ホワイトニングペンの効果はどのくらい?日本製と海外製の違いや使い方を徹底解説!

歯を白くする方法には大きく分けて3つの方法があります。

  • 歯科医院で歯科医師または歯科衛生士行うホワイトニング
  • サロンですべての工程を自分で行うホワイトニング
  • 自宅で市販の製品を使って行うホワイトニング

効果は歯科医院で行うものが最も高く、即効性もありますが、費用も多く掛かります。

ホワイトニングペンは市販で購入できるホワイトニング用品で、自宅で行うものです。インターネットなどで手軽に購入でき、価格も歯科医院のホワイニングと比べて安価なため、初めてのホワイニングケアにも取り入れやすいです。

ホワイトニングペンの効果や日本製と海外製の違いや使い方を徹底解説いたします。

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

ホワイトニングペンとは


ペン型の容器にホワイトニングジェルがはいっており、ペン先から出るホワイトニングジェルを歯に塗って行うセルフホワイトニング用品です。

ポーチなどに入れて持ち運びしやすく、自宅や外出先で手軽にホワイトニングケアができるのが特徴で、日本製や海外製のものがあります。
価格は2,000〜5,000円ほどです。

ホワイトニングペンの効果と注意点


ホワイトニングは、医療機器と医療用の濃度の高いホワイトニング剤を用いて歯科医院で行うものが最も高い効果を得られますが、ホワイトニングペンは市販で手軽に購入できるため、トラブルが起こりにくいよう、使用する薬剤には制限があり効果も低いです。

歯の表面にある着色汚れを浮かせて落とす

基本的に歯の表面にある汚れやステインを浮かせて落とすことで、歯が綺麗になって白くなります。歯の表面にのみアプローチするので、元の歯の色は白くできず、弱い薬剤を使用するため歯の内部に染み込んだ着色や強固な着色汚れは落とせません。

歯の内部の着色を落とす場合は、歯科医院で医療用の薬剤と機器を使用して行うオフィスホワイトニングか、マウスピースとホワイトニング剤を処方してもらい自宅で行うホームホワイトニングを行う必要があります。

効果が期待できない歯もある

歯に詰め物や被せ物をしているところは白くならず、歯の神経が無いか死んでしまった歯、テトラサイクリン歯は歯の内部にある象牙質の変色が原因のため、歯の表面の着色汚れのみにアプローチするホワイトニングペンでは効果が期待できません。

テトラサイクリン歯は、歯の形成期にテトラサイクリンという薬剤を服用したことで、歯の内部にある象牙質が変色した歯を指します。変色の程度は個人差が大きく、全体的に濃いグレーや茶色に変色したり、濃い縞模様ができたりするなどさまざまです。

歯の色にムラができることがある

歯並びの悪い部分は塗るのが難しく、ホワイトニング剤を均一に塗らないと歯の色にムラができることがあります。また、塗布したホワイトニング剤の厚みによっても効果に差がでる原因となります。

また、ホワイトスポットやバンディング(点や縞状の歯の模様)があると、ホワイトニング後に模様が強調されてまだらになる場合もあります。

痛みなどのトラブルが起こることがある

歯にヒビが入っていたり削れていたりする部分にホワイトニング剤を塗ると、痛みや知覚過敏、歯茎がし沁みるなどのトラブルを生じる可能性があります。

特に海外製のものは日本の薬事法とは違う決まりの下で作られるため、成分が強すぎてトラブルを起こす危険性が高いです。

日本製と海外製のホワイトニングペンの違いは成分


基本的に歯の表面の着色汚れのみに効果がある点は変わりませんが、日本製と海外製のホワイトニングペンに含まれる成分には違いがあるため、期待できる効果の高さや安全性が異なります。

日本製のホワイトニングペン

主なホワイトニング成分は食品添加物の亜塩素酸ナトリウムで、日本の決まりに従って販売されているものなので、安全性が保証されていますが効果は低いです。

亜塩素酸ナトリウムは食品用の漂白剤で、通常の使用量であれば人体に影響はありませんが、場合によっては人体に影響を与える可能性があります。使用する際は、各製品の用法・用量を必ず守るようにしましょう。

日本では歯科医院で行う効果の高いホワイトニング剤と同等のものを一般に販売できない決まりのため、日本製のホワイトニングペンで歯科医院と同じように歯の元の色をトーンアップさせる効果を得るのは難しいです。

海外製のホワイトニングペン

歯科医院で使用されているホワイトニング剤と同じ成分である過酸化水素が含まれている場合があり、日本製のホワイトニングペンよりも効果が期待できますが安全性は低いです。

ホワイトニング剤の成分は効果が高いほど、痛みや炎症などのトラブルを引き起こしたり人体へ悪い影響を与える可能性が高くなります。アメリカ製のものならFDA(米国食品医薬局)の認可があるものを選ぶなど、海外製のものを選ぶならその国の安全基準を満たしているかを参考にするのが望ましいです。

海外製のホワイトニングペンは歯科医院で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも過酸化水素の濃度は低いですが、日本人は欧米人と比較して歯のエナメル質が薄いためホワイトニング剤の刺激を受けやすく、海外の安全基準を満たしていても刺激が強すぎる場合があります。

インターネットサイトや個人輸入なとで比較的簡単に手に入りますが、日本の法律での安全性は保証されていないため、使用方法を厳守と扱いには十分に注意し、痛みや炎症などの異常を感じたらすぐ使用を中止しましょう。

また、無カタラーゼ症の方は過酸化水素を分解できない体質のため、使用すると進行性口腔壊死などの症状を引き起こす可能性があり、過酸化水素を含むホワイトニングは濃度に関わらず禁忌です。そのほか妊娠・授乳中の方、アレルギーの方は薬剤の安全が保障されていないので使用するのは止めましょう。

ホワイトニングペンの使い方


歯磨き粉のように歯に塗った後に歯ブラシでブラッシングするだけのシンプルな使い方ですが、効果を得るためのポイントがいくつかあります。

製品によっては2種類のジェルを使用するものやブラッシング不要なものがあるため、取り扱い説明書をよく読んで、製品ごとの使用方法を遵守しましょう。

1.歯をブラッシングする

食べかすや歯の汚れが着いていると、ホワイトニング剤が歯の表面に届かずに効果が出にくくなるため、歯磨きをして歯を綺麗にします。

2.歯を乾燥させる

唾液などでホワイトニング剤の効果が発揮されにくくなるため、ティッシュなとで歯の水分を拭き取ります。

3.ホワイトニングペンの薬剤を歯に塗る

取り扱い説明に従って歯にホワイトニングペンで薬剤を歯に1本ずつ塗布します。薬剤が歯茎に着くと、痛みや炎症などのトラブルを引き起こすことがあるため、歯茎には薬剤が付かないように気をつけましょう。

4.再度、歯をブラッシングする

規定の時間が経過したら、ホワイトニングペンの効果で歯の表面から浮き上がった着色汚れを歯ブラシで除去します。

おすすめのホワイトニングペン

ボディマジック

歯に二度塗りしたあとにブラッシングするだけの2ステップで手軽に歯の表面にある着色汚れを除去できるケア用品です。

購入はこちら

ニューパール Go on pen

約92%のオーガニック成分で、ペルオキシドなどの刺激の強い化学成分を含まない独自処方のホワイトニングペンです。

歯のエナメル質にダメージや刺激を与えずに、コーヒーやワイン、タバコ、食事などによって歯の表面に蓄積された着色汚れを浮かせて落とします。

購入はこちら