マウスピースの洗浄方法と頻度は?正しい洗浄方法と注意点を解説

歯科用のマウスピースには、歯並びを整えるための矯正用マウスピース、歯を白くするためのホワイトニング用マウスピース、食いしばりや歯ぎしりなどを防止するためのマウスガードなどがあります。

どの歯科用マウスピースでも、基本的に手入れの方法は同じですのでマウスピースの正しい洗浄方法と頻度を確認しましょう。

この記事の結論

・マウスピースは毎日洗浄するのが望ましい
・洗浄には柔らかい歯ブラシや指で汚れを落とし、流水下でしっかり洗い流す
・ヌメリがある場合はマウスピース用の洗浄剤を使用する

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

マウスピースを洗浄すべき頻度


マウスピースの洗浄は、毎日行うのが望ましいです。

洗浄が不十分であったり、歯磨きをしないままマウスピースを着けたりするとマウスピース自体が臭ってしまい、口臭や虫歯、歯周病の原因になります。これは歯磨きをしていても口の中には唾液や常在菌、わずかに残った歯の汚れなどが蓄積するためです。

つまりマウスピースは口の中と同じ状態になるため、毎日歯を磨いて汚れを落とすのと同様に、マウスピースも毎日洗浄して汚れを落とす必要があります。

マウスピースの基本的な洗浄方法


マウスピースの基本的な洗浄方法は、指や柔らかい歯ブラシで擦って洗浄、歯磨き粉などは使用せず流水下で行うと良いでしょう。この洗浄方法はどのマウスピースでも基本的には同じです。まずは基本的な洗浄方法を見ていきましょう。

  • 指や柔らかい歯ブラシで擦る
  • 水かぬるま湯で流す
  • ヌメリがある場合は洗浄剤を使用する

指や柔らかい歯ブラシで擦る

指や柔らかい歯ブラシでマウスピースの外側と内側の両方を隅々まで擦ります。この際に強く擦ることや硬い歯ブラシを使用するとマウスピースに傷がついて汚れがつきやすい状態になりやすいため注意しましょう。

水かぬるま湯で流す

歯ブラシなどで汚れを落としたら、水かぬるま湯の流水下でしっかり流しましょう。マウスピースはプラスチック素材でできており、60℃以上のお湯では変形する可能性があるめ注意が必要です。

ヌメリがある場合は洗浄剤を使用する

指や歯ブラシの手入れだけでは表面にザラつきやヌメリを感じたりすることがあります。その場合、毎日もしくは数日に1回はマウスピース専用の洗浄剤に漬けると、臭いやマウスピース表面のザラつきやヌメリが解消されます。

入れ歯洗浄剤で代用できますが、頑固な歯石や汚れを落とすために強い洗浄成分で作られている製品もあるため、マウスピースの素材を痛めてしまうことも。入れ歯洗浄剤はなるべく避け、マウスピース専用に作られた洗浄剤を選ぶと良いでしょう。なおマウスピース専用の洗浄剤はドラッグストアなどで購入できます。

マウスピースの種類別の洗浄方法

どのマウスピースでも基本的な洗浄方法に変りはありませんが、矯正用マウスピースやホワイトニング用では洗浄方法が異なる場合もあります。種類別の洗浄方法も詳しく見ていきましょう。

矯正用マウスピース

1日に数回取り外す矯正用マウスピースは、取り外しの度に流水下で水洗いします。指で優しく、内側と外側を隅々まで擦り洗いをしましょう。可能であれば、都度歯ブラシを使います。

取り外しの度に歯ブラシを使うのが難しいときは、夜寝る前など1日1回、歯ブラシで丁寧にマウスピースを擦り洗いしたり、洗浄剤に浸けたりするとより清潔に保てます。

矯正用マウスピースは、基本的に短期間で使い捨てます。1週間程度で使い捨てる場合は、装着前の歯磨きをしっかり行えば、水洗いだけでも臭いや汚れが気になりにくいです。

ホワイトニング用マウスピース

ホワイトニング用マウスピースは、マウスピースにホワイトニング剤が残らないようにすることが大切です。指を使って薬剤を水で流したら、歯ブラシを使って歯の先端などの細かい部分まで優しく擦りましょう。

ホワイトニング剤が残ると不潔になり、臭いやその後のホワイトニングの効果が軽減する可能性もあるためホワイトニングをしたら毎回洗浄します。

【関連記事】
マウスピースを使ったホワイトニングとは?市販のマウスピースでも効果はあるの?

歯ぎしりや食いしばり用のマウスピース

基本的に取り外したら、指や柔らかい歯ブラシを使って擦り洗いします。歯ぎしりや食いしばり用のマウスピースは使い捨てではないため使用期間が長くなると臭いが出たり、汚れたりしやすいです。そのため毎日もしくは数日に1回は洗浄剤に漬けると良いでしょう。

マウスピース洗浄時の注意点


できるだけ長く、清潔な状態で使うために、いくつか注意点があります。洗浄方法を間違えると、マウスピースの素材を痛めたり変形や破損する原因となります。

お湯は使わない

ほとんどのマウスピースは、熱に弱い素材で作られているため、水で洗うときは常温から40度くらいまでのぬるま湯を使用します。熱いお湯を使うと変形や破損の原因になるため注意しましょう。

歯磨き粉は使わない

歯ブラシでマウスピースを擦るときは、何も付けずに擦ります。

歯磨き粉を使用すると研磨剤によりマウスピースに細かな傷を付けるためです。マウスピースに傷があると、そこに細菌が付着するので臭いや汚れ、変色の原因となります。

汚れの溜まりやすい部分を意識する

マウスピースは内面に凹凸があるため汚れが溜まりやすく、前歯の先端部分は指がマウスピースに入らないため手入れがしにくいです。

前歯の先端部分は歯ブラシを使うなど、マウスピースに汚れが溜まりやすい部分を意識しながら隅々まで洗いましょう。

しっかり乾燥させる

マウスピースを綺麗に洗っても、マウスピースや保管用ケースの乾燥が不十分だと、水垢が発生して不潔になります。洗浄後はマウスピースの水気をしっかり拭き、保管用ケース内にティッシュを敷いた上にマウスピースを入れて蓋を開けたまま乾燥させましょう。

マウスピースが乾いたらティッシュを外して蓋を閉めて保管します。ティッシュは同じものを使わず、毎回交換します。なおティッシュを引かずに保管用ケース内で乾燥させる場合は、マウスピースが乾いたら保管用ケースの内側をよく拭いて、水分やカルキによる水垢が残らないようにしましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら