妊娠中でも歯を白くしたい!妊娠中のホワイトニング方法を徹底解説!

妊娠中に歯の黄ばみが気になったときに行える歯のホワイトニングや注意点について、徹底解説します。

この記事の結論

・妊娠中・授乳中は過酸化水素や過酸化尿素を使用したホワイトニングは避ける

・着色であれば歯のクリーニングやホワイトニング歯磨き粉でを落とすことが可能

・妊娠中・授乳中は歯の見た目の美しさよりも歯の健康を保つことに重点をおく

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

妊娠中のホワイトニングには注意が必要


歯の着色を除去するホワイトニング用の歯磨き粉は、妊娠中でも安心して使用することができます。しかし、歯科医院で行うホワイトニングには注意が必要です。

過酸化水素や過酸化尿素を使用したホワイトニングはできない

歯科医院で行うホワイトニングには過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、歯の内部の着色を分解する効果がありますが、妊娠中に行うことはできません。

その理由のひとつに、ホワイトニング剤の成分に含まれている過酸化水素は、胎児に悪影響を与える可能性が挙げられます。

過酸化水素の液体の一部が気体になる性質があり、鼻や口から吸い込まれると血液中のタンパクと反応して小さな気泡を作ります。この気泡が母乳や胎盤を通じて胎児の身体に入ると、細い血管を詰まらせて脳障害を引き起こす可能性があり、これを100%否定できないため施術は受けられません。

また、妊娠中は女性ホルモンの乱れから口の中の環境が悪くなりやすく、虫歯や歯周病が進行しやすい傾向にあります。歯周病、虫歯がある歯はホワイトニング剤がしみて痛みや知覚過敏を起こしやすいことからも、施術が見送られることが多いです。

妊娠中に避けるべきホワイトニングの種類

以下のホワイトニングは過酸化水素と過酸化尿素が含まれているため、妊娠中・授乳中は避けましょう。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

なお歯科医院のホワイトニングでも、「ペルフリーホワイトニング」と呼ばれる過酸化水素と過酸化尿素を使用しないホワイトニングであれば施術可能です。

妊娠しているときにホワイトニングしてしまったら?

妊娠中にホワイトニングをしてしまったとしても、1回ならば母体や胎児に何らかしらの影響があるとは考えにくく、それほど思い悩むことはありません。

ホワイトニングしてしまったことを気にしすぎることの方がストレスとなり身体に良くないため、妊娠中にホワイトニングをしない方が良いことを知ったあとは施術を受けないようにすれば大丈夫です。

妊娠中にできる5つのホワイトニング


妊娠中でもホワイトニングをしたい場合は以下の施術で歯を白くしたり、着色を落としたりできます。

  • 1.ペルフリーホワイトニング
  • 2.歯のクリーニング
  • 3.サロンで行うセルフホワイトニング
  • 4.歯のマニキュア
  • 5.ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使用

1.ペルフリーホワイトニング

ペルフリーホワイトニングとは、太陽の光に晒され続けた服の色が分解されて褪せていく仕組みを応用したホワイトニングです。個人差がありますが、LEDの光によって歯のエナメル質内部と表面の着色汚れを分解して、本来の歯の色よりも白くします。

歯や歯肉にLEDの熱による悪影響は無く、過酸化水素や過酸化尿素が含まれる薬剤を使用しないため妊産婦でも施術可能です。

2.歯のクリーニング

歯のクリーニングとは、歯科医院で行うPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)のことで、歯科医師または歯科衛生士が専門の機器を用いて除去し、歯を本来の白さに戻します。

クリーニングで落とせるのは歯垢、歯石、コーヒーや茶渋などで付着した着色など歯の表面に着いているものです。

なお母体が重度の歯周病に罹っていると、母体の血液を通して胎児に感染することがあります。妊娠中のクリーニングは、歯周病の原因となる歯の汚れを徹底的に落とせるため、胎児に歯周病菌が感染するリスクを減らせます。

3.サロンで行うセルフホワイトニング

セルフホワイトニングは歯科医師の居ないエステサロンやネイルサロン、ホワイトニング専門サロンで行うホワイトニングのことです。

サロンでは法律により過酸化水素や過酸化尿素を使用したホワイトニング剤が使えないため、基本的には妊娠中でも使えるポリリン酸などが主成分のホワイトニング剤を使用します。

歯科医院のホワイトニングと比べると効果は低いですが、妊娠中でも施術できるかを事前に確認した上でホワイトニングを行えます。

4.歯のマニキュア

歯のマニキュアとは、爪にマニキュアを塗るように歯をコーティングして一時的に白く見せる方法で、妊娠中の結婚式などで歯を白く見せたいときに有効です。

歯科医院で行うものと市販のものがあり、前者は持続性が高く約1~3ヶ月持続し、後者は歯磨きですぐに落とせるため持続性はありません。いずれも妊娠中に使用できるか、施術前や使用前に確認しましょう。

5.ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

ホワイトニング効果のある歯磨き粉には、歯の表面のステインを除去したり、食べ物などの色素の沈着を抑えたりして歯の本来の白さに戻す効果があります。

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉には、ポリリン酸やメタリン酸などが含まれており、歯科医院のホワイトニングのような歯の漂白効果はありません。

ただし、外国製のものには市販の歯磨き粉でも過酸化水素や過酸化尿素が含まれたものや、成分が不明なものがあるので使用しないようにしましょう。また、日本製のものでも妊娠中に使用できない歯磨き粉の可能性もあるため、念のため注意書をよく確認しましょう。

妊娠中のホワイトニングケア


妊娠初期はつわりなどによって歯磨きができないことがあり、歯の汚れは虫歯や歯周病だけでなく歯の黄ばみの原因となります。

妊娠中に歯を白く保つには自宅で行う口腔ケアを見直して、歯の見た目の美しさよりも歯の健康を保つことに重点を置くのがポイントです。

歯磨きを工夫する

歯の汚れを落とすことは歯の黄ばみを防ぐ基本です。つわりによって毎食後の歯磨きができないときは、磨く時間、歯ブラシの形、歯磨きの補助用品を使用するなど、無理をせずできるだけ口腔内を清潔に保てるように工夫しましょう。

  • 歯は磨けそうなときに磨く
    歯磨きは朝晩や食後にとらわれず、1日の中で磨けそうなときに磨きます。余裕のあるときはデンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間まで磨くと良いでしょう。
  • ヘッドの小さい歯ブラシを使う
    ヘッドの大きいものよりも、小さい歯ブラシの方が口の中に入れても気持ち悪くなりにくいです。
  • 歯磨き粉は無理に使わなくてOK
    歯磨き粉が気持ち悪い場合は歯磨き粉を使わずに磨きましょう。歯の汚れを落とすには、歯磨き粉を使うよりも歯ブラシで物理的に擦ることが大切です。
  • 歯磨きができないときは?
    マウスウォッシュや水でうがいをする、キシリトールガムを噛むなどすると、応急的に虫歯や歯周病の病原菌が活性化するのを防げます。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

ホワイトニングケアに重点を置くなら、ハイドロキシアパタイトやポリリン酸ナトリウム含有のホワイトニング歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

歯の表面の着色汚れを除去しながら、歯の表面を滑らかにしたりコーティングしたりして、色素沈着しにくい歯にする効果があります。ただ研磨剤が多く配合されているものは、むやみに使用すると歯の表面を傷つける可能性があるため妊娠中に限らず注意が必要です。

可能であれば月に1回歯科医院でPMTCと口の中の状態確認をしてもらうと、妊娠中も口腔衛生を保ちやすいでしょう。

色素沈着しやすい食べ物を避ける

着色しやすいワイン、チョコレート、コーヒー、色の濃い紅茶や日本茶などは避けましょう。また炭酸飲料、お酢、柑橘類などは歯に着色しやすくなってしまうため、これらの摂取も避けたるのが望ましいです。

マタニティ歯科の活用

マタニティ歯科とは、妊婦を対象とした歯科で、妊娠中特有の歯のトラブルや対処法などを熟知しており、ホワイトニングについても適切なアドバイスが期待できます。

また自治体でも妊婦歯科健診を行っており、虫歯や歯周病、歯石や歯の汚れの有無などの検査を受けることができます。初期虫歯や歯周病の疑いがあれば、妊娠中に悪化させないための処置やセルフケアについて指導してもらえるので大いに活用しましょう。

まとめ


妊娠中は歯科医院でのホワイトニングは受けられませんが、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用したり、食べ物に注意したりすることで歯の本来の白さをキープできます。

妊娠中はつわりなどで歯磨きができないことや、ホルモンバランスの変化によって歯周病やむし歯になりやすい口内環境になります。妊娠中にむし歯や歯周病にならないためにも、上記で紹介した歯磨きの方法を試してみると良いでしょう。

スマイルティース編集部おすすめ妊娠中でも使えるホワイトニングケア用品


安心して赤ちゃんを迎えるためにも妊娠中のむし歯や歯周病は避けたいものです。ただ、数ある口腔ケアの製品から妊娠中も安心して使えるのを探すとなると迷われる方も多いでしょう。

そこでスマイルティース編集部おすすめの妊娠中でも使用できるホワイトニングケア用品と、おすすめの歯ブラシを紹介します。

コハルト はははのは ホワイトニング はみがき粉

完全無農薬、10種類のオーガニック成分配合で身体に優しい歯磨き粉です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

クリニカ アドバンテージハブラシ 4列 超コンパクト

ヘッドがコンパクトで小さいので、口に入れても気持ち悪くなりにくいです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

クリニカ クイックウォッシュ

デキストラナーゼ酵素が、虫歯や口臭の原因となる歯の汚れを分解して除去します。歯磨きができないときにおすすめです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら