歯のホワイトニングは第一印象をよくできる!好感を持たれる理由とご自身に合ったホワイトニング方法を紹介

この記事では歯が白くなることでどのようなメリットをもたらすか、自分に合ったホワイトニング方法の選び方のヒントをお伝えします。

この記事の結論

・歯を白くすることで相手に好印象を与えることができる

・ホワイトニングにはホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニングがある

・ライフスタイル、予算、通院回数、希望する歯の白さを考慮して施術方法を選択しよう

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

第一印象を左右する口元の重要性

顔の部位の中でも口元は一番よく動くところであるため、印象に残りやすいと言われています。

初対面の際や就職活動の面接時など「第一印象」が重要視される場面は多くあります。輝く白い歯は言語で訴えかけなくても、見た目だけで相手に清潔感や爽やかな印象を与えてくれるのです。

その根拠に、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」があります。これはコミュニケーションをとる際、話している内容・外見・声のトーンなど、どのような情報に基づいて印象が決定されるのかを研究したもので、メラビアンは「聴覚・視覚情報が9割を示している」と唱えています。

また「人が警戒心を解いて心の壁を解く」には4つの壁が存在するといい、第一段階の壁が「外見」とも唱えています。

つまり、口元は第一印象を左右し、白い歯はその見た目だけで相手に良い印象を与えることができるのです。

ホワイトニングによる印象の変化

ホワイトニングは歯を白くするだけでなく、以下のようなことも変化します。

  • 変化①清潔感がアップする
  • 変化②明るく爽やかな印象を与える
  • 変化③化粧映え・写真映えしやすい
  • 変化④若返り効果を狙える
  • 変化⑤ジネスシーンにも有効

変化①清潔感がアップする

歯が白くなると「歯を常に綺麗にしている人」というイメージを無意識下で与えやすく、「清潔感のある人」といったプラスイメージにつながります。

白色には「清潔・潔白・爽やかさ」といったイメージを潜在的に持っている方が多いです。反対に、着色やタバコのヤニで黄ばんだ歯はそれだけで「不衛生だ」といった印象を与えかねません。

変化②明るく爽やかな印象を与える

白い歯になるとそれだけで笑い顔にも自信が持てるので、自然と笑顔の回数が増え、明るい印象を与えることができます。

また心理学では「ミラー効果」といって、自分と同じような表情・しぐさをした人間に共感を覚えやすいといった研究結果があります。それにより同調効果を狙うこともでき、コミュニケーションの質が高まりやすいです。

変化③化粧映え・写真映えしやすい

笑ったときにパッと見える白い歯は、それだけで人を惹き付ける魅力があります。白い歯はアイシャドウや口紅の色味を際立たせるので、写真映えもしやすいです。

変化④若返り効果を狙える

歯が白くなると若返り効果が狙えます。その理由に、イギリスで男女2000人におこなった調査では「歯が白いと実年齢より5歳くらい若く見える」という結果があります。

変化⑤ビジネスシーンにも有効

歯が白いということは「自己管理ができている人」と認識を持ってもらいやすく、ビジネス面においても有利に働くと言えるでしょう。

20~40代の社会人300名に対して行った調査のなかで「仕事ができない印象を与える、一緒に仕事をしたくないと感じることは?」という質問に対して3番目に多かった回答が「歯が黄ばんでいる人」です。

このように、歯が黄ばんでいる人は自己管理ができていないと無意識のうちに認識されてしまうことがあります。

印象をアップするホワイトニングの選び方


「白い歯が人から好印象を持たれやすい」とはいっても、一部の芸能人やインフルエンサーのように真っ白な歯は不自然で人工的な印象をもたれがちです。

好みによりますが、パッと見たときに「なんだか印象が良い人」というイメージを得るためには、ナチュラルな歯の白さが望ましいでしょう。

自然な歯の白さを選ぶ

歯科医院で行うホワイトニングは、「シェードガイド」と呼ばれる色見本を使用します。実際の歯と見比べて行うため、自然な歯の白さになるように施術を受けることも可能です。

歯科医院で多く採用されている色見本は、ドイツのVITA社の「シェードガイド」という製品がよく用いられています。数ある色調のなかで、日本人の平均的な色味はA3かA3.5と言われており、ホワイトニングではA1まで明るくできることが多いです。

ライフスタイルやなりたい白さに合わせて施術方法を選ぶ

歯科医院で行うホワイトニングには大きく分けて3つの方法があります。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

これらの施術方法を選択する際は、予算・通院回数・時間・希望する白さなど、それぞれの兼ね合いも考慮すると良いでしょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングのことです。マウスピースの中に薬剤を入れて決められた時間装着して歯を白くします。

マウスピースは歯科医院で作製する必要がありますが、マウスピース作成後は通院しなくて済むので、通院する時間が取れないなど忙しい人に向いている方法です。

費用はマウスピースの作製とホワイトニング剤を合わせて、約25,000円~50,000円かかります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングのことです。高濃度の薬剤を使用するため、1~2回の施術で歯を白くできます。

短期間で白くしたい人に向いている方法で、費用は約30,000円~50,000円かかります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせて行う施術のことです。

より歯を白くしたい、ホワイトニング効果を長続きさせたいと思う人に向いています。費用相場は約80,000円と高額になりますが、歯の白さが長持ちする施術方法です。

ホワイトニングの予算と通院回数も考慮しよう

ホワイトニング方法を選択する際は、予算と通院回数も重要なポイントです。例えば、値段の安さを重要視したい場合は、ホームホワイトニングが良いでしょう。

また結婚式が間近に控えている場合は、通院回数が少なくて済み、即効性のあるオフィスホワイトニングがおすすめです。

加えて歯をどこまで白くしたいか、効果が出るまで継続できるかといったことも考慮しておきましょう。

【費用と通院回数の比較】

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング デュアルホワイトニング
費用 約30,000円~50,000円/1回分あたり

(12歯分の参考費用)

約15,000円~40,000円(マウスピース作成費用)

約2,000円~5,000円(約2週間分のホワイトニング剤費用)

総額は約25,000円~50,000円

約80,000円が相場。

コース料金になっていることが多い。

通院回数 1~4回程度 2回程度 3~5回程度

まとめ


白く輝く歯に魅せるホワイトニングは、笑ったとき白い歯が見えるとそれだけで人に与える印象を良くするものです。歯を白くするにはオフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトなどの方法があり、ライフスタイルや希望の白さに合わせて選択すると良いでしょう。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉

シュミテクト トゥルーホワイト

ホワイトニング作用がありながら、歯がしみるのも防ぐ効果が期待できる歯磨き粉です。
研磨剤は無配合なので、安心して使用できます。

「STP(ポリリン酸ナトリウム)」が配合されているのが特徴で、STPが汚れを浮かび上がせ、ブラッシングで除去しやすくする効果が期待できます。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

ルシェロホワイト/GC

清掃剤の「Lime粒子」と薬用成分「ポリエチレングリコール(PEG)400」を配合し、歯の着色汚れを落としやすくする効果が期待できる歯磨き粉です。

研磨剤(清掃剤)は配合されていますが、ナノサイズなので歯を傷つけにくい点が特徴です。

歯科材料を製造販売している会社が販売する、歯医者さんもおすすめの商品です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら