差し歯で治せる出っ歯もある|差し歯で治せない場合や保険も解説

出っ歯をできるだけ簡単に費用を抑えて治したいと思う方は多いのではないでしょうか。そのような場合に、出っ歯を差し歯で治すという方法があります。

治療の流れや特徴の他に、差し歯では治療できない場合もあるのであわせて解説します。

この記事の結論

・出っ歯はセラミック冠をかぶせて治すことができる

・あごが突出していたり、歯の傾斜が大きい場合は差し歯では治せない

・セラミック治療は保険がきかない自由診療なので金額はさまざまである

出っ歯を差し歯で治すセラミック治療

出っ歯を治すには、セラミックをかぶせて治すセラミック治療があります。セラミック治療とは、歯を削りセラミックという陶器の素材でできた冠をかぶせる方法です。

出っ歯を治す方法といえば、矯正を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。もちろん矯正で出っ歯を治すことは可能です。しかし、矯正治療は時間をかけて歯を動かすので治療期間や費用がかかります。

そこで、できるだけ期間を短く費用を抑えて行えるのがセラミック治療です。歯が傾斜している部分を削り、セラミック冠をかぶせます。そうすることで、出っ歯で気になっていた見た目を改善することができます。

出っ歯を差し歯で治す流れ

出っ歯を差し歯で治すセラミック治療の流れを解説します。歯科医院によって多少異なりますが、大まかな流れを理解し治療を受けましょう。

カウンセリングを行う

カウンセリングを行い、治療に必要な診査をして治療方針を決定します。

まず現在の歯並びやかみ合わせを確認します。レントゲン撮影を行い、歯の状態を診察します。虫歯の有無や歯茎の状態、かみ合わせなど口の中の状態をすべて考慮し、治療法方針を決定します。最終的にどの部分にセラミック冠をかぶせるかを決めます。

費用や治療期間を歯科医師に確認し、納得したうえでセラミック治療を開始しましょう。

セラミック冠をかぶせるための土台作り

歯の傾斜が大きいときは、正しい角度にするために歯を多く削らなければなりません。歯を多く削る場合は、染みたり痛みが出るので神経を抜く必要があります。神経を抜いたところは治療して薬をつめたあとに、セラミック冠を被せるための土台をたてます。

すでに差し歯が入っていたところを治療する場合は、まず差し歯をはずします。土台や歯の根の状態を確認し、治療しなおす必要があれば治してから新しい土台をたてます。

仮歯を装着する

セラミック冠を作成している期間は仮歯を入れて過ごします。仮歯は最終的に装着するセラミック冠を想定して作成されます。仮歯である程度の歯並びやかみ合わせを確認することができます。完成したときに自分が思っていたイメージと違うといった心配がありません。

型どりをしてセラミック冠が入るまでは、1~2週間の期間が必要です。

セラミック冠を装着する

出来上がったセラミック冠を装着します。かみ合わせを確認し、問題がなければ終了となります。

治療終了後は定期的な検診をおすすめします。

出っ歯を差し歯で治すのにかかる期間

出っ歯を差し歯で治すには数ヶ月~半年ほどかかります。しかし、治療する本数や来院頻度によって異なるので、歯科医に確認しましょう。

また、神経を抜くなどの治療が必要かどうかで治療期間は変わります。

出っ歯を差し歯で治すのにかかる費用

矯正器具をつかって出っ歯を治す治療と比べると、費用は安く済むといえます。治療期間が短く、来院回数が少ないのも費用が安く済む理由です。

セラミック治療は差し歯にする本数で費用は変わります。最初に治療計画を立てる際に、差し歯にする本数と費用を確認しましょう。

また、費用はかぶせる材質の種類によっても変わります。すべてがセラミックでできているものや、金属の上にセラミックが覆われているものなどさまざまな種類があります。取り扱っているかも含め、歯科医院に確認してください。

差し歯で治せない出っ歯もある

出っ歯を差し歯で治すセラミック治療という方法がありました。しかし、差し歯では治せない出っ歯もあります。

出っ歯には種類が大きくわけて2種類あります。歯が傾斜した歯性の出っ歯と、あごが突出している骨格性の出っ歯にわかれます。

骨格性の出っ歯の場合は、歯並びを差し歯で治してもあごの突出感までは治せません。骨格性の出っ歯は外科手術を伴う外科矯正治療が選択されます。

歯性の出っ歯の場合は、歯の傾斜の具合によって治療法は変わります。出っ歯の傾斜が大きいときは差し歯では治せません。無理矢理差し歯で治すと、噛んだときに正しくない方向に力が加わってしまいます。すると、歯の根に負担がかかり折れてしまう原因になるからです。

出っ歯を差し歯で治す場合は保険適用外

出っ歯を差し歯で治すセラミック治療に保険は適用されません。保険が適用されるのは「身体の健康を目的とした最低限の治療」という条件があります。

セラミック矯正は「見た目を改善する治療」という扱いです。保険が適用されない自由診療なので、歯科医院や治療内容によって金額はさまざまです。

費用については歯科医院に問い合わせてみましょう。

出っ歯は差し歯で治すことができます

出っ歯を差し歯で治す方法や特徴について解説しました。まずは歯科医院で歯の状態やかみ合わせについて診断してもらい、どのような治療が適切なのかを相談ましょう。

そのうえで、歯並びやライフスタイルにあった治療法を選択することが大切です。

スマイルティース編集部おすすめの歯ブラシ

歯並びが悪い場合は磨き残しが多くなってしまいます。むし歯が予防できて磨きやすい、おすすめの歯ブラシを紹介します。

プロスペック ミニ ミディアム

プロスペックプラス / ミニ / ミディアム / 5本入り

ヘッドの部分が小さく、ネックの部分が長いのが特徴の歯ブラシです。磨き残しが多い奥歯や、歯と歯の間などの細かい部分まできれいに磨くことができます。

購入はこちら

磨きやすい歯ブラシ

磨きやすい歯ブラシを追求し続けた歯ブラシ職人が作った歯ブラシです。差し歯と歯茎の隙間など、プラークがたまりやすい部分もしっかり磨けます。

購入はこちら