キレイライン矯正で口ゴボは治せる?原因によっては改善できる可能性も

歯並びや口元の悩みの中でも「口ゴボ」が気になって治したいと考えている方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、マウスピース矯正ブランドである「キレイライン矯正」で口ゴボの矯正治療は可能なのか、口ゴボの原因なども併せて解説します。

この記事の結論

・歯並びに原因がある口ゴボは、キレイライン矯正の治療で改善できる場合もある

・口ゴボの原因には、歯並び・下顎の骨・口呼吸・アデノイド顔貌などが考えられる

・口ゴボを治すと見た目だけでなく、顎関節の負担軽減や口呼吸の改善が期待できる

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

口ゴボの特徴

口ゴボとは歯科の専門用語ではなく、その見た目からできた用語です。口元全体が突き出ていて、盛り上がっている状態を指します。

「口」が「ゴボッと」見えるからこのように呼ばれていますが、歯科の専門用語では「上下顎前突」や「上顎前突」という症状として扱われます。

「Eライン」と呼ばれる、顔を横から見たときに鼻の先端とあごを結んだ線があります。これは美しい横顔の目安として用いられることがあり、一般的に唇がEラインから出ていないか、Eラインに触れるくらいだと横顔が美しいといわれます。

口ゴボの場合は、上下の唇がEラインよりも前に出た状態になります。

原因によってはキレイライン矯正で口ゴボを治療できることも

歯並びに原因があって口元が突出している口ゴボは、キレイライン矯正の治療によって改善が見込める場合があります。ただし、キレイライン矯正で治せる口ゴボであるかは、歯科医師による診察や検査をしなければ正しい判断はできません。

口ゴボの原因は、以下のようなものが考えられます。

  • 歯並びによるもの
  • 下顎の骨によるもの
  • アデノイド顔貌

それぞれを解説していきます。

歯並びによるもの

口ゴボの原因のひとつに、前歯の生えている位置や角度が挙げられます。前歯が外側に向かって生えていると、口元が盛り上がって見えるためです。

このような場合は、歯の傾きを治せば口ゴボが改善することも考えられるため、キレイライン矯正で治療できる可能性があります。

歯並びが原因の口ゴボは、前歯が斜めに傾いており、上下の歯が突出している状態です。これは、幼い頃の指しゃぶりや前歯を舌で押すなどの癖によって誘発されることがあります。

また、口呼吸が原因で出っ歯になり、口ゴボになる場合もあります。

口呼吸で口ゴボが誘発される理由は、呼吸するために口が開いている状態が続くことで、口周りの筋肉が衰えて下顎の発達が悪くなり、出っ歯になりやすくなることが考えられます。

骨格によるもの

上下の顎の骨格の位置や大きさに原因があり、口ゴボになる場合があります。

骨格に原因がある口ゴボで、治療に抜歯を伴う全顎矯正や顎の骨を切る外科手術が必要になる場合は、キレイライン矯正では治療できない可能性が高いです。

以下のような場合は、骨格による口ゴボの可能性があります。

  • 上顎の骨が前に出ている
  • 下顎の骨が後ろに下がっている
  • 上下顎の骨が前に出ている
  • 上顎が下顎に対して大きい
  • 下顎が上顎に対して小さい

骨格に原因がある口ゴボは、遺伝が影響することもあります。

アデノイド顔貌

アデノイド顔貌と呼ばれる、下顎が小さくて首の境目がはっきりしない顔つきがあります。アデノイド顔貌の場合、下顎が小さくて上顎とのバランスが悪いため、口ゴボになることがあります。

アデノイド顔貌は、2〜6歳ごろに細菌やウイルスから体を守るために免疫機能が過剰に作用することで、喉と鼻の奥にあるアデノイドというリンパ組織が肥大化して起こります。

キレイライン矯正で治せるかは、歯科医師が直接確認しなければ判断できませんが、骨格的な調整が必要な場合は、改善は難しいでしょう。

口ゴボを治すべき理由

口ゴボを治すと、見た目が改善され横顔に自信が持てるようになるでしょう。見た目だけではなく、口の中や顎関節などにもよい影響をもたらす可能性があります。口ゴボを治すべき理由は以下の通りです。

  • 見た目が改善される
  • 顎関節への負担が軽減される
  • 口呼吸が改善される場合がある

それぞれを解説していきます。

見た目が改善される

矯正治療によって口ゴボを治したいと考える人の多くは、見た目を改善したいのではないでしょうか。口ゴボが治ると口元の印象が変わり、横顔に自信が持てるようになるでしょう。

口ゴボは口元が前に突出しているため口が閉じにくくなり、唇を閉じたときに顎の部分に梅干しのようなシワが現れることがあります。口を閉じるときに下唇を持ち上げるオトガイ筋が過度に緊張するため、顎の先端にシワができてしまうのです。

口ゴボが治れば口が閉じやすくなるため、顎にシワができにくくなります。

顎関節への負担が軽減される

口ゴボでは、上下の前歯が噛み合っていない症例もあります。この場合、噛む力が奥歯に強くかかるため、顎関節に負担がかかってしまいます。

口ゴボが治ると全体でバランスよく噛めるようになるので、顎関節への負担が軽減されます。

口呼吸が改善される場合がある

キレイライン矯正によって口ゴボが治ると、口呼吸が改善することが考えられます。口呼吸が改善されると、以下のように口腔内環境や体によい影響があります。

  • むし歯・歯周病のリスクが低下する
  • 口臭が改善される
  • 風邪・アレルギーの原因菌の侵入を防ぐことができる

むし歯・歯周病のリスクが低下する

口呼吸をしていると口の中が乾燥するので、唾液が少ない状態が続きます。唾液は、自浄作用と呼ばれる歯の表面などの細菌や磨き残しを洗い流す働きをしています。

唾液が不足すると自浄作用が発揮されず細菌が繁殖し、むし歯・歯周病のリスクが高くなります。そのため、口呼吸が改善されて口の中が唾液で潤うと、むし歯や歯周病のリスクが低下します。

口臭が改善される

口呼吸が改善されると唾液の分泌が増えて、口臭の改善にもつながります。

唾液には、口臭の原因となる口内細菌の増殖を抑制する働きがありますが、口呼吸をすると口の中・喉・唇が乾燥しやすくなり、口内細菌が増えて口臭が強くなることがあります。

風邪・アレルギーの原因菌の侵入を防ぐことができる

通常、人間は鼻で呼吸することで、鼻粘膜や鼻毛などによって細菌やウイルス、ほこりなどが体内に侵入するのを防いでいます。

口呼吸をしていると細菌やウイルスを含んだ外気を直接吸い込んでいることになり、風邪やアレルギーを引き起こしやすくなると考えられています。

また、鼻は取り込む空気の湿度・温度を調整する役割をしています。鼻で呼吸することで空気が温められるため、肺にかかる負担を軽減する効果もあります。

口呼吸を改善することは、風邪やアレルギーの原因になる細菌・ウイルス・ほこりなどから身体を守ることにつながります。

自分の口ゴボが治せるかどうかキレイライン矯正に相談してみましょう


今回は口ゴボに関して解説しました。口ゴボが治れば、お口の中や体にさまざまなよい効果があると考えられています。

口ゴボが気になる方は、まずはキレイライン矯正提携クリニックに相談してみてください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら