キレイラインで使う拡大床とは?使用方法・費用など疑問に答えます

スルガ

マウスピースを使って、歯並びを治すマウスピース矯正のブランドの一つに「キレイライン矯正」があります。キレイライン矯正では、歯並びや症状によっては歯科医師から「拡大床」を併用した矯正治療を提案される場合があります。

そこで今回は、キレイライン矯正で使用する拡大床の特徴や使用方法などを解説します。

なお、拡大床はキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。詳細は提携クリニックに直接ご確認ください。

この記事の結論

・拡大床とは、矯正治療で歯が綺麗に並ぶためのスペースを確保する装置である

・キレイライン矯正の提携クリニックで使用している拡大床は、マウスピース矯正と併用できるのが特徴である

・拡大床の使い方や装着時間は、必ず歯科医師の指示に従うことが大切

編集部おすすめ!マウスピース矯正5選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

キレイライン矯正で使う拡大床とは?|特徴や使用方法を解説

拡大床は歯を並べるスペースを確保するために、補助的に用いられる装置です。キレイラインの提携クリニックで初回検診を受け、歯科医師が必要と判断した場合に使用することがあります。

キレイライン提携クリニックで提供されている拡大床には、どのような特徴があるのか使用方法と併せて解説します。

拡大床の特徴

拡大床とは、矯正治療で歯を綺麗に並べるために必要となるスペースを確保するための装置です。拡大床は、拡大ネジ・ワイヤー・プラスチック製の床からなります。

中央にあるネジを回すことで装置が広がって、それを装着することで少しずつ歯列が横方向に広がります。歯列を頬に向かって横方向に拡大することで、歯と歯の間にスペースができます。拡大床によって生じたスペースを利用して、歯を綺麗に並べます。

キレイライン矯正以外の矯正治療で使われる拡大床との違いは、拡大床を単独で使うのではなく、マウスピースと併用できることです。

キレイライン矯正では、拡大床を併用することで、歯のアーチを並行移動に近い形で拡大しながら、マウスピースで歯並びを整えることができます。

拡大床の使用方法

拡大床のネジ穴に回転棒を挿入して、装置に書かれている方向に90°回転させます。

90°の回転で1回とみなします。360°で1回ではありませんので、注意が必要です。また、回転数やいつ回転させるのかは人によって異なります。必ず歯科医師の指示に従って使用してください。

キレイラインでは、拡大床の装着時間の合計が最低でも1日8時間以上になるよう推奨しています。連続して装着できない場合は数回に分けて構いません。ただし1回の装着時間は、最低でも30分以上をおすすめしています。

1日の合計装着時間や1回の装着時間が短いと効果が期待できず、治療が計画通りに進まない可能性があります。装着時間は必ず守りましょう。

拡大床を使用するときの注意点

拡大床と併用する場合であっても、マウスピースの装着時間は提携クリニックの歯科医師の指示に従って装着してください。

拡大床の金属部分が折れた・ネジが壊れた・拡大床を広げすぎて戻らなくなってしまったなど不具合があった場合は、必ず提携クリニックに相談しましょう。

拡大床の紛失や破損を防ぐため、外したあとは専用ケースに入れて保管してください。真水で濡らしたまま長時間保管すると、ワイヤー部分が錆びる可能性があるので注意してください。

キレイライン矯正の拡大床の費用

キレイライン提携クリニックで提供される拡大床の費用は、全クリニックで一律です。拡大床の製作費は以下の通りです。

  • 拡大床の製作費用:片顎4万4,000円(税込)
  • 拡大床を再度製作する場合の製作費用:片顎4万4,000円(税込)

※上記に記載している費用以外に、来院1回につき3,300円程度(税込)の再診料が別途発生します。 再診料は提携クリニックによって異なりますので、詳細は通院中のクリニックにお問い合わせください。

不注意で紛失してしまった場合や、使用時間が短く合わなくなってしまった場合には、再製作費用が発生します。

ただし部分的な修理などは程度によって費用が異なりますので、提携クリニックにご確認ください。再製作する場合は、口内の状態に合わせて再度製作する必要があり、日数を要するので大切に扱いましょう。

キレイラインの拡大床のお手入れ

拡大床のお手入れはマウスピースと同様に行なってください。基本的なお手入れ方法は、40°以下のぬるま湯もしくは水で洗浄します。

熱湯を使っての洗浄やアルコール消毒は、拡大床の変形や破損の原因になるため控えましょう。その他には以下のようなお手入れ方法がおすすめです。

  • 歯ブラシで優しく擦る
  • 矯正用マウスピースの洗浄剤を使用する
  • 超音波洗浄機を使用する

それぞれを解説していきます。

歯ブラシで優しく擦る

歯ブラシを使って細かい部分の汚れを落とすとよいでしょう。このときに歯磨き粉を使用すると、歯磨き粉に含まれる研磨剤で拡大床に傷がつく可能性があるため控えてください。強く擦りすぎると破損や変形の原因になるため、優しい力で擦りましょう。

矯正用マウスピースの洗浄剤を使用する

矯正用マウスピース・リテーナー洗浄剤で漬け置きすると、より綺麗に洗浄できます。ただし、入れ歯用の洗浄剤・台所用洗剤・漂白剤の使用は避けましょう。

超音波洗浄機を使用する

超音波洗浄機を使っての洗浄もおすすめです。超音波によって水を振動させることで発生する無数の気泡が、目に見えない微細な汚れまで綺麗に洗浄します。洗浄液と組み合わせて使用することで、より効果的に汚れを落とします。

キレイライン矯正の拡大床に関する疑問に答えます

拡大床の必要性や使用方法は理解できていても、「拡大床を使って無理やり歯列を広げるのではないか」「痛みが出たらどうしよう」などと不安に思うことはあるのではないでしょうか。拡大床に関する疑問を解決したうえで、正しく拡大床を使いましょう。

拡大床を使うと顔が大きくならない?

拡大床を使って拡大する量は症状によって異なりますが数ミリです。頬肉に吸収される程度なので、顔が大きくなるなど見た目への影響はほぼありません。

また拡大床は頬側に歯列を広げるので、前方に歯が倒され出っ歯のようになる心配はありません。通常は歯並び全体を確認しながら、必要な分だけ上下の顎をバランスよく拡大していきます。

拡大床で無理やり歯列を広げてない?

キレイライン矯正の提携クリニックでは、初回検診でレントゲン撮影などの各種検査を行い、歯根や骨格の状態を確認します。

歯科医師が拡大床の併用が必要と判断した場合のみ、健康上支障のない範囲で無理なく拡大できる量を「目標値」として設定します。もともとの歯列が正常な状態であれば、あえて拡大床を使って広げるような治療はしません。

拡大床で痛みが出ることはある?

歯列を広げるときに、歯が動くときの痛みを感じることがあります。提携クリニックでどの程度の期間、痛みが出る可能性があるのかを確認しておくのも良いでしょう。

ただし、あまりにも痛みが強い・痛みが治まらないといった場合は、一度使用を止め提携クリニックへ連絡をしましょう。 歯茎に拡大床が当たって痛いという場合も同様です。歯科医師が拡大床を調整してくれます。

キレイライン矯正の拡大床について正しく理解しましょう

今回は、キレイライン矯正の提携クリニックで使用される拡大床について解説しました。拡大床は、マウスピース矯正を効果的に進めるために必要な装置であることがわかりました。

拡大床の使用が必要なのかも含めて、キレイライン矯正が気になる方は提携クリニックにご相談ください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら