出っ歯はマウスピース矯正で治るのか|マウスピース矯正をすると出っ歯になる失敗例についても解説

マウスピース矯正には、治せる・治せない歯並びがあります。本記事では、上の前歯が突出している「出っ歯」とマウスピース矯正との関係について解説します。

この記事の結論

・マウスピース矯正で治る出っ歯と、マウスピース矯正では治らない出っ歯がある

・骨格の異常や顎の変形などがある症例は、マウスピース矯正で治すのは難しい

・市販のマウスピースには歯列を矯正する効果はない

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

マウスピース矯正で治る出っ歯と治らない出っ歯がある


マウスピース矯正で自分の出っ歯を治せるかどうかは、その程度や原因によります。

マウスピース矯正で治せる出っ歯

  • 上の前歯の生える向きに異常がある
  • そもそも歯の生えるスペースが足りていない

これらが原因で出っ歯になっている場合は、基本的にマウスピース矯正で治せます。マウスピースを着けたときに歯にかかる力を利用し、歯を正しい向きに動かします。

そもそも歯の生えるスペースが足りていなかったり、歯を動かした結果スペースが不足したりするようであれば抜歯を併用することもあります。

マウスピース矯正で治せない出っ歯

  • 骨格に異常がある
  • 顎が変形している

これらが原因で出っ歯になっている場合はマウスピース矯正で治すのは難しいです。マウスピース矯正で歯を動かすことはできますが、歯が埋まっている顎の形を変えることはできません。

骨格や顎の形に異常がある場合は、歯列矯正だけでなく手術も必要なことが多いです。そのため治療期間や費用がかかりやすいです。

市販のマウスピースには矯正効果がない

インターネットやドラックストアなどで販売されている市販のマウスピースには、歯列を矯正する効果はありません。

そもそも歯科医院で行うマウスピース矯正は、ぴったりと歯に適合したマウスピースを定期的に取り換えることによって歯を最適な位置に誘導していくものです。

市販のマウスピースにはそのように歯列を整える効果はありません。

マウスピース矯正以外の出っ歯の治し方

マウスピース矯正の他にも、出っ歯を治す方法はいくつかあります。出っ歯の状態やその原因に応じて、歯科医師と相談し自分に合った方法を選びましょう。いずれも基本的に保険は効きません。

ワイヤー・ブラケット矯正

ワイヤー・ブラケット矯正とは、ブラケットと呼ばれる小さな四角い装置を歯に装着し、それらにワイヤーを通すことで力を加えて歯を動かす方法です。

ちょっとした歯の移動から大きな移動まで、ワイヤー・ブラケット矯正はさまざまな出っ歯に対応できます。

ワイヤーとブラケットにはそれぞれ2種類あります。金属でできた銀色のものは目立ちますが比較的安価、プラスチックやセラミックでできた白色のものは目立ちませんが比較的高価です。

これらは歯の表側に着けるのが一般的ですが、装置を着けたときの見た目が気になるようであれば歯の裏側にも着けられます。この場合装置はほとんど見えず他人からも気付かれません。

しかし歯科医師の高度な技術が必要になるため、取り扱っている歯科医院は限られます。また表側に装置を着けるよりも費用がかかります。

ワイヤー・ブラケット矯正を使った出っ歯の治療は、期間がおよそ2〜3年、費用がおよそ80〜120万円かかります。

インプラント矯正

インプラント矯正は、ワイヤー・ブラケット矯正に似た装置を使うことに加え、顎の骨にネジのようなものを埋め込み、それを支点に歯を動かしていきます。

ネジを埋め込む手術が必要ですが、支点が顎の骨に固定されていることで歯を動かしやすく、確実に力をかけられます。ワイヤー・ブラケット矯正は支点を歯に置いているため、支点自体が動いてしまうなどインプラント矯正と比較すると不安定です。

確実に力をかけられる分、インプラント矯正はワイヤー・ブラケット矯正よりも短期間で確実に出っ歯を治せます。治療期間はワイヤー・ブラケット矯正の半分ほどで、費用は100万円~かかります。

セラミック矯正

セラミック矯正とは、歯を削ってセラミックの被せ物を入れることで歯並びを治す方法です。ただ他の矯正方法と違い、実際に歯を動かすわけではありません。

そのため歯並びを綺麗にするというよりは、歯並びが綺麗になったように見せる方法です。

歯に力をかけて実際に動かすには時間がかかる上に痛みを伴いますが、セラミック矯正は歯を削って被せ物を入れるだけ。そのため治療期間はおよそ1〜3カ月と圧倒的に短く、治療中の痛みも起きにくいです。費用は歯1本あたりおよそ10万円です。

ただ歯を削ると歯の寿命が縮まるため、歯科医師とよく相談して決めましょう。

手術で治す

  • 骨格に異常がある
  • 顎が変形している

これらにより出っ歯になっている場合は、装置を使った矯正方法だけでは治らないため手術が必要です。

顎の変形を治すための手術は、出っ歯の状態や症状によっては保険が効くこともあります。保険が効く歯科医院・病院は指定されているため、よく確認して受診しましょう。

手術のためには入院が必要であり、他の矯正方法との併用を考慮すると治療期間はおよそ1〜3年、費用はすべて合わせておよそ200万円かかります。

マウスピース矯正後に出っ歯になる失敗例も

マウスピース矯正をすると必ず出っ歯になるわけではありません。

歯列矯正を行うときは、歯並びだけでなく上下の顎のバランスも考慮して歯を動かす必要があります。それが適切に行えていないなど、歯科医院の選択によってはマウスピース矯正で出っ歯になったという意見もあるようです。

虫歯や歯周病の治療をメインに行いながら、サブメニューとしてマウスピース矯正を取り扱っている歯科医院は多くあります。確実な出っ歯治療や矯正効果を求めるのであれば、矯正専門の歯科医院・歯科医師を選ぶと良いでしょう。

まとめ


マウスピース矯正で治すことができる出っ歯と、マウスピース矯正では治らない出っ歯があります。

歯列矯正を始める前に、前歯の歯並びだけでなく骨格や上下の歯のバランスを総合的に考慮して矯正方法を選択することが大切です。

矯正専門の歯科医院・矯正医とよく相談をし、納得の上で歯列矯正を始めましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら