マウスピース矯正の効果は?効果を実感するまでにかかる時間や費用

日々進化し続けているマウスピース矯正。以前は「少し歯並びが悪い程度」しか改善できなかったのですが、日々の進歩によりワイヤー矯正よりも歯を計画通りに動かすことが可能になってきています。

ですがマウスピース矯正は、正しく使用しなければ期待した効果がでません。

今回はマウスピース矯正をする前に知っておきたい知識とマウスピース矯正の効果を解説します。

この記事の結論

・マウスピース矯正は効果的な矯正方法

・得られる効果はシステムや装置の種類で異なる

・効果を得るまでに、半年~2年かかる

・効果を得るまでに、部分矯正は20万円、全体矯正は30万円~100万円かかる

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

マウスピース矯正は効果の高い矯正方法


マウスピース矯正は日々進化し、対応できる症例も増え、効果のある矯正方法として認識されています。前歯のすきっ歯など軽度な症例では、約半年で「歯が動いている」と効果の実感ができます。

マウスピース矯正では1ヶ月で0.5mm〜1mmほど歯を動かすことが可能です。使用する性能、品質によって効果は異なりますが、決められた時間(1日20時間〜22時間)装着しなければなりません。

しかし、マウスピース矯正はどんな歯並びでも矯正ができるわけではありません。歯科医院にて診査・診断・シミュレーションを行います。マウスピースで矯正できない場合は、ワイヤー矯正を行います。

歯科医院によって考え方や使用するマウスピース矯正の製品、使用方法や期間など違ってきます。マウスピース矯正は効果が高い矯正方法です。始める際は歯科医院で相談を受け納得してからはじめましょう。

マウスピース矯正の装置の種類と効果


マウスピース矯正の効果は、前歯や気になる歯並びの矯正と、奥歯を含む歯全体を動かす矯正があり、使用する装置によって効果が異なります。各メーカーが様々な装置の種類を提供しており、マウスピース矯正をする際は、以下の項目を参考にしてみてください。

部分矯正の装置の種類

前歯だけ歯並びを治したい場合や軽度な症例は、部分矯正としてマウスピース矯正を行うことが可能です。矯正期間が終了し、後戻りした症例にも対応しています。

部分矯正では前歯の見える部分の歯並びを治します。 前歯、出っ歯、すきっ歯、でこぼこした歯に効果があります。

主な製品

  • インビザライン
  • アソアライナーデジタル
  • スマイルトゥルー
  • アクアシステム
  • キレイライン

製品数も多く、部分矯正ができる歯科医院も増えている傾向にあります。マウスピース矯正は目立たずにできるのもポイントです。

全部矯正の装置の種類

全部矯正は奥歯を含め、全ての歯を動かして矯正治療を行うことが可能です。近年、難症例にも対応しています。
部分矯正と比べると製品数は多くありません。

  • インビザライン
  • クリアコレクト

全部矯正は部分矯正よりも期間が長くなるケースがほとんどです。シミュレーションソフトを使用し、ステップ毎に変化が確認できます。

マウスピース矯正の効果を得るまでにかかる期間と費用


マウスピース矯正の効果を得られるためにかかる期間は半年〜2年ほどかかります。

費用は性能・品質・症例により異なり、目安の金額は部分矯正では200,000円〜、全部矯正では300,000円〜1000,000円ほどかかります。 歯科医院によって別途検査料や調整料がかかる場合があります。

矯正期間

症例により異なりますが、マウスピース1枚で0.25mmほど歯が動きます。効果を得られるためにかかる期間は半年〜2年ほどです。

部分矯正では半年以上、全部矯正では1年以上期間が必要です。矯正期間中は2週間に1回〜2ヶ月に1回、通院する必要があり、効果を得るためには長い時間が必要です。

矯正終了後は保定装置のマウスピースを1年ほど使用し、矯正効果が戻らないようにします。矯正を行う場合は保定期間も含めて考えましょう。

費用

歯科医院、性能、品質、症例によって費用が異なります。部分矯正では200,000円〜、全部矯正では300,000円〜1000,000円ほど必要です。他に目安として相談料5,000円〜、検査料10,000円〜、診察料3,000円〜、保定装置料などがかかりますが、医院によって異なります。

マウスピース矯正は決められた装着時間が守られず、歯が後戻りしてしまった場合は計画からやり直しになってしまう場合があり、再度費用がかかってしまうこともあります。

マウスピース矯正は歯科医院の考え方、使用する製品によって期間、費用、通院回数が異なります。初回の矯正相談ではおおよその金額や期間を知ることができます。少しでもわからないことがあればそのままにせず、説明を聞いて納得した上で矯正を始めましょう。

マウスピース矯正で効果を得るために注意すべきこと


マウスピース矯正の効果を出すためにはいくつか守らなければならない注意点があります。守ることによって計画的にマウスピース矯正を行うことができます。

  • 虫歯にならないように注意する
  • 装着時間を守る
  • 歯科医師の指示に従って交換時期を守る
  • クリンチェックをしっかりと行う

虫歯にならないように注意する

マウスピース矯正中に虫歯になってしまうと、マウスピースと合わなくなってしまう可能性があります。その場合はマウスピースを作り直しになるので、計画が遅れてしまいます。計画通りに進むためには歯磨きをしっかり行い、虫歯にならないように注意しましょう。

紛失した場合や割れてしまった場合は次の来院日で相談するのではなく、すぐに歯科医院に連絡して指示を受けましょう。

一日の装着時間を守る(20時間前後)

マウスピース矯正は一日20時間前後装着しなければなりません。

外している時間が長いと計画が遅れてしまい、効果を感じるまで遅くなります。食事中と歯磨き以外は外さないようにしましょう。

マウスピースの交換時期を守る

マウスピース矯正は2週間に1回など、決められた期間に必ず新しいマウスピースに交換しましょう。交換期間を守らないと計画が遅れます。

予定より早く新しいマウスピースに交換することは、歯を動かす過程でトラブルがおきやすいので避けましょう。

クリンチェックを医師としっかり行う

クリンチェックとは、矯正中の歯がどのように動いているかをチェックするシミュレーションソフトです。クリンチェックを行うことにより、歯並びの変化の確認ができます。

事前に矯正治療過程がわかるので、気になる点があれば歯科医師と相談ができます。

マウスピース矯正は効果がある矯正方法、自分にあった治療方法を選択しよう


「目立たない」「取り外しができる」などワイヤー矯正よりも魅力的で、効果も実証されているマウスピース矯正。効果を実感するには決められた装着時間や、交換する時期を守ることが非常に大切です。

矯正治療を行っている歯科医院では「矯正相談」をしている場合がほとんどです。無料相談を行っている歯科医院もあるので気軽に相談が受けられます。

症例、効果、費用、期間を知って自分に合った矯正治療方法を選択しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら