ホワイトニングの料金相場はいくら?種類別にご紹介!

歯を白くするホワイトニングは美容的な要素が大きいため自費診療となり、歯科医院によって料金が異なります。

歯のホワイトニングをお考えの方に、料金相場とについて種類別にご紹介します。

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

ホワイトニングの種類と料金相場


ホワイトニングは医療機関である歯科医院で歯科医師または歯科衛生士が行うものと、医療機関ではない美容サロンやホワイトニングサロンなどで、すべての施術を自分で行うものに分けられます。

  • 歯科医院で行うホワイトニング
    ・オフィスホワイトニング
    ・ホームホワイトニン
    ・デュアルホワイトニング
  • 美容サロンやホワイトニングサロンなどで行うホワイトニング
    ・セルフホワイトニング

ホワイトニングの種類によって使用できる薬剤に違いがあり、歯を白くする効果や通院回数などに差があります。一番高い効果が期待できるのは歯科医院で行うホワイトニングです。

ホワイトニングを行う場合は1回の料金だけで決めずに、効果や通院回数などを含めた料金も考慮すると良いでしょう。

オフィスホワイトニング|相場は15,000円~50,000円

歯科医院で歯科医師または歯科衛生士が、濃度の高い薬剤と医療機器を用いて施術するホワイトニングです。

ホワイトニング剤に歯を漂白する過酸化水素や過酸化尿素が高濃度で含まれており、1回の施術ですぐに歯が白くなる即効性と歯の本来の色をトーンアップさせる高い効果が得られます。

ビヨンド、ブリリカ、ポリリン酸ナトリウム、TIONなど複数のホワイトニング剤メーカーがありますが、薬剤を歯に塗って光を当てて白くするという手順はほぼ同じです。

価格相場は1回15,000円〜50,000円で、笑ったときに見える上下の前歯12〜20本の歯をホワイトニングするのが一般的です。

料金の算出方法は1歯単位で料金を換算して何本の歯をホワイトニングするか決められる場合と、料金に対して施術する歯の本数が決められている場合があります。

歯は毎日の飲食により食べ物や飲み物の色が沈着して少しずつ黄ばんでくるため、色の後戻りがあります。白さを保つためには定期的にホワイトニングを受ける必要があり、その度に同じくらいの費用が掛かります。

ホームホワイトニング|相場は25,000円~50,000円

歯科医院で歯の型取りをしてオリジナルのマウスピースを作成し、処方されたホワイトニング剤を入れたマウスピースを自宅で毎日1日1〜2時間装着して歯を白くします。装着期間は1ヶ月ほど必要です。

ホワイトニング剤には過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、歯を漂白して本来の色よりも白くする効果があります。

薬剤濃度がオフィスホワイトニングよりも低いため即効性はありませんが、時間を掛けて歯に薬剤を浸透させるため、歯の白さが長持ちしやすく後戻りしにくいのが特徴です。

1ヶ月分のホワイトニング剤とマウスピース作製費用に合計25,000円〜50,000円ほど掛かります。

一度マウスピースを作製したら、再度ホワイトニングをするときは薬剤の購入だけで済む場合があるので、メンテナンスコストが抑えられます。

デュアルホワイトニング|相場は50,000円〜

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時進行する方法です。

ふたつの方法を掛け合わせるので費用が高くなりますが、数あるホワイトニングの中では最速で確実に最も高い効果が得られ、持続性も高いのが特徴です。

価格は50,000円〜くらいが相場ですが、100,000円を超える歯科医院もあります。オフィスホワイトニングの通院のタイミングなどを計画的に進める必要があるため、コース料金が設定されていることもあります。

セルフホワイトニング|相場は20,000円~25,000円

歯科医院ではなく美容サロンやホワイトニングサロンで行うホワイトニングで、薬剤の塗布や歯の色の確認などをすべて自分で行うホワイトニングです。

医療機関ではないため歯科医師や歯科衛生士が在籍しておらず、スタッフは手順の説明のみを行います。

過酸化水素や過酸化尿素が高濃度で含まれたホワイトニング剤は薬機法によりサロンでは扱えない決まりのため、歯の本来の色を白くするのではなく、歯の表面にある着色を落とすポリリン酸やメタリン酸などのホワイトニング剤が用いられることが多いです。

そのため、歯科医院のホワイトニングと比べると1回の効果は低く、薬剤による問題が起きたときは国家資格保持者が居ないためサロンで対処できない場合があります。

価格は1回2,000円〜5,000円ほどで、効果を実感するまでに4~5回通う必要があります。サロンによっては回数券や通い放題など、サロン独自のお得なプランが設定されていることもあります。

歯の表面の着色を落とすのには効果的なため、初めてホワイトニングをする場合は歯科医院のホワイトニングで理想の歯の白さを手に入れたあとの後戻り防止としてセルフホワイトニングを利用するなど、使い分けると良いでしょう。

ホワイトニング料金に価格差がある理由


「ホワイトニング」と同じように書かれていても歯科医院やサロン、方法により価格差があります。

ホワイトニングは保険適用外だから

ホワイトニングは審美的な施術なので健康保険は適用できず自費診療です。料金は歯科医院が自由に決められるため、ホワイトニング剤の原価やテナント料、サービスの質などにより変動します。

料金と効果が比例するから

オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、デュアルホワイトニングのように、歯科医院で国家資格保持者が施術するホワイトニングは、医療機器と濃度の高い過酸化水素や過酸化尿素が含まれた薬剤を使用するため効果が高いです。

一方、セルフホワイトニングは薬剤に歯を漂白する成分は含まれていないため効果が低いです。

日本では過酸化水素が6%以上の薬剤は薬機法により劇薬に指定されており、ホワイトニングに使用するためには医療機関であることや歯科医師や歯科衛生士の資格が必要などの条件があるためコストが掛かり、1回のホワイトニング料金も必然的に高くなります。

自宅でできるホワイトニングケア


自宅で行うホワイトニングには歯磨きで歯の表面の着色のみを落として白くするか、歯のマニキュアなどで一時的に歯を白くする方法がありますが、歯の本来の色を白くできるものではありません。

歯磨きによるホワイトニングは目に見える変化は起こりにくく、どちらかというと歯科医院で受けたホワイトニングの白さを長持ちさせるためのセルフケアです。

ホワイトニング効果を長持ちさせるための口腔ケアグッズ

ルシェロ歯磨きペースト

ホワイトは、タバコのヤニを溶かして分解するポリエチレングリコール(PEG)400配合、さらにアルカリ性のペーストが歯の着色汚れを浮かせて落としやすくする効果があります。

購入はこちら

アパガードスモーキン

は歯の着色汚れとタバコのヤニを分解するポリエチレングリコールとポリビニルピロリドンを配合、歯に光沢を出す加水分解コンキオリン液により白く輝く歯に導きます。

購入はこちら