Oh my teethで八重歯は治る?改善するメリットも解説

Oh my teethは、オンラインで歯並びの改善度合いや治療の進行状況を報告・確認できるマウスピース矯正です。原則歯科医院への通院不要で、矯正治療が行えるサービスを提供しています。

今回はOh my teethで八重歯が治るのかどうかを解説します。

この記事の結論

・八重歯を矯正するには、一般的に抜歯や研磨処置などを行うことがある

・Oh my teethでは、研磨処置のみで改善できる八重歯で、かつ治療期間が2年未満の場合は適応となる可能性がある

・八重歯を矯正すると、見た目以外にも、歯磨きしやすくなる・噛み合わせが安定するといったメリットがある

Oh my teethで八重歯は治る?|まずは矯正で八重歯を治す基本を解説

八重歯は、前歯の中央から数えて3番目に位置する犬歯が、歯列からはみ出して生えている状態です。また、ほかの歯よりも高い位置から生えていることが多いです。

矯正治療で八重歯を治すには、はみ出して生えている八重歯を並べるためのスペースを確保することが基本となります。

八重歯を並べるためにスペースを確保する方法は、主に2つあります。

  • 抜歯をする
  • 歯と歯の間を削る研磨処置を行う

それぞれを解説していきます。

抜歯をする

八重歯を矯正治療するときに歯を動かすスペースを確保するため、抜歯をすることがあります。

歯を抜いてできたスペースを利用して、歯列からはみ出して生えている八重歯を動かす目的で行われます。

矯正治療で抜歯をする際は、中央から数えて4本目の第一小臼歯か、5本目の第二小臼歯を選択することが多いです。

抜歯をすると健康な歯を失ってしまうといったデメリットも生じます。また、抜歯が必要な場合は歯を大きく動かさなければならない症例であることが多く、治療期間は長くなる傾向があります。

歯と歯の間を削る研磨処置を行う

八重歯を矯正治療するときに歯を動かすスペースを確保するため、歯と歯の間を削る研磨処置を行うことがあります。

IPR・ディスキングとも呼ばれる処置で、Oh my teethでは「研磨処置」といわれています。

研磨処置では、歯の表面のエナメル質を歯の健康を損ねない範囲で0.1㎜単位で削ります。歯1本あたりの削れる量はわずかですが、何本かの歯を少量ずつ削ることである程度の量のスペースを確保できます。

八重歯の矯正に抜歯をするほどのスペースが必要ない場合は、研磨処置を行うことが多いです。

抜歯よりも身体への負担や不便が圧倒的に少なく、健康な歯を抜くことに抵抗がある方の選択肢として魅力的です。

ただし抜歯より確保できるスペースの量が少ないため、研磨処置で足りない場合は抜歯が必要になることがあります。

Oh my teethの八重歯の適応症例

Oh my teethに限らず、マウスピース矯正はワイヤー矯正と比較して、適応症例が限られる場合があります。

Oh my teethは、軽度から中度の症例に特化した矯正サービスです。そのため、治療前の八重歯の状態を診査して、適応可能な症例かどうかを以下のように判断します。

  • 研磨処置でスペースを確保できる八重歯なら適応
  • 抜歯もしくは2年以上の治療期間が必要な八重歯には適応できない

研磨処置でスペースを確保できる八重歯なら適応

歯型スキャンなどを行った結果、研磨処置で作ったスペースだけで八重歯が改善できると診断されれば、適応可能であることが多いです。

ただし「きれいな歯並び」のイメージは人それぞれで異なるため、シミュレーションを確認して患者が満足できる仕上がりになるかどうかも考慮されます。

Oh my teethでは3Dスキャナーによって歯型を確認する歯型スキャンを無料で行っています。スキャンした歯型データをもとにドクターが矯正可能であるかを診断し、歯をどのように動かしていくかのシミュレーションを作成する目的です。

Oh my teethの歯型スキャンは無料であるため、Oh my teethで矯正可能な八重歯なのかを確認してみましょう。

抜歯もしくは2年以上の治療期間が必要な八重歯には適応できない

Oh my teethでは診査やシミュレーションの結果、以下に該当する場合は、重度症例のため適応できないと判断することがあります。

  • 八重歯を並べるために抜歯が必要な場合
  • 矯正完了までに2年以上かかる場合

重度の八重歯は、抜歯をしてスペースを確保しなければ改善が難しい場合があります。抜歯が必要な症例は、歯を大きく動かさなければならないため矯正完了までの期間が長くなることが多いです。

Oh my teethで対応できない症例は、希望があればワイヤー矯正などの取り扱いがあるOh my teeth提携クリニックの紹介を行なっています。

Oh my teethなどの矯正治療で八重歯を治すメリット

Oh my teethなどの矯正治療で八重歯を治すメリットは、以下の通りです。

  • 歯磨きがしやすくなる
  • 噛み合わせが改善される
  • 肩こりや頭痛の緩和につながる可能性がある
  • 海外の方からの印象が良くなることがある

歯磨きがしやすくなる

八重歯は歯が重なっていて歯が磨きにくいため、プラークが溜まりやすいです。プラークが溜まっていると虫歯や歯周病になるリスクが高くなり、プラークに含まれる細菌が口臭の原因になってしまいます。

矯正治療によって八重歯を治すと、歯磨きがしやすくなり、口腔内を清潔に保ちやすくなります。

噛み合わせが安定する

八重歯になりやすい犬歯は、噛み合わせの観点から重要な役割を担っています。歯ぎしりをしたときに奥歯負担がかかり過ぎないように、噛む力を分散する役割です。

そのため、犬歯が正しい位置にあることが噛み合わせの安定に繋がります。

八重歯だと犬歯が噛み合わないため、奥歯や前歯に余計な負担がかかりやすくなることが問題です。八重歯を矯正することで、歯への負担を均一に導き、噛み合わせを安定させる効果が期待できます。

肩こりや頭痛の緩和につながる可能性がある

矯正治療で八重歯を治すと、噛み合わせが正常になり、肩こりや頭痛の緩和にながる可能性があります。

歯並びに異常があると、噛むときに顎関節に強い負担がかかり首の周りの筋肉が緊張状態になります。これにより首のコリ・肩こりは頭痛の原因になることがあります。

海外の方からの印象が良くなることがある

八重歯に対する日本と海外のイメージは大きく異なります。

日本では、八重歯はかわいい・チャームポイントになるなど良い印象を与えることも多いです。しかし、海外ではヴァンパイアや狼男などのイメージが強く、敬遠されることがあります。

そのため、グローバル社会において八重歯を治すことは、海外の方からの印象アップにつながることがあります。

Oh my teethで八重歯を治したいなら無料の歯型スキャンを試そう

矯正治療によって八重歯を治すと、さまざまなメリットがあることが分かりました。八重歯の矯正治療は、状態によっては抜歯をしなくても十分な治療結果を得られる可能性もあります。

しっかりと症状を診断してもらい、使用する矯正装置を選択しましょう。

Oh my teethでは、治療後の八重歯がどうなるかをシミュレーションできる、無料の歯型スキャンが受けられます。気になる場合は、試してみましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692

22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560

月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560

治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら