キレイラインとインビザラインの違いは?|適応症例や費用を徹底比較

キレイライン、インビザラインは共に取り外し可能で、目立ちにくいマウスピースを使用した矯正治療を行なっています。

そこで今回は、キレイラインとインビザラインはどのように違うのか比較していきます。

この記事の結論

・キレイラインの矯正可能範囲は主に前歯の12本、インビザラインの矯正可能範囲は前歯に特化したコースと奥歯全体のコースがある

・費用はキレイライン、インビザライン共に料金コースや通院回数によって異なる

・通院頻度に関してはキレイラインは選択した支払いコースによって異なり、インビザラインはおよそ2~3ヵ月に一度である

キレイラインとインビザラインを比較|矯正可能範囲・治療期間

まずは、矯正治療を行なえる範囲に違いがあります。インビザラインには治療範囲が異なるプランが用意されています。矯正可能な範囲と治療期間の目安を表にまとめました。

キレイライン インビザライン・ライトパッケージ インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ
矯正可能範囲 主に上下の前歯12本に特化した治療 前歯に特化したプラン

マウスピースが最大14枚で行なえる範囲

奥歯を含む全体の矯正プラン
治療期間 およそ5ヶ月~1年3ヶ月 およそ2ヶ月~7ヶ月 およそ1年半~3年

それぞれを解説していきます。

キレイライン

主に上下の前歯12本に特化した範囲で治療を行っています。

キレイラインは極力抜歯はせずに矯正を行いたいという考えの下、治療をしています。抜歯をせずに主に見た目に分かりやすい前歯の治療を行っているため、短期間で歯並びを整えることが可能です。

全体的に治療を行う場合は、抜歯をして歯を動かすスペースを確保する必要があります。

インビザライン・ライトパッケージ

インビザラインの中でも前歯の矯正に特化したプランです。治療期間が7ヶ月以内、その間に使用・交換するマウスピースの数が14枚という条件で治療が完了する症例に適用されます。

インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ

奥歯を含めた全体的な矯正を行えるプランです。

軽度症例を始め、抜歯をしてスペースを確保するような歯を大きく移動させる重度症例にも対応できます。治療期間は、前歯に特化した矯正治療より長くなります。

キレイラインとインビザラインを比較|適応症例

次に、どのような症例に対応しているかを比較します。歯並びや治療したい範囲によって、適切なものを選択しましょう。

キレイライン

適応症例は以下のようなものがあります。

  • すきっ歯
  • 重なって生えている歯
  • 出っ歯
  • ねじれている歯
  • 矯正終了後の後戻り など

歯に隙間ができているすきっ歯や出っ歯など、前歯を中心とした症例に対応しています。

矯正終了後に歯並びが安定せず元に戻ろうとする力が働いて歯並びが崩れてしまうことがありますが、そのような矯正終了後の後戻りにも対応可能です。

かみ合わせの改善や抜歯が必要な症例は、適応にならない場合が多いです。

インビザライン・ライトパッケージ

適応症例は以下のようなものがあります。

  • すきっ歯
  • 重なって生えている歯
  • 出っ歯
  • ねじれている歯
  • 矯正終了後の後戻り  など

前歯を中心とした症例に対応しています。前歯の矯正のみで歯並びが改善される症例に適しています。

インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ

適応症例は以下のようなものがあります。

  • 出っ歯
  • 八重歯
  • 受け口
  • 奥歯のかみ合わせ
  • 抜歯が必要な症例 など

抜歯を行って、スペースを作らなければ対応できない症例にも適応しています。奥歯の歯並びやかみ合わせを含めた治療を行いたい場合は、こちらのプランが適応になります。

キレイラインとインビザラインを比較|費用

どちらも料金体制や支払い方法が異なります。さらには、矯正治療を行う歯科医院によって費用が異なる場合があるので、詳細は受診する歯科医院にお問い合わせください。

キレイライン

キレイラインは、治療回数や支払い方法によって費用が変わります。また初診料・再診料・必要に応じて行われる虫歯・研磨などの治療の費用は、提携クリニックによって異なるのでご確認ください。

都度払い

1回の治療ごとに料金を支払います。

  • 初回2万円(税込2万2,000円)
  • 2回目以降 1回4万円(税込4万4,000円)

コース払い

治療回数分の料金をまとめて支払います。まとめて支払うと、総額がお得になるサービスがあります。

  • 4回コース:13万円(税込14万3,000円)|1万円(税込1.1万円)お得
  • 7回コース:23万円(税込25万3,000円)|3万円(税込3.3万円)お得
  • 10回コース:33万円(税込36万3,000円)|5万円(税込5.5万円)お得

インビザライン・ライトパッケージ

インビザライン・ライトパッケージの費用は、提供している歯科医院によって異なりますが相場はおよそ45~90万円です。

インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ

インビザライン・コンプリヘンシブパッケージの費用は、提供している歯科医院によって異なりますが相場はおよそ68~110万円です。

治療期間が長いため、費用も高額になります。

キレイラインとインビザラインを比較|通院頻度・マウスピースの製作

マウスピースを製作するための歯型を採取する頻度に大きな違いがあります。それに伴う通院頻度も異なります。

キレイライン

歯の動きに合わせて歯型を採取し、マウスピースを製作します。支払いコースによって、通院頻度とマウスピースの製作頻度は異なります。

  • 都度払い:1ヶ月半に2度のペースで通院、歯型はその都度採取する
  • コース払い:3ヶ月に2度のペースで通院、3ステージ分のマウスピースを製作するため歯型を採取する

次のステージのマウスピースを製作するために、通院の度に歯型を取る必要があります。

また歯並びに満足するなどした場合は、途中で治療を完了することができます。ただし、歯の動き具合によって変更する可能性があります。

インビザライン

治療の前段階で採取した歯型を参考に、歯の動き方のシミュレーションをして矯正完了までのすべてのマウスピースを製作します。

通院頻度は2~3ヶ月に1回ほどで、治療の進み具合を確認します。

インビザラインでは、iTeroという機械を用いて口腔内を光学印象(通常の型取りでなく機械で歯列を撮影していく型取り)していきます。

型取りしたら、その場で簡易的なシュミレーションを見ることが出来ます。その後、全世界で1000万症例のビックデータを元に矯正治療の経験を認められたインビザラインドクターが治療計画を立てていきます。

ゴールを患者さんと見極めたあとに、その方にあった歯並びを作るマウスピースを製作します。

どちらか迷ったら歯科医院に相談を

今回はキレイラインとインビザラインを比較してみました。どちらを行うかは歯並びや予算などで変わります。

安価であるか高価であるかも選択のポイントかもしれませんが、”自分の歯並びが本当に治るか”が1番大切なポイントです。

それを叶えるためには”自分にとっての理想の歯並びが何か”ということを信頼出来るドクターと相談し、ゴールに向かう為の手段にはマウスピース矯正だけで叶うか、ワイヤー矯正や床矯正、外科処置などが必要かを診断し、治療計画を立てていくことが大切です。

どちらか迷ったときには、キレイラインとインビザラインを取り扱っている歯科医院に相談してみましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を3つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら