セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!

「セルフホワイトニングって効果あるの?」「歯科医院のホワイトニングと何が違うの?」歯科医院のホワイトニングが高価であるため、セルフホワイトニングと迷う方も多いです。

ただ、「セルフホワイトニングでは効果を感じなかった」「何も変わらなかった」という方がいるのも事実です。そこでセルフホワイトニングはどのような人に合っているのか、効果はどの程度あるのかについて解説します。

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングとは、ホワイトニングサロン・バーなどで受けられるホワイトニングのことです。口への施術は医療行為のため歯科医師・歯科衛生士など資格のある人しかできませんが、ホワイトニングサロン・バーには歯科医師・歯科衛生士がいません。そのためホワイトニングはすべて自分で行い、「セルフホワイトニング」と呼ばれます。

セルフホワイトニングの種類

セルフホワイトニングには、大きく分けて2種類あります。

ホワイトニングサロン・バーで行う

セルフホワイトニングと言うと、一般的なのはホワイトニングサロン・バーで行う方法です。歯科医院とは違い、文字通りサロンのような雰囲気の中でホワイトニングを行います。

ホワイトニングサロン・バーには歯科医師や歯科衛生士が在籍していません。またスタッフは歯科医師や歯科衛生士のように国家資格を持っておらず、口に触れるなどの医療行為ができません。そのため虫歯や歯周病など歯に関する相談は基本的にできず、歯のクリーニングやホワイトニング、仕上げまですべて自分で行います。

【関連記事】
ホワイトニングバーって何?歯科医院のホワイトニングと何が違うの?知りたいポイントの解説
ホワイトニングサロンって何?歯科医院との違いや利用方法を解説!

市販品で行う

市販されているホワイトニンググッズを使って歯を白くする方法です。これらもホワイトニングや仕上げまですべて自分で行うため、セルフホワイトニングと呼ばれます。市販のホワイトニンググッズには、「歯を白くする歯磨き粉」や「歯の消しゴム」などがあります。

セルフホワイトニングの流れ

ホワイトニングサロン・バーで行う、セルフホワイトニングの流れをご紹介します。

  • カウンセリング

まずカウンセリングを受けます。カウンセリングしてくれるのは歯科医師や歯科衛生士ではなく、セルフホワイトニングサロンのスタッフです。そのため虫歯や歯周病についての相談などはできません。名前や連絡先などの記入や、手順の説明が主です。

  • 自分で歯を磨く

カウンセリングが終わったら、セルフホワイトニングスペースで歯を磨きます。歯に汚れが残ったままセルフホワイトニングを行うと、効果を感じなかったりムラになったりするからです。

つまりこの歯磨きは、歯科医院のホワイトニングにおけるクリーニングの代わりです。ただ歯科医院のクリーニングで使う専用器材や材料とは異なり、あくまで歯ブラシを使った普段の歯磨きです。

  • 薬剤を歯の表面に塗る

歯磨きが終わったら、ホワイトニング前の歯の色を確認します。セルフホワイトニングでどの程度色に変化があったか知るためです。

その後唇を保護するためのクリームを塗り、薬剤がよく浸透するよう歯の表面の水分を拭き取ったら、薬剤を塗ります。このときに使う薬剤も、歯科医院で使うものとは別物。資格が無くても扱えるような、漂白効果の弱い薬剤です。

  • LEDライトを当てる

薬剤を塗った上からLEDライトを当てます。セルフホワイトニングで使う薬剤は、LEDライトと反応して歯の着色を落とします。

歯科医院のホワイトニングでもライトを当てますが、セルフホワイトニングとは種類が違います。歯科医院のものは医療用ハロゲンライト。これによりホワイトニング効果を高めますが、セルフホワイトニングで使用するLEDライトに歯科医院と同等の効果は期待できません。

  • 薬剤を拭き取る

LEDライトを当てて一定時間経ったら、歯の表面の薬剤を拭き取ります。時間はタイマーで計るか、ライトが自動的に消えるよう設定されています。

効果にムラが出ないよう、隅々まで薬剤を拭き取りましょう。

  • 薬剤塗布〜拭き取りを何回か繰り返す

希望の白さになるまで、あるいはセルフホワイトニングのプランに合わせて薬剤塗布・ライト照射・拭き取りを繰り返します。この手順を何回か繰り返すことで、着色が落ちやすくなります。

  • もう一度自分で歯を磨く

仕上げにもう一度歯を磨いたら、セルフホワイトニングは終了です。薬剤が残っていると汚れや色が再付着しやすくなるため、丁寧に歯を磨きましょう。

このようにセルフホワイトニングでは、歯のクリーニングから薬剤の塗布、仕上げまですべて自分で行います。そのため効果を実感できなくても、色ムラがあっても自己責任です。

セルフホワイトニングには効果がある?

気になるのが「セルフホワイトニングには効果があるのか?」ですよね。結論を言うと、軽い着色や黄ばみであればセルフホワイトニングでも効果を感じられます。しかし歯そのものが黄ばんでいたり、歯石などが原因であったりする場合は効果を感じられません。

本来の歯の色になれる

歯科医院で行うホワイトニングは医療行為です。医薬品である過酸化水素が入った薬剤を使い、医療用ハロゲンライトを使います。それに対してセルフホワイトニングでは、酸化チタンなどが含まれた薬剤を使います。LEDライトを当てることで着色やヤニを落とし、本来の歯の色になります。歯の黄ばみや黒ずみの原因が着色であれば、元の歯の色に戻すだけでも十分白いかもしれません。

ただ歯科医院のホワイトニングのように、歯そのものの色は白くできません。セルフホワイトニングを行うサロン・バーには資格を持った歯科医師や歯科衛生士がおらず、ホワイトニングは自分で行います。そのため資格や知識が無くても安全な薬剤・ライトしか使えません。

着色や汚れには効果あり

セルフホワイトニングは効果が無いわけではなく、歯の表面の軽い着色や黄ばみであれば落とせます。

【関連記事】
歯の黄ばみの原因は?対処法や一番効果的な方法を教えます
歯の黒ずみの原因って?それぞれの対処法をまとめて解説!
歯の着色はどうやってつくの?その原因と対策についてご紹介

歯磨きや生活習慣の変化

セルフホワイトニングを考える上で、自分の歯や口の中に興味・関心を持ちます。歯や口の中への意識が高くなると歯磨きや生活習慣に変化が起こり、虫歯や歯周病の予防に繋がることもあります。

セルフホワイトニングのメリット・デメリット

歯科医院のホワイトニングと比較したときの、セルフホワイトニングのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

安価にホワイトニングができる

セルフホワイトニングのメリットは、安くホワイトニングを受けられることです。歯科医院のホワイトニングは効果が高いですが、医療行為であり保険が効かないため1回1万円以上かかります。それに対してセルフホワイトニングは1回2,000円〜5,000円しかかかりません

お試しキャンペーンなどを行っているホワイトニングサロンも多く、それを利用すれば数百円〜千円など、さらに安くできることも。

本来の歯の色を知ることができる

歯科医院に行く時間が無い方でも、歯の表面の着色を落とし本来の歯の色にすることができます。歯科医院でホワイトニングを受けなくても、本来の歯は十分に明るくて白い可能性もあります。

知覚過敏が起こらない

セルフホワイトニングで使うジェルやペーストは、歯や歯ぐきに対して刺激がとても少ないです。歯科医院のホワイトニングではしばしば知覚過敏が起こりますが、セルフホワイトニングではしみたり痛みが出たりすることはほとんどありません。

自分自身の歯や口の中への意識が高くなる

普段何気なく行っている歯や口のケアに対して興味を持つことが、虫歯歯周病の予防に繋がります。セルフホワイトニングを行ったことが歯科医院を受診するきっかけになるかもしれません。

デメリット

効果が弱い上に自己責任である

セルフホワイトニングのデメリットは、効果が弱いことです。セルフホワイトニングでは芸能人のように真っ白な歯にはなれず、歯本来の色を取り戻すことが限界です。着色を落とすだけでなく、歯そのものの色を白くしたい場合は歯科医院のホワイトニングを選びましょう。

またセルフホワイトニングでは虫歯や歯周病に気付かず施術したり、効果にムラがあったりしてもすべて自己責任です。ホワイトニングサロンには歯科医師や歯科衛生士がおらず、治療に関する相談もできません。

歯科医院とセルフホワイトニングの違い

歯科医院とセルフホワイトニングには大きな違いがあります。初めは費用にばかり目が行きがちですが、それだけでなくホワイトニング効果にも差があることを理解し、歯科医院とセルフホワイトニングを上手く使い分けられると良いでしょう。

効果

歯科医院のホワイトニングは、歯の表面の着色だけでなく歯そのものを白くできます。それに対してセルフホワイトニングでは、歯科医院と同等のホワイトニング剤は使えないため歯の表面の着色しか落とせません。

  • 歯そのものをしっかり白くしたい
  • セルフホワイトニングでは効果が感じられなかった

などという場合は歯科医院でホワイトニングがおすすめです。

  • 歯科医院のホワイトニング後のケアをしたい
  • 簡単な着色が落とせれば良い

などという場合は、サロンや市販品でのセルフホワイトニングがおすすめです。まずはセルフホワイトニングを受けてみて、効果を感じられなければ歯科医院のホワイトニングを受けるというのも良いでしょう。

かかる時間

歯科医院のホワイトニングは、1回あたり1〜2時間かかります。それに対してセルフホワイトニングにかかるのは数十分〜1時間。セルフホワイトニングの方が短時間のため、空いた時間で手軽に利用できます。

【関連記事】
ホワイトニングの効果は何回で出て何カ月持つの?効果に関する疑問を解説!
ホワイトニングにかかる時間・効果が出るまでの時間は?ホワイトニングにまつわる時間問題を解決!

費用

歯科医院のホワイトニングは医療行為であり、かつ保険が効かないため1回あたり1万円以上することが多いです。ホワイトニングは自由診療のため歯科医院によって料金設定に差があります。

それに対してセルフホワイトニングは安価で、数百〜数千円でできるものがほとんどです。

歯科医院でのホワイトニングならおすすめはホワイトエッセンス

セルフホワイトニングは安価ですが効果も弱く、すべて自己責任であるためおすすめできません。歯科医院のホワイトニングはセルフホワイトニングより高価ですが、虫歯・歯周病のチェックや歯石取りなど、歯の色だけでなく口の中全体をケアしてもらえます。

ホワイトエッセンスとは?

ホワイトエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院近くをフランチャイズ展開しているホワイトニング専門医院です。ホワイトエッセンスでは歯科医院の技術にエステの心地良さを取り入れ、美容院に通うような感覚でケアを受けられます。

ホワイトニングを担当するのは、トレーニング・認定を受けた女性歯科医師・歯科衛生士のみ。認定を受けるためには100時間以上の接遇・技術研修を受け試験に合格しなければいけないため、技術はとても高く安心です。

またホワイトエッセンスには、アロマ癒し効果のある体感音響システムが導入されたチェアのある個室が用意されています。そのためリラックスして施術を受けられます。

ホワイトエッセンスのメリット

歯科医院のホワイトニングが良心的価格で受けられる

ホワイトエッセンスでは、ホワイトニングを15000円~から始めることができます。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。

またすべてのホワイトエッセンスは歯科医院に併設されており、虫歯や歯周病の相談は別途、併設の歯科医院で受けられます。

無料カウンセリングを利用できる

まずは相談してから決めたい方、どのメニューを選んだら良いか分からない方向けに無料カウンセリングが用意されています。

実績が圧倒的に豊富

ホワイトニングとクリーニングを合わせた症例実績は1135000件。実績が豊富なので、ホワイトニング後の食事指導なども的確で、他の歯科医院より信頼できます。

独自に開発したホワイトニングジェルと光照射器

ホワイトエッセンスでは、よりホワイトニング効果を高めるため、自社で独自のホワイトニングジェル、さらにホワイトニングジェルを光により活性化させる装置を開発し、薬事認可を取得しています。

返金保証と中途解約制度で安心して始められる

他の歯科医院でのホワイトニング経験が無く、初めての方でホワイトニングの効果を実感できない場合、翌日までに連絡すると全額返金してもらえます。

また対象コースを契約したが、都合で通うことができなくなった場合や、サービスや効果に満足できなかった場合は中途解約もできます。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

 

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら