングは2〜3日で改善されますが、リカルデントや硝酸カリウム、フッ素などが配合されたホワイトニングペーストを使用したケアによって自宅で対処できます。

リカルデント配合のホワイトニングペースト

歯質強化による知覚過敏緩和とホワイトスポット予防・改善に効果的です。

リカルデント(CPP-ACP)は牛乳由来の成分で、口内の中和作用、緩衝作用、歯の再石灰化作用促進により、歯質を強化します。

歯の表面にあるエナメル質が強化・修復されるため、知覚過敏が緩和され、ホワイトスポットの予防や改善、エナメル質の艶を出す効果があります。

ただし、牛乳由来成分のため牛乳アレルギーがある方の使用は禁忌です。

硝酸カリウム配合のペースト

硝酸カリウムによる知覚過敏抑制に効果的です。

知覚過敏は歯に受けた刺激が象牙細管という歯の神経に繋がる管から伝わるために起こります。硝酸カリウムは象牙細管の入り口を保護して歯の神経に刺激を伝えにくくします。

どんな人におすすめ?

  • オフィスホワイトニング後やホームホワイトニングの最中に起こる知覚過敏を緩和したい
  • ホワイトスポットやバンディングが目立つようになった

それぞれのホワイトニングペーストの使い方


ステインを除去するホワイトニングペーストも歯科医院のホワイトニングによる副作用を緩和するホワイトニングペーストも基本的には歯磨き粉と同じように使用できます。

中には歯の汚れを落とす効果のある研磨剤が含まれず、歯磨き後の仕上げに使用するタイプもあるので、取扱説明を見てよく確認しましょう。

ステインを除去するホワイトニングペーストの場合

日々の飲食で蓄積されるステインを落とすために歯磨き粉と同じように使います。歯ブラシの毛先に規定の量のホワイトニングペーストを付けて歯を磨き、歯全体を満遍なく磨いたら、水で軽く口をすすいで完了です。

ホワイトニングペーストを付ける前に歯ブラシを水で濡らすと泡立ちやすく、歯磨きの最中にホワイトニングペーストの有効成分とともに泡を吐き出してしまうことがあるため、歯磨きの前に歯ブラシを水で濡らさないようにしましょう。

歯科医院のホワイトニングによる副作用を抑えるペーストの場合

硝酸カリウム配合の歯磨き粉でブラッシングして知覚過敏を抑制し、仕上げにリカルデント配合のホワイトニングペーストで歯をトリートメントします。薬用成分が薄まらないように歯ブラシや綿棒、マウスピースは水で濡らさずに使いましょう。

【手順】

1.硝酸カリウムなどの知覚過敏抑効果のある歯磨き粉で歯を満遍なく磨いて口をゆすぎます。

2.リカルデント配合のホワイトニングペーストを歯ブラシか綿棒に取り、歯に満遍なく塗布したらそのまま規定の時間待ちます。

ホームホワイトニングを行なっていて、ホワイトニング用のマウスピースがある場合は、リカルデント配合のホワイトニングペーストをマウスピースに入れて装着して待ちます。

3.軽く口をゆすいで完了です。

おすすめのホワイトニングペースト

スマイルコスメティック ホワイトニングペースト

歯磨き粉として使用可能で、ポリリン酸ナトリウムによるイオンクレンジング成分により歯の着色汚れを浮かせて落とします。また、ホワイトパウダーが舌に溜まった汚れを炭酸水素ナトリウムで浮かせて落とし、口中浄化や口臭予防が可能です。

購入はこちら

薬用シュミテクト

知覚過敏抑制効果のある硝酸カリウム配合で、ホワイトニング後の知覚過敏による痛みを緩和します。

購入はこちら

GC MIペースト

歯磨きのあとの仕上げとして使う、リカルデント配合のホワイトニングペーストです。

購入はこちら