キレイライン矯正は八重歯や出っ歯などさまざまな症例に対応しています

キレイライン矯正は、八重歯や出っ歯などのさまざまな症例の方に対して、マウスピース矯正を提供しています。しかし、症状の強さや原因によっては適応にならない症例もあります。

そこで今回は、キレイラインが適応になる歯並びの症例と、虫歯や歯ぎしりなどの歯並び以外の症例で矯正治療に問題が生じるものがあるのかを解説します。

この記事の結論

・キレイライン矯正は、八重歯・出っ歯・受け口などのさまざまな症例に対応している

・虫歯がある場合は、基本的には治してから矯正治療を始めるのが望ましい

・差し歯・セラミックなどがあってもキレイライン矯正が適応になる場合が多くある

キレイライン矯正が適応になる主な症例

キレイラインのマウスピース矯正はさまざまな症例に対応しています。キレイライン矯正が適応になる症例の主なものは以下の通りです。

  • ガタガタした歯並びや八重歯(叢生)
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 受け口
  • すきっ歯(空隙歯列弓)
  • 前歯が閉じない(開咬)
  • 中心がずれている
  • 噛み合わせが深い(過蓋咬合)

それぞれの症例の特徴を解説します。

ガタガタした歯並びや八重歯(叢生)

叢生と呼ばれる歯が重なって生えていてガタガタになった歯並びや、八重歯のように犬歯が歯列からずれて前方に突出して生えている場合は、キレイライン矯正の適応になる症例です。

叢生や八重歯になる原因のひとつに、乳歯が生え変わるときに永久歯の生えるスペースが足りなかったことが挙げられます。永久歯が生えるスペースが足りずに、歯が重なって生えたり正しい歯列ではない場所に生えたりします。叢生の症状によっては正しく歯を並べるスペースを確保するために、抜歯や歯の側面を削る処置をする場合もあります。

歯列を頬側に広げて歯を並べるスペースを作るため、拡大床と呼ばれる装置を併用する場合もあります。叢生や八重歯の場合、歯と歯の重なっている部分の合計が6〜7㎜以上あると、キレイライン矯正の適応外になる可能性があります。

あくまでもキレイライン矯正のセルフチェック方法であるため、詳しくは提携クリニックで診断してもらいましょう。

出っ歯(上顎前突)

上の前歯や上顎が前方に出ている歯並びである出っ歯(上顎前突)は、キレイライン矯正の適応になる症例です。

出っ歯の症状が強い場合は、拡大床の併用、抜歯、歯の側面を削る処置を行うことがあります。噛んだ状態で横から見たときに、下の前歯の先端から上の前歯の先端までの距離が7㎜以上だと、キレイライン矯正の適応外になります。あくまでもセルフチェック方法であるため、提携クリニックの歯科医師に正確な診断をしてもらうことをおすすめします。

出っ歯は歯並びだけではなく骨格に原因があり、治療するには顎の骨を切るための外科的な手術が必要な場合があります。口腔内の状況やレントゲンによる歯科医師の判断のもと、自分に合った治療法を選択しましょう。

受け口

下の前歯が上の前歯より前方に出ていて、上下の噛み合わせが反対になっている受け口は、基本的にはキレイライン矯正の適応になります。ただし、下顎の骨がずれているなどして症状が強い場合は、キレイライン矯正の適応外になる可能性があります。

すきっ歯(空隙歯列弓)

歯と歯の間に隙間がある症状のすきっ歯(空隙歯列)は、キレイライン矯正の適応になる症例です。

すきっ歯になる原因は顎の大きさに対して歯が小さい、生まれつき歯の本数が少ないなどがあります。すきっ歯を放置すると、食べ物が挟まりやすかったり隙間から空気がもれて発音に影響したりするデメリットが生じるためキレイライン矯正をおすすめします。

前歯が閉じない(開咬)

歯を噛み合わせたときに前歯が閉じずに隙間ができた状態になる開咬は、キレイライン矯正の適応になる症例です。

開咬は前歯が閉じづらく口呼吸の原因にもなります。口呼吸が多くなると、口腔内が乾燥して細菌が増殖することにより、口臭や歯周病を引き起こします。

開咬は見た目だけではなく機能面でも不具合を生じるため、キレイライン矯正で改善することをおすすめします。ただし開咬が骨格に原因がある場合は、マウスピースのみでの治療は難しいため治療適応外になります。

中心がずれている

上下の前歯の中心がずれている症状は、キレイライン矯正の適応になる症例です。

ただし中心がずれている症状は、歯だけではなく遺伝的な顔のゆがみや顎の変形などのさまざまな原因があります。原因によっては矯正治療で治ることもありますが、治療が難しい場合もあるのでまずは提携クリニックの歯科医師に相談しましょう。

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

噛んだときに下の前歯が上の前歯に隠れるほど深い噛み合わせを過蓋咬合と呼び、キレイライン矯正で治療の適応になる症例のひとつです。

一見すると過蓋咬合は歯並びに問題がないように見えますが、噛み合わせが深いと下の前歯が上の前歯を突き上げることで上の前歯に負担がかかることがあります。また、顎の関節にも負担がかかりやすく、顎関節症を引き起こすことがあります。

虫歯や歯ぎしりがあってもキレイライン矯正はできる?|症例別にお答えします

虫歯や歯ぎしりなどがある以下のような症例の方は、キレイライン矯正を始めとしたマウスピース矯正を行う際に、歯の移動の制限や支障が出ることがあります。

  • 虫歯がある
  • 歯ぎしりや食いしばりをする癖がある
  • インプラントがある
  • 差し歯・セラミックがある
  • 親知らずがある

虫歯がある

虫歯がある場合は、基本的には治療を終えてからキレイライン矯正を始めることになります。矯正治療の途中で虫歯の治療を行うと、被せ物や詰め物の影響で歯の形が変わり、マウスピースが合わなくなることがあります。

虫歯治療の程度や場所によっては矯正治療と並行して行えることもあるので、提携クリニックの歯科医師にご相談ください。また、矯正専門医などの虫歯治療に対応していない提携クリニックの場合は、別の歯科医院で治療を行う必要があります。

歯ぎしりや食いしばりをする癖がある

歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合でも、基本的にキレイライン矯正は可能です。矯正用のマウスピースは夜間も装着するので、歯を守るナイトガードの役割も果たします。

ただし、歯ぎしりや食いしばりの症状が強すぎるとマウスピースが破損することがあるため、詳しくは提携クリニックにご確認ください。

インプラントがある

インプラント以外の歯の移動だけで矯正が可能であれば、キレイライン矯正の適応になります。

インプラントを行なった部位は、矯正治療で歯を動かせません。インプラントを動かさない範囲で矯正を行うか、矯正終了後にインプラントの再治療をすることを視野に入れて治療計画を立てます。

差し歯・セラミックがある

差し歯やセラミックがある場合でもキレイライン矯正は行えます。ただし、歯の根の状態によっては歯が動かない、もしくは動きにくい場合もあります。ブリッジの場合は、切断して単冠にする処置を行なうことで矯正治療をすることもあります。

親知らずがある

親知らずは痛みなどの不具合がなければ、キレイライン矯正の治療中・治療後でも抜歯が可能です。初回検診で抜歯が必要かを含めて診察・診断があるため、まずは相談してみましょう。

治療できる症例かはキレイライン矯正でご相談ください

キレイライン矯正は出っ歯や八重歯などの症例を改善するため、マウスピース矯正を提供しています。虫歯や歯ぎしりなどにも配慮した治療計画を立案してくれるため、安心して治療に臨めます。

まずは矯正の適応症例なのかを提携クリニックにご相談ください。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を3つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら