キレイラインの出っ歯矯正|出っ歯を治すメリットや原因も紹介

歯並びが気になって矯正治療を始めたい方の中でも、出っ歯でお悩みの方は多いのではないでしょうか。今回は透明で目立ちにくいと人気のマウスピース矯正ブランド「キレイライン」で出っ歯は治せるのかを解説します。

この記事の結論

・キレイラインで出っ歯の治療は可能だが、歯科医師の判断で補助的な処置を併用する場合や重度の出っ歯だと矯正適応外になる場合もある

・出っ歯を矯正で治すメリットには、口呼吸・ドライマウスが改善される、歯が磨きやすくなる、横顔が整うなどがある

・出っ歯の原因には先天的なものでは遺伝、後天的なものでは指しゃぶりや舌を前に出すなどの悪習癖がある

キレイラインの出っ歯矯正

キレイラインはさまざまな歯並びに対応したマウスピース矯正です。しかし、キレイラインに限らずマウスピース矯正では治療できない歯並びがあるのも事実です。

まずはキレイラインで出っ歯を矯正可能なのか、現状の歯並びをよく診察してもらうことが大切です。

キレイラインで出っ歯の矯正は可能

キレイラインは、出っ歯の矯正治療に対応しています。

ただし、キレイラインでは基本的に「健康な歯を抜かない・削らない」という方針を取っています。そのためキレイラインで行えるのは、抜歯や歯を削る必要のない軽度な出っ歯の矯正のみになります。

ただし、キレイラインでも歯科医師の判断で補助的な処置を併用して出っ歯の矯正治療を行うことがあります。補助的な処置には、拡大床を使用する場合やIPRの処置があります。

拡大床とは歯を並べるためのスペースを作るために、歯列を拡大する装置です。レジン製のプレートにネジ付いた装置を、金属製のワイヤーを歯に掛けて固定します。ネジを回すことで装置が広がり、歯列を拡大して歯を並べるスペースを作ります。

IPRとは歯の側面を染みるなどの不具合がない程度のわずかな量を削る処置です。歯を並べるスペースを確保するためで、削った分だけ歯を動かすことができます。

下の歯より6mm以上出ている出っ歯は適応外

キレイラインでは適応外の出っ歯の症例もあります。目安として、上の前歯の先端が下の前歯の先端より6mm以上前に出ているとキレイラインでは適応外になります。

こちらは自分でもある程度判断できますが、最終的な判断は歯科医師の審査が必要です。

基本的には6mm以上前歯が出ている出っ歯はキレイラインでは適応外ですが、キレイラインとワイヤー矯正を使用したコンビネーション治療を提案されることがあります。

コンビネーション矯正とは、ワイヤー矯正でキレイラインでの矯正が可能な範囲の歯並びになるまで治療してから、キレイラインでの矯正に切り替える方法です。

マウスピース矯正とワイヤー矯正を組み合わせることで、ワイヤーを歯に着ける期間を短くできるメリットがあります。

ただしコンビネーション治療は、対応が可能な提携医院でのみ行える治療です。詳しくは、提携医院にご確認ください。

キレイラインで出っ歯を治すメリット

キレイラインなどの矯正治療で出っ歯を治すと、自信をもって笑えるようになるだけではなくたくさんのメリットがあります。出っ歯を治すことのメリットは以下の通りです。

  • 口呼吸が改善される
  • ドライマウスが改善する
  • 歯が磨きやすくなる
  • 横顔が整う

それぞれを解説していきます。

口呼吸が改善される

キレイラインなどの矯正治療で出っ歯が治れば、口呼吸が改善できる可能性があります。

歯が出ていて口を閉じることが難しいと、口呼吸になる場合があります。口呼吸だとウイルスが気管に入り、風邪をひきやすくなったり感染症にかかりやすくなったりします。

また、口呼吸は酸素の摂取量が少なく、脳に十分な酸素が供給されません。そのため集中力や学習能力が低下すると言われています。

出っ歯を治せば、口呼吸によって全身に及ぼす影響を改善することができます。

ドライマウスが改善する

キレイラインなどの矯正治療で出っ歯を治すことでドライマウスを改善できます。

歯が出ていて口を閉じることが難しくドライマウスを発症することがあります。口の中が乾燥すると唾液が少なくなり口臭が発生したり、菌が発症しやすくなって虫歯や歯周病のリスクが高くなったりします。

出っ歯が治って口を閉じやすくなれば、唾液の分泌が正常になり虫歯や歯周病、口臭を予防することができます。

歯が磨きやすくなる

出っ歯を矯正治療して歯並びが改善すれば、歯磨きしやすくなります。出っ歯のように歯並びが悪いと、食べ物が詰まったり磨き残しが多くなったりします。

磨き残しが多いと、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

横顔が整う

キレイラインなどの矯正治療で歯並びを治して出っ歯がEラインに収まれば、横顔が美しく整います。

Eラインとは鼻の先端から顎の先端に引いたラインを言います。そのラインの中に唇が収まっているか軽く触れている状態が理想の横顔の基準とされています。

出っ歯だと、横から見たときに歯や口元が出ている印象が強くなってしまいます。出っ歯を治すことで、横顔がEラインに近づき整った印象の横顔になることができるでしょう。

キレイラインで治したい出っ歯の原因

出っ歯の原因には、主に先天的なものと後天的なものがあります。後天的なものに関しては日常生活の癖が影響しているので、幼少期の頃など早く直せば出っ歯になるのを予防できる可能性があります。

出っ歯の原因として考えられるのは以下の通りです。

  • 遺伝
  • 悪習癖

それぞれを詳しく解説していきます。

遺伝

先天的な出っ歯の原因は、遺伝によるものが考えられます。

遺伝による出っ歯は骨格に問題があることが多く、改善するには矯正治療か外科的治療が必要です。

骨格の問題とは上あごが前方に出ている、上下のあごのバランスが悪く上あごが大きすぎる・下あごが小さすぎるといった場合です。

悪習癖

後天的な出っ歯の原因は悪習癖によるものが考えられます。

悪習癖とは、歯並びやかみ合わせに悪影響を及ぼす習慣的な癖のことを言います。出っ歯になる悪習癖には以下のようなものがあります。

  • 指しゃぶり
  • 舌を前に出す
  • 舌で前歯を押す
  • 爪を噛む

上記のような悪習癖は、幼少期の頃に癖になることが多いです。小さな子供であれば、顎骨はまだ成長過程です。悪習癖を直し、正しい歯並びや骨格になるよう誘導することが重要だといえるでしょう。

また、すでに出っ歯になってしまっている場合であっても悪習癖は直しましょう。悪習癖によって出っ歯が悪化したり、矯正治療の妨げになったりする可能性があります。

キレイラインで出っ歯の矯正治療を検討してみよう

キレイラインで出っ歯の矯正はできるのかを解説しました。出っ歯の状態によって、キレイライン単体もしくはワイヤー矯正とのコンビネーション治療によって出っ歯は改善できます。

キレイラインに興味がある方は、出っ歯を治すメリットも踏まえて提携している歯科医院で相談してみてください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を3つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら