歯の黄ばみの原因は?黄ばみの改善と予防に効果的な方法を教えます

歯磨きをしても落ちない歯の黄ばみ。肌は化粧でいくらでも隠せますが、歯の黄ばみは隠せません。

歯の黄ばみの原因は着色ではなく、歯そのものの色であることもあります。

この記事では歯の黄ばみの原因やその対処方法、歯の黄ばみを付けないための方法を解説します。

この記事の結論

・歯の黄ばみの原因は外因性と内因性に分けられる
・改善するには市販のホワイトニングケア用品、歯科医院でのホワイトニングなどがある
・ホワイトニング効果が最も期待できるのは歯科医院のホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみの原因は、内因性と外因性に分けられます。歯の内部に原因があるものを「内因性の黄ばみ」、歯の外部に原因があるものを「外因性の黄ばみ」といいます。

内因性の黄ばみ

内因性の黄ばみは4つあり、歯が均一に黄ばんでいるのが特徴です。

  • 生まれつきの歯の色
  • 加齢
  • テトラサイクリン歯
  • 神経が死んでしまった歯

歯は表面にエナメル質、その内側に象牙質、さらにその内側に歯髄(神経)があります。表面のエナメル質は半透明であるため、内側にある象牙質の色を人は「歯の色」と認識しています。

内因性の歯の黄ばみとは、主に歯の色を決める象牙質の色の変化によって起こるものを指します。

■生まれつきの歯の色

歯の色は民族や遺伝などによって個人差があり、生まれつき歯の色の黄味が強い場合があります。 また、同じ象牙質の色でも、生まれつきエナメル質が薄い人の方が歯が黄色く見えやすいです。

特に日本人の象牙質の色は他の人種に比べると色素が濃く、元から黄色味を帯びている傾向があります。

歯を真っ白にしたい場合は、歯科医院で歯の漂白(ホワイトニング)をする必要があります。

■加齢

加齢によってエナメル質は薄くなり、象牙質は厚みを増して色が濃くなります。そのため、加齢とともに歯が黄ばんで見えることがあります。

■テトラサイクリン歯

テトラサイクリン歯は永久歯が作られる0〜12歳ころにテトラサイクリン系の抗生物質を服用した影響で、象牙質の色がグレーや赤みがかった茶色などに変色している歯のことです。

変色の程度によりますが、生まれつきや加齢による歯の黄ばみと比べると歯を白くするのが難しいです。

■神経が死んでしまった歯

歯の神経が虫歯や外傷などが原因で死んでしまうと、歯の新陳代謝が起こらなくなるので象牙質が黒く変色していきます。

外因性の黄ばみ

外因性の黄ばみは3つあり、茶色や黒のステインが歯面にまだらに付着しているのが特徴です。

  • 食事による着色
  • 喫煙習慣
  • 歯の表面の傷

■食事による着色

食事には着色の原因となる色素やポリフェノールが含まれています。そのため、色素の濃いカレーやキムチ、コーヒー、紅茶などをよく食べたり飲んだりすると、着色によって歯が黄ばみやすくなります。

一見すると色素の少ないバナナや大豆製品にも着色の原因物質は含まれており、食事による着色は日常的に起こっています。

■喫煙習慣

タバコを吸う習慣があると、ヤニによる黒や茶色の着色汚れが歯の表面に付着します。ヤニは歯の表面に付着するだけでなく、歯のエナメル室に入り込んで歯の黄ばみとなります。

■歯の表面の傷

歯の表面に傷があると、そこに色素が入り込み歯の黄ばみとなります。強い力で歯を磨いたり、研磨剤を多く含んだ歯磨き粉を使ったりすると歯の表面に傷が付きます。

歯の黄ばみの取り方


歯の黄ばみを取るには、以下のような方法があります。原因に応じて適切な方法を選ぶと良いでしょう。

  • ホワイトニング効果のあるセルフケア用品を使用する
  • PMTC
  • 歯科医院のホワイトニング
  • 歯を削って被せ物をする

ホワイトニング効果のあるセルフケア用品を使用する

歯の表面に着いた、外因性の歯の黄ばみにのみ有効な方法です。ホワイトニング効果のある歯磨き粉や歯の消しゴムなどを使用します。

外因性の着色は食事をしたあと、色素が歯に定着して歯の黄ばみとなる前に、しっかり歯を磨くことが大切です。

そのため、ホワイトニンング効果のあるセルフケア用品を使用した方法は、歯の黄ばみを改善するというよりは予防としての意味合いが大きく、歯に定着した黄ばみをセルフケア用品で落とすのには時間がかかります。

■ホワイトニング効果のある歯磨き粉

歯の着色を歯から浮かせて落とすポリリン酸ナトリウムや、ヤニを溶かして落とすポリエチレングリコールが配合された歯磨き粉が効果的です。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉には毎日使えるものと、週1回ほどしか使えないものがあります。リン酸水素カルシウムや無水ケイ素、炭酸カルシウムなどの研磨剤が配合された歯磨き粉は歯を削り取る力が強いため、毎日使うと歯が傷つきます。

歯磨き粉の注意書きを確認して「週に1回まで」や「毎日使用しない」などの記載があるものは、使用頻度を守って使いましょう。

■歯の消しゴム

シリコンなどでできており、歯の表面に着いた色素やヤニを擦って落とすセルフケア用品です。手頃なものは数百円でドラックストアなどで購入できます。

■ホワイトニングテープ

ホワイトニングパックなどとも呼ばれ、ホワイトニング効果のあるジェルが着いたフィルムを歯に貼り付けて使用します。

日本で販売されているものは、歯の表面の着色を浮き上がらせて落とす程度の効果しかありませんが、海外性のものはエナメル質の着色まで落とせる製品があります。

ただし、海外性のホワイトニングテープは個人が使用するにはリスクが高く、安全面を考慮して日本では禁止されている成分が配合されている場合があります。

海外性のホワイトニングテープを使用する場合は、知覚過敏や歯茎の炎症などの副作用が起きても自己責任となるので注意しましょう。

【関連記事】
ホワイトニング歯磨き粉はこうやって選ぶ!おすすめ歯磨き粉10選

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士に歯の表面を磨いてもらうことをいいます。歯科医院で受けるクリーニングの一種です。

歯の黄ばみの原因が外因性の歯の表面の着色であれば、PMTCを受けることで解決できます。専用の機械や歯磨き粉を使用して歯科医師や歯科衛生士が行うので、即効性があります。

歯科医院のホワイトニング

外因性の歯の黄ばみはもちろん、内因性の歯の黄ばみにも対応できます。ただし、象牙質が原因の内因性の黄ばみや変色をどこまで白くできるかは、症例によって異なります。

■オフィスホワイトニング

歯科医院へ通って行うホワイトニング方法で、濃度の高い薬剤を使うため1回の施術で効果を感じられます。

効果が高い代わりに、しみたり痛みを感じたりすることがあります。オフィスホワイトニングにかかる時間は1回あたり1時間程度で、定期的に受けることで効果を維持できます。

【関連記事】
知らないと後悔する!?オフィスホワイトニングの基礎知識

■ホームホワイトニング

専用のマウスピースを歯科医院で作り、ホワイトニングは自宅で行う方法です。マウスピース内に薬剤を盛ったマウスピースを歯にはめるてホワイトニングを行います。

オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使うため、効果を感じられるまでに時間がかかります。しかしその分しみたり痛みが出たりしにくいです。

ホームホワイトニングにかかる時間は薬剤によって異なりますが、1回あたり1〜2時間であることが多いです。

ホームホワイトニングは自宅で行えるため手軽ですが、装着時間を守らないと効果を得られません。

【関連記事】
自宅でできるのに効果の高い「ホームホワイトニング」とは?

■デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行う方法です。単体で行うよりも即効性と持続性があります。

■ウォーキングブリーチ

歯の神経の穴にホワイトニング剤を入れて、象牙質を漂白するホワイトニングです。

象牙質に原因がある内因性の黄ばみに効果が期待できますが、神経が生きている歯には適用できません。虫歯や外傷によって神経が死んでしまった歯にのみ適用されます。

歯を削って被せ物をする

重度な象牙質の黄ばみや変色は、歯科医院のホワイトニングでは改善できないことがあります。

この場合は、歯を削ってセラミックなどの被せ物をするか、歯の表面に付け爪のような白いセラミックを貼るラミネートベニヤなどで対応します。

歯の黄ばみにならないための予防方法


歯の黄ばみを予防するには、毎日のケアを工夫すると良いでしょう。

  • ホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を使う
  • 正しい方法で歯磨きを行う
  • 着色やヤニを付着させない習慣を着ける

ホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を使う

食事や喫煙習慣などによる歯の黄ばみの予防として、ブラッシングの際にホワイトニング成分が配合された歯磨き粉を取り入れます。

歯を削るタイプの研磨剤が含まれた歯磨き粉を日常的に使うのは、歯の表面が削れてダメージを受ける可能性があるため止めましょう。

着色やヤニを削り取る研磨剤ではなく、歯の汚れを浮かせて落とすポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールなどの薬用成分効果が配合された歯磨き粉がおすすめです。

正しい方法で歯磨きを行う

歯の黄ばみを予防するには、着色やヤニを定着させないように基本の歯磨きを毎日正しく行うことが大切です。着色の除去に効果的なのは、歯面に対して90度に歯ブラシを当てて、横方向に小刻みに歯ブラシを動かす方法です。

力を入れてゴシゴシと磨くと、歯の表面に傷が付いて着色しやすくなってしまうので軽い力で優しく磨きましょう。力加減の目安は、歯ブラシを動かしたときにブラシの毛先が曲がらないくらいです。

着色やヤニを付着させない習慣を着ける

色素の濃い飲み物や食べ物を控えたり、喫煙を止めるたりすることで歯の黄ばみは予防できますが、食事制限や禁煙は難しいことがあります。

代わりに、歯に着いた色素やヤニをできるだけ早めに落とす習慣をつけると良いでしょう。

■食事や喫煙のあとは早めに歯磨きをする

色素やヤニは付着して時間が経過するほど、落としにくくなります。食事や喫煙のあとは、できるだけ早めに歯磨きをするのがおすすめです。

■歯磨きができない場合は水やホワイトニング成分の配合されたマウスウォッシュでうがいをする

食事や喫煙のあとに歯磨きができない場合は、水やホワイトニング成分の配合されたマウスウォッシュでうがいをしましょう。

着色成分を洗い流して歯をコーテイングする、ポリリン酸ナトリウムやスルホコハク酸配合のマウスウォッシュなら着色予防に効果的です。

■ガムを噛んで唾液の分泌を促す

唾液には歯の汚れを洗い流す自浄作用があります。ガムを噛む刺激で唾液の分泌が促されるので、歯磨きやうがいができない場合は食事や喫煙後にガムを噛むのも方法のひとつです。

ガムは、食用のホワイトニング成分が配合されたものを選ぶとさらに効果的です。ホワイトニングガムにはメタリン酸ナトリウムが含まれ、着色の抑制効果が最長24時間続きます。

確実に歯の黄ばみを改善したいなら歯科医院へ


歯の黄ばみを改善するには、原因に応じて適切な方法を選ぶ必要があります。確実に歯の黄ばみを改善したいなら、原因の見極めと適切な方法の相談ができる歯科医院に相談するのが良いでしょう。

歯科医院でホワイトニングを受けるなら、実績の多いホワイトエッセンスがおすすめです。歯科医院の技術とエステの心地良さが融合したホワイトニング専門歯科医院なので、美容院に通うような感覚でケアを受けられます。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら