インビザラインで部分矯正を検討しよう|費用や対応できる症例を解説

部分矯正は全体的な歯並びの矯正と比べると費用を抑えられて、かつ治療期間が短くなることがほとんどです。

その中でも、インビザラインと呼ばれるマウスピースを用いた歯列矯正法は、さまざまな種類があり、部分矯正にも対応しています。

この記事の結論

・インビザライン部分矯正のメリットは比較的矯正費用が安価で、かつ合理的なシステムであることなど
・前歯のみ、第1.2小臼歯のみに限られているなど制約があり、適応症例は限られる
・インビザライン部分矯正の費用相場は概ね20万~60万円程度

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

部分矯正に対応しているインビザラインの種類


インビザラインとは、米国のアライン・テクノロジー社が1997年に設立した歴史のある歯科矯正装置メーカーです。

世界で100ヵ国以上で採用された歯科矯正法「インビザライン・システム」は、現在では約800万人もの患者が治療を受けています。(※2020年1月時点)

そんな歴史ある歯科矯正システム・インビザラインは、

  • 全体的な歯並びを整える矯正
  • 「前歯だけ治したい」といった部分的な矯正

その両方に対応しているのはご存じでしたか?

インビザラインの部分矯正システムには大きく分けて3つの種類がありますので、詳しく見ていきましょう。

インビザライン・ライト インビザライン・エクスプレス インビザラインi-GO
費用 ・約45~60万円 ・約20~40万円 ・約35~50万円
使用するマウスピースの枚数 ・アライナー数は14枚までが上限 ・アライナー数は7枚までが上限 ・アライナー数は20枚までが上限
治療期間 ・約7カ月 ・約3~4カ月 ・約5カ月
対応できる歯の位置 ・前歯に特化した矯正システム
・移動できる歯に制限はない
・歯の移動範囲は、前歯および第一小臼歯のみに限定されている ・5番目(第2小臼歯)の歯までしか動かせない
対応できる症例 ・軽微な歯のズレ
・軽微なすきっ歯の方
・矯正後の後戻りを治したい方
・1~2本程度のごく限られた歯をきれいに整えたい方。
・前歯の軽微な叢生やねじれ
・軽度の開口
・軽微なすきっ歯

インビザライン・ライト(invisalign lite)

インビザライン・ライトは前歯に特化した矯正システムなので、たとえば軽度な歯のズレやすきっ歯を治したい方がおすすめです。

移動できる歯に制限はありませんが、約7カ月(14枚のアライナー)と、短期的な治療期間に限定されて、ステージ数が上限14枚までしかありません。

またアライナーを追加できる期間は2年間かつ1回までと、かなり限定されているので、適応できる歯並びに限りがあります。

インビザライン・エクスプレス(invisalign express)

歯の移動範囲が前歯および第一小臼歯のみに限定されているので、矯正後の後戻りを治したい方や、1~2本程度のすくない歯をきれいに整えたいといった方におすすめです。

インビザライン・ライトよりもさらに限定された歯並びのみに適応している矯正システムですが、その分費用が抑えられ、治療期間も少ない(3~4カ月)ことがメリットです。

インビザラインi-GO

インビザラインi-GOは、動かせる対象歯が前歯部のみと限られてはいますが、お手軽かつ合理的な歯列矯正に取り組みたい方におすすめです。

口腔内を光学3Dスキャンして、過去の膨大なデータによって治療の可否を明確にしてくれるので、歯型取りの工程が省かれているなど治療が効率化されています。

インビザラインで部分矯正できる症例とできない症例


本格的にインビザラインの部分矯正を検討し始める前に、まず確認すべきことは「自分の歯並びでも部分的な矯正に対応しているのか?」という点です。

なぜならば、動かしたい歯の移動範囲や患者さんそれぞれの目指すゴールによって適応する矯正システムは違うからです。

下記に、部分矯正でも対応できる・できにくい歯並びの例をまとめてみましたのでご参考にしてください。

対応できる症例

インビザラインの部分矯正システムの治療期間の多くはおおよそ6カ月~長くて1年程度です。
したがって、比較的軽度な歯列の乱れかつ、おもに前歯に原曲下歯列不正がある方に適しています。

具体的には

  • 軽度の叢生
  • すきっ歯
  • 軽度の出っ歯

が挙げられます。

対応できない症例

奥歯に問題がある場合や大きな移動が必要な場合は、インビザライン部分矯正システムでは難しいです。

また遺伝的な歯列不正に関するもの(たとえば受け口)は顎の骨の影響を大きく受けている可能性が高いので、部分矯正では対応しきれないです。

しかし「インビザライン・フル」であれば、歯の移動範囲の制限がなく、前歯から奥歯まですべての歯を移動させられます。

奥歯の移動ができるということは、噛み合わせや歯の前後的な関係も治療できるので、出っ歯や反対咬合、開口などほぼすべての不正咬合に適応できます。

全体的な嚙み合わせに問題がある場合

前歯だけでなく奥歯にも問題がある場合は、上下の咬み合わせを整える必要があるために部分矯正だけでは対応しきれず、全体的な歯列矯正が必要になるケースもあります。

叢生が重度の場合

重度の叢生のケースでは、歯並びが本来あるべき位置から大幅にずれていることが多いため、歯を動かす距離が大きいので、インビザライン部分矯正には向いていないと言えます。

たとえば遺伝的な歯列不正に関するもの(受け口など)は、顎の骨の影響を大きく受けている可能性が高いので、部分矯正では対応しきれません。

インビザラインで部分矯正をするメリットとデメリット

メリット

治療期間が短い

インビザライン部分矯正システムの治療期間の多くは6カ月~1年程度であります。

また、前歯の部分矯正の場合は、奥歯に比べると歯の移動がしやすい、かつ咬み合わせの調整も最小限に済むので治療期間が短くなるという理由があります。

費用が安い

インビザライン・フル(全ての歯を移動する矯正法)と比べると、装置自体がコンパクト・治療期間が短いことなどから、費用が安くなります。

歯を削らずに済む場合がある

インビザラインの部分矯正システムのなかには、歯並び全体を「削ってスペースをあける」のではなく「歯を拡大することで歯列不正を治す」という矯正法もあります。

できる限り歯を削りたくないという方は適していると言えます。

全顎矯正と比べると痛みが少ない

歯に対する矯正力も、全体的に歯を動かしていく矯正法と比べると、限局された歯にしか力がかからないので比較的痛みがすくなくなる傾向にあります。

デメリット

自己管理能力が必要

インビザラインの装着時間は1日20~22時間が望ましいとされ、なによりも毎日の継続が重要です。

  • 子どもや自己管理ができない方
  • 毎日コツコツとアライナーを着脱することが難しい方

これらに当てはまる方は、固定式のワイヤー矯正が向いていると言えます。

限られた歯並びしか対応していない

インビザライン部分矯正システムの多くは前歯のみに限局されたものであり、歯並びの症例の幅がせまいです。

その場合はインビザラインだけにこだわらず、ほかの矯正法を再検討し直すケースもあります。

また、装着を怠ると再度アライナーを作り直すケースもあり、1日の使用時間を守らないと歯がうまく動かず、うっかり数日つけ忘れてしまった場合は再装着するのが難しくなります

その際はアライナー再作成のために型どりや再スキャンと通院回数が余計に増えて別途費用がかかるケースもあるので注意が必要です。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら