矯正中におすすめの歯ブラシを紹介|歯ブラシの選び方も解説

矯正中におすすめの歯ブラシを紹介|歯ブラシの選び方も解説

歯列矯正時の歯磨きは非常に磨きにくく、虫歯・歯周病リスクが高まります。しかし上手に歯ブラシグッツを選ぶことで磨き残しを減らし、これらのリスクを大きく減らすことは可能です。

この記事では歯ブラシグッツの選び方や歯間ブラシやタフトブラシのグッツをそれぞれ3つずつ紹介します。

この記事の結論

・矯正中は4種類の歯ブラシを使い分けてキーリスク部位をていねいに磨こう

・タフトブラシは毛が長いものを選択するなど、矯正装置の届きやすさを意識する

・外出先では歯間ブラシや洗口液を上手く活用して不快症状を和らげよう

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

歯列矯正中は4種類の歯ブラシを使い分ける

歯列矯正中は4種類の歯ブラシを使い分ける
ワイヤー矯正で磨き残しが多くなる部分は下記の3箇所です。

  • ブラケットの周り
  • 歯と歯の間
  • 歯と歯ぐきの間

これらキーリスク部位をていねいに磨くことが大切です。具体的には、1本の歯に対して7分割に分けて細かく磨けるような歯ブラシや補助的清掃用具の選定をするのがよいでしょう。

歯ブラシ

歯ブラシは上顎の歯と下顎の歯を分けて、ブラシの毛先が歯とワイヤーの間にも入るように斜め45度に傾けて小刻みに左右や上下に振動させるのが歯を磨くコツです。

歯ブラシの毛は細く、さらにかたさは柔らかめであるとより磨きやすいでしょう。

2列歯ブラシ

2列になった歯ブラシは通常の歯ブラシに対してややコンパクトな作りです。2列歯ブラシではこの特徴を活かして、一般の歯ブラシでは磨きづらい箇所を磨きます。

具体的には以下の所を磨くのに適しています。

  • 重なり合って生えている歯
  • 複雑な生え方をしている歯

タフトブラシ

タフトブラシは毛束が一つで山型の形状になっていて、通常のブラシより小さいのが特徴で歯1本1本の細かな部分とブラケット周りが磨きやすくなっています。

通常の歯ブラシでは届きづらい箇所、例えば以下3つのブラッシングを行うことが適していると言えます。

  • 細かな歯と歯のすき間
  • 歯ぐきと歯の堺目
  • ブラケットの周り

歯間ブラシ

矯正中における歯間ブラシの役割は、歯と歯の間や歯ぐきの境目の食べカスが溜まりやすいところを重点的に磨くことです。

具体的には以下2カ所を磨いていくのに歯間ブラシが適しています。

  • 矯正装置のループの下
  • 矯正装置のバンド周り

矯正中におすすめの歯ブラシ3選

矯正中におすすめの歯ブラシ3選

ruscello(ルシェロ)・ピセラシリーズ

短い毛と長い毛が混ざっており、さまざまな矯正装置に対して歯ブラシの毛先が当てやすくなっている「ルシェロ」シリーズがおすすめです。

ルシェロシリーズはインプラント・ホワイトニング用など、さまざまな用途に応じて販売されていますが、その中でも歯ブラシの頭が小さく奥歯まで当てやすい「ピセラ」シリーズがおすすめです。

ライオン オルソドンティック 歯ブラシ DENT.EX Orthodontic-R

ブラシの先がV字にカットされており、矯正器具に対して斜めにブラシを当てることができるので、矯正装置周辺に対して的確にブラシ当てやすいです。

3列植毛で中央部分を長く、両側を短く斜めにした「屋根型カット」を採用しており、矯正中のベーシックな歯ブラシに適しています。

CURAPROX(クラプロックス) CSオルソ ウルトラソフト

毛の材質は超極細毛の「Curen®繊維」でできていて、耐久性もある上に柔らかくやさしい磨き心地を叶えています。

CSオルソには特別な溝があり、またブラシ部分は長いためにブラケットを装着している場合でも歯磨きがしやすいです。

矯正中におすすめの2列歯ブラシ3選

矯正中におすすめの2列歯ブラシ3選

Ciメディカル 歯ブラシ Ci903 2列歯ブラシ Sやわらかめ

歯科医院専売品ですが、ヘッド幅が小さくてお口の中に挿入しやすい2列歯ブラシで、矯正ワイヤーを付けている方にも磨きやすいです。

オーラルケア タフト12 2列 歯ブラシ

矯正装置周辺や歯顎部にもぴったりフィットする横幅とスリムなヘッドが、小さいお口の方でも無理せずに磨けます。毛の材質がナイロンより4.2倍長持ちする「PBT毛」を採用しているところもおすすめです。

エビス BK‐20Mプロフィッツ2列歯ブラシ

手にフィットしやすいように「ペングリップフィットラバー」を採用しており、毎日のケアにストレスなく溶け込みやすい歯ブラシです。歯と歯ぐきの境目だけでなく、矯正装置に対しても磨きやすさを実現しています。

矯正中におすすめのタフトブラシ3選

オーラルケア・ピーキュア

ブラシ部分が長めに作られていて、歯の凹凸部位やワイヤーの下にも当てやすいピーキュアはタフトブラシの中でおすすめです。

ピーキュアは本来歯周病の方などに向けて、歯肉が退縮をした部分や歯根露出部を磨くために作られたタフトブラシなのでブラシ部が長めに作られています。あえて毛先が長めな作りは、矯正器具を磨くのにも適しています。

エビス 歯科向 プロフィッツ K10 ワンタフト ふつう

ペングリップフィットラバーで持ちやすさと磨きやすさを両立させたワンタフトブラシは、歯と歯の間や矯正器具にもアクセスしやすい円錐状カットを施しています。

艶白(つやはく) 超極細毛 ワンタフト 歯ブラシ レプトン

煮沸消毒も可能なほど耐久性のある日本製のワンタフトブラシです。清潔さと品質を兼ね備えており、やわらかな先細テーパード毛で歯ぐきや歯周ポケットに負担が少なく磨けます。

矯正中におすすめの歯間ブラシ3選

矯正中におすすめの歯間ブラシ3選

ライオン・DENT.EX 歯間ブラシ・Mサイズ

DENT.EXシリーズの歯間ブラシのMサイズは歯と矯正器具のすき間に入り込み、食べカスが容易に取れやすくてサイズ感がちょうどよいです。

GUM(ガム) 歯周プロケア ソフトピック カーブ型 歯間ブラシ ゴムタイプ

奥歯にも届きやすいカーブ型形状の歯間ブラシはゴムタイプです。外出時にも携帯しやすく、食べ物が挟まってしまっても小回りのきくカーブ状なのでスッと取れやすいです。

システマ 歯間用デンタルブラシ Mサイズ

奥歯などにも届きやすいL字型の歯間ブラシは、折れにくくて曲がりにくい先細ノズルを採用しており、耐久性に優れた歯間ブラシです。

まとめ

矯正器具を装着している際に歯磨きを行う場合は、どうしても歯ブラシ単体で清掃するには困難なので、補助的清掃用具も上手く活用しながら磨きましょう。具体的には毛先の長めな「ルシェロ・ピセラ」や「オーラルケア・ピーキュア」がおすすめです。

これら歯ブラシグッツを工夫して使いこなし、矯正後に「虫歯ができてしまった!」とならないよう、今からしっかりと対策・予防しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら