オフィスホワイトニングで白い歯を手に入れよう!施術前に知っておきたい基礎知識

ホワイトニングにはさまざまな種類がありますが、白い歯を手に入れたいなら、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングがおすすめ。思った通りに歯が白くならないといった残念な結果にならないように、施術前に知っておきたい基礎知識を見ていきましょう。

この記事の結論

・オフィスホワイトニングは歯科医院で行う短期間で歯を白くする方法

・オフィスホワイトニングの費用は

・オフィスホワイトニングを受けられるか事前に確認しよう

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国200医院以上!症例980,000件以上の安心の実績~
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニング


オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行う歯を白くす方法のこと。オフィスブリーチングとも呼ばれています。

歯科医院で行うホワイトニングなので、薬剤は医薬品、機材は医療機器を使用します。そのため、施術は歯科医師または歯科衛生士の国家資格を持った人に限られています。

ホワイトニングの手順、薬剤、機器の使用はもちろん、施術中にしみるといった症状が出ても、歯科医院でしっかりと対応してくれます。施術前は必ず虫歯や歯周病の確認するので、安心してホワイトニングが受けられます。

施術は30〜35%の過酸化水素などを歯に塗って、レーザーや光を当てることで歯を白くします。1回の施術時間は1時間程度。1回の施術で1~2段階白くなり、より歯を白くしたい場合は、約2~3回の通院で白さを実感できます。

オフィスホワイトニング後も歯科医院でタッチアップや定期的なクリーニングを受けると、長期間歯の白さをキープできます。

オフィスホワイトニング以外のホワイトニング方法


オフィスホワイトニング以外にも歯を白くする方法があります。

  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング
  • ウォーキングブリーチ
  • セルフホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングで、ホームブリーチングとも呼ばれます。

歯科医院でホワイトニング用マウスピースを作り、処方されたホワイトニング剤を使って歯を白くします。使用する薬液の濃度によりますが、ホワイトニング剤を入れたマウスピースを毎日30分~8時間ほど装着する必要があります。使用期間は約2週間です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して、歯を白くします。

それぞれのメリットを生かせるので、どちらかを単独で行うより高い効果を得られます。

ウォーキングブリーチ

神経がない歯で、黒く変色してしまった場合に行うホワイトニングです。

神経の治療の際に、歯の根っこの中に詰めた物を一度取り除いてから、高濃度の薬剤を入れて、内側から白くします。1~2週間ごとに薬剤を交換して数回で改善が見込めます。

セルフホワイトニング

歯科医院以外でのホワイトニング。医療機関ではないので歯科医師や歯科衛生士がおらず、医薬品や医療機器が使用できません。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉などもこれに含まれます。セルフホワイトニングは、歯の表面を漂白するのではなく、表面の汚れを落として歯本来の色にします。そのため、歯を白くする効果は低いですが、安いのが特徴です。

オフィスホワイトニング施術前の注意点


オフィスホワイトニングは誰でも受けられる施術ではありません。また、トラブルを避けるためには事前に理解しておく注意点があります。

  • 詰め物や被せ物をしている箇所は白くならない
  • 象牙質知覚過敏症が起こることがある
  • 施術後は食事制限がある
  • 歯が白く濁ることがある
  • 後戻りする

詰め物や被せ物をしている箇所は白くならない

オフィスホワイトニングで歯を白くできるのは、天然の歯のみ。そのため詰め物や被せ物をしている歯は白くなりません。

歯に詰め物や被せ物があり、ホワイトニングをした場合は白くなった歯の色に合わせて詰め物や被せ物をやりかえます。また、治療中の場合はホワイトニングが終わってから被せ物の作製を行うことがあります。

そのため、歯の治療を受けていてホワイトニングを希望する場合は、あらかじめ歯科医師に相談をしましょう。

象牙質知覚過敏症が起こることがある

歯のホワイトニングをすると、象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)が起こることがあります。

象牙質知覚過敏症とは、冷たいものを食べたり飲んだりしたときに歯がしみることです。

歯の表面はエナメル質で覆われています。その内側には象牙質と呼ばれる、神経に繋がる細かい管が走っている層があります。

エナメル質に目に見えないヒビがある、または象牙質が露出している部分知覚過敏が起こりやすい場所です。

施術後は食事の制限がある

オフィスホワイトニングをしている期間は、歯の表面を守っている膜が弱くなっています。術後24時間は、食べ物と飲み物に注意が必要です。

施術後は、歯の表面を覆っているペリクルと呼ばれている膜が一時的に無くなるので、歯は非常に着色しやすい状態です。

術後24時間はレモンや炭酸飲料など酸性が強いもの、赤ワインやコーヒー、紅茶、カレーなど色素の強い飲食物は、歯に色が着きやすいので控えましょう。また、レモンや炭酸飲料など酸性の強い飲食物も控えた方が無難です。

歯が白く濁ることがある

オフィスホワイトニング直後は、エナメル質が粗雑になるので歯が白く濁って見えることがあります。

表面の膜がなくなることで、漂白剤で漂白したときのように歯が洗いざらしの状態になります。濁って見えても、約24時間で膜が再生されるので濁りは改善されます。

後戻りする

ホワイトニングに共通して言えることは、いずれは色が戻ってしまうことです。

毎日の飲食で徐々に着色は歯に蓄積されます。後戻りする期間は、生活習慣に大きく左右されます。例えば、コーヒーや紅茶を飲む機会が多い人、タバコを吸う習慣がある人は後戻りまでの期間が短くなる傾向があります。

その点、ホームホワイトニングは時間をかけて歯を白くする分、後戻りしづらいメリットがあります。

オフィスホワイトニングの値段


ホワイトニングは保険が適用しない自由診療です。そのため、歯科医院、地域、使用する薬剤や医療機器によって差が生じます。ここではおおよその値段を紹介します。

オフィスホワイトニングの相場

オフィスホワイトニングの相場は、回20,000~50,000円です。

自費診療となるため、歯科医院によって使用する器材や材料、施術内容に違いがあり、価格にもバラつきがあります。

また、以下の施術がオフィスホワイトニングの価格に含まれている場合もあれば、追加費用としてかかることがあります。

  • 術前のPMTC
  • 施術の回数
  • 施術する歯の本数
  • メンテナンス

術前のPMTC

相場は45分8,000円(税込)です。PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングのこと。主に歯科衛生士が、専門の器具を用いて歯石や歯の汚れを落としてくれます。ホワイトニングの前に行うのがおススメです。

歯の表面のヤニや着色、ザラつきを落としてくれるので、ホワイトニング後の口元がより魅力的になります。

施術の回数

用意しているコースや、元の歯の色、どのレベルの白さにするかで施術の回数と費用が変わります。

歯科医院によってコースを設けているところもあれば、1回の施術のみで価格設定をしているところもあります。

施術する歯の数

希望すれば、最大約20本まで施術するところもあり、1本あたり500~5,000円ほどの追加費用がかかります。

オフィスホワイトニングの対象となるのは、笑ったときに見える歯です。1前歯を中心に上下6~8本、合計12~16本が基本となります。

メンテナンス

1回あたり5,000~15,000円。定期的に歯の状態をチェックしてもらうことで、口の健康管理とホワイトニングのメンテナンス時期を相談できます。

その他のホワイトニングの相場

オフィスホワイトニングを受ける前に追加費用と、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング、ウォーキングブリーチの相場を把握しておきましょう。

ホームホワイトニング

上下顎合わせて、約15,000~30,000円。扱っているメーカーにより価格差があります。

ホームホワイトニングは、マウスピースを使って自宅で行うホワイトニングです。歯科医院でホワイトニング用マウスピースを作り、処方された専用薬剤で歯を白くします。約2週間、毎日2時間マウスピースを装着します。

デュアルホワイトニング

相場は、上下顎合わせて50,000~100,000円です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時進行します。

両方のメリットを生かして、効果に即効性と持続性がありますが、費用は高くなります。

オフィスホワイトニングの施術の流れ


施術の以下の流れになります。オフィスホワイトニングの施術前は必ずカウンセリングを行うので、納得してから始めることができます。

  • ①インフォームドコンセント
  • ②現状の歯の色を確認する(シェード確認)
  • ③歯肉の保護を行う
  • ④ホワイトニング材の塗布
  • ⑤ホワイトニングライトの照射
  • ⑥ホワイトニング剤の除去・清掃
  • ⑦歯の色をチェック(シェード確認)

①インフォームドコンセント

歯科医師または歯科衛生士からオフィスホワイトニングについて説明を受けます。メリットとデメリットを理解して、同意すれば契約成立です。

不安なことや分からないことは、この時点で遠慮なく質問しましょう。

②現状の歯の色を確認する(シェード確認)

今の歯の色を、シェードと呼ばれる色見本と照らし合わせて確認します。

シェードは、歯の色合いや白さを暗い順から段階的に並べた色見本です。このときに口腔内の写真撮影を行うことがあります。

③歯肉の保護を行う

薬剤が歯肉に着くと、ただれや痛みが出ることがあるので、歯肉を覆う処置をします。

また、唇が乾燥しないようにリップクリームなどを塗布します。施術の前は口紅を落としてから受けるとよいでしょう。

④ホワイトニング剤を塗布

歯肉の保護が完了したら、ホワイトニング剤を歯に塗ります。この時点ではまだ痛みはありません。

⑤ホワイトニングライトを照射

ホワイトニング用のライトを口全体に当てます。

メーカーにより異なりますが、10分前後です。ライトを当てることで、ホワイトニング剤が歯の色素を壊して歯を白くします。もし痛みを感じたら、焦らず術者に報告しましょう。

薬剤によって④と⑤を2~3回繰り返して歯を白くします。1回の施術時間は45~60分かかります。

⑥ホワイトニング剤の除去・清掃

歯肉に付着しないように薬剤の除去と、歯肉の保護剤も除去します。

施術後は知覚過敏が生じやすいので、フッ化物塗布や歯をコーティングするペーストを使用して、歯の表面を清掃します。

⑦歯の色をチェック(シェード確認)

術後の歯の色をシェードと照らし合わせます。

術前と術後のシェードを比較して、色の変化を見ることができます。口元の印象も含めて、満足のいく白さになっているか確認します。

オフィスホワイトニングが向いてる人


オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くするので、忙しい方やホームホワイトニングが面倒と感じる方にとって受けやすい施術となっています。

  • 1.歯を比較的短期間で、もっと白くきれいにしたい方
  • 2.もっと若々しい歯の色を取り戻したいと思っている方
  • 3.できるだけ歯を削らずに、歯をもっと白くしたい方
  • 4.接客業や営業職の方

1.歯を比較的短期間で、もっと白くきれいにしたい方

近々結婚式の予定があるなど、時間が限られている場合はオフィスホワイトニングなら短期間で効果が期待できます。

歯の色が落ち着くまで約10日間かかるので、大事なイベントの10日~2週間前に施術を受けるのが望ましいです。時間に余裕を持つことで、知覚過敏の症状がでたときのトラブル回避にもつながります。

2.もっと若々しい歯の色を取り戻したいと思っている方

加齢で黄ばんでしまった象牙質を透けにくくする効果があるので、歯に若々しい印象を与えてくれます。

歯の内部にある象牙質という層は、加齢とともに黄ばんできます。基本的に歯の色は、エナメル質から透けて見える、象牙質の色に影響されます。

3.できるだけ歯を削らずに、歯をもっと白くしたい方

オフィスホワイトニングなら、歯を削る必要はありません。

歯を白くするために、ラミネートベニアと呼ばれる歯のつけ爪をすることがあります。しかし、ラミネートベニアを着けるためには、歯の表面をある程度削る必要があります。ホワイトニングの効果以上に歯を白くできますが、健康な歯を削ってしまうと元に戻りません。

4.接客業や営業職の方

職業柄、人に接する機会の多い方や時間の不規則な方は、マウスピースを定期的に使うことが難しい場合もあり、そのような方はオフィスホワイトニングが適しています。

ホームホワイトニングでは一定期間、決まった時間にホワイトニング用マウスピースを装着する必要があります。

マウスピース装着のサイクルが乱れると、思った通りの効果が得られません。忙しい方は短期間で効果が出るオフィスホワイトニングがおススメです。

オフィスホワイトニングを受けられない場合


以下に該当する方はホワイトニングが受けられないので注意が必要です。

  • ①妊娠中・授乳中の女性
  • ②無カタラーゼ症の方
  • ③小児
  • ④歯科治療で用いる材料や器材にアレルギーのある方
  • ⑤健全でない歯(虫歯)、大きな虫歯や重篤な歯周病がある方
  • ⑥エナメル質の成長が不十分な方
  • ⑦詰め物・被せ物などが破損している歯と人工の歯
  • ⑧テトラサイクリン歯がある人

①妊娠中・授乳中の女性

妊娠中や授乳中の方はホワイトニングが受けられません。

ホワイトニングで使用する薬剤が、胎児や授乳する際に影響を及ぼすことはまだ確認されていません。しかし安全とは言い切れないので、控えるのが無難です。

②無カタラーゼ症の方

無カタラーゼ症の方はホワイトニングに使用する過酸化水素が体内で分解できません。無カタラーゼは、体内にある過酸化水素を分解・除去する酵素です。

過酸化水素が有害物質として体内に蓄積されると、進行性口腔壊死などの危険な疾患を招く危険があるので、施術は絶対的禁忌とされています。

③小児

乳歯や生えたての永久歯へのホワイトニング剤の影響がはっきり分かっていないため、ホワイトニングの対象年齢は原則18歳以上です。

④歯科治療で用いる材料や器材にアレルギーのある方

以下のアレルギーがある方は歯科医師に必ず申告しましょう。

  • ホワイトニング剤アレルギー
  • ラテックスアレルギー
  • 光アレルギー
  • その他アレルギー

ホワイトニング剤アレルギー

ホワイトニング剤そのものにアレルギーがある場合は、施術できません。

ラテックスアレルギー

使用するメーカーによって、ホワイトニングの際にラバーダムというゴムを使った歯肉保護を行います。その場合、歯科医院によってオフィスホワイトニングは受けられない場合があります。

光アレルギー

オフィスホワイトニングでは、光照射によってホワイトニング剤を活性化させるので、施術できません。

その他アレルギー

金属アレルギーや薬に関するアレルギーなど、その他アレルギーをお持ちの方は、施術前に歯科医師に相談することが重要です。

⑤健全でない歯(虫歯)、大きな虫歯や重篤な歯周病がある方

虫歯や歯周病は全身の健康にも影響を与えます。ホワイトニングはきれいな口元のためのオプションですので、まずは歯の治療が優先です。

治療の必要がある歯にホワイトニング剤を塗ると、強い痛みが出る可能性があります。

⑥エナメル質の成長が不十分な方

エナメル質の成長が不十分だと、ホワイトニング剤により強い痛みを引き起こす可能性があります。また、十分な効果が得られません。

⑦詰め物・被せ物などが破損している歯と人工の歯

破損している歯があると、ホワイトニング剤により痛みを誘発する可能性があります。

また、金属やセラミックなどの人工の歯は、ホワイトニング剤が効かないので、色は変わりません。

⑧テトラサイクリン歯がある人

抗生物質のテトラサイクリンの影響で歯が縞模様やグレー・茶色に強く変色している場合があります。

薄い縞模様の色むらが見られ、残念ながらホワイトニング効果が期待できません。

歯科でのホワイトニングならおすすめは ホワイトエッセンス


ホワイトエッセンスは 歯科医院なのに、エステの心地良さの施術が受けられる歯科医院。

セラピストは研修と認定を受けた女性歯科医師と歯科衛生士のみというクオリティに対して、比較的リーズナブルでコストパフォーマンスの高い施術が魅力です。

すべてのホワイトエッセンスは、歯科医院に併設されているので、別途、虫歯や歯周病の相談もできます。

ホワイトエッセンスでは、無料カウンセリングを実施しています。まずは相談したい方、どのメニューを選んだら良いか分からない方は、無料カウンセリングを利用してみてはいかがでしょうか?

ホワイトエッセンス公式HPはこちら