スマイルトゥルーは失敗しない?失敗談や失敗しないコツを紹介

スルガ

スマイルトゥルーは最短3ヵ月で完了する、前歯の矯正に特化したマウスピース矯正です。

マウスピース矯正はスマイルトゥルーのほかにインビザラインやキレイラインなどの多数のマウスピースメーカーがありますが、自費診療で費用も時間も掛かる矯正治療を受けるなら、失敗しないマウスピース矯正を選びたいものです。

失敗しない確実なマウスピース矯正を選びたい方に、マウスピース矯正でよくある失敗談と失敗しないコツ、予測性の高いシミュレーションシステムにより失敗しにくいスマイルトゥルーをご紹介します。

この記事の結論

・マウスピース矯正には治療結果や治療期間、後戻りなどの失敗の可能性がある。

・失敗しないためには治療後の歯並びを事前にシミュレーションできるマウスピース矯正を選び、マウスピースの自己管理や使用方法などの自己管理を徹底する。

・失敗しないマウスピース矯正なら予想性の高いシミュレーションができるスマイルトゥルーがおすすめ

編集部おすすめ!マウスピース矯正5選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

スマイルトゥルーなどのマウスピース矯正の失敗談


マウスピース矯正のよくある失敗談には以下のようなものがあります。

  • 思った通りに治らなかった
  • 治療期間が長くなった
  • 後戻りしてしまった
  • 噛み合わせが悪くなった
  • 虫歯・歯周病になった
  • 歯茎が下がった

思った通りに治らなかった

理想の口元対してできることとできないことがあるため、患者のイメージと歯科医師の治療結果のイメージの擦り合わせができていないことなどが原因で、治療後の歯並びや口元が自分の思った通りに治らないことがあります。

矯正治療では歯の形や大きさ、歯の色は変わらず、美容整形レベルでの骨格の変化は望めません。

治療期間が長くなった

歯の動きやすさに関する個人差やマウスピースの取り扱いや装着時間の厳守が上手くいかないと、歯が計画通りに動かずに治療期間が伸びることがあります。

マウスピース矯正は1日の装着時間が決められており、歯科医師の指示に従って1〜2週間ごとに自分でマウスピースを交換して治療を進めることから、失敗しないためには患者の自己管理が重要です。

後戻りしてしまった

矯正治療は歯を動かして歯並びを整えたら終わりではなく、整えた歯並びを保つ保定期間があります。保定を失敗すると、歯並びが元に戻ってしまったり乱れてしまったりすることがあります。

噛み合わせが悪くなった

毎日の生活の中で、『歯』は咀嚼だけでなく、コミュニケーションのための会話・発音や表情にも重要な役割を果たしています。

日本では歯列矯正は審美的な改善が目的の場合が多いですが、歯が綺麗に並んでいても噛み合わせが悪くなり、トラブルになってしまうケースがあります。

良い歯並びと聞くと、”正面から見たときに歯が綺麗に並んでいる状態”をイメージされますが、実際には上下の噛み合わせもとても重要です。

噛み合わせが悪いと咀嚼・会話・発音・表情などに問題が出ると、硬い物が噛めなくなってしまう、発音障害、顎関節症が発症する可能性もあります。

虫歯・歯周病になった

歯列矯正中は一般的に歯磨きが難しくなります。特にワイヤーを用いての矯正治療では、装置が歯面にダイレクトに付いていることで、歯ブラシや補助清掃用具(歯間ブラシやデンタルフロス)が届きにくくなります。

マウスピース矯正は歯磨きのときに装置を外すことが可能なので、ワイヤー矯正に比べてホームケアがしやすいです。しかし、マウスピース矯正の種類や症例によっては歯の表面にレジンと呼ばれる樹脂を用いて引っかかりを付けるため、若干ホームケアがしにくくなる場合があります。

また、マウスピースの装着が約20-22時間以上と決められていますが、マウスピースを装着した状態での飲食は厳禁です。

水などの糖分の含まれていない飲食物であれば虫歯のリスクになりませんが、糖分が含まれている場合は虫歯のリスクを急激に上昇させてしまいます。

虫歯の原因は歯の表面に付着した歯垢(細菌の塊)です。歯列矯正中はより正確なセルフケアと、かかりつけ医院での定期的なメンテナンスが必要です。

歯茎が下がった

もともと歯が重なって生えている状態から歯を抜かず、自身の許容量を超えて歯を動かしてしまうケースや、歯を動かす際に無理な力を加えてしまうことで骨が吸収されてしまった結果、歯茎が下がるケースがあります。

歯茎が下がってしまうことで歯が長く見える、歯と歯の間にブラックトライアングルと呼ばれる黒い三角形の隙間ができてしまう、歯の根っこが出ることで知覚過敏などの不快症状を併発する可能性もあります。

一度減ってしまった骨や歯茎を完全に元に戻すことは難しいとされています。口の中の状態をしっかりと診査・診断をした上で歯列矯正を開始することが必要です。

マウスピース矯正で失敗しないコツ


スマイルトゥルーなどのマウスピース矯正で失敗しないために、以下のような点に気をつけると良いでしょう。

  • 治療前に治療後の歯並びをシミュレーションを確認する
  • 治療前に歯茎の状態を確認しておく
  • マウスピースの自己管理を徹底する
  • 歯磨きなどの口腔ケアを徹底する
  • 保定装置を歯科医師の指示通りに使う

治療前に治療後の歯並びをシミュレーションを確認する

思い通りに治らないという失敗を防ぐために、治療後の歯並びをシミュレーションできるマウスピースメーカーを選ぶと良いでしょう。

シミュレーションで最終的な歯並びが理想通りであるか、噛み合わせなどの機能的な問題が無いかどうかなどを事前に確認できます。

マウスピース矯正のメーカーによっては、治療前に歯並びをシミュレーションできるシステムが無いものもあります。

治療前に歯茎の状態を確認しておく

歯茎が薄い方や歯周病がある方が矯正治療をすると、歯茎が下がることがあります。治療前に歯茎の状態を確認してもらい、歯茎のラインも考慮した治療ができるか確認しておくと良いでしょう。

マウスピースの自己管理を徹底する

マウスピース矯正計画通りに完了するためには、装着時間や装着方法などの自己管理が非常に重要です。歯科医師指示を守り、適切にマウスピースを使用するよう徹底しましょう。

歯磨きなどの口腔ケアを徹底する

矯正中は虫歯や歯周病のリスクが高くなるため、マウスピース装着前の歯磨きを徹底して行いましょう。

虫歯や歯周病になると、矯正治療の中断やマウスピースの作り直しによる追加費用や治療期間の延長の可能性があります。

保定装置を歯科医師の指示通りに使う

歯並びが整ったら、後戻り防止のために保定装置を歯科医師の指示通りにきちんと使用しましょう。

歯を動かしたあとは歯の周りの組織が安定しておらず、口の筋肉や舌癖などにより治療前の状態に戻ろうとする後戻りが起こりるため保定装置の使用はとても重要です。

失敗の少ないスマイルトゥルーの特徴

  • 治療前に治療後の歯並びが確認できるから安心
  • 歯のみを動かす矯正だから侵襲が少ない
  • 矯正にかかる期間と費用が明確
  • マウスピースを作るための型取りは1回だけ
  • アメリカの専門チームと日本の歯科技工士のタッグによる高品質なマウスピース

治療前に治療後の歯並びが確認できるから安心

予測性の高いコンピューターで治療後の歯並びを確認できるので、治療後の歯並びと理想とのギャップを少なくできます。

スマイルトゥルーは治療計画と仕上がりを確認したのち、患者の同意があるまで治療を開始しないので納得いくまで歯科医師と相談できます。

歯のみを動かす矯正だから侵襲が少ない

スマイルトゥルーでは、顎の骨には力を加えません。そのため、治せる歯並びには限界がありますが、過度の負担を掛けないので歯茎が下がるリスクや顎の骨が吸収されるリスクを減らせます。

”前歯の傾きがちょっと気になる” ”歯と歯の隙間を無くしたい” ”あと少し歯並びを良くしたい” などの悩みの改善に効果的です。

ケースによってはスマイルトゥルーのマウスピース矯正では対応できないことありますが、事前にしっかりと診断があり、無理に治療を薦められることが無いのはとても安心です。

矯正にかかる期間と費用が明確

スマイルトゥルーでは症例ごとの治療期間や費用が明確に設定されているので、治療期間が長くて途中で断念してしまうことや思ったよりも費用が掛かるなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

また、治療は比較的短期間(3〜8カ月)で終了するので、矯正中のモチベーションも維持しやすいです。

マウスピースを作るための型取りは1回だけ

スマイルトゥルーではレーザースキャニングマシンを使用し歯科模型を3Dデータで作成できるので、型取りが初回のみで良く、通院の度に型取りを行う負担がありません。

治療をスタートする前に最終的な歯並びの予測を3D画面上で確認できるため、ゴールの状態をイメージしてから治療を開始できます。

アメリカの専門チームと日本の歯科技工士のタッグによる高品質なマウスピース

型取りのあと、3Dデータを基にスマイルトゥルー本部があるアメリカで、矯正専門医を含めたチームによって、ソフトウエアを使用し、歯を正しく綺麗な位置にデザインされます。そのデータを基にマウスピースの製作は日本の歯科技工士が行います。

世界基準かつ、安心の日本製という信頼のある歯列矯正です。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら