出っ歯には2種類ある|種類にあった治療法を選ぼう!

出っ歯とは歯科用語で「上顎前突」といわれ、上あごや上の前歯が前に突出している状態です。見た目だけではなく、かみ合わせに影響がでたり口呼吸になるなどの不具合が生じます。

出っ歯には種類があり、その種類にあった治療法を選ぶことが重要です。

この記事の結論

・出っ歯は歯の傾斜が原因でなる歯性と、あご骨の位置が原因でなる骨格性の2種類にわかれる

・歯性の出っ歯の治療法はセラミック審美歯科法、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正の4種類

・骨格性の出っ歯の治療は外科的手術が必要になる場合がある

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

出っ歯は大きく分けて2種類

出っ歯は原因によって大きく2種類に分けられます。しかし、2種類が混合している場合もあるので、歯科医院で正しい診断を受けましょう。

歯性の上顎前突|前歯が傾きすぎている

歯性の上顎前突とは、歯の傾斜が原因でなる出っ歯のことです。上の前歯が前方に大きく傾いている場合をいいます。または、上と下の前歯が両方傾いている場合もあります。歯の傾斜からなる出っ歯は幼いころの指しゃぶりや、舌で前歯を押すといった悪習癖にもとづいてなるといわれています。

歯が傾斜していて唇がめくれてしまうので、口が閉じづらく口呼吸になってしまいます。口呼吸は口の中の乾燥や口臭、口の中の細菌の増殖によりむし歯や歯周病リスクが高まる原因になります。

骨格性の上顎前突|下顎より上顎が前に出ている

骨格性の上顎前突とは、あご骨の位置に原因がある出っ歯のことです。上あごの過成長により大きさが下あごに比べて大きく前に突出している場合をいいます。または下あごが成長不足で上あごに比べて小さく後退している場合もあります。上あごが突出していて、下あごが後退していることもあります。骨格が原因でなる出っ歯は遺伝的要因が大きいといわれています。

骨格性の出っ歯も歯性の場合と同じく、口が閉じづらく口呼吸になりやすいです。また、特に下あごが後退している場合は顎関節に負担がかかりやすく、顎関節症を引き起こすことがあります。

それぞれの出っ歯の治療法

出っ歯は原因によって2種類にわかれることを解説しましたが、出っ歯の種類によって治療法は異なります。まずは、出っ歯の原因が歯性なのか骨格性なのか診断してもらったうえで、治療法を選択します。

歯性の場合

出っ歯の原因である傾斜した歯を正常な向きにする治療法は4種類あります。

  • セラミック審美歯科法
  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正
  • インプラント矯正

セラミック審美歯科法とは、出っ歯で気になっている傾斜している前歯を削り、セラミックの冠を被せ見た目を回復する治療法です。歯の傾きが大きい場合には適応にならないこともあります。

ワイヤー矯正とは、歯につけたブラケットと呼ばれる矯正装置にワイヤーを通し、徐々に力をかけることで正しい位置に歯を動かします。歯を移動させるスペースを確保するため、抜歯が必要になる場合があります。

マウスピース矯正とは、マウスピースを装着して前に傾斜した歯を正しい位置に戻すものです。マウスピースは取り外し可能ですが、装着時間を決めたり外しているときの保管など自分で管理する必要があります。

インプラント矯正とは、歯茎の中の歯槽骨に埋め込んだネジのようなものを固定源にして矯正を行う方法です。固定源になるネジのようなものを埋め込むため、麻酔をしての処置があります。

まずは歯科医院でカウンセリングや検査を行い、治療を選択します。

骨格性の場合

骨格に原因がある出っ歯は、矯正治療の他に外科的手術が必要な場合があります。また、成長期である小児のときに治療を始めることで効果的に矯正することができます。

歯性と同じ矯正治療

基本的には骨格に原因がある出っ歯にもワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正のいずれかを行います。

セラミック審美歯科法は歯の傾斜を改善することはできますが、上あごの位置を移動することはできません。矯正後のよい結果が得られないため、選択されない場合が多いです。

外科的手術

通常の矯正治療だけで歯並びやかみ合わせを改善することが難しいときには、外科的手術が行われます。上あごの過成長が原因で矯正治療だけでは難しいと診断された場合は、上あごの骨を一部切り後方に引っ込める手術が行われます。

外科的手術と矯正治療を組み合わせて行うことで、大きな効果が期待できます。

あごの成長をコントロールする治療

小児の時期であごが成長しているときに成長を促す、または抑制する治療を行います。そうすることで、上下のあごのバランスが整った、理想的な歯並びやかみ合わせにすることができます。

成長期に治療を行うことで、あごの成長をある程度コントロールすることができます。成長期の治療であごの成長がコントロールできれば、将来外科的手術をしなければならないリスクを軽減できると考えられます。

上あごの過度の成長を抑制するための治療は、ヘッドギアとよばれる装置をつかうものがあります。上あごの骨の成長を抑制し、下あごとのバランスを整えます。

下あごの成長が不十分で出っ歯だという場合は、バイオネーターやアクチバートルと呼ばれる装置をつかいます。下あごの成長を促し、正しいかみ合わせの位置に誘導します。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら