キレイラインでの失敗例7つ|失敗しないために気をつけることも解説

「キレイライン」では、透明で目立ちにくく取り外しができるマウスピース矯正です。そこで今回は、キレイラインでの失敗例と失敗しないために気をつけたいことを解説します。

この記事の結論

・キレイラインでの失敗にはむし歯・歯周病になった、出っ歯になったなどがある

・キレイラインの適応症例であるか、セルフケアを怠らないなど注意することで防げる場合がある

・失敗を防ぐには、信頼のおける歯科医の下で治療を行うことが大切である

キレイラインでの失敗例7つ

キレイラインは、気軽に矯正治療を行える人気のマウスピース矯正ブランドです。しかし、中には失敗したと感じる方もいるようです。

キレイラインでマウスピース矯正を始めたいと考えている方は、どのような失敗例があるのかを事前に確認しておきましょう。

  • 虫歯・歯周病になった
  • 出っ歯になった
  • 咬み合わせが悪くなった
  • 歯を削られた・抜歯された
  • 効果が出なかった
  • 矯正後、歯並びが戻ってしまった
  • 追加費用がかかった

むし歯・歯周病になった

マウスピース矯正を始めたら、虫歯や歯周病になってしまったケースです。

矯正治療の途中で虫歯や歯周病になると、治療が必要になるので負担が増えることになります。重度の虫歯や歯周病になると、矯正治療を中断する場合もあります。結果的に矯正完了までの期間が伸びてしまいます。

出っ歯になった

歯並びを良くするための矯正治療で、出っ歯になってしまったケースです。

キレイラインは基本的には健康な歯は抜かずに矯正治療を行う方針です。歯並びが悪くなる原因に、あごが小さいため歯が生えるスペースが足りずに歯並びが崩れてしまうことがあります。

しかし抜歯をしないで矯正をしようとすると、歯が並ぶスペースが足りずに前に出てきて出っ歯のようになってしまう場合があります。矯正によって出っ歯になることが無いよう、歯科医師による術前の診査診断が重要です。

咬み合わせが悪くなった

矯正で見た目は整ったものの、咬み合わせが悪くなる失敗例もあります。咬み合わせが悪いと、食べ物が食べづらくなってしまいます。顎関節症を併発することもあるので注意が必要です。

歯を削られた・抜歯された

健康な歯を削られた・抜歯されたと不満に感じるケースもあるようです。

矯正治療では歯を並べるためのスペースを確保するために歯の側面を削る処置や抜歯をすることがあります。矯正前に歯を抜いたり削ったりする必要があるのか、きちんと確認しておきましょう。

効果が出なかった

矯正治療が完了しても思っていたような歯並びにならず、効果が出なくて失敗したと感じるケースがあります

矯正治療は期間も費用も多くかかります。歯並びに納得がいかず、違うマウスピース矯正ブランドで再度矯正したりワイヤー矯正に変更したりすると更に期間と費用がかかります。

矯正後、歯並びが戻ってしまった

矯正が完了したのに歯並びが悪くなってしまったケースです。

矯正治療が終わったあとの歯並びは安定せず、歯は元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといいます。

矯正完了後は、保定装置を使用して綺麗な歯並びを保つための期間が必要です。後戻りが起こることを理解していなければ、矯正後の保定装置の使用が疎かになり、元の歯並びに戻ってしまいます。

追加費用がかかった

インターネットで見た金額より高かった、追加費用がかかったなどの費用に関する失敗例もあります。

矯正治療は歯の治療が目的ではないため、保険が適用されません。すべて自費診療なので、治療費は高額になります。

重度症例のため追加の処置が必要になった、または歯が想定よりも動きにくかった、歯科医師の指示通りにマウスピースを使用できないなどの理由で治療期間が伸びた場合は、追加費用が発生する可能性があります。

理解していても自分が想定していたより高額になったり、必要か分からない追加費用がかかったりすると不満に感じやすいです。

キレイラインで失敗しないために気を付けたいこと

キレイラインでの失敗例を紹介しましたが、失敗しないためには何に気を付けるべきなのかを理解することが大切です。意識して実践するだけで失敗を防ぐことができるでしょう。

  • キレイラインの適応症例か確認する
  • セルフケアを怠らない
  • 装着時間を守る
  • リテーナーをしっかりと装着する
  • 信頼のおける医師の下で治療を行う

キレイラインの適応症例か確認する

キレイラインは基本的には抜歯や歯を削らずに、上下の前歯12本を中心に矯正治療を行います。抜歯や歯を削る処置をしなくても理想的な歯並びになるのか、矯正治療を始める前に診断してもらいましょう。

マウスピース矯正だけでは治らない症例もあります。必要に応じて拡大床という装置を使用して、歯列を広げる追加処置を行う場合があります。

キレイラインではワイヤー矯正とマウスピース矯正を併用するコンビネーション治療が可能です。コンビネーション治療では、ワイヤー矯正である程度歯並びを整えてからマウスピース矯正に移行します。

矯正治療を始める前にキレイラインの特徴・治療内容を理解し、抜歯などの追加処置の必要性を確認しておきましょう。

セルフケアを怠らない

マウスピースを清潔に保管する、歯磨きをするなどのセルフケアをしっかり行いましょう。

食事のときは必ずマウスピースを外して歯を磨きましょう。食べ残しやプラークが付いたままマウスピースを装着すると菌が繁殖して、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります。

装着時間を守る

装着時間を守ることは矯正治療の成功に繋がります。キレイラインでは1日20時間以上マウスピースを装着することを推奨しています。

装着時間を守らなかったり、外している期間が長くなったりすると治療は計画通りに進みません。

リテーナーをしっかりと装着する

矯正完了後は一定期間リテーナーを装着しましょう。リテーナーとは後戻りを防ぐための装置です。キレイラインでは最低でも1年間は1日20時間以上リテーナーを装着します。

その後、徐々に装着時間を短くしていき、2年目以降は夜間のみの装着が推奨されています。歯科医師の判断によってはリテーナーの装着時間が異なる場合があります。リテーナーの装着期間中も歯並びを確認してもうため通院し、後戻りを防ぎましょう。

信頼のおける医師の下で治療を行う

キレイラインを取り扱っている提携医院は多数ありますが、信頼のおける医師の下で治療を行うことが大切です。

確実な検査を行ってから治療計画を立て、根拠を持って判断し、納得のいく説明をしてくれる歯科医師を選びましょう。疑問点をしっかり確認しておくことで、安心して治療を進められます。

キレイラインで失敗しないよう歯科医師に相談しましょう

今回はキレイラインでの失敗例と、失敗しないために気を付けたいことを解説しました。自分で気をつければ失敗は防ぐことができます。どうしてもわからないことや心配なことは、自分で判断せず歯科医師に相談しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を3つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら