歯のクリーニングの頻度・種類・費用・時間・注意点について徹底解説

歯のクリーニングに適した頻度はお口の状況によって異なります。

この記事では、それぞれのお口の状況に適した歯のクリーニングの頻度・歯のクリーニングの種類・費用の目安・所要時間・注意点について解説していきます。

この記事の結論

・歯のクリーニングに適した頻度は、お口の状況により異なる

・虫歯や歯周病リスクが高い場合、1~2か月に1回クリーニングを行う

・保険が適用される治療目的のクリーニングと、保険が適用されない歯の見た目を綺麗にするクリーニングがある

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

歯のクリーニングに適した頻度


歯のクリーニングといっても、口の中の状況や習慣によって、どれくらいの頻度で行くべきかは変わります。

それぞれの適した頻度を見ていきましょう。

虫歯や歯周病リスクが高い人

1〜2ヶ月に1回程度のペースで歯科に通うのが適しています。

短い間隔でのクリーニングや検査を行わないと、虫歯や歯周病が進行する恐れがあります。

歯に付着した歯垢(プラーク)を放置していると、やがて石のように固い歯石になります。歯石は口臭や歯周病の原因となります。

歯石の量が多く固くなってしまうと歯周病が進行してしまいますし、歯肉が炎症を起こし歯石除去の際に痛くなりやすいです。早め早めにクリーニングをすることをおすすめします。

着色しやすい飲食物をよく摂取する人や喫煙をする人

2ヶ月に1回程度クリーニングに通うのが適しています。

歯の表面を歯科専用の器具で研磨清掃してもらい、歯の着色汚れを除去してもらうことができます。また、きれいに磨き上げた後の歯面は再着色がしにくいです。

歯の着色が気になる場合は、ホームホワイトニングなどを併用してクリーニングの頻度を空ける選択肢もあります。

歯磨きが苦手な人、歯並びが良くない人

自分で歯を磨くのが苦手な人や、歯並びの問題で歯を磨くのが難しい人は、1〜2ヶ月に1回程度が適しています。

短い間隔でのクリーニングや検査を行わないと、虫歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。

セルフケアがしっかりできている人

自分でしっかり歯を磨くことができれば、クリーニングに通うのは3〜6ヶ月に1回程度で十分です。

管理が自身で行き届いている人は半年おきでも問題ないですし、年に1回でも問題ない方も多くいます。

歯のクリーニングの種類

歯科クリニックで行われるクリーニングは、保険適用になる場合とそうでない場合があります。

保険適用の有無によって、かかる費用やクリーニングの内容も変わります。

保険が適用になる歯のクリーニング

■保険適用の歯のクリーニングとは

虫歯や歯周病などの疾患・診断がついていれば、その治療目的としての歯面清掃や歯石の除去は保険適用となります。

医療行為として行われるため、歯の見た目をきれいにするために行われるわけではありません。

虫歯や歯周病の診断をつけるための検査(歯周ポケットの深さ測定や、レントゲン撮影など)が必要になることがあります。

■保険適用の歯のクリーニングで行うこと

家で自分でする歯磨きとは違って、歯科医や歯科衛生士というプロが専用の器具を使用してクリーニングを行います。

歯周病(歯周症)と診断された場合は、超音波と水が出る超音波スケーラーや、手で動かす手用スケーラーで全体を何ブロックかに分けて、スケーリング(歯石を取ること)を行い、何回か通院が必要となります。

また、ラバー製の小さなカップやブラシを、専用の機械を使用して歯の表面を研磨清掃します。

クリーニングの際に、歯科衛生士による、歯磨き(ブラッシング)指導や歯間ブラシ、フロスなどの補助器具の正しい使い方について説明を受けることができます。

■費用・料金

保険が適用になれば、医療費が3割負担の場合で3,000円~4000円程度で済みます。

ただし、複数回通院することになることがあり長く通うほど費用がかかります

■クリーニングにかかる時間

時間は、1回につき30分程度で終わります。

保険診療として数カ所に分けて行うので、30分×通院の回数分時間がかかります。

保険が適用にならない歯のクリーニング

■保険適用外の歯のクリーニングとは

定期的なメンテナンスで治療目的ではないなどの場合は、保険適用となりません。

見た目をきれいにすることを中心にクリーニングを行ってもらうことができます。

■保険適用外の歯のクリーニングで行うこと

状況に合わせて、スケーリングやジェットポリッシュ、歯面研磨などを組み合わせて、口の中全体をきれいにします。

医療行為というよりもきれいにすることが目的なので、1回できれいな状態にできます。

■費用・料金

自費診療となり、全額自己負担です。
自由診療なので医院やクリーニングの内容によりますが、5,000円〜20,000円程度が相場です。

費用が気になる場合は、事前にホームページや電話などで確認するのが良いでしょう。

■クリーニングにかかる時間

歯の汚れや着色の状況にもよりますが、1時間程度で終わります。

時間をかけて、しっかりときれいにできます。

歯のクリーニングに関する疑問

クリーニングの必要性とは

ご自身でどんなに気を付けて歯磨きをしていたとしても、歯磨きでは落としきれない汚れはあります。

汚れは歯垢になり、やがて石灰化し歯石になってしまいます。歯石になる前に、定期的にクリーニングをして除去することによって、虫歯や歯周病を予防できます。

クリーニングで口臭対策もできる

口臭にはさまざまな原因がありますが、お口の中の歯石や歯垢が口臭の原因となっているケースでは、クリーニングをすることにより口臭が改善されます。

クリーニング後の注意点

クリーニングをすると今まで歯石や歯垢でカバーされていた歯が露出するため、一時的にしみることがあります。クリーニングした当日は、冷たいものや熱いものを避けるとよいでしょう。

また、歯石が多かった場合いつもより出血しやすくなることがあります。歯科医院で教えてもらった方法で歯磨きを行っていれば、2~3日で徐々に歯肉がひきしまり、出血は治まります。

クリーニングで落としきれない歯の黄ばみにはホワイトニングが効果的


クリーニングは清掃であって、あくまで表面の汚れを落とす行為です。

例えば、加齢による黄ばみや変色はクリーニングでは落とせません。

元の歯よりも、より白く美しい歯を手に入れたいのなら歯科でのホワイトニングがおすすめです。

クリーニングとホワイトニングなら おすすめは ホワイトエッセンス

ホワイトエッセンスとは北海道から沖縄まで、全国に200以上の医院をフランチャイズ展開している歯科医院です。

全国どこの医院であっても、ホワイトエッセンスブランドでは、クリーニング・ホワイトニング技術レベルはとても高く、安心して施術を受けられます。

アロマの香りと癒し効果のある体感音響システムが導入された専用のチェアのある個室で、とてもリラックスして施術を受けることができます。

無料でのカウンセリングが利用できるので、そこから自分にあったホワイトニングを選ぶことができます。

ホワイトニングとクリーニングを合わせた症例実績は、なんと212万件以上もあります。
実績が豊富なので、施術だけでなく、食事などの指導も的確で安心です。

ホワイトエッセンスは、よりホワイトニング効果を高めるため、自社で独自のホワイトニングジェルを開発し薬事認可を取得しています。
ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら