インビザラインで後悔する?失敗例7例と後悔しないための方法をご紹介!

インビザラインにおける失敗例や、後悔しないための方法を解説します。

この記事の結論

・インビザラインは、マウスピース矯正の中の代表的なもの
・顎関節症になった、ものが噛めなくなった、治療期間が長引いたなどの理由で後悔することがある
・マウスピースを紛失した・マウスピースが壊れたといったトラブルがある

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

インビザラインで後悔することも!失敗例7つ


インビザラインでの後悔・失敗例を7つ解説します。

顎関節症になった

インビザラインにより噛み合わせが不安定になり、顎の負担がかかって顎関節症になることがあります。顎関節症になると、食べ物を噛むなど口を動かすときに痛みが出たりカクカクと音がしたりします。

その他口の開け閉めがしづらくなったり顎が外れたりします。顎関節症はインビザラインに限らず、どの歯列矯正方法でも起こり得ることです。

歯並びは整ったがものを噛めなくなった

インビザラインにより歯並びが整い見た目は綺麗になったものの、ものを上手く噛めず食事がしづらくなることがあります。

これは噛み合わせが上手く合っていないから。見た目を重視した歯列矯正になっており、機能面への配慮が足りていないのかもしれません。治療計画を見直したり、歯科医院を変えたりする必要があります。

虫歯・歯周病になった

マウスピース矯正は装置の着け外しが自由にでき清潔を保ちやすいですが、しっかり歯磨きを行わなければ虫歯・歯周病になるリスクがむしろ高まります。

インビザラインは1日20〜22時間装着しなければならず、歯磨きを怠ると汚れをインビザラインで封じ込める形になります。

また、唾液が歯に行き届かないため自浄作用・殺菌作用・再石灰化などの効果が薄れ、虫歯・歯周病リスクが高まります。

歯茎が下がった・歯が揺れるようになった

インビザラインは歯や顎の骨に力を加え、歯並びを治していきます。無理に力を加えるなど間違った方法で行うと、顎の骨が吸収され歯ぐきが下がったり歯が揺れたりする原因となります。

これはインビザラインに限らず、どの歯列矯正方法でも言えることです。

元の歯並びに戻った

インビザラインで歯並びが治っても、1〜2年間は後戻りが起こらないよう専用の保定装置を着けなければいけません。

特に歯を動かした直後は後戻りが起きやすく、保定をしっかり行わないとすぐに元の歯並びに戻ってしまいます。

治療期間が長引いた

インビザラインなどのマウスピース矯正では、マウスピースの装着時間を守らないなどの原因で治療が計画通りに進まないことがあり治療期間が変動しやすいです。

治療費が高額になった

インビザラインは世界中で認められ、実績を積んだマウスピース矯正です。しかしその分治療費がかかりやすく、他のマウスピース矯正よりも高額になりがち。

また歯列矯正が計画通りに進まず治療期間が長引いたことで、予定していたよりも治療費がかかったなんてことも起こり得ます。

インビザライン治療中によくあるトラブル

マウスピースを紛失・破損した

外出先でマウスピースを外した際に紛失してしまったり、壊してしまったりすることがあります。
マウスピースを外す際に入れるケースを常に持ち歩くことによって、紛失や破損を防ぐことができます。

マウスピースが変形した

強い力がかかったり、お湯などで洗ったりすると変形することがあります。

マウスピースを装着したまま硬いものを噛むと変形しますので、飲食の際は必ず外すようにし、熱いお湯で洗わないようにしましょう。

歯の表面のアタッチメントが取れてしまった

食事の際などに、歯の表面につけた器具(アタッチメント)などが外れてしまうことがあります。
なるべく早めにかかりつけの矯正医に連絡しましょう。

外れた期間が長くなると、計画通りに歯が動かず矯正期間が長引いてしまいます。

マウスピースの尖った部分が擦れて痛い

マウスピースが尖っているところが擦れて口内炎ができることがあります。
かかりつけの矯正医に連絡し、マウスピースを調整してもらいましょう。

マウスピース矯正で後悔しないための対策


マウスピース矯正は、歯列矯正をする本人(患者)の自己管理が必要です。

またしっかり自己管理していても、歯科医師や歯科衛生士がいなければ失敗は起こりやすいです。マウスピース矯正で後悔しないための具体的な方法を知っておきましょう。

信頼できる歯科医師を探す

インビザラインなどマウスピース矯正に限らず、歯列矯正で成功するためには自分自身が得られる結果・効果をしっかり理解しておくことが重要です。

その上で歯科医師や歯科衛生士から説明・指示を受け、納得した上で治療を開始しましょう。

歯列矯正は年単位の治療になるため、メンテナンスも含めると同じ歯科医院に数年間通うことになります。歯科医師や歯科衛生士と信頼関係を築くことも重要です。

歯科医師や歯科衛生士に定期的にチェックしてもらえる環境を選ぶ

歯列矯正において、段階ごとのチェックは不可欠。定期的にプロの目で見てもらい、失敗が起こっていないか見てもらうことが重要です。

もし失敗が起こっていたり計画通りに進んでいなかったりしても、その時点で進路変更するなど対応してもらえます。

定期的にチェックしてもらえないと、治療期間が大幅に延びたり歯並びが整ってもものが噛めなかったりといったことが起こります。

自己判断で装着をやめたり予定を変えたりしない

インビザラインの装着を自己判断でやめたり予定と異なるものを装着したりすると、治療が計画通りに進みません。その結果治療期間が延びたり予定していたよりも治療費がかかったりすることも。

歯科医師や歯科衛生士から指示されたことは、しっかり守るようにしましょう。

口腔内を清潔に保つ

口腔内が不衛生だと虫歯や歯周病になるリスクが高くなり、症状がひどくなるとマウスピース矯正を中断して治療をする必要があります。

治療期間が延びたり、計画通りに歯を動かすことが難しくなったりしますので、普段から丁寧に歯を磨いてからマウスピースを装着する習慣をつけましょう。

治療後の保定期間を守る

保定期間を守らないと、せっかく矯正した歯が後戻りしてしまいます。

自分に合ったマウスピース矯正の種類を選ぶ

マウスピース矯正にはインビザラインだけでなく、さまざまな種類があります。それによって対応できる歯並びや治しやすい歯並び、費用などが異なります。

自分の歯並びに会った矯正を選ぶことで、早く確実に歯並びを治すことができます。

なおマウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べ後悔・失敗しやすいという説もあります。前者は装置を自由に着け外しできるため、歯科医師や歯科衛生士だけでなく矯正を行う本人(患者)の努力も必要です。

しかし基本的には後悔・失敗する確率はどちらも変わらないでしょう。自分に合った矯正方法を選ぶことが重要で、元々の歯並びや口の中の状態によって結果は変わってきます。

まとめ


インビザラインに限らず、さまざまな理由で歯列矯正に後悔することがあります。

事前にそれぞれの歯列矯正方法のメリット・デメリットを確認し、信頼のおける矯正歯科医院で相談して自分に合った矯正方法を選択するようにしましょう。

後悔のない歯列矯正で、美しい歯並びを手に入れましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら