インビザラインで失敗することはある?失敗例や原因、対処法を解説!

インビザラインにおける代表的な失敗例と原因、失敗したときの対処法などについて解説します。

この記事の結論

・どんな歯列矯正でも失敗はあり、インビザラインが特別に失敗しやすいということはない
・歯列の改善が見られない、治療期間がかかりすぎるなどの失敗例がある
・インビザラインで失敗しないためには、事前の治療計画と治療中の自己管理が大切

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

インビザラインとは


インビザラインは、さまざまな歯列矯正方法のうちの1つであるマウスピース矯正の中の代表的なものです。

従来の歯列矯正(ワイヤー矯正)は、装置を歯に固定するため見た目が良くない、不潔になりやすいなどが難点でした。

しかしインビザラインなどのマウスピース矯正では、装置であるマウスピースは透明な上着け外しが自由にできます。そのため見た目が目立たず、清潔を保ちやすいのが特徴です。

インビザラインが特別に失敗しやすいということはない

どのマウスピース矯正・歯列矯正でも失敗はある

世界的にも症例・患者数の多いインビザラインでも、何らかの原因で治療が計画通りに進まず、望んだ結果が得られない・失敗することがあります。

これはインビザラインに限らず、どのマウスピース矯正・歯科治療においても言えることでしょう。

インビザラインとワイヤー矯正どちらが失敗しないのか

インビザラインはワイヤー矯正と比べ失敗しやすいという説もあります。インビザラインは装置を自由に着け外しできるため、歯科医師や歯科衛生士だけでなく矯正を行う本人(患者)の努力も必要です。

しかし基本的には失敗する確率はどちらも変わらないでしょう。自分に合った矯正方法を選ぶことが重要で、元々の歯並びや口の中の状態によって成功率は変わってきます。

インビザラインにおける失敗例とは


インビザラインで失敗に気付くタイミングは、治療を始めてしばらく経ったころ〜治療終了後が多いです。そのため気付いたときにはやり直しができなかったり、対応できなかったりすることも。

そのようなことが起こる前に、インビザラインでの失敗例をあらかじめ知っておきましょう。

歯列の改善が見られない

綺麗な歯並びになっていない・歯並びが治っていないのに治療終了とされてしまうことがあります。

期間がかかりすぎる

インビザラインを使い始めて何年も経っているのに歯並びが良くならない、当初予定していた期間よりも長くかかってしまうことがあります。

マウスピース矯正では、治療が計画通りに進まないことで費用・治療期間が変動しやすいのです。

正中が合っていない

歯列の中心を「正中」と言いますが、上の歯列と下の歯列の正中が合わず噛み合わせが悪くなり、食べ物を上手く噛めなくなることがあります。

またズレにより顔全体が歪んだり、頭痛や顎関節症が起こったりすることもあります。歯並びを治すことだけを目的とし、噛み合わせ・機能面を見ずに治療を進めるとこのようなことが起こります。

噛み合わせが悪くなってしまった

インビザラインの使用により前歯が前に出てきて口が閉じられなくなったり、上下の歯が噛み合わず隙間ができたりすることがあります。

インビザラインで失敗する理由

インビザラインで失敗する代表的な理由をいくつか知っておくことで、あらかじめ失敗を防げる可能性があります。

治療計画が適切でないから

専用ソフトを使った3Dシミュレーションにより治療計画を立て、それに沿って歯を動かします。しかし実際に治療を始めてみると思うように歯が動かなかったり、計画通りに進まなかったりすることがあります。

そのため知識・経験が豊富な歯科医師が治療計画を立て、随時その見直しを行います。これを怠ると失敗しやすくなります。

またインビザラインの通院は2カ月に1回。通院と通院の間は歯科医師の目が行き届かないので、その間に失敗が起こる可能性もあります。

インビザラインに適さない症例だから

歯並びや口の中の状態によってはインビザラインが適さないこともあります。

インビザラインに適した・治る歯並びなのか、診断を正しく行った上で治療を開始する必要があります。

装着時間が足りないから

インビザラインに限らず、マウスピース矯正は装置を自由に着け外しできるため、矯正を行う患者さん本人の努力・自己管理が必要です。

決められた時間装着しないと効果が出にくく治療期間も長くなります。

マウスピースの交換時期を守らないから

インビザラインは決められた期間ごとにマウスピースを交換し、徐々に歯を動かします。そのため歯科医師から指示されたマウスピース交換時期を守らないと計画通りに進まず、治療期間が延びる原因となります。

自己判断せず、歯科医師や歯科衛生士から指示されたことはしっかり守るようにしましょう。

口の中が不潔で虫歯・歯周病になったから

歯磨きをしっかり行わないことにより虫歯や歯周病になると、それらの治療のため矯正治療を一旦ストップせざるを得なくなります。これにより治療計画が後ろ倒しになり、治療期間が延びる原因となります。

インビザラインの失敗を防ぐには

インビザラインを含むマウスピース矯正は、歯列矯正をする本人(患者)の自己管理が必要です。ただしっかり自己管理していても、歯科医師や歯科衛生士がいなければ失敗は起こってしまいます。

インビザラインの失敗を防ぐには、歯科医院と患者両方の努力が必要です。

事前に治療計画を適切に立てる

治療計画を立てるのは歯科医師です。初めに説明を受けた歯科医師が信頼できなければ、他の歯科医師を探すことも1つの方法です。

自身でしっかり管理し、長時間きちんと装着する

インビザラインで成功するためには、患者さんの自己管理も重要です。装置の着け外しは自由にできますが、基本的には食事や歯磨きのとき以外は1日中装着しましょう。

歯磨きで虫歯・歯周病を予防することも大切です。

インビザラインで失敗したときの対処法

信頼できる歯科医師に出会い自己管理をしっかり行っていても、インビザラインで失敗する可能性をゼロにはできません。もし失敗してしまった場合にどう対処すれば良いのか知っておきましょう。

再治療を行う

歯列矯正の方法あるいは歯科医院を変えるなどして、再治療を行うしかありません。

セカンドオピニオンの活用

セカンドオピニオンとは、他の歯科医師の意見を聞き再治療や提案を行ってもらうことです。費用や時間、手間はかかりますが、上手く活用して失敗を繰り返さないようにしましょう。

まとめ


インビザラインに限らずどんな歯列矯正でも失敗はあり、インビザラインが特別に失敗しやすいということはありません。

インビザラインで失敗しないためには、歯科医師の治療計画と患者さん自身の自己管理がとても大切です。

歯列矯正をお考えの方は、インビザラインやその他のマウスピース矯正、ワイヤー矯正などさまざまな治療方法について検討し、信頼できる矯正医を選択するようにしましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら