オペラグラスでの矯正がおすすめなのはこんな人!特徴や費用もご紹介

歯並びを良くしたいと考えたときに、マウスピース矯正を検討している方も多いのではないでしょうか。そんなマウスピース矯正の中でも、今回は「オペラグラス」を紹介します。

マウスピース矯正であるオペラグラスに興味はあるけれど、自分に向いているかわからず始めることができないという方はご覧ください。

この記事の結論

・オペラグラスは、最新技術で作る3種類のマウスピースを使用して効果的に治療を行う

・治療期間の目安は短くて3ヶ月~半年程度、通常は1年~2年程度必要である

・オペラグラスは、目立たない矯正を希望している人や歯並びの悪さが軽度の人などにおすすめ

編集部おすすめ!マウスピース矯正8選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!提携院も全国に拡大中!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~
⑥hanaravi
~矯正専門の医師が在籍!LINEで医療サポートチームがサポート~
⑦ウィスマイル矯正
~月額1760円から矯正が可能。 治療期間の相談もOKで最短3ヶ月~
⑧アットスマイル矯正
~費用目安は約30~60万円!前歯だけでなく奥歯の噛みあわせまで矯正できる!~

オペラグラスの特徴

マウスピース矯正ブランドであるオペラグラスは2009年に開設されました。さまざまな歯科医院に取り扱われており、以下のような特徴があります。

  • 最新技術で作る精密なマウスピースを使用する
  • 3種類のマウスピースで効果的に治療を行う

最新技術で作る精密なマウスピースを使用する

オペラグラスは他にはない最新技術で製作されたマウスピースを使用した矯正システムです。オペラグラスでは従来の型取りの他に、3Dスキャナーを活用して歯並びをスキャンし3Dデータ化します。

データを基に作られたマウスピースは、かなり精密に作られています。歯肉に接触する部分が少なく、違和感の無いよう計算された形状のマウスピースで、安心して治療を進められます。

3種類のマウスピースで効果的に治療を行う

オペラグラスは0.5mm、0.625mm、0.75mmと厚みが異なる3種類のマウスピースを使用します。1週間ごとに新しいマウスピースに交換し、少しずつ理想の歯並びに近づけていきます。

初診時に治療完了までのマウスピースを製作するマウスピース矯正ブランドもあります。しかしオペラグラスは3~4週間に一度、治療の進行具合に合わせて型取りをして製作します。そのため虫歯治療によって歯の形態が変わってマウスピースが合わなくなっても、柔軟に対応することが可能です。

オペラグラスの治療期間と費用

オペラグラスの治療期間と費用は、矯正前の歯並び・マウスピースの装着時間・年齢などによって大きく異なります。正しくマウスピースを使用しなければ治療期間が延び、結果的に費用が高額になってしまいます。

治療期間

オペラグラスによる矯正の治療期間の目安は短くて3ヶ月~半年程度、通常は1年~2年程度必要です。

治療期間は矯正前の歯並びの状態や、マウスピースを正しく装着できたかによっても大きく変わります。オペラグラスのマウスピースは、1日20時間以上装着することが推奨されています。

費用

オペラグラスの費用の相場はおよそ30~60万円です。上下片方の治療で30万円前後、上下両方の治療では60万円前後が相場です。

元の歯並びや、どの程度まで歯並びが整うことを治療のゴールとするかなどで金額は変わります。

オペラグラスがおすすめな人

オペラグラスは、とても優れた特徴を持ったマウスピース矯正ブランドです。では、どのような方におすすめなのかを解説していきます。

  • 目立たない矯正を希望している人
  • 歯並びの悪さが軽度の人
  • 矯正の痛みに不安がある人
  • 自己管理ができる人
  • 金属アレルギーの人
  • 歯磨きなどの口腔ケアが苦手な人
  • 話す機会がある・激しいスポーツをするような人

目立たない矯正を希望している人

オペラグラスは透明なマウスピースを装着して行うので、目立たない矯正を希望している方におすすめです。ワイヤー矯正では見た目が気になって抵抗を感じていた方でも挑戦しやすいです。

歯並びの悪さが軽度の人

オペラグラスは、歯並びの悪さが比較的軽度の症例に適しています。オペラグラスに限らず、マウスピース矯正は、重度の歯並びの改善には不向きなものが多いです。

オペラグラスの適応する症例は、叢生と呼ばれる歯が重なり合って生えている歯並びや、歯と歯の間に隙間がある歯並びなどの歯列不正が軽度な症例です。矯正終了後に歯並びが戻ってしまう後戻りが起きた場合の治療にも用いられます。

矯正の痛みに不安がある人

オペラグラスは痛みの少ない矯正方法です。マウスピース矯正はワイヤー矯正と比較すると痛みが少ないと言われています。

初回は0.5mm、2回目以降は1mmの移動量で、無理のない範囲で徐々に歯を動かすので痛みが少ないまま治療を進めることができます。

マウスピース制作前に、CTのような断面画像で歯の限界移動量を確認するので、大きく動かしすぎて痛みが出ることが少なくなります。

ただしマウスピース矯正に限らず矯正治療全般は、歯に力を加えて動かすという治療の特性上、少なからず痛みは伴います。

自己管理ができる人

オペラグラスは自分で取り外しができるマウスピース矯正なので、外したあとの保管・洗浄、マウスピース装着のスケジュールなどを自分で管理する必要があります。

自己管理ができないと歯が動かないため、計画通りの治療効果が得られません。

食事をするときは破損の原因になるので必ず外しましょう。ワインやコーヒーなどはマウスピースの着色、熱い飲み物はマウスピース変形の原因になるので飲むときには外す必要があります。

飲食時の手間はありますが、自己管理ができればワイヤー矯正のように装置に食べ物が挟まるような心配がありません。マウスピースの1日の装着時間や交換スケジュールを守らなければ、計画通りに歯が動かなくなってしまいます。

金属アレルギーの人

オペラグラスはペットボトルと同様の素材でできており、金属を使用していません。そのため、金属アレルギーがある方でも矯正治療を行えます。

ワイヤー矯正では歯に付けるブラケット、ブラケットに通すワイヤーなどの金属が用いられます。これらには、金属アレルギーの原因になりやすいニッケルやクロムを使用していることがあるので注意しなければなりません。

金属アレルギーがあって矯正治療を諦めた方でも、マウスピース矯正であれば治療が可能です。

歯磨きなどの口腔ケアが苦手な人

オペラグラスはマウスピースを使用した矯正治療なので、取り外してほぼいつも通りに歯を磨くことができます。

歯に器具を装着しなければならないワイヤー矯正などは、器具の周囲や細かい部分に食べかすやプラークが溜まりやすくなります。また歯ブラシの毛先が届きにくく口腔ケアが難しいため、不衛生な状態が続き虫歯や歯周病のリスクが高まります。

話す機会がある・激しいスポーツをするような人

オペラグラスは話す機会がある方や、激しいスポーツをするような方におすすめの矯正です。

矯正装置の装着時は「サ行」や「タ行」など発音しづらい場合があります。マウスピースを装着した直後は発音しづらいと感じる期間もありますが、数日~1週間ほどで慣れる方がほとんどです。

取り外しができるので、話すイベントなどがある場合には外すことも可能です。またぶつかり合ったり衝撃が加わったりするようなスポーツをしている方は、ワイヤー矯正だと唇や頬が傷ついてしまうことが考えられます。オペラグラスであればこのような心配はありません。

オペラグラスをおすすめしないのはこんな人

オペラグラスはとても優れたマウスピース矯正ですが、適応できない方がいるのも事実です。しかし下記の条件が当てはまるからといって、必ずしもオペラグラスによる矯正が行えないわけではないので、歯科医院で相談してみましょう。

  • 大きな位相が必要な歯並びの人
  • 歯並びの悪さが骨格に問題がある人

大きな移動が必要な歯並びの人

オペラグラスは、大きな移動が必要な重度の歯並びの悪さのには対応できない場合があります。

八重歯と呼ばれる犬歯の位置が大幅にずれている場合や、多くの歯が重なって生える場合は、オペラグラスの適応にならない場合があります。

また、抜歯して歯を並べるスペースを作らなければならない症例は、歯を動かす距離が大きくなるため対応できないことがあります。

歯並びの悪さが骨格に問題がある人

骨格に問題があり歯並びが悪くなっている症例は、オペラグラスでは改善できません。

上下の顎骨のどちらかが前に出過ぎているタイプの出っ歯や受け口は、重度の場合だと外科的手術やワイヤーによる矯正が必要になることがあります。

オペラグラスが気になる方は歯科医院に相談

今回はマウスピース矯正であるオペラグラスについて解説しました。オペラグラスは装置が目立たず、矯正による痛みが少ないなど多くの優れた点があります。

オペラグラスに興味がある方は、まずはオペラグラスを取り扱っている歯科医院に相談してみてください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら

ゼニュム

専用アプリを使用して、クリニックに通わなくても歯科医師から定期的にチェックを受けられるマウスピース矯正です。最低限の通院回数で理想的な歯並びが実現します。

くわしくはこちら

ホワイトライン

医師と相談して、希望の期間(最短3ヶ月)で治療を受けられるマウスピース矯正です。マウスピース矯正と同時にホワイトニングもできるので、歯並びを整えながら白く美しい歯を目指せます。

くわしくはこちら

hanaravi

継続率98.3%(※1)、平均通院回数が1.3回(※2)と挫折しにくいマウスピース矯正です。矯正専門の歯科医師が在籍しているため、自分に合った矯正方法を提案してもらえます。

※1.2021年4〜8月の渋谷院の患者を対象とした実績値
※2.中央値1回、2021年9月矯正完了の患者を対象とした実績値

くわしくはこちら