マウスピース矯正が安い理由を詳しく解説!おすすめの安いマウスピース矯正は?

この記事では安いマウスピース矯正の効果について解説し、おすすめの安いマウスピース矯正ブランドを具体的にご紹介します。

軽度〜中度症例であれば安いマウスピース矯正でも効果があるので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事の結論

・価格の安いマウスピース矯正は、軽度症例や中度症例に限定した適応範囲であることが多い

・おすすめの安いマウスピース矯正のブランド・費用・価格をご紹介

・安いマウスピース矯正の追加料金もしっかりとチェックしよう

編集部おすすめ!マウスピース矯正8選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!提携院も全国に拡大中!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~
⑥hanaravi
~矯正専門の医師が在籍!LINEで医療サポートチームがサポート~
⑦ウィスマイル矯正
~月額1760円から矯正が可能。 治療期間の相談もOKで最短3ヶ月~
⑧アットスマイル矯正
~費用目安は約30~60万円!前歯だけでなく奥歯の噛みあわせまで矯正できる!~

値段が安いマウスピース矯正とは?安い理由を解説


価格の安いマウスピース矯正とは、使用するマウスピースの枚数が比較的少ない軽度症例や中度症例に適応範囲を限定し、治療期間の短縮によるコストカットを想定して提供されるマスピース矯正ブランドやプランを指します。

矯正治療では歯を動かす範囲や量が多いほど難症例となり、治療期間も歯を動かすために必要なマウスピースの枚数も多くなります。

一方、前歯を動かすだけで歯並びが整ったり、歯を動かす量が少なかったりする症例は、軽度症例や中度症例です。

軽度症例や中度症例は治療期間が短く、歯を動かすために必要なマウスピースの枚数が少なく済むことが多いため、安い料金でマウスピース矯正を行えます。

矯正にかかる費用を安く抑える方法や、マウスピース矯正の一般的な種類・効果・選び方などについては以下の記事でもまとめています。矯正を考えている方はぜひ参考にしてください。

【関連記事】
安い料金で矯正をするには?費用を抑えて歯列矯正をする手段を紹介
マウスピース矯正の効果は?期間や効果が出やすい・出にくい症例も紹介
【2023年】マウスピース矯正の種類を紹介|選び方のポイントも合わせて解説

おすすめの値段が安いマウスピース矯正


マウスピース矯正にはさまざまなブランドがあります。

費用はブランドや歯科医院ごとに大きく異なります。おすすめの安いマウスピース矯正ブランド・プランをご紹介します。

  • Oh my teeth
  • キレイライン矯正
  • スマイルトゥルー(SmileTRU)
  • インビザライン(invisalign)

Oh my teeth

自宅にいながらオンラインで歯列矯正ができる、マウスピース矯正ブランドです。

初回の歯型スキャン後は、原則として通院の必要がありません。24時間いつでもLINE相談が可能なので、過度な痛みやわからないことを放置せずに、マウスピース矯正治療ができます。

■Basicプラン

前歯上下6本ずつだけを動かすことに特化したプランです。

費用は一律で、33万円(税込)です。(分割の場合は月々9,800円からの支払いが可能)

■Proプラン

奥歯も含めた全体矯正が可能なプランです。

費用は一律で、66万円(税込)です。(分割の場合は月々19,800円からの支払いが可能)

くわしくはこちら

Oh my teethが安い理由は以下の記事で解説しています。安さに不安を感じる方はぜひ参考にしてください。

【関連記事】
Oh my teethは怪しい?安くて通院なしでも大丈夫?

キレイライン矯正

上下12本の前歯を矯正することに特化した、部分矯正用のマウスピース矯正ブランドです。

初回2万円(税込22,000円)から始められるマウスピース矯正として有名です。

マウスピース矯正の治療経験が豊富な日本人歯科医師が治療プログラムを監修しています。

費用にホワイトニング剤1本以上の料金が含まれます。(※1)

治療期間の目安は5~15か月(※2)で、費用の目安は約23.1~41.8万円(※3)です。拡大装置・IPR・リテーナーは別料金(※4)となりますので歯科医院で確認が必要です。

※1キレイライン矯正では16歳未満の方のホワイトニングを推奨してないため、年齢によってはホワイトニング剤をもらえない場合があります。

※2 治療期間には個人差があります。

※2保定期間は含みません。キレイライン矯正に限らず、すべての矯正歯科治療において、治療終了後は後戻りを防ぐため保定期間が必要です。

※3 上記に記載している費用以外に、初回検診料3,300円(税込)以上、来院1回につき3,300円程度(税込)の再診料が別途発生します。初回検診料および再診料は提携クリニックによって異なりますので、予約画面または通われるクリニックにご確認ください。

※4拡大装置、IPRなどの追加治療には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正の一環ではなく、患者様のご要望や症状により歯科医師の判断のもと行われる「クリニックによる追加治療」です。

くわしくはこちら

キレイライン矯正が安い理由や、「安すぎて怪しい」といった不安を感じる口コミが気になる方は、以下の記事も参考にしてください。それぞれについて、詳しく解説しています。

【関連記事】
キレイライン矯正は安い?その理由と気になる料金を解説
キレイラインの口コミ「安すぎて怪しい」「痛そう」に答えます

スマイルトゥルー(SmileTRU)

スマイルトゥルー(SmileTRU)

奥歯を除く部分矯正ができる、マウスピース矯正システムです。先進的なデジタル機器を使用しています。

米国発のシステムで、歯科医院で型取りを行った後、先進的な3Dスキャニングマシンでデータ化し、米国に送ります。

米国で診断・マウスピースのデザインがされ、そのデータが日本に送られ日本の3Dプリンターでマウスピースを出力します。

型取りは1回だけなので、患者の負担が少ないです。

前歯6本を矯正する「LEVEL1」と、小臼歯10本までを矯正する「LEVEL2」のプランがあります。

費用は歯並びによって異なりますが、平均金額は20~60万円ほどです。

■LEVEL1

上下の前歯6本を矯正する部分矯正のプランです。

アライナー(マウスピース)の枚数は10枚まで、治療期間の目安は3~5か月ほどです。

■LEVEL2

上下の歯10本(小臼歯から小臼歯まで)を対象とするプランです。

アライナーの枚数は15枚まで、治療期間の目安は5~8か月ほどです。

くわしくはこちら

インビザライン(invisalign)

マウスピース矯正で有名な「インビザライン( invisalign)」には、軽度の歯列矯正を対象とした安いパッケージがあります。

使えるマウスピースの枚数に制限がない「インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ(invisalign comprehensive)」に比べて、マウスピースの枚数にや歯を動かせる範囲に制限があるため費用が安いです。

■インビザライン Goシステム(iGo)

インビザラインGoシステム(iGo)は、インビザラインのうち前歯部のみの部分矯正を行う新しいシステムです。日本では2018年に開始しました。

歯科用の粘土を使った型取りが必要なく、口内スキャナーで読み取るだけなので患者さまの負担が少ないのがメリットです。(口腔内スキャナーを導入している医院に限ります)

先進的なデジタルシステムを使用しているため、AIで歯列の移動を予測し、歯の矯正が可能かどうか判断できます。

治療に使えるアライナーは20枚まで、費用の目安は約40~50万円です。

費用はお口の状態などによって変わりますので、歯科医院での確認が必要です。

■インビザライン・モデレートパッケージ(invisalign moderate)

アライナーが片顎26枚までのシステムです。適用症例は軽度から中度までの歯列不正です。26枚以内で治せる症例なら、奥歯までのすべての歯を動かすことができます。

治療期間は約1年、費用の目安は約50~80万円です。(歯科医院で要確認)

■インビザライン・ライトパッケージ(invisalign lite)

アライナーが片顎14枚までのシステムです。適応できる歯並びが限定されています。14枚以内で治せる歯並びなら、全部の歯を動かせます。

治療期間は約7か月、費用の目安は約20~30万円です。(歯科医院で要確認)

■インビザライン・エクスプレスパッケージ(invisalign express)

アライナーは片顎7枚までの、ごく軽度症例の治療に限定したシステムです。歯を動かす部位に制限はなく、7枚以内ならすべての歯を動かせます。

インビザライン・ライトパッケージより、さらに軽い症例の方を対象としていて、多少のずれや矯正の後戻りの防止などに対応しています。

治療期間は約3~4か月、費用は約20〜40万円です。(歯科医院で要確認)

くわしくはこちら

値段が安いマウスピース矯正は追加料金もチェック


安いマウスピース矯正や歯科医院を選んだのにもかかわらず、あとで追加料金が発生してしまい、結局は高くつくケースがあります。

総額の費用と発生する可能性がある追加料金は、矯正治療開始前にしっかり確認しておくことが大切です。

基本的には追加料金があまり発生しないか、追加料金込みで納得できる料金の歯科医院を選ぶとよいでしょう。

総額(トータルフィー)の中に、何がどれだけ含まれるのかは歯科医院により異なります。

カウンセリングの時点で、追加でかかる可能性がある料金を明確に提示してくれる歯科医院を選べば、金銭的な後悔も回避しやすいです。

マウスピース破損・紛失時の再製作料(型取り・スキャン料)

マウスピースを紛失したり、破損したりした場合は再製作のための追加料金がかかる場合があります。

リファインメント料

予定通りに歯が動かなかった場合、その誤差を軌道修正するために追加アライナーを製作することがあります。

作り直しや追加発注には費用がかかることがあります。

拡大装置などの補助装置料

症状によって、歯列を広げるための拡大装置(拡大床・床矯正装置)・リンガルアーチ・プレート装置などを使用することがあります。

IPR(ディスキング)料

歯の側面をわずかに削ることによって、歯を動かすスペースを作る方法を「IPR(InterProximal Reduction) 」または「ディスキング」といいます。

1回ごとに料金が発生することがあります。

アタッチメント料

インビザラインで、歯の表面につける白い突起物をアタッチメントといいます。マウスピースの矯正力を、より細かく調節することができます。

装着料が発生することがあります。

リテーナー(保定装置)費用

矯正後の後戻りを防ぐための装置であるリテーナーの費用が、別途発生することがあります。

その他かかる費用

以下の費用が発生することがあります。

  • 精密検査料
  • 診断料
  • 模型作成費
  • 処置料(調整料、管理料)

※精密検査料は、通常最初の1回のみであることが多いです。
※歯科医院へ通うたびに、処置料・調整料・管理料などが発生することがあります。

安いマウスピース矯正できれいな歯並びを手に入れよう

軽度〜中度症例であれば、安いマウスピース矯正でも効果を感じる可能性があるでしょう。ただし、安いマウスピース矯正は適応症例が限られることもあるので注意が必要です。

治療ができるかどうか気になる方は、まず歯科医院で相談してみることをおすすめします。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら

ゼニュム

専用アプリを使用して、クリニックに通わなくても歯科医師から定期的にチェックを受けられるマウスピース矯正です。最低限の通院回数で理想的な歯並びが実現します。

くわしくはこちら

ホワイトライン

医師と相談して、希望の期間(最短3ヶ月)で治療を受けられるマウスピース矯正です。マウスピース矯正と同時にホワイトニングもできるので、歯並びを整えながら白く美しい歯を目指せます。

くわしくはこちら

hanaravi

継続率98.3%(※1)、平均通院回数が1.3回(※2)と挫折しにくいマウスピース矯正です。矯正専門の歯科医師が在籍しているため、自分に合った矯正方法を提案してもらえます。

※1.2021年4〜8月の渋谷院の患者を対象とした実績値
※2.中央値1回、2021年9月矯正完了の患者を対象とした実績値

くわしくはこちら