インビザライン矯正中の食事で気を付けるべきことを解説

インビザラインは原則的にほぼ24時間(1日20時間以上)装着する矯正装置になるので、食事の際や職場、外出時など日常生活のシーンで装着せねばなりませんし「破損してしまった」などといったトラブルが起こりやすいのがデメリットです。

この記事の結論

・インビザラインをはめたまま食事をすると破損するリスクなどが考えられる
・外食やお酒の席で気を付けるべき点は硬い食べ物は控えるなど
・食事で歯が痛んだときの対処法は痛み止めを無理せず服用

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

インビザラインをはめたまま食事をしてはいけない理由


基本的に、食事の際はインビザラインを装着したまま飲食するのはNGですが、お水であれば、インビザラインをしたまま飲んでもまったく問題はないです。

しかし、お水以外の飲み物(ジュースやコーヒー)は、たとえ砂糖が入っておらずとも飲んではいけないのです。

「インビザラインの保管ケースを出先に持ってくるのを忘れてしまったから」「食べ歩きしたいから」といって、インビザラインを装着したまま食事や飲み物を召し上がった際にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

食べ物が入り込んでマウスピースが汚れる原因になる

インビザラインと歯の間のすき間にさまざまな食べ物が入り込み、菌が繁殖する原因になります。

インビザラインを装着したまま食事を行なうと着色がマウスピースにうつり黄ばむ要因につながるので衛生的によくありません。

菌が繁殖して臭いや虫歯の原因になる

インビザラインを装着したまま糖分を含んだ飲食物を召し上がって、そのまま放置しているとインビザラインと歯の間に食べカスが詰まったままになり、歯垢がたまりやすくなって細菌の温床になり、菌が繁殖して虫歯や臭いの原因になります。

細菌は酸を出して歯を溶かして虫歯の原因になったり、歯ぐきと歯の間の隙間に潜り込み歯周病を引き起こします。

インビザラインが破損する原因になる

インビザラインは薄型(0.5mm程度)なので、食事の際に装着してままで硬いものを噛んでしまうと、マウスピースが破損してしまう可能性があります。

歯列矯正は硬い歯を動かすために、緻密な計画のもとに治療が進行していくので、微細な欠け・亀裂などでも歯列矯正が計画通りに進行しないケースもあります

インビザライン矯正は着脱式ゆえに「自己管理」が治療の肝です。

たとえばアライナーの交換や毎日の洗浄、使用していないときの保管、紛失のリスクなどが挙げられますが、これらは全て自分自身で行うものです。

インビザラインで食事をする際に気をつけるべきこと


インビザライン矯正は、食事のたびに矯正装置をはずすので、特に食事制限はありません。

また、ワイヤー矯正では推奨されないキャラメルなどといった粘着質な食べ物も召し上がっても大丈夫なところが、インビザライン矯正のメリットです。

しかし、控えておいた方がよい食べ物や、やってはいけないことがあります。

なるべく硬い食べ物は控える

硬いものを噛むと歯根膜に刺激が加わるので、矯正中はできるだけ硬いものは噛まないようにしましょう。

矯正治療中は歯に力をかけて動かしていくために、歯の根っこの周りにある「歯根膜」が非常に敏感な状態になっています。

歯根膜は刺激を受けると、痛みを促す物質を分泌して痛みを感じるという機序です。

食後は歯を磨いてからマウスピースを装着する

食事のあとは、歯を磨いてからマウスピースを装着しましょう。

食べカスがマウスピースの内側に残って虫歯や歯周病・口臭を引き起こす原因となります。

1週間から10日ごとに新しいアライナーに取り換えますが、その間は同じアライナーを使用するために不衛生な扱いをすると黄ばみ・汚れの原因となるためです。

外食の際は置き忘れや紛失に注意

外食する際には、もちろんインビザラインをはずして食事をしますが、気をつけたいのが、置き忘れや紛失です。

出先で保管ケースを忘れたが故に、ティッシュでくるんでそのまま置き忘れた・・・といったケースもすくなくありません。

したがって、1つ目は持ち歩き用、2つ目は家で保管用として、保管ケースは2つ用意されるとよいです。

人と食事をする際、マウスピースの着脱はトイレや洗面所で行う

矯正中のマナーとして人前で取り外ししたり、机の上にマウスピースを置くといったことは不衛生なイメージを与えやすいです。

マウスピースの着脱はトイレや洗面所などでおこなうと、そのままついでに歯磨きもおこないやすいので、おすすめしたい習慣です。

「お酒だけなら、飲み物だからインビザラインをつけたままでも問題ないのでは?」と思う方もいますが、お酒は糖類や着色物質が含まれているため、虫歯や口臭、マウスピースが変色する原因のもなるのでNGです。

インビザライン矯正中の食事で歯が痛んだときの対処法

食事をやわらかい食べ物に変える

痛みを感じている時には硬いものを食べないようにして、なるべくおかゆやうどんなどの柔らかいものを食べましょう。

硬いものを噛むと歯の根っこの周りにある歯根膜に刺激が加わり、さらに痛みを感じる原因になるためです。

痛み止めを服用する

強い痛みがある際は、我慢せずに痛み止めを服用して安静にし、できる限り歯への物理的な刺激の少ないもので栄養を摂取するようにしましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら