美人の共通点eラインが崩れる原因と改善方法を解説!

横顔美人の基準となるeラインは、鼻筋や口元・フェイスラインのバランスを表す指標です。

世界的にも広く使用されている基準ですが、日本人の顔貌は鼻が低めで顎が小さい傾向があるため、多くの日本人はeラインの基準を満たさない場合が多いです。

しかし、eラインが崩れる原因は鼻の高さだけではありません。出っ歯や受け口、口ゴボなどの言葉があるように、歯並びもeラインに影響を与えることがあります。

歯並びによっては矯正治療よってeラインを改善できる可能性があるのです。eラインが崩れる原因と改善方法を解説します。

この記事の結論

・eラインは顔を横から見たときに、鼻の先端と顎の先端を結んだ線のこと
・出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)、口ゴボ(上下顎前突)で歯並びが悪いとeラインが乱れることがある
・非抜歯矯正、抜歯矯正、外科矯正でeラインを改善できる

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

eラインとは


顔を横から見たときに、鼻の先端と顎の先端を結んだ線のことを言います。

eラインは専門用語で「esthetic line(エステティックライン)」と言い、頭文字の「e」が名前の由来です。1954年に歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱した、横顔を見たときの美の基準です。

目安は人差し指を鼻先と顎先に真っすぐ付けたときに、唇が人差し指に付かないことです。

欧米人を基準に作られたため、少し鼻の低い人種である日本人にこの基準を当てはめると理想の横顔の人は少ないです。

日本人の場合はは基準の欧米人より鼻が低いため、指に少し触れる程度の状態が理想のeラインと言われています。

口元の好みはさまざまですが、日本人にもeラインの基準は広く受け入れられている傾向があるため、美容業界や歯科業界でも使用されることがあります。

eラインが崩れる原因


美しいeラインのポイントは「鼻の高さや顎が適度に出ていること」「歯の位置が正しい位置に収まっていること」「下顎の位置」などが挙げられます。歯並びが悪いと、eラインにも影響を与えてしまいます。

eラインが乱れる原因となる主な歯並びは以下の3つです。

  • 出っ歯(上顎前突)
  • 受け口(下顎前突)
  • 口ゴボ(上下顎前突)

出っ歯(上顎前突)

まず出っ歯(上顎前突)の場合は顎が十分に発育せず歯の並ぶスペースが足りないことや前歯が大きいことなどが主な原因のため、eライン上からは上唇がはみ出す形になります。

遺伝の場合もありますが、出っ歯が遺伝するというよりは顎や歯の大きさが遺伝して出っ歯になると考えられます。また、上顎が小さいと鼻腔の発達が不十分になり、口呼吸になる傾向があります。

出っ歯は舌を前方に押し出すような舌癖、4歳を過ぎてからの指しゃぶりで起こる可能性があります。

前歯そのものが唇側に傾斜しているタイプや、上顎と下顎の大きさのバランスが悪いために上顎が前に出ているように見えるタイプなどがあります。

受け口(下顎前突)

反対に受け口(下顎前突)の場合は下顎が大きいため、下唇がeラインよりはみ出してしまいます。

受け口は上顎が十分に発育しなかったこと、逆に下顎が発育し過ぎたことが原因で上下の顎のバランスが崩れることで起こります。

また、上顎の前歯が内側かつ下顎の前歯が外側に傾いていること、歯の生えている方向も原因となります。

頬杖や無意識のうちに下顎を前に出す癖、口呼吸など日頃の癖によっても受け口になることがあるので注意しましょう。

口ゴボ(上下顎前突)

口元が突出している口ゴボの場合、eラインより上下の唇が大きくはみ出してしまいます。

口ゴボは歯科の専門用語ではないため、専門用語で表すなら「上下顎前突」が当てはまります。

上下の前歯が唇側に傾斜しているか、上下の歯と歯槽骨(歯を支えている骨)全体が前方に飛び出しているため、口元が突出します。

そのため、リラックスしているときには口がポカーンと開いてしまう方が多く、口を閉じようとすると口元の筋肉に不自然な力が入ってしまいオトガイ(下唇の下の部分)に梅干し状のしわができることがあります。

矯正治療でeラインを整える方法


矯正治療でeラインを整えるには以下の方法があり、口元がどのくらいeラインから出ているかによって異なります。

  • 非抜歯矯正
  • 抜歯矯正
  • 外科矯正

eラインの改善度合いは非抜歯が最も少なく、ついで抜歯矯正です。最も変化が大きいのは顎の骨を切る外科矯正です。

非抜歯矯正

歯の生える向きだけが原因でeラインから口元が出ている場合は、抜歯をしない矯正治療で美しいeラインを作れる場合があります。

抜歯をすることで口元が下がり過ぎてほうれい線が目立ようになる場合もあるため、eラインが崩れている原因を見極めることが大切です。

非抜歯矯正では、歯と歯の間のエナメル質を0.5〜1.0mmほど問題無い範囲で削って、歯を並べるためのスペースを作るディスキングが行われることがあります。

抜歯矯正

歯を並べるスペースが無い出っ歯や受け口、口ゴボの重度症例の場合は、抜歯して口元を引っ込めるためのスペースを作ることでeラインが改善します。

日本人は鼻が低めで彫りが浅い顔立ちのため、抜歯が必要になるケースが多いです。

健康な歯を抜くのは少なからず抵抗を感じる場合が多いかと思いますが、骨格や口腔内の状況によっては抜歯をして歯を動かすスペースを作ることで、スムーズに改善する場合があります。

永久歯は一度抜いたら生えてくることはありません。口腔内の状況は個人差が大きいため、抜歯のメリット・デメリットを歯科医師に確認し、よく相談した上で納得できる治療方法を選択しましょう。

外科矯正

骨格的のに口元が突出している出っ歯や受け口、口ゴボの重度症例の場合は、顎の骨を切って口元のバランスを整える外科矯正でeラインを改善します。

外科矯正は顎の骨を切るため1〜2週間程度の入院が必要になります。身体への負担は大きいですが、eラインの改善度合いは最も大きいです。

また、矯正治療は自費診療のため全額自己負担ですが、外科矯正の場合は歯科医師から顎変形症などの診断が下ると健康保険適用となります。

eラインは矯正治療で作れる場合がある


歯並びが与えるeラインへの影響はとても大きく、その要因も先天的なものから後天的なものまで幅広く存在しています。

eラインを整えるための選択肢として歯列矯正があり、治療を行うことで美しいeラインに変化する可能性があります。

しかし、eラインを整えることだけを目的として治療を受けることは慎重に判断する必要があります。

一度治療を始めると元に戻すことはできません。自身の歯並びや噛み合わせの状態を把握し、見た目だけでなく健康的な口元を目指せるようしっかりと歯科医師と相談し、納得した上で治療を行うことが望ましいです。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら