マウスピースで口臭が気になるときの原因と対処法

矯正治療では長時間にわたりマウスピースを装着します。

ずっとマウスピースを付けていると「自分の口の臭いが気になる」「他の人から臭いって思われてないかな?」という不安を持つことがあるかもしれません。

マウスピースを装着しなければいけないけれど、口臭をなんとかしたいという方へ、口臭の原因と対処法について解説しますので参考にしてください。

マウスピース装着中の口臭の原因

マウスピースを装着しているときの口臭の原因は何でしょう?

それが分かれば、自分で口臭の予防ができますよね。最も大きな原因は、マウスピースに着いた細菌です。

マウスピースについた細菌による口臭

マウスピースは、歯にぴったりとフィットするように作製されます。

それにより歯に装着したマウスピース内部の唾液の流れは、当然悪くなってしまいます。
もともと唾液には細菌を洗い流してくれる作用や、細菌の活動を抑える抗菌作用があります。しかし唾液の流れが悪くなることで、細菌を洗い流す働きが低下し、抗菌作用も低下してしまいます。こうしてマウスピース内部で細菌が繁殖しやすくなり、口臭に繋がることがあります。

特にマウスピースを就寝時にも付けていると、朝の起床時には口臭を感じやすくなります。これは基本的に睡眠時は口を閉じたままであり、唾液の分泌量も低下した状態であるためです。

起床時は生理的口臭とも呼ばれ、マウスピースを装着していなくても口臭が発生しやすいのです。マウスピースを装着することで、さらに唾液の流れが悪くなり細菌が繁殖しやすく、口臭が起こりやすいといえます。

唾液が多く出ることによる口臭

人によっては、マウスピースを装着するという刺激によって唾液が過剰に分泌されることもあります。唾液を今までどおりに飲み込むのが難しくなり、日常生活に支障を感じる方もいます。これに関しては歯科医師に相談するのが良いでしょう。

また唾液の正常な臭いであるにも関わらず、口臭がすると思ってしまう方もいます。自分で自分の唾液が臭いと感じてしまうわけです。

もちろん歯周病や糖尿病などの病気で病的な口臭が起こっている可能性もありますが、正常な範囲の臭いもあります。あまり悩みすぎずに、どうしても気になる場合は家族や歯科医師などに聞いてみると良いでしょう。

マウスピース装着中の口臭を消す・予防する方法

マウスピース装着中は、口臭が起こりやすい原因を説明してきました。

ではその口臭をできるだけ予防するにはどんな方法があるのでしょうか?

マウスピース装着前にしっかり歯磨き

マウスピースの装着前に丁寧に歯磨きをすることが、口臭予防には一番大切です。

磨き残しがあるとマウスピースによって、汚れが歯に密着させられる形になるためです。

マウスピースを装着していないときと比較して、唾液で細菌を洗い流し、細菌の活動を抑える抗菌作用も低下しているため虫歯や歯周病になるリスクも上がってしまいます。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスも併用してしっかりと清掃しましょう。

矯正治療でマウスピースを長時間装着する際には、一般的には歯磨き指導があります。大人になってからの歯磨き指導はあまり気が向かないかもしれませんが、ただの歯磨きと思わずに、しっかりと指導を受けて矯正後に虫歯や歯周病の治療を受けなくて済むようにしたいものです。

マウスピース使用後はしっかり洗い、洗浄液に漬ける

歯磨きを丁寧に行ったら、マウスピースもきれいにしなければなりません。基本的には水洗いで構いません。

しっかり歯磨きをしていても歯の汚れがゼロにはならないので、きれいに見えるマウスピースでも細菌は付着しています。もしもマウスピースに汚れが着いていたら、水で流して汚れを落としましょう。どうしても取れない汚れは、歯ブラシを使って取ります。唾液や汚れが着いたまま放置してしまうと、口臭の原因となるので注意が必要です。

水で汚れを流すだけでなく、洗浄剤を使用するとより口臭予防に効果があります。マウスピースの材質の種類によって、使用できる洗浄剤は異なりますので歯科医師に確認してから使用するようにしましょう。洗浄剤は1日1回使用すれば大丈夫です。

マウスピースは逆に口臭対策にもなる?

マウスピースで矯正治療を進めると、口臭の改善が見られることもあります。

どのような場合なのか見ていきましょう。

歯並びを治して口臭改善

歯並びが悪くて歯が重なって生えている場合、その部分の歯磨きは難しいですよね。歯並びによって口臭が起こっているときは、口臭は改善されていきます。

マウスピースで矯正治療を行うことによって、歯並びが改善されて歯が磨きやすくなるからです。矯正治療によって歯磨きなどのメインテナンスへの意識が高まることも理由の一つかもしれません。

お口の中が潤い口臭改善

ドライマウスによって唾液の分泌量が少なく口臭が起こっている場合には、マウスピースを装着することで刺激されて唾液の分泌量が増え口臭が改善することもあります。ドライマウスの症状の程度によりますので、歯科医師に相談してみましょう。

マウスピースを使った歯列矯正ならスマイルトゥルー

マウスピースを使った目立ちにくくリーズナブルな矯正治療をお探しの方には、スマイルトゥルーがオススメです。

口臭などのトラブルにも対応可能

スマイルトゥルーで用いるマウスピースは、通常2週間で交換して新しいものを使用します。歯ぎしりやスポーツで用いられるマウスピースは、もっと長期間使用するので口臭も発生しやすいですが、スマイルトゥルーのマウスピースは頻繁に交換するので口臭は起こりにくいというメリットがあります。

専門の歯科医師や歯科衛生士が行う矯正治療ですので、もしも口臭などのトラブルを感じたらすぐに相談・対応してもらうことができます。

マウスピースを作るための型取りは1回だけ

マウスピースによる矯正治療では、メーカーによっては2週間に1回などの来院のたびに型取りが必要な場合があります。

スマイルトゥルーでは、型取りは最初の1回だけです。最初に取った歯型から模型を作製し、それをデジタルでスキャンして3Dデータにします。そのデータをもとにマウスピースを作製するため、患者さんの負担は軽くなっています。

マウスピースのデザインはアメリカで、製作は日本で

スマイルトゥルーでは患者さんの歯の型取りをしたデータをアメリカのスマイルトゥルー本部へ送り、専門家が歯並びをデザインします。最終的な歯並びのシミュレーションを、治療開始前に見ることができます。

シミュレーションに患者さんが納得したら、歯並びの段階に応じたマウスピースを日本のラボで歯科技工士が作製するという流れです。
デザインはアメリカで、マウスピースの作製は日本で行っており安心して治療を受けることができます。

矯正にかかる期間と費用が明確

スマイルトゥルーは、現在の歯並びから理想的な最終的な歯並びまでをシミュレーションしているため、治療にかかる期間と費用は予知性の高いものになっています。

従来のブラケットとワイヤーを用いた矯正では、最終的な歯並びをシミュレーションするのは難しく、費用や期間も予想とは異なることが多々あります。その点でスマイルトゥルーは安心して矯正治療を受けられるシステムです。

適応は部分矯正ではありますが、数ヵ月という比較的短期間でリーズナブルに治療を終えられるのもメリットです。

スマイルトゥルーの公式HPはこちら

矯正中でも歯を清潔に保てる口腔洗浄器

矯正中はブラケットやマウスピースをつけているため、ブラッシングやデンタルフロスでは除去できない汚れが多くなり、歯の表面や歯間に汚れがたまりやすい状態になってしまいます。

歯の表面や歯間にたまった汚れは、虫歯、歯石や歯周病等の原因になります。このような汚れを除去するときは、口腔洗浄器がおすすめです。

口腔洗浄器はノズルの先端から水を噴射し、水圧で歯間や歯周ポケット、矯正器具と歯の間についた汚れを落とすことができます。1万円代で購入でき、水を準備するだけで家庭でも気軽に使用できるのが特徴です。

おすすめの口腔洗浄機を2つ紹介します。

ウォーターピック ウルトラ・ウォーターフロッサー

ウォーターピックには6種類の形のチップ(ノズル)が付属されており、汚れが気になる場所に合わせて、チップを付け替えて使用できます。舌を洗浄するチップも付いているので、舌苔が気になる方にもおすすめの商品です。

値段 13,400円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 6種類が付属
持ち運び 不可

購入はこちら

ジェットウォッシャー ドルツ コードレス EW-DJ52-W

ドルツは日本歯科医師会にも推薦されている口内洗浄器です。歯茎や口内の状況に合わせて5段階の水圧調整が可能で、本体が水に濡れても大丈夫なため、風呂場でも使用できます。

充電式で持ち運びが可能なので、旅行などの際にも使用できます。

値段 14,119円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 1種類
持ち運び

購入はこちら