Oh my teethのマウスピース矯正で出っ歯は治るかを解説

スルガ

矯正治療を必要とする症例に出っ歯があります。出っ歯を改善して口元を引っ込めることで顔の印象が変わることを期待して、Oh my teethでの矯正を検討される方も多いです。

そこで今回はOh my teethのマウスピース矯正で出っ歯は治るのかを解説します。

この記事の結論

・抜歯や外科矯正を伴わない軽度の出っ歯であれば、Oh my teethでも対応可能な場合があるが、出っ歯の症状や求める改善レベルによっては、Oh my teethでの治療が難しいこともある

・出っ歯が治ると口元の見た目などの印象面と、口呼吸の改善といった機能面の改善が見込める

編集部おすすめ!マウスピース矯正5選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

Oh my teethで出っ歯は治る?

Oh my teethでは、軽度の出っ歯であれば対応可能ですが、重度症例や口元を引っ込めるために抜歯や外科手術が必要な症例を治すことは難しいです。

Oh my teethの適応は、患者さんの目標や理想を考慮して歯科医師が判断します。

軽度の出っ歯であれば対応可能

Oh my teethでは、抜歯や外科矯正を伴わない軽度の出っ歯であれば、対応可能であることが多いです。

治療開始前にスキャンした歯型データをもとにドクターが診断し、歯をどのように動かしていくのかのシミュレーションを作成して判断します。

出っ歯を矯正治療によって引っ込めるには、歯を後ろに動かすためのスペースが必要です。Oh my teethでは、スペースを確保するために歯と歯の間を健康上支障のない程度だけ削る研磨処置(IPR・ディスキング)が行われます。

作れるスペースの量は、奥歯まで研磨処置を行ったとしても最大5~6mmほどです。仮に矯正のために小臼歯を2本抜いた場合、小臼歯1本約4mm×2本=14mmほどのスペースができ、その分だけ前歯を後退させられます。

患者が口元を引っ込めることを目標としており、研磨処置だけで出っ歯を後退させるスペースが確保できない場合は、Oh my teethでは治療できません。

症状や求める改善レベルによっては難しい場合がある

歯並びや出っ歯の症状、理想とする口元の出っ張りの改善度合いによっては、Oh my teethでの治療が難しい場合があります。

Oh my teethは「短期間で歯並びをなおす」をコンセプトに、抜歯をせずに治療ができる軽度~中度の症例を対象としています。Oh my teethで治療が難しいとされているのは以下のような場合です。

  • 矯正完了までに2年以上かかる場合
  • 抜歯が必要な場合
  • 矯正したい範囲にインプラント・ブリッジ・入れ歯などがある場合
  • 顎関節症の場合(顎が痛む・音が鳴る・口が開けにくい など)

ただし、Eラインが整うまで口元を引っ込めなくてもいいと患者が考えている場合で、抜歯をせずにOh my teethで可能な範囲での治療を希望する方には、適応とする場合もあります。

この場合は、矯正治療のシミュレーションをもとに、治療後の歯並びの状態や口元の突出感が完全に改善されない場合もあることを説明、了承を得られるのであれば治療を開始します。

Oh my teethで出っ歯が治ると口元の印象の変化・機能面の改善が見込める

Oh my teethで出っ歯が治ると口元や顔全体の印象が大きく変わり、さらには口呼吸が改善されるなど機能面の改善が見込めます。

印象面の変化

矯正治療によって出っ歯が改善すると、唇が後ろに下がって理想的な横顔に近づくため、印象面での変化が見込めます。ただし、唇がどのくらい下がるかは個人差が大きいため注意が必要です。

出っ歯や口ゴボと呼ばれる歯並びは、医療用語では「上顎前突」や「上下顎前突」と言われています。上の前歯や顎、もしくは上下両方の前歯や顎が前に出ている歯並びを指します。

上顎前突や上下顎前突は前歯が突出していることで唇も前に出て、横から顔を見たときに口先が理想の横顔の指標とされるEラインから前に出てしまう特徴があります。Eラインとは鼻先から顎先を結んだラインを言い、唇がEラインより内側に位置しているのが理想的な横顔といわれています。

機能面の変化

矯正治療で出っ歯を治すことは、見た目のコンプレックスの解消はもちろん、発音や口呼吸が改善されるなど、機能面の改善が見込めます。

前歯が出ており唇が閉じれなかったり発音したときに空気が漏れたりすると、特定の音が発音しにくい、または不明瞭になることがあります。

また、唇が閉じにくいことで生じるのが口呼吸です。口呼吸の状態が続くと口の中が渇き、唾液の働きである自浄作用・殺菌作用がうまく行われず虫歯・歯周病・口臭のリスクが高くなります。

Oh my teethで出っ歯の矯正を開始するまでの流れ

Oh my teethで出っ歯の矯正を開始するまでの期間は、初回の無料歯型スキャンからわずか1ヶ月です。Oh my teethの矯正開始までの流れは以下の通りです。

  • 無料歯型スキャンを受ける
  • LINEで診断結果を確認する
  • Oh my teethの矯正開始

1.無料歯型スキャンを受ける

Oh my teethストアに向かい、無料歯型スキャンを受けます。

無料歯型スキャンが受けられるOh my teethストアは東京の表参道と有楽町、大阪心斎橋の3店舗です。申し込みや問診票の記入は事前にLINEで行えます。

まずは歯科医師による問診や診査で、矯正に支障がでる病気や症状がないかどうかの確認を行います。虫歯が大きな場合や重度歯周病の場合は矯正治療に支障をきたすため、矯正前に治療を行うことが多いです。

小さい虫歯であれば矯正治療と並行して治療できることもあるため、歯科医師に確認してみましょう。

レントゲンや口の中の写真撮影を行ったあとに、3Dスキャナーで歯型のデータを取ります。歯型データをもとに、歯並びや口の中の状態を歯科医師が説明します。

LINEで診断結果を確認する

診断結果は、LINEで確認できます。診断結果は歯型スキャンから3日以内に送られてくる仕組みです。

LINEで送られてくる自分の歯並びに合った矯正プランや歯科医師のコメントを確認しましょう。歯並びを360°全方位から確認できる3Dデータにもアクセスできます。

契約と決済はオンラインで可能なので、送られてきたデータをもとにじっくり検討できます。

Oh my teethの矯正開始

Oh my teethの矯正治療を契約し、支払いが済んでから1週間前後で矯正治療完了後の歯並びが分かるシミュレーションがLINEに届きます。

シミュレーションを承認してから約2週間後にOh my teeth矯正キットが自宅に届くため、あとはOh my teethのマウスピースを装着するだけです。

事前に研磨処置が必要な場合は、指示された通りに提携クリニックで処置を受けましょう。

Oh my teethで出っ歯の矯正を希望する方は無料歯型スキャンへ

Oh my teethのマウスピース矯正で出っ歯が治るのかは、歯並びの症状や理想とする仕上がりによって異なります。出っ歯を改善したいと考えている方は、Oh my teethの無料歯型スキャンがおすすめです。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら