どうして口ゴボ(出っ歯)になるの?口ゴボの原因と治し方

口ゴボで突出した口元は、見た目にも大きく影響を与えるため、コンプレックスを感じている人は多いのではないでしょうか。意外と知られていない口ゴボの原因や対策、治療方法をご紹介します。

この記事の結論

・口ゴボは口元が突出した状態で、遺伝と日頃の癖が原因
・口コボはワイヤー矯正、マウスピース矯正、セラミックを被せる、骨切り術で治療が可能
・自力で口コボは治せない

口ゴボは口元が突出した状態


口コボは出っ歯と呼ばれる口元が突出した状態のことを言います。歯科の専門用語ではなく、インターネット上で広まった用語です。歯科の専門用語に置き換えると上顎前突や下顎前突が当てはまります。

上下の前歯が唇側に傾斜していることや、上下の歯と歯槽骨全体が前方に飛び出していることで口元が突出した状態になります。

口ゴボになる原因


先天的要素である遺伝と、後天的要素である癖に分けられます。

遺伝的要素

遺伝的な要素によって骨格や歯の形・大きさが関係し、結果的に口コボが遺伝することがあります。

遺伝は先天的な要素であるため予防できません。

舌で前歯を押す癖や口呼吸など日頃の癖

日常的な癖として、口呼吸、舌を前に出す癖などがある場合、前歯に外側方向への力がかかり、口コボになります。

口呼吸の場合、常に口がポカンと開いた状態になります。通常は口が閉じていることで唇の筋肉に力が入っており、歯が前に出てくることはありませんが、口が開いていると舌の筋肉の力によって歯が前に押し出されてしまいます。その結果、口コボになる可能性が高くなります。

おしゃぶりの長期的な使用

成長期での指しゃぶりの習慣は、口ゴボのリスクが高くなるため注意が必要です。おしゃぶりを幼少期に長期間使用していると、なかなか指しゃぶりを辞められない子どもがいます。

指しゃぶりが続くと、指で前歯を外側に押してしまうため、前歯が出てしまう可能性があります。

おしゃぶりだけでなく哺乳瓶を吸うときも同じように舌を使って吸うため、前歯を舌で押してしまい、前歯が継続的に押される力で口ゴボになります。

口ゴボの治し方


子どもは骨格の成長を利用して治療を行い、大人は歯や骨格の成長は止まっているため歯と骨格を動かすことで治療を行います。

ワイヤー矯正で治す

ワイヤー矯正での治療は最もメジャーな方法です。治療実績も多く、さまざまなケースに対応できます。

しかし、ワイヤーでの歯列矯正は一度着けると外すことができず装置を唇側に着ける場合は目立ってしまいます。

装置を舌側に着ける場合がありますが、歯磨きなどホームケアが難しくなるため注意が必要です。

また、口コボの治療は歯科矯正用アンカースクリュー(インプラント矯正)と呼ばれる、小さなネジを上の顎の骨に埋入し、上顎前突の改善を行う可能性があります。インプラント矯正は治療費が他の治療法よりも高額になります。

マウスピース矯正で治す

マウスピース矯正でロゴボを治す場合、装置自体が透明のため治療中も見た目が気になりません。

また、比較的痛みが出にくく着け外しが自由に行えるため歯磨きなどのホームケアがしやすいです。しかし、装着時間によっては効果が出にくくなる場合があるため注意が必要です。

セラミックを被せて口ゴボを治す

歯を動かすのではなくロゴボが治ったように見せる方法として、セラミックを被せて行う治療方法です。治療期間が短い治療法ですが、健康な歯を大きく削るため歯自体の寿命が縮んでしまいます。

歯の並びが酷く被せ物では治せないケースや、歯周病に罹患しているケース、経年的に歯茎と被せ物の隙間が出てくることが想定される場合は、治療ができない場合があるので注意が必要です。

短期間で目に見える変化を得ることができますが、あくまで被せ物のため、取れたり欠けたり変色する可能性もあります。

骨切り術で治す

重度の上顎前突や下顎前突は、矯正治療と骨切り術が必要になります。全身麻酔を行い、顎の骨を分割して歯列の骨を後方に移動します。大がかりな手術になるため、入院が必要です。

顎変形症など、かみ合わせの異常や顔の変形が生じる病気は、限られた病院で保険適用されますが、見た目の改善が目的の場合は保険適用されないので、高額な治療になります。

また、骨切り術が必要か、歯科医師の適切な判断が必要となるので、検討されている方は歯科医院で十分な説明を受け、納得したうえで治療を受けましょう。

口ゴボを治すのにかかる期間


ロゴボの治療期間は歯並びによって治療期間は異なります。また、子どもか大人かによって治療方法も異なるため、専門医へ相談することをおすすめします。

ワイヤー矯正 マウスピース矯正 セラミックを被せる 骨切り術
2-3年 1-3年 1-3ヵ月 2-3年

口ゴボを治すのにかかる費用


ロゴボ治療の費用は歯並びによってさまざまです。また、歯科医院によって治療方法も異なるため、専門医へ相談することをおすすめします。

ワイヤー矯正 マウスピース矯正 セラミックを被せる 骨切り術
約60-80万円 約80-100万円 八重歯1本あたり
約10万円
約30-200万円

口ゴボは自力で治せない


遺伝や癖などにより歯並びや骨格に変化があった結果として口ゴボになっているため、その癖を治しても歯並びや骨が元通りにならないため自力では治せません。

予防策として成長期のタイミングで悪習癖(長期的なおしゃぶりや指しゃぶり、ポカンと開いた口など)は治すことが望ましいです。

口ゴボを放置するリスク


口コボは見た目が気になるリスクもありますが、身体にもリスクがあります。

  • 虫歯・歯周病リスクが上がる
  • 噛み合わせが上手くいかない

虫歯・歯周病リスクが上がる

口コボは口呼吸になりやすいため、虫歯や歯周病のリスクが上がります。歯が突出していることで唇が閉じにくく、口が開き、口呼吸になる可能性が高くなります。

口呼吸は口腔内が乾燥しやすい環境になり、歯垢(細菌の塊)が歯の表面に残りやすくなります。また口コボの状態は、歯の並びが良くないことから歯ブラシが届きにくく、その結果、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

虫歯や歯周病予防は、かかりつけの歯科医院で正しいケアの方法や、必要な清掃器具などのアドバイスを受けることをおすすめします。

噛み合わせが上手くいかない

上下の歯が上手く噛み合わず、話しづらさや食べづらさに繋がることがあります。食べ物をうまく噛めないことから、食べ物を細かくすりつぶすことが困難になり、胃や腸に負担がかかります。

またかみ合わせが整っていないと、顎関節への負担がかかるため、顎関節症を生じる可能性があり、顎の痛みや口がうまく開かないといった症状がでることがあります。

矯正の相談におすすめの歯科

大塚駅前歯科

出っ歯を「抜歯」や「骨切手術」なしで施術してもらえるのが大塚駅前歯科です。15年以上施術を行ってきた歯科医師による施術で、1年ほどで出っ歯を治した人も多数存在。また、難しい症例でも一定料金で施術してもらうことができる上に、カウンセリングやメールでの相談を無料で受け付けているところもポイントです。

カウンセリング、メールでの相談:無料

公式HPはこちら

南青山矯正歯科クリニック

南青山矯正歯科クリニック

女性専門の矯正歯科です。マウスピース矯正、ワイヤー矯正、セラミック矯正といった幅広い施術に対応しています。
患者様の性格、ライフスタイルまで考慮し、納得いくまでカウンセリングをしたうえで、患者様に一番合う治療方法を提案します。

公式HPはこちら

矯正中でも歯を清潔に保てる口腔洗浄器

矯正中はブラケットやマウスピースをつけているため、ブラッシングやデンタルフロスでは除去できない汚れが多くなり、歯の表面や歯間に汚れがたまりやすい状態になってしまいます。

歯の表面や歯間にたまった汚れは、虫歯、歯石や歯周病等の原因になります。このような汚れを除去するときは、口腔洗浄器がおすすめです。

口腔洗浄器はノズルの先端から水を噴射し、水圧で歯間や歯周ポケット、矯正器具と歯の間についた汚れを落とすことができます。1万円代で購入でき、水を準備するだけで家庭でも気軽に使用できるのが特徴です。

おすすめの口腔洗浄機を2つ紹介します。

ウォーターピック ウルトラ・ウォーターフロッサー

ウォーターピックには6種類の形のチップ(ノズル)が付属されており、汚れが気になる場所に合わせて、チップを付け替えて使用できます。舌を洗浄するチップも付いているので、舌苔が気になる方にもおすすめの商品です。

値段 13,400円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 6種類が付属
持ち運び 不可

購入はこちら

ジェットウォッシャー ドルツ コードレス EW-DJ52-W

ドルツは日本歯科医師会にも推薦されている口内洗浄器です。歯茎や口内の状況に合わせて5段階の水圧調整が可能で、本体が水に濡れても大丈夫なため、風呂場でも使用できます。

充電式で持ち運びが可能なので、旅行などの際にも使用できます。

値段 14,119円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 1種類
持ち運び

購入はこちら