インビザラインと虫歯の関係性は?治療中の虫歯につていも解説

インビザライン矯正中に虫歯にならないためにはどのようなことに気を付ければいいのか、また、虫歯になったら治療はどうなるのか詳しく解説します。

おすすめのマウスピース矯正器具 スマイルトゥルー
【スマイルトゥルーの特徴】
・透明だから目立たない
・最短3ヶ月で理想の歯並びに
・お財布に優しい料金
・お手入れが簡単
スマイルトゥルーの公式ページを見る

この記事の結論

・インビザライン矯正中は歯磨きを怠ると虫歯になりやすい

・インビザライン矯正前は虫歯の検査をし、必要であれば治療をしてから始めることが一般的

・虫歯予防のために歯磨きとインビザラインの清掃はしっかり行う

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

インビザラインは虫歯になりやすい


インビザライン矯正中は虫歯になるリスクが高いと言えます。その理由には、マウスピースを装着した状態では唾液が十分に行き届かなくなり、自浄作用や殺菌作用などの効果が薄れてしまうこと、歯磨きをせずにマウスピースを装着すると、汚れを封じ込めた形になり虫歯菌に餌を与え続けている状態になることが挙げられます。

また、マウスピース装着中の飲み物にも気をつけなければ虫歯や歯周病のリスクが高くなります。装着したまま糖分が含まれている飲み物を摂取すると、マウスピースと歯の間に糖分が入ってしまい虫歯になりやすい環境になるからです。

また糖分が含まれていない炭酸水も避けましょう。これは口の中が酸性に傾くため虫歯になりやすい環境になります。そのため装着中に口にしても良いのは水だけです。

インビザラインは飲食の際には必ず外してから摂取し、歯磨きをしてから装着するようにしましょう。

インビザライン矯正と虫歯治療のタイミング


インビザライン矯正を受ける前に虫歯の有無を確認し、必要であれば治療を行なってから矯正を始めることが一般的です。ただ矯正中は虫歯になることもあります。それぞれのタイミングで虫歯になった場合の治療と注意点について解説します。

インビザライン矯正前に虫歯がある場合

インビザライン矯正前に虫歯が見つかった際は、先に虫歯治療を終わらせることが一般的です。

インビザライン矯正では型取りの際に、ステージごとのマウスピースをすべて作るため、虫歯の検査を行なわずにマウスピースを作るといったことはまずありません。

もし、虫歯があるにもかかわらずマウスピースを作ってしまうと、虫歯が進行した際にマウスピースが合わなくなったり、計画通りに進まなくなったりといったトラブルが発生する可能性が高くなります。このようなトラブルを防ぐためにもインビザライン矯正前は検査をし、虫歯があれば治療してから始めます。

インビザライン矯正中に虫歯ができたら

装着期間中の虫歯治療は難しいこともありますが、マウスピースの形状に響かないような治療であればすぐに行えます。

ただ大きな虫歯では、治療をすると歯の形状が変わりマウスピースが合わなくなる可能性があります。その場合治療計画からやり直す必要があるため、基本的には応急処置のみ行い、インビザラインの装着期間が終了したあと、被せものなどの最終治療を行う流れになります。

しかし虫歯の治療を優先させた方がいいと判断された場合は、虫歯治療終了後新しくマウスピースを作り直します。歯を大きく削るケースなどは、矯正期間が長引いたり、その後のインビザラインの再開が困難になったりするため、日ごろの口腔内ケアには十分に注意しましょう。

インビザライン矯正後に虫歯ができたら

インビザライン矯正後に虫歯になったら随時治療を受けられます。しかし、インビザライン装着期間終了後は、後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)と呼ばれる装置を装着しているため、大きな虫歯の治療後は合わなくなる可能性があります。この場合、リテーナーを作り直す必要があるでしょう。

矯正後は終わった開放感からケアを怠ってしまいがちです。せっかく綺麗に整えた歯並びに虫歯を作らないように十分注意しましょう。

インビザライン矯正中の虫歯を予防する方法


インビザライン矯正中は虫歯になりやすいためセルフケアは重要です。虫歯を予防するためには以下のような方法が挙げられます。

  • インビザライン装着前後の歯磨きをしっかり行う
  • インビザラインの清掃をしっかり行う
  • フッ素ジェルを歯に塗ってからインビザラインをつける

インビザライン装着前後の歯磨きをしっかり行う

インビザライン装着前の歯磨きは重要です。歯に汚れが着いていないように見えても徐々にプラーク(細菌の塊)になるため、必ず歯磨きをしてから装着します。特に食後は食べかすが残りやすくそのまま装着すると虫歯のリスクは非常に高くなります。毎食後歯磨きは面倒に感じるかもしれませんが、虫歯予防のためにも歯磨きは怠らないようにしましょう。

なお歯磨きをする際は、歯と歯の間、嚙み合わせの溝、歯の裏側などの磨きづらい場所までしっかり磨くようにし、歯ブラシだけではなくフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどを併用して磨くとさらに効果的です。

インビザラインの清掃をしっかり行う

インビザラインには口腔内の細菌が多く付着しているため、外した後は清掃をしっかり行わなければなりません。

柔らかい歯ブラシやデンチャーブラシを使用し、外側や内側のくぼみは念入りに、水か食器用洗剤を使用して洗浄し、十分にすすぎましょう。洗い流すときは、変形の原因になるためお湯の使用は避けます。また、研磨剤が入った歯磨き粉は細かな傷になり、細菌繁殖の原因になるため注意しましょう。

汚れや臭いが気になるときは、インビザライン専用の洗浄剤に浸すと良いでしょう。インビザラインは特殊なプラスチック製で作られており、通常のマウスピースとは異なります。そのため市販の入れ歯洗浄剤やマウスピース用洗浄剤は、透明感が失われて見た目が悪くなったり、変形したりすることがあるため注意しましょう。

フッ素ジェルを歯に塗ってからインビザラインをつける

フッ素には再石灰化を促す作用、歯の質を強くする作用、虫歯菌の活動を抑制する作用があります。歯磨きしたあとにフッ素ジェルを歯に塗り、いつも通りインビザラインを装着するとフッ素ジェルを歯に留まらせることができ、虫歯予防に効果的です。

また市販の歯磨き粉にもフッ素が含まれており、インビザライン矯正中は高濃度のフッ素(1,450ppm)が含まれている歯磨き粉を使用するのも良いでしょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら