ホワイトニング中のタバコは注意|ヤニを落とす・予防する方法を解説

歯の黄ばみ・ヤニに悩んでいる方はいませんか?普段からタバコを吸う方だと、歯にヤニが付いて黄色く見えることがあります。ヤニの付き方によっては、クリーニングでは落とせずホワイトニングが必要になることも。

この記事では,ホワイトニング中でもタバコを吸う方法やその注意点について解説します。

この記事の結論
・タバコのヤニを落とす方法はホワイトニングをを含めて4つある
・ホワイトニングの直後はたばこは吸わない方が良い

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

タバコのヤニとは?

タバコを吸うと、タバコに含まれるタールが歯に取り込まれヤニとなって付着します。実はヤニは水で溶けるもの。

しかしうがいなどをせず、12〜24時間放置すると歯に頑固に付着します。さらに放置すると、歯ブラシでは取れなくなります。 またタバコは歯だけでなく、歯ぐきの色にも影響を与えます。

タバコのヤニを落とす方法

歯ブラシで磨いても取れにくいタバコのヤニですが、歯科医院でケアを受ければ落とせます。歯科医院ではどんな方法でヤニを落とすのかご紹介します。

スケーリング

歯科医院のスケーラーという器具を使った方法です。タバコのヤニだけでなく、歯の着色や歯石なども除去できます。 スケーラーは市販もされていますが、自分で操作するのは危険です。

歯科医院で使用するスケーラーはしっかり滅菌されており、ヤニを落とすときにもし歯ぐきを傷付けてしまっても、細菌感染などを起こさないよう管理されています。

また研修を受けた歯科医師や歯科衛生士だからこそ、正確に・安全にヤニを落とせます。

ジェットクリーニング・パウダーメインテナンス

エアフローという器械を使った方法です。炭酸水素ナトリウムや炭酸カルシウムなどのパウダーを水とともに強く噴射し、歯に付いたヤニや着色を落とします。

スケーラーは狭い範囲の清掃が中心ですが、エアフローは広い範囲に付着したヤニでもしっかり除去できます。 特殊な機械と材料を使うため、お口の中や全身状態によっては受けられないことがあります。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、機械を使用した歯面清掃のことです。スケーリングやエアフローでヤニを落とした後、PMTCで歯の表面をツルツルに仕上げます。

歯の表面がツルツルになると気持ち良いだけでなく、ヤニが再付着しにくくなります。 専用のペーストを使うため、頑固なヤニでなければPMTCだけでも落とせます。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯についた着色汚れを分解して歯を白くすることです。

一般的には、歯の漂白剤を利用することで、歯を内部から白くする方法を指します。

ホワイトニングでヤニを落とす方法

スケーラーやエアフローでも落とせない頑固なヤニには、ホワイトニングが有効です。タバコのヤニを落とすためのホワイトニングは3種類あります。

オフィスホワイトニング

定期的に歯科医院へ通って行う方法です。ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、ライトを当てて歯を白くします。

オフィスホワイトニングで使う薬剤は濃度が高く、即効性があります。そのため1回で効果を感じられますが、ホワイトニング中・後に歯がしみたり痛みが出たりしやすいです。

ホームホワイトニング

歯科医院で専用のマウスピースを作り、ホワイトニングは自宅で行う方法です。自分の都合の良いときにホワイトニングができて便利です。歯が自然で透明感のある白さになります。

ただオフィスホワイトニングに比べると、薬剤の濃度が低く効果を感じるまでに時間がかかります。

その他、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。

市販の薬用ホワイトニング剤

市販のホワイトニング用歯磨き粉・ホワイトニンググッズは安価で手軽に試せます。ホワイトニングサロンが行っているセルフホワイトニングなどもありますね。

ただ歯科医院のホワイトニングで使う薬剤は医薬品であり、市販品やホワイトニングサロンの薬剤には含まれていません。国家資格を持った歯科医師・歯科衛生士でないと医薬品を取り扱ってはいけないと法律で決まっているからです。

そのため市販品やホワイトニングサロンでは、歯科医院ほどの効果を感じられません。

【関連記事】
歯の黄ばみの原因は?対処法や一番効果的な方法を教えます
歯の黒ずみの原因って?それぞれの対処法をまとめて解説!
歯の着色はどうやってつくの?その原因と対策についてご紹介

ホワイトニング中のタバコは注意

タバコのヤニを落とすためのホワイトニングですが、ホワイトニングが終わればタバコを吸っても良いのでしょうか?

オフィスホワイトニング後は24~48時間の禁煙

オフィスホワイトニングをした場合、直後24~48時間はヤニが付きやすい状態になっています。そのためオフィスホワイトニングをした日とその翌日は禁煙を心掛けましょう。

マウスピースによるホームホワイトニング後は6時間

ホームホワイトニングをした場合は、直後6時間は着色しやすい状態になっているため禁煙しましょう。なおホームホワイトニングは毎日行うと効果的です。

デュアルホワイトニングは1時間

デュアルホワイトニングをした場合は、直後1時間は着色しやすい状態になっているため禁煙しましょう。

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法で、色の後戻りがしにくい方法として知られています。

タバコのヤニ汚れを予防する方法

ヤニが付くのは嫌だけど、タバコもやめられない!そのような方でもヤニが付きにくくなる方法をご紹介します。

喫煙後に口をゆすぐ

タバコを吸った後は、すぐに口をゆすぎましょう。歯磨きもできるとより効果的です。タバコのヤニは水溶性のため、すぐに口をゆすげば歯に付着しにくいです。

歯磨き粉を選ぶ

普段から「タバコのヤニを落とす」「歯を白くする」などと書かれた歯磨き粉を使いましょう。一般的な歯磨き粉よりもタバコのヤニが付きにくくなります。

ヤニ汚れが気になるなら歯科医院へ

一度付いてしまったタバコのヤニは、歯科医院でクリーニングやホワイトニングを受けるのが効果的です。

ホワイトニングであればタバコのヤニだけでなく、歯そのものの色を白くするなど加齢による黄ばみもケアできます。

ホワイトニング おすすめはホワイトエッセンス

ホワイトニングを行っている歯科医院は数多くありますが、中でもホワイトエッセンスがおすすめです。ホワイトエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院近くをフランチャイズ展開しているホワイトニング専門医院です。

ホワイトニングを担当するのは、トレーニング・認定を受けた女性歯科医師・歯科衛生士のみ。認定を受けるためには100時間以上の接遇・技術研修を受け試験に合格しなければいけないため、技術はとても高く安心です。

またホワイトエッセンスには、アロマ癒し効果のある体感音響システムが導入されたチェアのある個室が用意されています。そのためリラックスして施術を受けられます。

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら