ホワイトニングは痛みを伴うことがある|痛みの原因・対処法まとめ

ホワイトニングは知覚過敏が原因で痛みを伴うことがあります。ホワイトニングで生じる痛みやその原因、対処法についてご紹介します。

この記事の結論

・ホワイトニング中は知覚過敏症を引き起こしやすく痛みを伴う

・あまり痛みを感じずにホワイトニングを行いたいときは、薬液の濃度を下げたり、知覚過敏症を治療してから行う

・強い痛みがあった場合は、ホワイトニングを中断して歯科医院で相談を受けよう

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングは歯を白く漂白すること


ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤をつけて歯を白く(漂白)することです。使用する薬剤には、過酸化水素、過酸化尿素、過ホウ酸ナトリウムといった成分が含まれています。

これらの成分を使うことで、歯の表面の着色だけでなく歯自体の色素を分解・漂白できます。そのためもともと歯が黄色かったり色が暗かったりする方でも、歯を白くできます。

食生活や歯磨きの仕方、生活習慣によって個人差はありますが、ホワイトニングの効果は6ヶ月〜2年持続します。定期的にホワイトニングやクリーニングを受けると、持続期間を延ばすことができます。

しかし、市販品やホワイトニングサロンでのホワイトニングは、薬剤に酸化チタンなどの成分が入っていますが、この成分では歯の表面の着色を落とすことしかできません。

ホワイトニングの施術で痛みを生じることがある|知覚過敏が関係


ホワイトニングの施術中や施術後は、高い頻度で歯がしみる痛みを生じることがあります。これはホワイトニングに使用する薬剤がエナメル質を象牙質の間に浸透することによって引き起こされ、施術後数時間から数日で症状が落ち着きます。

【関連記事】
ホワイトニングをすると知覚過敏になる?知覚過敏を感じずに歯を白くする方法とは

歯が痛い|ホワイトニングで歯が痛む原因は知覚過敏症

ホワイトニングで歯が痛む原因に知覚過敏症が挙げられます。知覚過敏症は冷たい飲み物や風、歯ブラシなどの刺激が神経に伝わってしみる症状を引き起こします。

知覚過敏症とは

歯がしみる症状が強く、頻繁に起こる状態を「知覚過敏症(象牙質知覚過敏症)」と言います。知覚過敏症は歯髄(歯の中の神経)に刺激が伝わることによってしみる症状を引き起こします。

歯の表面はエナメル質で覆われており、その内側にあるのが象牙質です。さらに内側には歯の神経と呼ばれている歯髄があります。歯髄はさまざまな刺激を痛みとして感じるもの。加えて象牙質には象牙細管という細い管が多く通っていて、これは歯髄と繋がっています。

象牙質に刺激が加わると、象牙細管を通って歯髄にまで刺激が伝わります。これにより痛みを感じるのです。

普段は一番表面にあるエナメル質が刺激から歯を守ってくれているので、痛みを感じることはありません。しかし、ホワイトニングの薬剤がエナメル質と象牙質の境目に浸透すると、施術中・術後に痛みを感じることがあります。

知覚過敏症が生じる原因

知覚過敏症は以下の4つが原因で生じます。ここでは、4つの原因について、1つずつ見ていきます。

  • 虫歯
  • 歯周病<
  • 噛み合わせ
  • 悪癖

虫歯

虫歯菌が出す酸によってエナメル質を溶かしていく虫歯は、知覚過敏の原因となります。虫歯がある方は治療を先にしてからホワイトニングをします。

歯周病

歯周症が進行して、歯ぐきが下がっている状態は知覚過敏を引き起こします。歯の根っこにはエナメル質がないため、象牙質に直接刺激が伝わってしまうのです。

噛み合わせ

噛み合わせが悪いと一部の歯に大きく負担がかかります。負担がかかってしまった歯はヒビが入ったり根元が欠けたり、エナメル質に大きなダメージを与えてしまいます。

悪癖

歯ぎしり(ブラキシズム)食いしばり、歯ブラシの力が強い悪癖があると、エナメル質がすり減り、象牙質が露出します。エナメル質と歯の根元がえぐれてしまう状態になり(くさび状欠損)その部分に刺激が加わると知覚過敏症を生じます。

歯茎が痛い|ホワイトニングの薬剤が歯茎に付着すると痛む


ホームホワイトニングに使用するジェルは、歯茎に付着するとピリピリとやけどに似た痛みを感じることがあります。ジェルが歯茎や粘膜に付かないように入れる量に注意し、付着した場合はすぐに拭き取りましょう。

また、付着したまま長時間放置すると、歯茎が白く変色することがあります。1日ほどで回復しますが、心配であればホワイトニングを一旦中止してください。

オフィスホワイトニングは歯茎を保護してから行うので、そのようなトラブルは少ないを考えられます。

ホワイトニングによる口内の痛みが続く期間


ホワイトニングによる口内の痛みは一過性のもので、オフィスホワイトニングの場合は数時間から数日、ホームホワイトニングの場合は一旦中断すると1~2日で痛みがおさまります。

エナメル質の表面にはペリクルと呼ばれる薄い膜があります。ホワイトニングはペリクルを破壊して歯を白くします。ペリクルは24時間で再生されるので、その間は刺激を受けやすい状態になります。痛みを生じた場合、ホワイトニングを一旦中断するのはこのためです。

しかし1週間以上痛みがおさまらない場合は、神経が炎症を起こしている可能性が高いので、歯科医院へ相談をしましょう。

痛みを感じずにホワイトニングをする方法


ホワイトニングに使用する薬剤の濃度を低くしたり、知覚過敏の治療を受けることで痛みをできるだけ感じずに歯を白くすることができます。

知覚過敏症を治してから施術する

重度の知覚過敏症の方や、知覚過敏が起こりやすい方は歯科医師と相談したうえでホワイトニングの施術が可能か判断をします。

ホワイトニング前の知覚過敏症の治療には、コーティング剤の塗布が第一選択肢に挙げられます。コーティング剤に含まれている薬剤が、歯質のカルシウムと反応し象牙細管を封鎖して、神経に伝わる刺激を抑えます。

また歯科医院によってはレーザーを用いて象牙細管を封鎖することもあります。

ホワイトニングの薬剤の濃度を下げる

ホームホワイトニングの場合、薬剤の濃度を下げることで知覚過敏を引き起こしにくくします。

ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素、過酸化尿素、過ホウ酸ナトリウムといった成分が、露出した象牙質に接触することで刺激として伝わりしみると感じます。

歯科医院で使用されているメーカーの一つに、オパールエッセンスがあります。オパールエッセンスのジェルは濃度が10%、15%、20%、35%と自由に選択することができます。知覚過敏を引き起こしやすい方は濃度を10%から始めるとよいでしょう。

濃度によってホワイトニングを行う時間が異なります。早く白くしたいからといって装着時間をオーバーしてしまうと知覚過敏を引き起こしやすくなるので、絶対に避けましょう。

ホワイトニングで痛みを感じたときの対処法


ホワイトニングで痛みを感じたときの対処法を事前に知っておけば慌てずに対処できます。

口腔内をゆすぎ安静にする

ホワイトニング中に我慢できない程の痛みがあった場合は、すぐに口腔内をゆすぎ、使用を中断します

無理に続けてしまうと、歯の神経が炎症を起こす原因となります。場合によって神経を抜かなければなりません。ホワイトニング中に異変を感じたらすぐに中断して、歯科医院に相談しましょう。

熱い・冷たい・刺激の強い食べ物を避ける

知覚過敏の症状が出ているときは、熱い・冷たい・刺激の強い食べ物や飲み物を避けましょう。

口の中は体温に近い36度前後に保たれており、温度差の大きいものが入ってくると、歯が急速に冷やされたり温められたりすることが刺激となって歯の神経に伝わり、しみると感じます。

ホワイトニング中は知覚過敏にないやすいため、知覚過敏が心配な方は飲食物に気をつける必要があります。

痛み止めを飲む

強い痛みで我慢できないときは、市販の痛み止めを服用しましょう。痛み止めを飲んでも効かない場合は、すぐに歯科医院に相談してください。

市販薬で歯をコーティングする

シュミテクトなど知覚過敏抑制剤の硝酸カリウムが配合されている歯磨き粉は、神経に刺激が伝わりにくくする働きがあります。

2週間以上使い続けることで、知覚過敏の改善される可能性があります。しかし、虫歯や歯ぎしり、食いしばりが原因で知覚過敏を引き起こしている場合は、歯科医院での治療が必要になります。

ホワイトニングの痛みは歯髄(歯の中の神経)に刺激が伝わりしみる症状が起こる


ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素が浸透していくときに、しみる症状が強く出ることがあります。

知覚過敏が起こりやすい方は歯科医師や歯科衛生士に事前に伝えて、ホワイトニング前に知覚過敏症の治療や、ホームホワイトニングで使用する濃度を見定めてもらう必要があります。

万が一ホームホワイトニング中に強くしみる症状や痛みを感じるようであれば、口腔内をよくすすぎ、ホワイトニングを中断します。通常ホワイトニングを中断してから数時間〜数日で症状は落ち着いてきます。

痛みを抑える方法は、知覚過敏抑制効果のある歯磨き粉で改善される可能性があります。強い痛みがある場合は市販の痛み止めを服用し、効果が無い場合はすぐに歯科医院に相談しましょう。

ホワイトニングを安全に行うためには、歯科医院でお口の状態を確認してから行うことが非常に大切です。

痛みが心配なら実績ある歯科でホワイトニングを受けましょう


臨床実績が多くある歯科医院では、ホワイトニングで生じる痛みにも数多く対処してきました。なかでもホワイトエッセンスはホワイトニングとクリーニングを合わせた症例が1,135,000件以上の多くの実績を誇っています。

ホワイトエッセンスは、北海道から沖縄まで全国に200医院近く展開しているホワイトニング専門医院。すべて歯科医院に併設されており、虫歯や歯周病の相談は併設の歯科医院で受けることができます。

ホワイトニングを担当するのは、100時間以上の接遇・技術研修のトレーニングを受けた女性歯科医師・歯科衛生士のみ。まずは相談してから決めたい方、どのメニューを選んだら良いか分からない方向けに無料カウンセリングが用意されています。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら