インビザラインで歯が動く仕組みを解説|治療の流れも紹介します

インビザラインは透明で目立ちにくいことで人気のマウスピース矯正ブランドです。しかし、「本当にマウスピースで矯正ができるの?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インビザラインで歯が動く仕組みやインビザラインの治療内容について解説します。

この記事の結論

・インビザラインは、歯根膜・歯槽骨の動きを利用して歯を動かしている

・アタッチメントと呼ばれる補助的な処置を行うことで、より効果的に歯を動かすことができる

・インビザラインでは、治療前に3D画像で理想的な歯の最終位置を確認することができる

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

インビザラインで歯が動く仕組み

インビザラインのようなマウスピース矯正は、どうして装着しているだけなのに歯が動くのでしょう。

インビザラインでは、以下のふたつを利用して歯を動かします。

  • 歯根膜・歯槽骨の性質を利用して歯を動かす
  • マウスピースの形を変えることで歯を動かす
  • アタッチメントで効果的に歯を動かす

歯根膜・歯槽骨の性質を利用して歯を動かす

インビザラインでは、以下のような歯の性質を利用して歯を動かします。

  • 1、矯正器具を用いて歯に力を加える
  • 2、力を加えている側の歯根膜は引っ張られて伸びる
  • 3、力が加えられている側の歯根膜は押されて縮む
  • 4、歯根膜が伸びた方は新しい骨を形成する
  • 5、歯根膜が縮んだ方は骨が溶けていく

このような働きを繰り返し、歯は徐々に動いていきます。それぞれを詳しく解説します。

1.矯正器具を用いて歯に力を加える

インビザラインではマウスピースを装着し、歯冠と呼ばれる歯茎より上の見えている部分に力を加えます。

2.力を加えている側の歯根膜は引っ張られて伸びる

歯は歯槽骨と呼ばれる骨に支えられていて、歯と歯槽骨の間には歯根膜と呼ばれる繊維状の膜があります。

マウスピースによって力を加えている側の歯は動き、それに伴い歯根膜は引っ張られて伸びるという現象が起こります。

3.力が加えられている側の歯根膜は押されて縮む

一方で力を加えている側の歯は押されて、歯根膜は圧迫されます。圧迫された歯根膜は縮みます。

4.歯根膜が伸びた方は新しい骨を形成する

歯根膜が引っ張られ伸びている方では、骨芽細胞が活性化されます。骨芽細胞は伸びた歯根膜を正常の厚さに戻すため、新しい骨を形成します。

5.歯根膜が縮んだ方は骨が溶けていく

歯根膜が縮んだ方では、破骨細胞が活性化されて骨を溶かします。骨を溶かしたことで、縮んだ歯根膜が元の厚さに戻るためのスペースが作られます。

マウスピースの形を変えることで歯を動かす

マウスピース矯正は最終的な理想の歯並びに向けて、少しずつ形が変化したマウスピースを装着します。

新しいマウスピースを装着したときは、マウスピースと実際の歯列の形にはわずかな差があるため違和感があります。装着しているうちに圧力がかかって歯が動き、マウスピースと同じ歯列の形になるのです。

これを数週間に一度形の新しいマウスピースに変えて繰り返すことで、理想の歯並びに近づけます。

アタッチメントで効果的に歯を動かす

アタッチメントと呼ばれる突起物を歯に着けることで、効果的に歯を動かすことができます。

インビザラインでは専用のアタッチメントを使用することで、マウスピース矯正では難しいとされていた捻れている歯や前歯が噛み合わない症例にも対応できます。

また、マウスピースのくぼみがアタッチメントに入り保持力が増すことで、歯がしっかりと固定されて矯正する力が伝わりやすくなります。

インビザラインの仕組み|治療の流れ

インビザラインはより良い臨床結果を追求するために研究開発を続け、さまざまな機能を導入しています。インビザラインはどのような仕組みの矯正治療を行うのか、治療の流れを解説します。

1.カウンセリング

まずは歯並びの悩みや、治療に関する疑問などをカウンセリングします。

口の中の状態を確認し、歯並びやむし歯の有無を確認します。虫歯がある場合は、矯正治療を開始する前に治療する必要があります。精密検査をするまでは確定ではありませんが、抜歯が必要かどうかも審査します。

インビザラインの基本的な情報などの説明があるので、わからないことや不安に思うことはしっかりと確認しましょう。

2.治療計画の作成

計画的に矯正治療を行うため、写真・レントゲン・歯型などからインビザライン矯正に必要な情報を収集し、独自に開発した3D治療計画ソフトウェアを使用し治療計画を作成します。

治療計画を立てると、3D画像で理想的な歯の最終位置が予測できる、おおよその治療期間が確認できます。

3.マウスピースの製造

治療計画を基に、海外の工場でマウスピースが製造されます。マウスピースは治療完了までの分が製作され、約1ヶ月ほどで歯科医院に届きます。

4.矯正治療開始

完成したマウスピースが到着すると、マウスピースが渡されインビザライン矯正がスタートします。ここで、マウスピースの取り扱い方法や注意点の説明があります。

インビザラインはマウスピースを1日22時間以上装着することを推奨しています。装着時間が短いと、計画通り歯が動かないことがあるので注意してください。

マウスピースは基本的に1~2週間で新しいものに交換しますが、新しいマウスピースを装着したときは痛みを感じることがあります。1週間もすれば治まりますが、続く場合は歯科医院に相談してください。

5.定期的な通院

約4~6週間ごとに通院し、矯正の進み具合・虫歯の有無・口腔内の衛生状態などを確認します。歯並びの状態によってはアタッチメント・IPRといった補助的な処置が行われる場合があります。

アタッチメントとは、歯の表面に樹脂製の突起物をつける処置をいいます。アタッチメントの上からマウスピースをすることで、歯とマウスピースの密着度が高まります。そのことで矯正する力が歯に伝わりやすくなり、より効率よく歯を動かすことができます。

IPRとは歯を動かすスペースを作るために、歯の側面をわずかに削る処置をいいます。必要に応じてこれらの処置が行われる場合があります。

インビザライン矯正中に重度の虫歯や歯周病になると、矯正を中断して治療する場合があります。定期的な通院で確認してもらったり、クリーニングしてもらったりするとよいでしょう。

6.治療終了・保定期間

矯正完了後は歯の位置を安定させるため、リテーナーと呼ばれる装置を装着し保定期間を設けます。

矯正が完了したあとは歯や骨が不安定で、歯並びが元に戻りやすい状態です。安定するまでの間はリテーナーをしっかり装着しましょう。

仕組みを理解してインビザラインを始めましょう

インビザラインの治療の流れや、歯の動く仕組みについて解説しました。仕組みを理解することで安心して治療に臨むことができます。

興味がある方は、まずインビザラインを取り扱っている歯科医院で相談してみてください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら