インビザライン装着中に注意すべき飲み物!どうしても飲みたい場合の対処法も紹介

マウスピースを装着するときに歯にかかる力を利用し、歯並びを治すマウスピース矯正。中でも代表的なものとして世界的にも症例・患者数の多い「インビザライン」があります。早く確実に歯並びを治すために装着中避けるべき飲み物の具体例と、避けられない場合の対処方法を解説します。

インビザライン装着中に避けるべき飲み物

インビザラインなどマウスピース矯正の装置は、飲み物によって影響を受けやすいです。水であれば気にせず飲んで良いですが、特に避けるべき飲み物があります。

お茶・コーヒー・ワイン

これらを口にすると装置に着色するだけでなく、隙間から入り込んで歯へ着色する可能性も考えられます。色の濃い飲み物の中でも、特にお茶やコーヒー、ワインは着色しやすいため避けましょう。

甘い飲み物・スポーツドリンクなど

虫歯の原因になります。装置の隙間から入り込んだ結果、糖分を歯に固定したような状態になります。またインビザラインの装着時間は1日20〜22時間と長いため、特に虫歯になりやすいです。

熱い飲み物

これらを口にすると熱によりインビザラインが変形する可能性があります。インビザラインが変形すると歯列矯正に悪影響を与えるため、作り直しが必要になります。作り直しには時間がかかるため、その分治療期間が延びてしまいます。

また熱い飲み物がマウスピースの隙間から入り込むことで、思わぬ火傷に繋がることもあります。

インビザライン装着中も上記の飲み物を飲みたいときは

仕事中にストレスが溜まっていたり、寒くて温かい飲み物が飲みたかったり、どうしても上記の飲み物を飲みたいときもありますよね。そんなときは少し工夫すれば飲むことができます。

お茶・コーヒー・ワインを飲みたい場合

インビザラインを外してから飲みましょう。飲み終わった後は歯を磨いてからインビザラインを再装着します。

また仕事中などインビザラインを外せない場合は、ストローを使って飲みましょう。インビザラインや歯に飲み物が触れない(直接喉へ送り込む)ようにすることで、着色を防げます。

甘い飲み物・スポーツドリンクなどを飲みたい場合

インビザラインを外してから飲みましょう。飲み終わった後は歯を磨いてからインビザラインを再装着します。

虫歯にならないようにするには、時間を決めて飲みだらだら飲み続けないことが重要です。

お茶やコーヒー、ワインなどと同様ストローを使って飲む方法もありますが、虫歯リスクを考えるとマウスピースを外して飲み歯磨きをした方が良いです。

【関連記事】
インビザラインと虫歯の関係性は?治療中に虫歯になったらどうなる?

熱い飲み物を飲みたい場合

インビザラインを外してから飲みましょう。飲み終わった後は歯を磨いてからインビザラインを再装着します。ストローを使って飲むのは火傷のリスクが高いため控えましょう。

基本的にはインビザライン装着中は食べ物・飲み物を口にしない

インビザライン装着中は、食べ物・飲み物を口にしないのが基本です。これはインビザラインが変形したり着色したり、歯列矯正に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。特に食事はインビザラインの変形だけでなく割れたり壊れたりするリスクも高いです。もし装置の作り直しが必要になるとその分時間がかかり、予定していたよりも治療期間が延びてしまいます。

なお水や糖分の含まれていない飲み物であれば、インビザライン装着中も飲んで良いです。

インビザラインとスマイルトゥルーの比較

インビザラインと同じマウスピース矯正に、スマイルトゥルーがあります。両者には似た面とそうでない面があるため、それぞれの違いを理解し自分に合った方法を選ぶことが重要です。

歯の型取りはどちらも1回のみ

マウスピース矯正を始めるには、まず歯の型取りが必要です。型取りの結果を見ながらシミュレーションし、マウスピースを作ります。インビザラインもスマイルトゥルーも、歯の型取りは初回のみ。マウスピース矯正の種類によっては、来院の度に毎回歯型取りが必要なこともありますが、そうでないため身体的な負担が少ないです。

治せる歯並びに差がある

インビザラインは歯並び全体を動かし、治すことが可能です。また抜歯が必要であるような重度の歯並びにも対応できます。それに対してスマイルトゥルーは、部分的な歯列矯正が中心です。

歯並び全体をしっかり治したい場合はインビザライン、気になる部分だけを治したい場合はスマイルトゥルーというように使い分けると良いでしょう。噛み合わせの状態によっては、一部分だけの矯正が難しいこともあります。

マウスピースの装着時間はほぼ同じ

マウスピース矯正は、種類によって装着時間に差があります。インビザラインとスマイルトゥルーは装着時間がほぼ同じで、1日20〜22時間です。食事や歯磨きのとき以外は1日中装着しておかなければいけません。

通院頻度に差がある

マウスピース矯正は、種類によって通院頻度にも差があります。インビザラインは2ヶ月に1回の通院なのに対し、スマイルトゥルーは2週間に1回の通院が必要です。

通院頻度が低いと楽に感じるかもしれませんが、その分歯科医師や歯科衛生士というプロの目が届きにくいです。そのため通院と通院の間に虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。

スマイルトゥルーでは2週間に1回プロに診てもらえるため、もし虫歯・歯周病になっていたり計画通りに歯が動いていなかったりしても、その時点で進路変更するなど対応してもらえます。

費用はスマイルトゥルーの方が圧倒的に安い

歯列矯正は保険が効きません。またマウスピース矯正は種類によって得意とする歯並びが違うため、費用にも差が出ます。インビザラインの相場およそ80〜100万円ですが、スマイルトゥルーは20〜50万円。スマイルトゥルーの方が圧倒的に安いです。

ただこれはスマイルトゥルーが部分的な矯正を得意としているからであり、歯並び全体を治したければその分費用もかさみます。それぞれの特徴を理解して見極めることが重要です。

安く確実なマウスピース矯正ならスマイルトゥルー

インビザライン治療を受けるか悩んでいる場合、同じマウスピース矯正でもさまざまなメリットがあるスマイルトゥルーがおすすめです。他のマウスピース矯正とスマイルトゥルーの違いや、スマイルトゥルーの特徴・メリットをいくつかご紹介します。

矯正にかかる期間と費用が明確

マウスピース矯正では、治療が計画通りに進まないことで費用・治療期間が変動しやすいです。しかしスマイルトゥルーは予知性が高く、費用・治療期間が明確です。そのため想像以上にお金がかかったなんてことが起こりにくく、また治療期間が比較的短いのも特徴です。

マウスピースを作るための歯型取りは1回だけ

マウスピース矯正の種類によっては、来院の度に毎回歯型取りが必要なこともあります。しかしスマイルトゥルーは歯型取りが初回のみで済むため、身体的な負担が少ないです。

またスマイルトゥルーでは通院頻度が2週間に1回。通院と通院の間の期間が短いことで、虫歯や歯周病が起きていないか、予定通り歯が動いているかなど細かく確認してもらえます。

マウスピースのデザインはアメリカで、製作は日本で

スマイルトゥルーでは歯型取りの後、データを本部があるアメリカに送ります。アメリカでスマイルトゥルーの専門チームによってデザインが行われ、その後日本でマウスピースの製作が行われます。そのためスマイルトゥルーは、世界基準かつ安心の日本製という二面性を持っています。

スマイルトゥルーの公式HPはこちら

矯正中でも歯を清潔に保てる口腔洗浄器

矯正中はブラケットやマウスピースをつけているため、ブラッシングやデンタルフロスでは除去できない汚れが多くなり、歯の表面や歯間に汚れがたまりやすい状態になってしまいます。

歯の表面や歯間にたまった汚れは、虫歯、歯石や歯周病等の原因になります。このような汚れを除去するときは、口腔洗浄器がおすすめです。

口腔洗浄器はノズルの先端から水を噴射し、水圧で歯間や歯周ポケット、矯正器具と歯の間についた汚れを落とすことができます。1万円代で購入でき、水を準備するだけで家庭でも気軽に使用できるのが特徴です。

おすすめの口腔洗浄機を2つ紹介します。

ウォーターピック ウルトラ・ウォーターフロッサー

ウォーターピックには6種類の形のチップ(ノズル)が付属されており、汚れが気になる場所に合わせて、チップを付け替えて使用できます。舌を洗浄するチップも付いているので、舌苔が気になる方にもおすすめの商品です。

値段 13,400円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 6種類が付属
持ち運び 不可

購入はこちら

ジェットウォッシャー ドルツ コードレス EW-DJ52-W

ドルツは日本歯科医師会にも推薦されている口内洗浄器です。歯茎や口内の状況に合わせて5段階の水圧調整が可能で、本体が水に濡れても大丈夫なため、風呂場でも使用できます。

充電式で持ち運びが可能なので、旅行などの際にも使用できます。

値段 14,119円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 1種類
持ち運び

購入はこちら

矯正の相談におすすめの歯科

南青山矯正歯科クリニック

南青山矯正歯科クリニック

女性専門の矯正歯科です。マウスピース矯正、ワイヤー矯正、セラミック矯正といった幅広い施術に対応しています。 患者様の性格、ライフスタイルまで考慮し、納得いくまでカウンセリングをしたうえで、患者様に一番合う治療方法を提案します。

公式HPはこちら

大塚駅前歯科

出っ歯を「抜歯」や「骨切手術」なしで施術してもらえるのが大塚駅前歯科です。15年以上施術を行ってきた歯科医師による施術で、1年ほどで出っ歯を治した人も多数存在。また、難しい症例でも一定料金で施術してもらうことができる上に、カウンセリングやメールでの相談を無料で受け付けているところもポイントです。

カウンセリング、メールでの相談:無料

公式HPはこちら