キレイラインでの失敗例7つ|失敗しないために気をつけることも解説

スルガ

「キレイライン矯正」は、透明で目立ちにくく取り外しができるマウスピース矯正です。そこで今回は、キレイラインでの失敗例と失敗しないために気をつけたいことを解説します。

この記事の結論

・キレイラインで失敗したと感じた例には、むし歯・歯周病になった、出っ歯になったなどがある

・治療中は口内のセルフケアを怠らないこと、自分の症状は追加治療が必要かどうかをしっかり確認しておくことなどで、失敗を防げる場合がある

・失敗を防ぐには、歯科医師に悩みや疑問を都度相談しながら治療を進めていくことが大切である

編集部おすすめ!マウスピース矯正5選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

キレイラインでの失敗例7つ

キレイラインは、手軽な料金で矯正治療を始められる人気のマウスピース矯正ブランドです。しかし、中には失敗したと感じる方もいるようです。

キレイラインでマウスピース矯正を始めたいと考えている方は、どのような失敗例があるのかを事前に確認しておきましょう。

  • 虫歯・歯周病になった
  • 出っ歯になった
  • 咬み合わせが悪くなった
  • 歯を削られた・抜歯された
  • 効果が出なかった
  • 矯正後、歯並びが戻ってしまった
  • 追加費用がかかった

むし歯・歯周病になった

マウスピース矯正を始めたら、虫歯や歯周病になってしまったケースです。マウスピース矯正にかかわらず、歯科矯正中は虫歯になるリスクが高いといわれています。

キレイライン矯正の場合も、食事後にはきちんと歯みがきをして歯とマウスピースを清潔に保つ必要があります。歯みがきやマウスピースの洗浄を怠ったり、マウスピースを外さずに飲食をしたりすると、むし歯や歯周病の原因になります。

出っ歯になった

歯並びを良くするための矯正治療で、出っ歯になってしまったケースです。

例えば、歯の並ぶスペースを確保せずに矯正治療を行うと、前歯が出てきてしまう場合があります。

現在の口内の状態や治療計画を歯科医師にしっかり確認し、心配や不安があれば相談しながら治療を進めることが大切だといえるでしょう。

咬み合わせが悪くなった

矯正で見た目は整ったものの、咬み合わせが悪くなる失敗例もあります。咬み合わせが悪いと、食べ物が食べづらくなってしまいます。顎関節症を併発することもあるので注意が必要です。

歯を削られた・抜歯された

健康な歯を削られた・抜歯されたと不満に感じるケースもあるようです。

キレイラインに限らず、矯正治療では歯を並べるためのスペースを確保するために、歯の側面を削る処置や抜歯をすることがあります。矯正前に歯を抜いたり削ったりする必要があるのか、きちんと歯科医師に確認しておきましょう。

※追加治療(歯の側面を削る処置、抜歯など)はキレイライン矯正の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。

効果が出なかった

矯正治療が終了しても思っていたような歯並びにならず、効果が感じられなかったというケースもあります

矯正治療は期間も費用も多くかかります。歯並びに納得がいかず、別のマウスピース矯正ブランドで再度矯正したり、ワイヤー矯正に切り替えたりすると更に期間と費用がかかります。

矯正後、歯並びが戻ってしまった

矯正終了後に、歯並びが元に戻ってしまったケースです。

矯正治療が終わったあとの歯並びは安定せず、歯は元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといいます。

キレイラインに限らず、矯正終了後は、綺麗な歯並びを保つための保定期間が必要です。後戻りが起こることを理解していなければ、矯正後の保定装置の使用が疎かになり、元の歯並びに戻ってしまうことがあります。

追加費用がかかった

インターネットで見た金額より高かった、追加費用がかかったなどの費用に関する失敗例もあります。

矯正治療は歯の治療が目的ではないため、保険が適用されません。すべて自費診療となります。

歯が想定よりも動かなかったり、マウスピースの装着時間を守らなかったりして治療期間が延びた場合や、追加治療が必要になった場合は、追加費用が発生する可能性があります。

自分が想定していたより高額になったり、追加治療にかかる費用を考えていなかったりすると、不満に感じやすいでしょう。

キレイラインで失敗しないために気を付けたいこと

キレイラインでの失敗例を紹介しましたが、失敗しないためには何に気を付けるべきなのかを理解することが大切です。意識して実践するだけで失敗を防ぐことができるでしょう。

  • 追加治療なしでキレイラインで矯正できるか確認する
  • セルフケアを怠らない
  • 装着時間を守る
  • リテーナーをしっかりと装着する
  • 悩みや疑問を歯科医師と相談しながら治療を進める

追加治療なしでキレイラインで治療できるか確認する

キレイラインは健康な歯は極力抜かずに、上下の前歯12本を中心に矯正治療を行います。抜歯やその他の追加治療をしなくても理想的な歯並びになるのか、初回検診で歯科医師にしっかり確認しましょう。

追加治療には、歯が綺麗に並ぶスペースをつくるための拡大床や、キレイライン矯正とワイヤー矯正を組み合わせたコンビネーション治療などがあります。

初回検診では、追加治療なしでキレイラインを受けられるのか、また追加治療が必要な場合はその理由と治療計画、費用など、気になることをしっかり確認しておきましょう。

※追加治療(抜歯、拡大床、コンビネーション治療など)はキレイライン矯正の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。対応可否や詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。

セルフケアを怠らない

マウスピースの洗浄を行う、歯磨きをするなど、マウスピースと口内のセルフケアをしっかり行いましょう。

食事のときは必ずマウスピースを外して歯を磨きましょう。食べ残しやプラークが付いたままマウスピースを装着すると菌が繁殖して、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります。

装着時間を守る

装着時間を守らないと、治療効果を実感できないことがあります。キレイラインでは、1日20時間以上マウスピースを装着することが必要です。

装着時間を守らなかったり、外している期間が長くなったりすると、治療が計画通りに進まず治療期間が伸びてしまう場合があります。

リテーナーをしっかりと装着する

矯正終了後は、必ずリテーナーを装着しましょう。リテーナーとは後戻りを防ぐための装置です。

キレイラインでは、最低でも2年間は1日20時間以上リテーナーを装着することをおすすめしています。歯は一生動き続けるため、できる限り長い間リテーナーを装着することが必要です。

リテーナーの装着中も半年ごとに通院し、リテーナーチェックを行うことができます。口内の状態をしっかり確認してもらい、後戻りを防ぎましょう。

悩みや疑問を歯科医師と相談しながら治療を進める

初回検診では、各種検査、診察、カウンセリングなどを行い、キレイラインが適応かどうかの診断、治療計画の説明などを行います。

そこで気になることがあれば質問し、治療に関する疑問を残さないようにしましょう。そうすることで、こんなはずじゃなかったという失敗を防ぐことができます。

また、治療が始まってからも不安に思うことがあればどんどん質問しましょう。自分の治療計画や口内の状態をしっかり把握しておくことで、安心して治療が進められるでしょう。

キレイラインで失敗しないよう歯科医師に相談しましょう

今回はキレイラインでの失敗例と、失敗しないために気を付けたいことを解説しました。自分が気をつけることで防げる失敗もあります。わからないことや心配なことは、自分で判断せず歯科医師に相談しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら