矯正中でもホワイトニングは可能|ホワイトニングのタイミングを解説

orthodontic_whitening

「矯正+ホワイトニング」のダブル治療で、より綺麗な歯を目指すには、どのタイミングでホワイトニングを行うのがベストなのでしょうか。

この記事の結論

・ホワイトニングのタイミングは矯正器具を装着する前と矯正治療完了後がおすすめ

・マウスピース矯正法はアタッチメントの有無など加味してタイミングを考えること

・ホワイトニングをする際の注意点は知覚過敏のリスクや矯正器具によって色ムラができること

矯正法別|ホワイトニングができるタイミング

矯正法別|ホワイトニングができるタイミング
歯列矯正の際にホワイトニングを行うベストなタイミングとしては、矯正方法の種類は関係がなく下記のタイミングに2回行うことで、よりホワイトニング効果を高めます。

  • 矯正器具を装着する前
  • 矯正治療が終了した後(保定期間中)

歯列矯正を行うと同時に審美的欲求が高まり「もっと美しくなりたい、歯を白くしたい」と思われる方は少なくありません。

歯列矯正を行っている間は、さまざまな影響でホワイトニングが難しい場合も考えられますので、歯列矯正法別にホワイトニングができるタイミングなどを深掘りしていきます。

表側矯正

表側矯正(ワイヤー矯正)の矯正治療を行っている方は

  • 矯正装置を装着する前
  • 矯正治療後

上記2回のタイミングでホワイトニングを行うことをおすすめします。矯正器具を装着した後~矯正治療完了後まで(概ね約2年間)は、基本的にはホワイトニングを行うことはおすすめできません。

なぜならば、アタッチメントや金属ワイヤーなどの矯正器具が装着されている状態では、まったくホワイトニング剤が浸透していかないことはありませんが、色ムラを引き起こしやすいからです。

せっかく歯を白くしても、他の矯正装置に比べて歯磨きしにくくしづらい上に大きな矯正装置が入っていては、白さも実感しにくくなります。

裏側矯正

裏側矯正(リンガル矯正)で矯正治療を行っている場合は、基本的にどのタイミングでもホワイトニングができます。

しかし、歯の厚みが薄い人は歯列矯正前にホワイトニングをして歯の色を明るくしておくのもよいでしょう。

なぜならば、裏側矯正は歯の裏側に金属の矯正器具を貼りつけるので、歯の厚みが薄い人は裏側につけた金属色が透けて、歯の色が暗く見えてしまうことがあるからです。

そういった方は矯正前にホワイトニングをして、歯の色を明るくしておくのも1つの手ですし、金属色が透けたとしてもホワイトニングの効果に影響があるわけではないです。

矯正期間にホワイトニングをやることで、全体の改善期間を短縮できるメリットも期待できるでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正法に関しても、裏側矯正法と同様にどのタイミングでも矯正治療を行えます。

しかし、自分で着脱可能なマウスピース矯正法であっても「いつでもホワイトニングをしてもよい」というわけではなく、アタッチメントの有無など加味してタイミングを考える必要があります。

理由としては、アタッチメントにホワイトニング薬剤が浸透せず、色ムラになる可能性があるからです。ちなみにアタッチメントを装着しなければ、どのタイミングでホワイトニングをしてもよいです。

しかし矯正治療初期の段階では、まだ歯が重なっているため、ホワイトニングをしても薬剤がうまく行き渡らない可能性はあるのでおすすめはできません。したがって、

  • ある程度歯並びが整ってきた段階
  • 保定期間に入った段階

上記2回のタイミングでホワイトニングを開始するのが一般的です。

マウスピース矯正中にホワイトニングをする際の注意点

マウスピース矯正中にホワイトニングをする際の注意点
マウスピース矯正中にホワイトニングを行う場合、以下2つについて留意しましょう。

  • アタッチメントで色ムラが生じる場合がある
  • しみる場合がある

それぞれについて詳しく解説します。

アタッチメントで色ムラが生じる場合がある

アタッチメントとは、歯の表面に固定するレジン性の突起物のことを指します。アタッチメントの役割は

  • マウスピースを装着した際に、マウスピースが歯に加える力を調整するための補助
  • マウスピースを歯に密着しやすくして、浮き上がりを防ぐ

が挙げられます。

上記のアタッチメントや金属ワイヤーなど矯正器具が装着されている状態では、まったくホワイトニング剤が浸透していかないことはありませんが、色ムラを引き起こしやすいです。

したがって、アタッチメントを付けている状態では、ホワイトニングを行うことはおすすめできません。

しみる場合がある

歯列矯正中は持続的に圧力をかけ続けて歯を移動させている関係で、知覚過敏が起きやすくなっているため、ホワイトニング剤が歯にしみやすいです。

なぜならば、矯正器具をつけ始めた際や調整直後は歯の移動量が大きく、より知覚過敏が起こりやすいからです。

更にその上に、過酸化水素・尿素が含まれたホワイトニングジェルを塗布すると、通常よりも知覚過敏症状が強まりやすいです。

歯列矯正中は大きな器具を歯に取り付けて歯列を整えるため、痛み・違和感が伴いやすく、人によっては知覚過敏を起こすケースもあるので、歯科医師と相談のもとに慎重に行うことをおすすめします。

矯正中のホワイトニングにかかる費用

矯正中のホワイトニングにかかる費用
歯科医院で行うホワイトニング法は、大きく分けて以下2種類です。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング

マウスピース矯正法は自身で取り外しができる矯正装置なので、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方に対応できることが多いです。

しかし、ワイヤー矯正をされている方は専用のマウスピースをはめることができないので、ホームホワイトニングは基本的に行えません。基本的にはオフィスホワイトニングのみに限られるため、注意が必要です。

ホームホワイトニングの費用はトータル費用で概ね25,000円~50,000円程度で、オフィスホワイトングの費用は1回施術あたり30,000円~50,000円程度です。

まとめ

矯正ホワイトニングまとめ
歯列矯正中のホワイトニングは、どのようなホワイトニング方法や矯正法であっても、できれば避けた方がよいでしょう。

もし、ホワイトニングを検討されている方は「歯列矯正前」か「歯列矯正後」の検討を視野に入れて、歯科医師とよく相談しましょう。

歯列矯正治療の多くは概ね2年前後と長丁場になりやすいので、そのあたりも勘案しながら「どのタイミングでホワイトニングをするか」をよく考えましょう。

スマイルティース編集部おすすめのホワイトニング歯磨き粉

ライオン ブリリアントモア フレッシュスペアミント

ブリリアント
清掃助剤であるピロリン酸ナトリウムが、ステインを歯の表面から浮き上がらせてブラッシングでステインを浮かせてからブラッシングですっきりと落とします。虫歯リスクが気になる方にもおすすめしたい、フッ化ナトリウム配合です。

購入はこちら

GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト

ルシェロ歯磨きペースト
Lime粒子(炭酸カルシウム)は弱アルカリ性なので、汚れを浮かせて着色汚れの元をやさしく取り除きます。また、PEG400配合でたばこヤニの沈着を溶解・除去します。

購入はこちら