矯正中でもホワイトニングしてもOK!タイミングや注意点を解説

「歯並びも歯も白くしたい!」と矯正中であってもホワイトニングを希望される方は少なくありません。

しかし「矯正器具が入っているのに本当にホワイトニングをやってもいいの?」「きちんと歯は白くなるのか」といった疑問も沸いてくるでしょう。

そんな疑問点にお答えするために、そもそも矯正中にホワイトニングをおこなってもよいのかといったことや矯正中にホワイトニングをする場合の注意点などについて詳しく解説します。

矯正中のホワイトニング、やってもいいの?


自身の歯並びに目が向く美意識の高い方は、歯列矯正と同時に「歯も白くしたい」とホワイトニングを検討される方もすくなくありません。

そもそも矯正装置をつけていても、ホワイトニングはおこなえるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

矯正中でもホワイトニングはOK

結論から言いますと、矯正方法や年齢・基礎疾患の有無にもよりますが、基本的には矯正中でもホワイトニングをおこなってもよいです。

また矯正装置を外してしまえば、基本的にどの矯正装置をつけていたとしても、ホワイトニングをおこなっても問題はありません。

要はタイミング次第でホワイトニングできるということです。

具体的に「矯正治療をされている方がホワイトニングを受ける際の最適なタイミング」とは、月に1度程度、矯正器具を調整する日をもうけている歯科医院が多いので、その数日前にホワイトニングをおこなうのが望ましいとされています。

なぜならば、矯正装置をつけた直後や調整直後は強い痛みをともない、歯がしみやすく敏感になっているからです。

矯正後の保定装置でホワイトニングができるって本当?

矯正後は「保定装置」といった後戻り防止装置を就寝時に装着しますが、この保定装置がマウスピース型の場合はその装置を使い、専用薬剤のみ購入すればホームホワイトニングをおこなえるケースもあります

しかし、一般的な保定装置は「ベッグタイプリテーナー」といって、歯列をワイヤーで囲む装置が広く使用されているため、矯正後にホワイトニングを検討している方はマウスピースタイプでも対応できるか歯科医院に尋ねてみましょう。

矯正中でもホワイトニングがOKな装置とは


歯科医院でおこなうホワイトニング法は大きく分けて2種類あります。

「オフィスホワイトニング」といって、特殊な光をホワイトニング剤に照射することで歯を白くする方法と「ホームホワイトニング」といってマウスピース型の装置にホワイトニング材を直接注入し、それをはめてじっくりホワイトニング剤を歯に染みこませる方法です。

矯正装置によって、どちらのパターンのホワイトニング法でもOKな場合もありますし、片方のみおこなえるケース、またはそもそもホワイトニング自体をおこなえない矯正装置もありますので、詳しく解説いたします。

矯正中でもOK!ホワイトニングしてもよい矯正法とは

基本的に矯正中でも対応している矯正法は

  • マウスピース型矯正法
  • 裏側矯正装置

が挙げられます。

このうちマウスピース矯正法は取り外しが可能なので、オフィス・ホームホワイトニング両方のパターンに対応しているといえます。

裏側矯正法は歯の内側に大きなワイヤー装置が入っているため、そのうえからマウスピースを装着することが難しいですが、オフィスホワイトニングであればホワイトニングがおこなえます。

矯正中のホワイトニングはできるだけ避けたほうが良い、ケースバイケースの矯正法とは

代表的な矯正法である「ワイヤー矯正」は場合によってはホワイトニングがおこなえますが、基本的には歯列矯正する前や矯正装置を取り外したあとにおこなう方がよいです。

なぜならば、ブラケットやアタッチメントといった歯面に固定された矯正装置がついていることで、十分なホワイトニング効果が得られないからです。

また、矯正中は歯列に大きな圧力を加え続けているため、知覚過敏症状が起こりやすく、そのうえにホワイトニングをおこなうことでさらにしみるリスクが高まります。

しかし歯科医院によっては、オフィスホワイトニングのみ対応しているところもあります。
ホームホワイトニングは裏側矯正法と同様に大きな装置が入っているため、NGです。

矯正中にホワイトニングをおこなう場合に注意しておきたい点


歯列矯正中にホワイトニングをおこなう場合にはいくつか許容しなければいけない点や注意した方がよいケースがあります。

18歳未満の未成年

そもそも歯列矯正をおこなう年齢層としては、18再未満の未成年層が最も多いですが、歯科医院で使用するホワイトニング剤は刺激が強く、歯や歯の根っこなどが成長段階の未成年層においては成長を阻害する可能性も。

これらから多くの歯科医院では、そもそも18歳以上のホワイトニングを推奨しており、18歳未満の未成年はホワイトニングを断られるケースもあります。

しかし一部の歯科医院では、成人に使用するホワイトニング剤とは別に、未成年層にも使用してもよい穏やかなホワイトニング剤を取り入れているところもあります。

凹凸した歯並びが強い方

歯が捻れている方など歯の凹凸が強い方が矯正中にホワイトニングをおこなった場合、薬液が細部まで届かず、色むらが出てしまう場合も考えられます。

また、ワイヤー矯正や一部のマウスピース矯正であっても「ブラケット」や「アタッチメント」と呼ばれる固定式の突起物がついている場合もあります。

ホワイトニング剤はこのような装置がついていても、装置の周りから薬剤が染みこんでいくため、矯正装置を外したあともある程度は歯が白くなっていきます。

しかし、装置がついていた箇所とついていなかった箇所で歯の色味が違ってくることもあるので、注意が必要です。

歯の厚みが薄い方

裏側矯正をやっている方は、歯の内側に装着されている金属製のブラケットが、歯の厚みが薄いゆえに歯の色が暗くうつってしまうケースも。

しかし、あらかじめ歯列矯正前にホワイトニングをおこない、歯の色を明るくすることで「矯正後に金属色で歯が暗くうつってしまう」といった見た目の問題も解消してくれます。

歯並びもホワイトニングもやりたい方へ!ベストなタイミングとは


歯を白くしたいイベントが控えており、矯正中であってもホワイトニングをおこなう人もいれば、歯列矯正を検討中の段階から「どうせ歯並びもよくするのなら、同時に歯の色もトーンアップしたい」と計画的に考えられている方もいらっしゃるでしょう。

現在、ホワイトニングと歯列矯正を同時に検討されている方や、結婚式など控えており「どうしてもホワイトニングをやりたい!」と思っている方なども、いま一度「ホワイトニングをおこなうにふさわしいタイミング」について考えていきましょう。

ベストタイミングのチャンスは2回ある

ホワイトニングをおこなうチャンスは、2回あります。
具体的には「歯列矯正前」と「歯列矯正の治療期間が終わったあと」です。

歯列矯正中であっても、場合によってはホワイトニングに対応できるケースがあることは上記でお伝えしましたが、基本的にはこの「2回のチャンス期」にホワイトニングをおこなうことが望ましいでしょう。

歯列矯正前にホワイトニングをおこなうメリットは、多くの歯列矯正の治療期間は約2年間という長丁場ですが、この間は基本的にホワイトニングがおこなえないです。

そればかりか、お口の清掃がしづらくプラーク・着色がたまりやすいく、矯正器具がついていることで歯の色が暗く見えがちです。

しかし、矯正器具を装着する前にあらかじめ歯の色を明るくしておくことで、これら見た目の問題をある程度は解消してくれるというわけです。

矯正治療後のメリットは、歯並びが整っている状態でホワイトニングするので、薬剤が均一に浸透して色むらがでにくいことです。

また、矯正中に「ブラッシングしにくい」「すぐに着色がついてしまう」など、さまざまな理由で暗くなりがちだった歯を、短期間で明るくできるのもメリットです。

結婚式など、特別なケースではいったん装置を外す場合もある

一部の歯科医院では、成人式や結婚式など特別なイベントが控えている場合は、ワイヤー矯正を一時撤去してホワイトニングをおこなっている歯科医院も存在します。

自身の通っている歯科医院がどのような対応をされているのか、矯正治療をスタートする前に説明をよく聞いておきましょう。

矯正中でもホームケアできるおすすめ歯磨き粉

メルサージュ ヒスケア

矯正器具を入れた直後は知覚過敏症状も起こしやすく、歯がデリケートに傾きがち。

そんなときもヒスケアであれば「硝酸カリウム」と「乳酸アルミニウム」のダブル配合で知覚過敏のもとになる神経伝達をブロックします。

また薬用成分「ポリエチレングリコール400」や清掃剤であるシリカ・結晶セルロースで、着色汚れをしっかり除去します。

購入はこちら

WHITH WHITE ホワイトニング 歯茎マッサージ 歯磨き粉

ピロリン酸ナトリウムや重質炭酸ナトリウムが歯垢や着色のもとを浮かび上がらせて落ちやすくする作用があり、歯本来の白さを取り戻します。

ほかにも、塩酸クロルヘキシジン・β-グリチルレヂン酸といった殺菌剤や抗炎症剤が配合されているので、歯周病予防にもおすすめです。

購入はこちら