出っ歯をマウスピース矯正で治せるの?費用・治療期間を徹底解説

この記事では、出っ歯を「マウスピース矯正」で治療する方法について徹底解説。費用、治療期間、治療方法、非抜歯と抜歯治療の違いなどについてご紹介していきます。

この記事の結論

・ほとんどの出っ歯はマウスピース矯正で治せる

・矯正に必要な費用や治療期間は、症例によってさまざま

・歯を抜かずに矯正する方法と、歯を抜いて矯正する方法がある

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

ほとんどの出っ歯はマウスピース矯正で治療できる


マウスピース矯正によって、出っ歯を治すことができます。ただし、歯並びのがたつきが大きい症例などは、マウスピース矯正だけでは治せないことも。

マウスピース矯正の技術や精度が向上してきているため、対応できる症例が増えていますが、一人ひとりのお口の状況にあった矯正方法を選択することがとても大切です。

ご自身の出っ歯がマウスピース矯正できれいに治療できるのかどうか、まずは歯科医院で相談をしてみましょう。

マウスピース矯正での出っ歯の治療にかかる費用と期間


歯列矯正は自費治療なので、費用は歯科医院ごとに大きく異なります。

また治療期間は、【もともとの歯並び】【部分矯正か全額矯正か】【治療のアプローチ方法】などによって異なります。

マウスピース矯正の費用

費用は、症例によってさまざまです。一般的に、歯並びのがたつきが大きい方ほど使用するマウスピースの数が多くなるため、費用が高額となります。

目安は10~100万円程度ですが、さらに高額となることもあります。

また、精密検査料、通院診察料、補助装置費用、保定装置料などが別途かかることも。

治療開始前に費用の総額と、別途発生する可能性がある費用を確認し、納得の上で治療を始めることが大切です。

マウスピース矯正の治療期間

お口の状況によって、治療期間はさまざまです。

  • 全額矯正の場合、治療期間は2~3年であることが多い
  • 前歯だけの部分矯正の場合は、治療期間は数か月程度(3~15か月)であることが多い

さらに、歯並びを整えた後の後戻りを防ぐための保定期間が必要となります。
保定期間は、一般的に治療期間と同程度(全額矯正で2~3年ほど)です。

非抜歯|出っ歯のマウスピース矯正方法の種類


歯列矯正には、歯を抜いて治す【抜歯矯正】と、歯を抜かずに治す【非抜歯矯正】があります。

抜歯するかどうかは、一人ひとりのお口や歯並びの状況に合わせて決めていきます。詳しくは矯正歯科医とご相談ください。

歯を抜かずに出っ歯を治す場合の、マウスピース矯正治療方法の種類を具体的にご紹介していきます。

部分矯正する

前歯だけを、マウスピースで部分矯正する方法です。

部分矯正は比較的料金が安く、治療期間が短いため人気があります。
ただ、基本的には奥歯の歯並び・噛み合わせに問題が無い方が対象です。

ディスキング後に歯列を整える

歯と歯の間をわずかに(0.1~0.5㎜)に削ることによって隙間を作り、歯が動く場所を作って歯を並べていく方法です。

「IPR(InterProximal Reduction) 」という、歯を動かすためのスペースを作る方法の一つです。「ディスキング」「ストリッピング」ともよばれます。

拡大床で歯列弓を拡大させた後に歯列を整える

歯列弓を拡大するための装置である「拡大床(かくだいしょう)」や、「床矯正装置(しょうきょうせいそうち)」を装着する方法です。

少しずつ歯のアーチを広げて、歯が綺麗に並ぶスペースを作りマウスピース矯正を行います。

奥歯を後ろに移動させた後に歯列を整える

歯を後方に移動させることにより、前歯を並べるスペースを作る治療法です。

矯正用インプラントをアンカーとして使用し、後方に移動させる方法などがあります。

抜歯|出っ歯を全顎矯正で治療する


歯の大きさに比べ顎が小さい方は、抜歯を行なった方が仕上がりが綺麗になることが多いです。
歯を抜いた分だけ、歯を動かすスペースを確保できます。

基本的には、マウスピース矯正よりもワイヤー矯正の方が歯の平行移動(歯体移動)が得意なので、抜歯症例はワイヤー矯正の方が向いています。

しかしアタッチメントなどの技術の進化により、抜歯症例でもマウスピース矯正を行えるケースが増えてきています。

抜歯をして全顎矯正をするメリット

抜歯矯正にはさまざまなメリットがあります。

■スペースが確保できるため綺麗に歯を整えることができる

歯を動かすための十分なスペースが確保できるため、理想の歯並びに近づきやすいです。

■上下の歯でしっかりと噛めるようになる

前歯だけを綺麗に見せる治療とは異なり、お口全体の歯列を整えることができます。

また、噛み合わせがよくなり、上下の歯でしっかりと噛めるようになります。
健康面の問題と、外見上の問題の両方を解決することが可能です。

■出っ歯が治り口が閉じやすくなる

口が閉じやすくなるため、呼吸がしやすくなります。

また、口呼吸が自然と改善され、鼻呼吸になる可能性が。さらに鼻炎が改善されたり、免疫力が上がったりすることもあります。

■横顔(Eライン)が美しくなる

顔を横から見た時に、鼻先と下顎の突端部を結んだ線をEライン(エステティックライン)といいます。この線のやや内側か、わずかに接する位置に唇がある口元が、理想的で美しいとされています。

抜歯をして歯列矯正を行うことによって、美しいEラインに近づくことができる可能性があります。

抜歯をして全顎矯正をするデメリット

歯を抜く前に、デメリットについて確認しておきましょう。

■歯を抜く必要がある

抜歯にマイナスのイメージを持つ方は多く、健康な歯はなるべく残しておきたい

しかし、歯を残して矯正することにより不自然な歯並びになったり、横顔が美しくならなかったりすることがあります。

「歯を抜かずに矯正はできるのか?」、「抜歯しないで矯正するとどのような仕上がりになるのか?」を、治療開始前に矯正歯科医とよく相談することが大切です。

■費用が高い

歯列矯正のための抜歯は健康保険適用外なので、費用が高額となります。

■ワイヤー矯正の場合は自分では取り外しができない

基本的に、抜歯症例はワイヤー矯正の方が向いています。強度の骨格性の上顎前突(出っ歯)は、外科手術とワイヤー矯正を併用することもあります。

ただ、ワイヤー矯正はマウスピースのように装置を自分で取り外しすることができません。そのため矯正装置に食事が挟まりやすく、虫歯や歯周病になるリスクが高くなるというデメリットがあります。

また、装置が口腔粘膜に当たり、口内炎などを発症することも。

少しでもワイヤー矯正の期間を短くしたいという方には、ワイヤー矯正と、マウスピース矯正を併用する治療方法(ハイブリッド矯正)もあります。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら