ホワイトニングパックとは?白い歯を目指すセルフケアをご紹介!

自宅で簡単に歯を白くしたいとお考えの方に、歯のホワイトニングパックの活用方法や成分の違いなどを徹底解説いたします。

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

ホワイトニングパックとは?


ホワイトニングパックは自宅でできる歯のホワイトニングケア用品です。肌のパックと同じように、歯の表面の着色を浮き上がらせるホワイトニング成分が含まれたシートを歯に貼り付けてケアします。

自宅でできる歯のホワイトニングケア用品

ポリリン酸ナトリウムが含まれたシートが歯の表面にある歯のくすみ(コーヒー・紅茶・緑茶などのポリフェノールが歯に付着して蓄積された着色汚れ)に浸透して浮かせて落としやすくします。

ホワイトニング成分が歯に密着するので効果的に作用する

ホワイトニング成分が歯に密着するので、ホワイトニング効果のある歯磨き粉よりも有効成分が唾液で薄まりにくく、歯の着色汚れに浸透しやすいため効果的に作用します。

日本製と海外製がある

日本製のものは薬機法により、過酸化水素のような本来の歯の色よりも白くなる漂白成分の配合が認められておらず、歯を白くするというよりは、本来の歯の輝きを取り戻すことが目的とされています。

一方、海外製のものは過酸化水素の濃度が日本の市販品よりも高く、歯のエナメル質内部にまで浸透して本来の歯の色よりも白くできるものがあります。ホワイトニングテープやホワイトニングシートなどとも呼ばれ、インターネットなどで購入できます。

ホワイトニングパックの使い方


基本は歯に貼ってパックをしたら、ブラッシングをして完了です。使用頻度や方法は製品により異なるため、使用前に説明書や注意事項をよく確認しましょう。

1.乾いた手でシートからパックを剥がします。
2.歯の表に貼り、余った部分を歯の先端を包むように歯の裏側へ折り返します。
3.口を閉じて規定の時間待ちます。
4.ブラッシングして水で口をゆすいだら完了です。

ホワイトニングパックの成分と効果


日本製のものはポリリン酸ナトリウムやフィチン酸など、海外製のものは過酸化水素や過酸化尿素が含まれています。含まれる成分によって効果が異なり、歯の表面にだけ作用して歯の本来の色に戻すものと、歯のエナメル質内部にまで作用して歯を白くするものがあります。

成分①:歯を本来の色に戻すポリリン酸ナトリウム

日本製の歯のホワイトニングパックに含まれることがあり、歯の表面にある着色汚れを吸着して剥がします。また、歯のコーティング作用によって歯質強化と再着色防止効果を発揮します。歯を本来の色に戻すだけなので、歯の元の色よりも白くはできません。

分割ポリリン酸とは、バクテリアから哺乳類まであらゆる生物の体内に存在する物質で、リン酸が鎖状に複数個結合しており、長さと濃度によってさまざな効果があります。

歯周病治療に使用されることもあり、育毛・発毛ケアに有効な「長鎖分割ポリリン酸」や、肌の再生力をたすける「中鎖分割ポリリン酸」など、あらゆる分野で使用されています。

成分②:歯の汚れを除去するフィチン酸

歯に付着・沈着したステイン、歯垢、タバコのヤニ等の歯の汚れを除去する、効果に優れた美白成分です。ホワイトニング効果のある歯磨き粉にも含まれます。

歯の表面を覆うエナメル質はハイドロキシアパタイトの結晶が密集してできており、結晶と結晶の間にある隙間に、唾液に溶けた着色物質などが加齢とともに蓄積されて歯が黄ばみます。

フィチン酸はエナメル質を傷つけることなく結晶の間に蓄積された着色物質などを取り除いて隙間を再生するので、エナメル質に入った光が結晶の隙間で乱反射して自然な白い歯に見せる効果があります。ただし、歯を漂白する効果は無いので、元の歯の色よりも白くはなりません。

成分③:歯を漂白する過酸化水素

海外製のホワイトニングパックに含まれることがあり、歯の漂白や消毒などに用いられます。高濃度のものは、歯のエナメル質内部の着色まで分解して、元の歯よりも白くする効果があります。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは35%、ホームホワイトニングでは10〜21%濃度の過酸化水素が使用されており、日本の薬機法では6%を超える過酸化水素が含まれたものは劇薬として、歯科医師などの専門家しか扱えない決まりとなっています。

海外製のホワイトニングパックには10%程度の過酸化水素が含まれているので、市販品でも歯の漂白効果が得られますが、日本の法律では安全性が保証されておらず、使用は自己責任となります。

成分に過酸化水素ではなく過酸化尿素が含まれるものもありますが、過酸化尿素は着色を分解する過程で過酸化水素となるため、作用と効果は同じです。

歯科医院のホワイトニングとの違い


歯科医院のホワイトニングと市販のホワイトニングパックは、ホワイトニング成分の種類や濃度が異なるため、歯を白くする効果と値段に大きな違いがあります。

ホワイトニング効果が違う

歯科医院で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングには、過酸化水素や過酸化尿素のような漂白剤が含まれているため、本来の色よりも歯が白くなります。

歯のホワイトニングパックは歯の表面の着色汚れを除去するためのものなので、海外製以外は本来の歯の色よりも白くはなりません。

海外製のホワイトニングパックもオフィスホワイトニングと比べると過酸化水素の濃度が低いため、歯科医院のホワイトニングよりも白くなるまでの時間や回数が多く掛かります。

ホワイトニングパックの方がリーズナブルに始められる

日本製のホワイトニングパックは2〜3週間で1,500円〜1,600円程度、海外製のものは20日分で7,000円程度で始められます。

歯科医院のオフィスホワイトニングは1回の施術に30,000円~50,000円、ホームホワイトニングが1〜2週間で25,000円~50,000円掛かり、両者を比べると、ホワイトニングパックは初期投資としてはリーズナブルです。

製品により異なりますが、日本製のホワイトニングパックは1週間ごとの継続利用が必要なので、得られる効果やランニングコストを考えると、トータル費用はオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの方が安く済むこともあります。

ホワイトニングパックの注意事項


ホワイトニングパックで副作用やトラブルが起こることもあります。特に海外製のものは刺激の強いホワイトニング成分が含まれるため、トラブルが起こる可能性が高いです。よく取り扱い説明を読んで、厳守しましょう。

痛みや知覚過敏が起こることがある

使用頻度を守らずに必要以上に使用すると、口の中の粘膜が弱い人は痛みなどの刺激を感じる場合があるため、規定の時間以上の装着や決められた回数以上使用するのは止めましょう。

知覚過敏が起きた場合は通常24時間ほどで収まりますが、痛みが強かったりいつまでも続いたりする場合は、歯科医師に相談するのが望ましいです。

海外製のものは成分が強過ぎて歯の神経にダメージを与える危険があるため、使用中に強い痛みを感じるなどした場合は使用を中止しましょう。

歯に色ムラができることがある

歯表面の汚れを取り除くことで、一時的に歯本来の色や模様が目立ちやすくなり、元からあった歯の色ムラが気になることがあります。歯の皮膜が再生されると目立たなくなることが多いです。

効果が期待できない歯がある

ホワイトニング成分は歯の表面にあるエナメル質にのみ効果を発揮します。歯の神経が無いか死んでしまった歯、テトラサイクリン歯の黄ばみや変色は、歯の内部にある象牙質の変色が原因のため効果が期待できません。

また、詰め物や被せ物などの人工の歯にはホワイトニング剤の効果が無く、着色汚れが落ちにくいことがあります。

海外製のホワイトニングパックの使用後は色の濃い食べ物や飲み物を控える

海外製の過酸化水素を使用したホワイトニングパックは、使用後に薬剤の影響で歯を覆う皮膜が剥がれた状態になるため、普段よりも食べ物や飲み物の色を吸収しやすくなります。

皮膜が作られるまでの半日〜24時間はカレーや赤ワイン、コーヒーなどの色の濃い食べ物は控えましょう。

おすすめのホワイトニングパック

スマイルコスメティック ティースホワイトパックハミガキ

三リン酸5ナトリウムが歯の細かい隙間に付着した着色汚れを、パックによって浸透させて浮かせます。歯磨きの前に使用すると、歯本来の白さと艶を取り戻せます。

購入はこちら

クリアクリーン プレミアム ホワイトクリアパック

米ぬか由来のホワイトクレンジング成分であるフィチン酸のパックで、日ごろ蓄積される着色汚れを落とします。

購入はこちら