ホワイトニングのデメリットとは?事前に知っておきたいポイントを種類ごとに解説

ホワイトニングにはさまざまな種類があり、それによって効果やかかる費用が違います。それぞれのメリットやデメリットを理解した上で選択すると、後悔せずに済むでしょう。

この記事の結論

・歯科医院で行うオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングには、費用がかかるなどのデメリットがある

・セルフホワイトニングには、効果が感じられないことがあるなどのデメリットがある

・市販のホワイトニング歯磨き粉や歯の消しゴムには、間違った使い方で歯を傷つける可能性があるなどのデメリットがある

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングの種類とデメリット

オフィスホワイトニング

■オフィスホワイトニングとは

歯科医院に通って行うホワイトニング方法です。
医薬品を使って歯を漂白していくため、歯そのものの色も確実に白くなります。1回で効果を感じられることが多いです。

■オフィスホワイトニングのデメリット

  • 費用がかかる
  • 痛みが出ることがある
  • 色の後戻りが早い
  • 白さをキープするためには定期的なホワイトニングが必要

ホワイトニングは保険が効きません。オフィスホワイトニングは、歯科医院にもよりますがおよそ30,000円〜50,000円かかります。

オフィスホワイトニングは歯科医師や歯科衛生士が行うため、濃度の高い薬剤を使用できます。そのためホワイトニング効果は高いですが、しみたり痛みが出たりしやすいです。ただ症状は数時間〜数日で治ります。

ホワイトニングでは色の後戻りが起こります。そのため定期的にホワイトニングやクリーニングを受けないと白さをキープできず、費用がかかりやすいです。

【関連記事】
知らないと後悔する!?オフィスホワイトニングの基礎知識

ホームホワイトニング

■ホームホワイトニングとは

歯科医院で専用のマウスピースを作り、自宅でホワイトニングをする方法です。
効果を感じられるまでに時間がかかりますが、透明感のある白さになる上、効果が長持ちします。

■ホームホワイトニングのデメリット

  • 費用がかかる
  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 長時間マウスピースをはめていなければならない

ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングと同様、保険が効きません。オフィスホワイトニングよりも低価格であることが多いですが、白さをキープするためにはメンテナンスが必要です。

ホームホワイトニングを毎日行っても、効果を感じられるまでに1〜2週間かかります。ホームホワイトニングは自宅で行うため、安全に行えるよう低濃度の薬剤を使うからです。

ホームホワイトニングは決められた時間ずっとマウスピースをはめていなければなりません。

マウスピースが口の中にあることに違和感や抵抗を感じる場合は続けるのが難しいでしょう。またホームホワイトニング中は基本的に飲食ができません。

【関連記事】
自宅でできるのに効果の高い「ホームホワイトニング」とは?

デュアルホワイトニング

■デュアルホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。
効果をすぐに感じられかつその効果が長持ちするという、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方のメリットを感じられます。

■デュアルホワイトニングのデメリット

  • 費用がかかる

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方の費用がかかるため、高額です。

ホワイトニングサロン・バーのセルフホワイトニング

■ホワイトニングサロン・バーとは

ホワイトニングサロン・バーで、自分でホワイトニングを行う方法です。
ホワイトニング前のクリーニングや薬剤の塗布、仕上げまですべて自分で行います。歯の表面の着色やくすみのみ取れます。

■ホワイトニングサロン・バーのデメリット

  • 効果が感じられないことがある
  • 色ムラが出る可能性がある

ホワイトニングサロン・バー、市販品で行うセルフホワイトニングは、歯科医院で行うより安いことが多いです。ただ色ムラが出たり効果を感じられなかったりします。

歯科医院のホワイトニングで使う薬剤は医薬品のため、歯科医師や歯科衛生士という有資格者しか扱えません。そのため歯科医師や歯科衛生士のいないサロン・バーなどでは使用できず、歯の表面の着色やくすみであれば取れますが歯そのものの漂白はできません。

【関連記事】
セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!
自分でホワイトニングするには?間違えた方法は後悔のもと

【関連記事】
ホワイトニングサロンって何?歯科医院との違いや利用方法を解説!

市販のホワイトニンググッズ

■市販のホワイトニンググッズとは

市販されているホワイトニング用歯磨き粉や歯の消しゴム、ホワイトニングジェルなどを使って歯を白くする方法です。
LED照射器が付いたホワイトニングマシンもあります。

■市販のホワイトニンググッズのデメリット

  • 効果が感じられないことがある

歯の表面の着色やくすみのみ取れるため、着色が少ない方は効果が感じられないことがあります。

歯のマニキュア

■歯のマニキュアとは

マニキュアのような塗料を塗り、歯の表面を白く見せる方法です。
歯科医院で行うものと市販品で行うものがあり、被せ物の金属の色も白くできます。

■歯のマニキュアのデメリット

  • 効果は一時的で、徐々に変色し塗料が剥がれてくる

歯科医院で歯のマニキュアを行った場合、塗料をはがす際に別途費用が発生することがあります。

【関連記事】
歯のマニキュアとは?効果や費用、ホワイトニングとの違いまとめ

ホワイトニングの一般的なデメリット

歯がもろくなることがあるが、一時的なもの

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングをすると、過酸化水素などのホワイトニング薬剤によって歯のエナメル質の表面が一時的に脱灰(カルシウムやリンが溶け出すこと)します。そのため、ダメージをうけやすくなります。

しかし、脱灰したエナメル質は2~3日で再石灰化(唾液中のカルシウムやリンがエナメル質に戻ること)されもとに戻ります。この脱灰と再石灰化は、食事をするたびに行われています。

ホワイトニング後に歯がもろくなったりしみたりするのは一時的なものです。ホワイトニング後2~3日は、色の濃い食べ物や、酸性の強い食べ物を控えるようにするとよいでしょう。

虫歯・歯周病などのトラブルがある場合、痛みが長引くことがある

歯の欠けや割れ、目に見えない歯の傷やヒビなどからホワイトニング薬剤が浸透し、歯のしみや痛みが長引いてしまうことがあります。

また、重度の歯周病で歯ぐきが下がっている方は、もともとエナメル質で覆われていない象牙質の歯根部が露出している状態なので直接ホワイトニング剤の刺激を受けてしまいます。

虫歯や歯周病などのトラブルがある場合は必ず治療を行ってから、ホワイトニングを行いましょう。

歯が強くなるホワイトニングもある

ホワイトニングに使用する薬剤によって、歯を強くすることもできます。

ホワイトニング後の歯はフッ素を取り込みやすくなるといわれています。ホワイトニング後にフッ素やフッ化アパタイトをエナメル質に塗布したり、特別なホワイトニング剤を使用することによって歯が強くなることがあります。

ホワイトニングのメリット

見た目が良くなる・清潔感が出る

ホワイトニングにより得た白い歯は、相手に清潔感を与え見た目の印象を良くします。

歯を削らずに白くできる

被せ物などでも歯を白くできますが、被せ物を入れるには歯を大きく削る必要があります。削ると歯は弱くなり、寿命が縮まります。

それに対してホワイトニングは薬剤を歯に浸透させて漂白するため、歯を削らずに白くできます。

虫歯や歯周病予防になることも

ホワイトニングの薬剤によってはそのコーティング作用により、歯を強くし虫歯・歯周病を予防する効果があります。

またホワイトニングを受けると、白さを長持ちさせようと歯磨きを丁寧に行うなど習慣に変化が起き、虫歯や歯周病予防に繋がる可能性もあります。

1回で歯を白くできる

歯科医院に定期的に通って行うオフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングでは、1回の施術で効果を感じられることが多いです。

歯の白さの調整が可能

ホワイトニングは被せ物と違い、段階に分けて歯を白くできます。

ホワイトニングを1回受けてみてさらに白くしたければホワイトニングを追加、自然な白さが好みであれば終了にするなど、回数によって白さの調整ができます。

セラミック(被せ物)に比べて安く白くできる

セラミックの被せ物でも歯を白くできますが、その場合歯1本で100000円かかることもしばしばあります。

それに対してホワイトニングは、20,000円~100,000で全体の歯を白くできます。

一般的なホワイトニングの流れ

チェック・クリーニング

ホワイトニングを始める前に虫歯や歯周病が無いかお口の中をチェックし、必要に応じて治療を行います。またホワイトニングの効果を高めるため、歯のクリーニングも事前に行います。

ホワイトニングサロンやバーなどでは、このようなチェックや専門的なクリーニングは受けられません。歯科医師や歯科衛生士という有資格者がいないため、知識の有無以前に口に触れてはいけないと法律で決められているからです。

ホワイトニング前に歯の色を確認

ホワイトニング前後で歯の色に変化があったか比較できるよう、ホワイトニング前に元々の歯の色を確認します。

シェードガイドという歯の色見本を使って行うことが多いです。

ホワイトニング

歯に薬剤を塗布し光を当てることでホワイトニングを行います。この手順を数回繰り返したら、薬剤を除去して終了です。

ホワイトニングサロンやバーなどでは、ホワイトニング前の清掃(歯磨き)、薬剤塗布・光照射、仕上げ磨きまですべて自分で行います。

まとめ


ホワイトニングにはさまざまな種類があり、それぞれ効果やかかる費用が異なります。
それぞれの効果やデメリットやメリットを確認し、納得の上でホワイトニングを始めましょう。

ホワイトニングのデメリットについて不安をお持ちの方は、ホワイトニングを行っている歯科医院で相談をしてみてはいかがでしょうか。

メリットのあるホワイトニングならおすすめはホワイトエッセンス


ホワイトエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院以上をフランチャイズ展開しているホワイトニング専門医院です。

歯科医院のホワイトニングが良心的価格で受けられ、16,500円~から始めることができます。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。

またすべてのホワイトエッセンスは歯科医院に併設されています。そのため虫歯や歯周病の相談は併設の歯科医院で受けられます。

まずは相談してから決めたい方、どのメニューを選んだら良いか分からない方向けに無料カウンセリングが用意されています。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら