ホワイトニングの値段と施術の選び方、安く歯を白くする方法を解説!

歯を白くするためのホワイトニングは、保険が効きません。それでも歯を白くしたい!という方向けに、かかる値段をホワイトニングの種類ごとに解説します。

この記事の結論

・ホワイトニングにはホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニング、セルフホワイトニングの4種類

・ホワイトニングの値段は歯科医院や施術内容によって異なる

・安く歯を白くするには4つの方法がある

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングには4つの種類がある

オフィスホワイトニング

歯科医院へ定期的に通い、歯科医師や歯科衛生士にホワイトニングをしてもらう方法です。

歯の表面に薬剤を塗り、光を当ててホワイトニングします。オフィスホワイトニングで使う薬剤は濃度が高く、1~2回で効果を感じられます。

オフィスホワイトニングは手早く歯を白くしたい方におすすめです。数回通院する必要があり費用もかかりますが、歯科医師や歯科衛生士によって行われるため、歯の色に限らずトータルしたケアを受けられます。

【関連記事】
知らないと後悔する!?オフィスホワイトニングの基礎知識

ホームホワイトニング

歯科医院で専用のマウスピースを作り、ホワイトニング自体は自宅で行う方法です。専用のマウスピース内に薬剤を盛り、歯にはめることでホワイトニングを行います。

ホームホワイトニングは手軽ですが、効果を感じるにはマウスピースを毎日決められた時間装着しなければなりません。しかし色戻りしにくいことから効果を長持ちさせたい方にはおすすめです。

オフィスホワイトニングに比べると効果が出るまでに時間がかかり自己管理が必要ですが、効果は比較的長持ちします。
【関連記事】
自宅でできるのに効果の高い「ホームホワイトニング」とは?

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法です。一番ホワイトニング効果が出やすく、かつ色の後戻りが起きにくいです。

歯科医院に通いながら自宅でもホワイトニングを行うため、時間を確保できないと難しいです。

料金がかかってもできる限り早く白くしたい、かつ効果を長持ちさせたいという方におすすめです。オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方のメリットを感じられます。

セルフホワイトニング

ホワイトニングサロンで準備から薬剤塗布、仕上げまで自分で行う方法です。

サロンには歯科医師や歯科衛生士という国家資格を持った人がいません。歯科医院で行うより安価ですが、効果は着色やくすみが取れる程度です。

まずは気軽に試してみたい方にはセルフホワイトニングがおすすめです。とにかく安く、簡単に始められます。

【関連記事】
セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!
自分でホワイトニングするには?間違えた方法は後悔のもと

ホワイトニングの値段と通院回数


ホワイトニングの値段は歯科医院や施術内容によって異なります。こちらで紹介する値段と通院回数は目安です。詳しい値段と通院回数は施術を行う歯科医院に聞きましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングにかかる値段は、1回あたりおおよそ30,000円〜50,000円です。どの程度歯を白くしたいかによって通院回数は変わってきますが、目安は1〜4回です。

色の後戻りが起きやすいため、白さを保つには定期的なメンテナンスが必要です。

ホームホワイトニング

専用のマウスピースを作るのに1回、完成後取りに行くのに1回と最低でも2回の通院が必要です。値段はおおよそ25,000~50,000円です。薬剤の追加には1本あたり2,000円~5,000円程度かかります。

白さを保つには定期的なメンテナンスが必要ですが、頻度はオフィスホワイトニングより低いです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングにかかる値段は、合計でおよそ80,000円です。通院回数は最低3~5回です。

他のホワイトニング方法より値段がかかりますが、効果を感じるのが早く、かつ長持ちします。

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングにかかる値段は、合計で20,000円~25,000円かかります。1回あたりおよそ5,000円程です。キャンペーンなどを利用すればさらに安いこともあります。効果は1週間程で薄れてくるため、複数回通う必要があります。

【関連記事】
ホワイトニングの値段っていくら?相場や安く歯を白くする方法を解説!
ホワイトニングの効果は何回で出て何カ月持つの?効果に関する疑問を解説!

ホワイトニングの値段を抑える方法

医療費控除で戻ってくるお金
歯科医院のホワイトニングは高額になりがちです。できるだけ値段を抑えて歯を白くする方法を紹介します。

  • 歯科医院でクリーニングを受ける
  • セルフホワイトニングで値段を抑える
  • 市販のホワイトニンググッズを使用する
  • 個人輸入でホームホワイトニング剤を入手する

歯科医院でクリーニングを受ける

歯科医院で行う着色除去で歯本来の色にすることができます。保険適用されない場合が多いですが、ホワイトニングよりも費用を抑えられます。

また歯科医院で行うため同時に虫歯や歯周病の検査も行えます。定期的にクリーニングを受けることで歯本来の色を維持することが可能です。

セルフホワイトニングで値段を抑える

セルフホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングと比較すると値段を抑えられます。

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院で使用する薬剤と成分が大きく異なるため、歯の内側から白くすることはできませんが、歯の表面に付着した着色を除去で1段階ほど歯が明るくなります。

また、被せ物に付着した着色を落とすこともできるため、前歯に被せ物をしている方は選択肢の一つとしてセルフホワイトニングを検討してみるのも良いでしょう。

市販のホワイトニンググッズを使用する

市販のホワイトニンググッズはドラッグストアでも手に入りやすく、値段も安価です。

製品によって値段は300~10,000円ほどと大きく異なりますが、歯科医院で行うホワイトニングと比較すると値段を抑えられます。

しかし、市販のホワイトニンググッズは歯の内側から白くできません。セルフホワイトニングと同様で、歯に付着した着色を落とすことができますが、継続して使用しなければ効果も感じられにくいため、短期間で効果を得たい方には不向きです。

市販のホワイトニンググッズはホワイトニングした後のセルフケアとして使用するのがおすすめです。

個人輸入でホームホワイトニング剤を入手する

個人輸入でもホームホワイトニング剤を入手することができ、歯科医院で購入するよりも値段を抑えられます。

しかし個人輸入は自己責任となるため安全性は確保されていません。また製品によってホームホワイトニング剤の濃度が高すぎる製品もあり、知覚過敏を引き起こす可能性が高くなるため注意が必要です。

また、ホームホワイトニング専用のマウスピースが必要になるため、1度歯科医院でホームホワイトニングを受ける必要があります。

個人輸入でホームホワイトニング剤を購入する際は、歯科医院で使用されているメーカーのものを選び、高濃度のものは装着時間に注意しましょう。

質の高いホワイトニングを安く受けたいならホワイトエッセンスがオススメ


ホワイトエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院近くをフランチャイズ展開しているホワイトニング専門医院です。ホワイトエッセンスでは歯科医院の技術にエステの心地良さを取り入れ、美容院に通うような感覚でケアを受けられます。

ホワイトエッセンスでは、ホワイトニングを15000円~始めることができます。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。

またすべてのホワイトエッセンスは歯科医院に併設されています。そのため虫歯や歯周病の相談は別途、併設の歯科医院で受けられます。
ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら